2044610 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

レジャーサービス研究所(東京&上海)

レジャーサービス研究所(東京&上海)

PR

Profile

レジャ研所長

レジャ研所長

Category

Calendar

Freepage List

Archives

2022/08
2022/07
2022/06
2022/05
2022/04

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

たかが楽天~「あっ… bmjapanさん
春にして君を離れ ぽち.さん
失敗?成功?教師辞… 教師辞めて上海【のむてつ】さん
■Lifenaviの幸せの法… lifenaviさん
Dr.さんだの売れる発… さんださんださん

Comments

 背番号のないエース0829@ デパート 「沖縄りうぼう・SNOOPY」に、上記の内容…
 マイコ3703@ キーワード検索でたどり着きました☆ ブログを見ていると、時間が経つのも忘れ…
 山本1998@ Re:観光産業の緊急課題は外国人の給与改革!(07/18) アフィリで稼いだ楽天キャッシュはどうし…
2007/01/25
XML
カテゴリ:採用
「中国人はすぐに辞めてしまう…」という話しはよく耳にするし、
現実にもそういう職場は多いらしいので、やはり中国での採用面接は、
脳ミソフル回転で、終了するとグッタリ…。

目を見開いているせいか、コンタクトレンズがズレる、外れる…を繰り返す(汗)。

そんな中で今回の面接では、リベンジのシーンに立ち会うことができた。
先月の選考会で不採用になった女性が再度、面接を受けに来ていた。

不採用後も「どうしても入社したい」と担当者に何度も電話をしてきたらしい。
あまりに熱意に「面接だけでも再度、受けさせてあげてください」と
決して性格が柔らかな方ではない採用担当者を口説いてきた様子。

実際に本人が現れると、先月とはあまりにも違う外見に記憶がリンクしない。
「誰だっけ?」となってしまうほど、身なりがシンプルになっていた。

以前は、177cmの長身の美形を活かしてモデルのバイトもしてたらしく、
身なりもマナーも「イケイケ系」だった(笑)。
まぁ、それはそれでかっこよかったが、今回の仕事とはあまり関係ないので
残念ながら不採用だった。

しかし、今回の彼女は「茶髪→黒髪」で、女優の山田優に似ていることが発見できたほどだ。
面接でのマナーも練習してきたらしく、見事面接官全員の評価を得て合格ラインだった。
そんなに執念深く見えなかったので、
数十名の面接の後でも、なんだか清々しい気持ちになった。

彼女のお陰で、面接官も評価表にはなかったけど
「ガムシャラさ」を求めていたことに気がついたようだ。

目一杯、格好こつけていた時には受からなかったけど、
多少の格好悪い思いを乗り越えて、シンプルに真っ直ぐトライしたら
人々に認められたのだから、大変いい体験だったと思う。

すぐに辞めてしまう人も多いのかもしれないが、
このように執念深い人もまた結構いるのかもしれない。
(現に今回だけで3人も…)

人口が多いということは、そういうことなんだろう…と。

日本では、
「やりたいことが見つからない!」「何が向いているのか?わからない」
…という人が多い気がするが、
本当は「やりたいことがあっても、どうやってトライしたらいいかわからない」
のかもしれない。

「わからない…」の時は、まだまだ格好つけている…ということなのかな。








Last updated  2007/01/26 09:25:30 AM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.