1805209 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

レジャーサービス研究所(東京&上海)

PR

Profile


レジャ研所長

Category

Calendar

Freepage List

Archives

2019/10
2019/09
2019/08

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

たかが楽天~「あっ… bmjapanさん
顧客心を捉える儲か… 顧客心を捉える儲かる仕組み請負人さん
春にして君を離れ ぽち.さん
失敗?成功?教師辞… 教師辞めて上海【のむてつ】さん
■Lifenaviの幸せの法… lifenaviさん

Comments

 マイコ3703@ キーワード検索でたどり着きました☆ ブログを見ていると、時間が経つのも忘れ…
 山本1998@ Re:観光産業の緊急課題は外国人の給与改革!(07/18) アフィリで稼いだ楽天キャッシュはどうし…
 Dr.ヒーリング@ こんにちわ(*^_^*) ここに来たのも何かの縁かな・・・? …
2011/04/06
XML
カテゴリ:ユニフォーム


ある企業での防災避難の勉強会で、
地震発生後にどのくらいの人が負傷したのか?を確認してみました。

すると、女性が圧倒的に多かったです。

少数いた男性の負傷は、
地震後の避難、救済活動の際に、不注意で軽傷を負った程度。

では、女性は?というと、

「足」の負傷が多かったです。
ちなみに、女性の参加者42名中、足を怪我した人が28名もいました。
(重軽傷合わせて)

その理由は、、、

なんと「ハイヒール」でした(汗)。

避難する際に、
ハイヒールのまま走って怪我をしてしまったケースがほとんどでした。

転倒して怪我した人もいれば、
ハイヒールで捻挫して、ひどい人は靭帯損傷まで。
擦り傷、膝の打撲…。

そして、大怪我ではないけど、
帰宅困難者で、10-20kmも徒歩で帰る際に、
ハイヒールが痛くて…足の指の爪が剥がれた…とか(汗)。

そんなことがあったせいで、
よく見れば、研修会場にいた女性スタッフのほとんどが
ハイヒールを履いてませんでした。

もうコリゴリだ、と。

今後もまだまだ余震が続くので、
当分は、ローヒールで通勤、あるいは勤務する…ということです。

それまでは、女性は女性らしく?と称して、
ハイヒールを勧める風潮があった職場です。
そのハイヒールで多くの人が怪我をしてしまったため、
「そもそも何でハイヒールを履かなければならなかったのか?」
と大いに反省したようです。

…こんな話を知人に伝えたら、
とある有名ホテルでもフロントスタッフやコンシェエルジェが
服務規程でハイヒールで勤務していたところ、
やはり、この震災時に全く役に立たなかったので、
ローヒールに見直し中、とのことです。

避難する際に、
逆にお客さんに助けられたスタッフもいたほどだったようで、
そうなると本末転倒だったと大反省。

何しろ、見た目重視から、やはりサービス重視にシフトしなければ…
ということでしょうか。

考えて見れば、
ファッションショーのモデルとかコンパニオンは別としても、
(見せるだけの人たち)
接客サービスのスタッフでハイヒールは、
「綺麗に見せる」こと以外のメリットはないでしょう。

何より「足に悪い=体に悪い」し、動きは鈍くなるし…。
非常時にはお荷物な存在になるだけだし…。

今後は様々な所で、「脱ハイヒール」が進みそうです。














Last updated  2011/04/07 05:40:49 PM
コメント(0) | コメントを書く
[ユニフォーム] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.