000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

レジャーサービス研究所(東京&上海)

PR

Profile


レジャ研所長

Category

Calendar

Freepage List

Archives

2019/02
2019/01
2018/12
2018/11
2018/10

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

"be動詞 + being + … Izumi Yukioさん

たかが楽天~「あっ… bmjapanさん
顧客心を捉える儲か… 顧客心を捉える儲かる仕組み請負人さん
春にして君を離れ ぽち.さん
失敗?成功?教師辞… 教師辞めて上海【のむてつ】さん

Comments

 マイコ3703@ キーワード検索でたどり着きました☆ ブログを見ていると、時間が経つのも忘れ…
 山本1998@ Re:観光産業の緊急課題は外国人の給与改革!(07/18) アフィリで稼いだ楽天キャッシュはどうし…
 Dr.ヒーリング@ こんにちわ(*^_^*) ここに来たのも何かの縁かな・・・? …
2012/03/19
XML
カテゴリ:格言


外国人と付き合うと、たくさんのことに気づくことができます。
もちろんこちらも教えてあげることがあるからギブアンドテイクですね。

最近、感銘を受けたのは、
イギリス人の大ベテランのジャーナリストの方。

日本の文化に興味を持ったきっかけを話しでくれました。
近年、こうした話しの場合、ドラマだアニメだ、、、というのが多いのですが、
彼は年配者なので、視点が違いました。

===
初めて日本の映画を見た時に
(1970年代のもの)
家庭の中に置いてある電話に洋服をきせているのに驚いた。

その頃の電話機は、どこの国もダイヤルやプッシュ式くらしかなくて、
地味なデザインだった。
それを日本人は、電話機のカバーなるものを発明して、
それぞれが好きなデザインを楽しんでいたのだ。
そして、電話機はいつもきれいで、愛情を注いでいるように思えた。

現代のスマホのカバーやデコの原形は間違いなくこの頃から始まっている。
日本が文化産業で最先端を独走する理由だ。
===








Last updated  2012/03/19 07:50:54 AM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.