000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Lucky 13 USA Presents

Lucky 13 USA Presents

仕掛け編

仕掛けといってもカゴをつけたり、天秤をつけたりはしません。
スイベルも必要ないくらい。。。
ヒラメ狙いの時はスイベルやビーズ玉を使う時もあるけど・・・
またそれは別の機会にご紹介するとして、

単純明快大きく分けて2種類の仕掛けで十分なんです。
1つはフライラインとよばれリーダーに針を結びます。

潮の速さやタナにあわせて
エッグシンカーとよばれる中通しオモリを使う場合もありますが
マグロなどは殆どオモリを全く使わない場合が多いですね。

もう一つはドルーパーループと呼ばれるシープヘッドなどの
中層及び根にいる魚をターゲットにする際に用いる仕掛け。

オモリはトルピド・シンカーとよばれる細長い形状のものを用います。

このタイプは水の抵抗が少なく一番使いやすいんですが
ハッキリって重けりゃ何でもオッケーってところです。

場合によってはこのドルーパーループを使って深いとこにいる
マグロやカジキも狙うことがあります。
数年前Caboで160LBSのカジキを釣ったときはこの仕掛けでした。


針は餌と対象魚によってサイズを使いわけます。
コレは万国共通ですね。

大体の目安としては
底物五目:#4~2/0
中型回遊魚:1/0から4/0
根魚を含めた大型魚:5/0~

餌は生きたアンチョビ、マイワシ、サバ、イカなどです。
ターゲットによってはイカの短冊やぶつ切りにした
イワシを使うこともあります。

餌がアンチョビの場合は#4~1/0、
マイワシの場合は2/0~
サバの場合は4/0~って感じ。
生きたイカを使う場合は3/0~4/0の針を使うのがポピュラーです。

大切なことはわからないときは迷わず現地で船長さんや乗組員、
常連っぽいおっさんに気軽に話しかけ情報収集に努めること。

英語の練習にもなるし、その釣行の楽しみ方も変わってきます。

大好きな釣りをしながら英語の練習にもなる。まさに一石二鳥。。。 
僕らが日本人と判ればさらに親身になって
色々教えてくれるとおもいます。恥ずかしがらずにLet's talkです。

Hari
仕掛け
imga526208d3hmjlc.jpeg


© Rakuten Group, Inc.