7137184 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

減らないお財布を持ってフィナンシャル・インディペンデンスをめざす仲間のコミュニティー

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


toms2121

Favorite Blog

アバント(3836)---自… New! 征野三朗さん

前日比▼939,042円 New! かぶ1000さん

暑い、ということで… New! kaitenetさん

読書感想 New! ひろひろり。さん

2018PF概況141位、WD… New! みきまるファンドさん

Comments

toms2121@ Re:ご苦労様でした(12/30) bouz3907さん  こちらこそ、来年もよ…
toms2121@ Re:一年間ありがとうございました。(12/30) greenglass1956さん    いつも読んで…
bouz3907@ ご苦労様でした 師匠のおかげで夫婦で楽しみながら投資を…
greenglass1956@ 一年間ありがとうございました。 いつも石川さんのプログを楽しみに拝見さ…
toms2121@ Re:今年も1年ありがとうございました(12/29) ハヤザキさん  こちらこそ、ありがと…

Freepage List

Category

Calendar

全7752件 (7752件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2018.08.01
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
​ 旭硝子が一時的には大きく下げた。愛知時計電機も一時的には結構下げた。そしてオリックスは大きく下げ続けた。

 美味しい下げだと考えて、この下げは利用したいと思います。

 配当取りが好きなので、一番買うのはオリックスにしようと思います。のんびりと少しずつ(o^―^o)ニコ






Last updated  2018.08.01 20:51:06
カテゴリ:カテゴリ未分類
​  愛知時計電機は1898年創業で、今年で創業120年を迎えます。

<事業>

 各種流体用計測機器と、それらを組み合わせ、応用した計測システム製品などの開発、製造、販売

●ガス関連事業分野(都市ガスメーター、LPガスメーター及び周辺の関連商品、システム)

●水道関連事業分野(水道メーター及び周辺の関連商品、システム)

●民需センサー・システム事業分野(工場向け流量計測の関連商品、システム)

●計装事業分野(上・下水道施設、農水用水道施設の計測、監視の関連商品、システム)

A:技術力がすごい

国際特許取得した10年間も連続して使える電磁流量計も優れた製品。

 
得意技術「省電力化」を形にした独自製品のひとつ、「内蔵電池駆動式電磁流量計」。

 
これは、消費電力を従来の電磁流量計の1/10000に抑え、外部からの電源なしで、製品に内蔵された電池だけで電池交換することなく10年間も連続して使える優れものです。国際特許を取った愛知時計電機の自慢の技術です。

 
この技術のほかにも、電磁流量計の開発過程で生まれた特許は80以上です。現在、これらの技術を応用して、全く新しい分野で活用する研究も進んでいます。

 例えば、
有名テレビ局のスタジオ内で愛知時計電機の製品が活躍中です。
 

 水道やガスなどのライフラインの検針や管理を行うシステムや、ビル空調におけるエネルギー管理を行うセンサー。

 水道、ガス、電気、温水などのメーター類の検針・料金票発行といった業務全てを引き受ける料金管理システム。計測器も含めた、トータルなシステムをなどユニークなシステム製品も揃っています。

 
そのほかにも、ダムや浄水場など、水に関わる施設では、計測器やシステム、電気工事なども含めてトータルで仕事を担っています。

 各種流体用計測機器・システム製品の開発・製造・販売を行っています。

 水道メーター・ガスメーターともに年間約200万台(全国トップクラスのシェア)販売し、独立型研究開発企業として、部品ではなくトータルな完成品づくりを行っています。

 「流体計測機器」という、生活や製造の根本を支える重要な道具を、さらに幅広い世界で活かしてもらうため、【電磁】【超音波】などの独自技術を【精密加工技術】で形にする次世代計測機器開発に注力しています。

 その結果、省電力、微小流量計測、満水計測など不可能を可能にしてきました。

 豪雨災害で宇和島などでは、いままでの浄水場が破壊され、浄水場も建設しなおし、水源を別のところに求めなければならなくなりました。

 多くの家が濁流にのまれました。きれいな飲み水は人が生きるためには不可欠なものです。

 上水道設備の復興には愛知時計電機の製品が多く使われ、被災地の人々の命と今後の生活を支えていくと思います。

 このような豪雨災害や地震災害が多くなってきており、災害が無くても日本の上下水道は老朽化が激しく、代替が必要不可欠になってきています。

 油を絶たれるのも怖いですが、水が絶たれたら命が危険にさらされます。

 日本人の生活を守ってくれる愛知時計電機は歴史も古い資産背景も十分にある低PERかつ低PBR株です。

 名証銘柄なので空売り外資証券に狙われることもないでしょう。増益修正はうれしいし、いずれ創業120年の記念増配が発表されることも期待して買っています。







Last updated  2018.08.01 05:32:44
2018.07.31
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​〇旭硝子

 あの暴落した時買っておけばとは思わない。怖かったからしょうがない。予想通りに今日発表した第2四半期の決算短信で増益修正を発表し、その上に自社株買いまで発表した(o^―^o)ニコ​

https://www.nikkei.com/nkd/disclosure/tdnr/b80hww/

 自社株買い

https://www.nikkei.com/nkd/disclosure/tdnr/b80hjc/

〇愛知時計電機

 こちらは決算短信の中だけで業績を上方修正した。非常に低PERかつ低PBR これほど安いのはおかしいと思う。



​​https://www.nikkei.com/nkd/disclosure/tdnr/b7ct4g/







Last updated  2018.07.31 18:55:02
カテゴリ:カテゴリ未分類

​​ 2018年3月期の出光興産の純利益は1623億円。2017年12月期の昭和シェル石油の純利益は427億円。

 
​単純合計しても2000億円程度の純利益の規模。

 どうやったら4年後に5000億円と2.5倍もの利益に出来るのか。

 その計画を創業家との約束で2018年12月の企業統合承認の臨時株主総会までに作ると約束している。

 確かに今期の年初の計画は創業家と対立中で、超保守的な業績予想を出したが、昭和シェル石油の利益の上期実績は前年同期比で2.9倍の純利益。

 出光興産の上期の純利益が昭和シェル石油並みの前期比で227.5億円の2.9倍の660億円になったとしても、前期の最終純利益の1623.0億円が2倍くらいに増えたとして3246億円となったとしても2社合計で5000億円もの純利益とするには道のりはすごく遠い。

 それでも、その道筋を示してくると創業家に約束している。

 私が考えてみた出光興産・昭和シェル石油統合後の増益作戦
 
 日本国内での売電事業を大きく増やす。

A:出光興産発電能力

太陽光発電事業や地熱発電事業を日本国内で行っている。

〇出光大分地熱(株)
蒸気供給 27,500kW相当

二又風力発電所 20,400kW
 51,000kW (出光興産出資比率40%)だから20,400kW

〇太陽光発電(メガソーラー)

発電能力計15,210kW
門司(第一・第二)、姫路、小名浜

〇バイオマス発電
土佐発電所3,125
kW
 6,250kW(出光興産出資比率50%)
大野発電所700
kW
7,000kW級(出光興産出資比率10%)

 出光興産の発電能力 合計6.7万kW

B:昭和シェル石油発電能力

 昭和シェル石油は国内で火力発電所を作り、出光興産よりも売電事業に力を入れている。

 〇
扇島パワーが運営する高効率の大型LNG火力発電所昭和シェル石油の持ち分は30.5万キロワット

 昭和シェル石油は東京ガス株式会社と共同で設立した扇島パワーが運営する高効率の大型LNG火力発電所を持っています。

  石油や石炭に比べてクリーンな天然ガスを使用していることに加え、隣接する東京ガス株式会社のLNG基地から燃料を受け入れられる等、立地面でも優れた発電所です。

 この土地では、かつて当社が原油貯蔵施設を所有していました。発電所に生まれ変わった現在、大消費地である首都圏の皆様に、安定的に電力をお届けしています。昭和シェル石油の持ち分は30.5万キロワット

昭和シェル石油子会社の東亜石油が運営する発電所 27.4万kW

 東亜石油京浜製油所の敷地内に立地し、同製油所の石油精製工程で発生する副生ガスおよび残渣油を原料としている。京浜製油所との最適な連携を図りながら、エネルギー効率の高いコージェネレーションシステムによって高効率な発電を行う。

 運営   :東亜石油(株)(昭和シェル石油子会社)
 所在地  :神奈川県川崎市川崎区水江町
 発電規模 :27.4万kW(一般家庭約44万世帯の年間消費量に相当)

〇太陽光発電9か所
 約1.6万kw(一般家庭約5,000件分)


〇バイオマス発電所(京浜バイオマス発電所)4.9万kW


昭和シェル石油 発電能力合計64.4万kW

 昭和シェル石油の日本国内の発電量は、出光興産の9.6倍 日本国内での発電事業を共同で更に伸ばすことが可能になる。そのノウハウを昭和シェル石油は持っている。






 







Last updated  2018.07.31 05:36:51
2018.07.30
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​ 昭和シェル石油のIRさんに聞いたら、昭和シェル石油の単独の要因で純利益が前期比で2.9倍増えたのではなく、日本の元売り全部が同じ業績増益の要因を持っているそうですよ(o^―^o)ニコ

 出光興産は2020年3月期から株主還元を純利益の50%以上と創業家と約束。しかも今期の業績が昭和シェル石油並みなら、これはすごいことでしょう(o^―^o)ニコ

〇昭和シェル石油
〇上方修正後

A:上期の売上高12220.0億円(17.5%増加)
B:上期の営業利益730.0億円(92.1%増加)
C:上期の経常利益750.0億円(97.4%増加)
D:上期の純利益(一株利益)460.0億円(上期の一株利益予想123.56円)

 年初の予想よりも純利益で200億円も増加する予想です。

 私が注目したのは前年の上期と比較した利益の増加です。

昭和シェル石油の2017年12月期の第2四半期の決算短信です。

A:上期の売上高9474.73億円
B:上期の営業利益233.62億円
C:上期の経常利益273.23億円
D:上期の純利益(一株利益)160.46億円億円(上期の一株利益42.61円)

2018年12月来第2四半期の予想との比較

A:上期の売上高12220.0億円(28.9%増加)
B:上期の営業利益730.0億円(212.47%増加)
C:上期の経常利益750.0億円(174.49%増加)
D:上期の純利益(一株利益)460.0億円(186.67%増加)
(上期の一株利益予想123.56円)

2018年1~6月期の連結純利益が前年同期比2.9倍です。石油製品の販売マージン(利幅)が改善したほか、棚卸し資産評価の影響額が増加したことによる利益の増加。

 昭和シェル石油以外に、出光興産にも、JXTGホールディングスにも、コスモエナジーにも聞いてみた。具体的な業績に関しては答えられない。

 これは当然ですね。決算発表前だし。

 ただ去年は通産省の指導で10%の設備廃棄をした。生産量は残りの設備の稼働率が上がったので、減ってない。つまり効率が良くなり利益が上がった。⇒儲けが増える。これは事実。

 日経新聞の記事だと安売りが無くなった。⇒儲けが増える。これも事実。

 ドバイ原油価格が上がると、仕入れ価格が上がるが、それ以上にマージン(粗利)が大きく増える。⇒儲けが増える。これも事実。

 在庫は総平均法と決められているので、原油価格が上がると、在庫の評価益がドカンと増え、利益が増える。⇒これも事実。

 どれだけ儲かっているかは、当然言わない。でも業界4位の昭和シェル石油でも前年同期比で2.9倍の純利益増加。業界2位の出光興産はどれだけ利益が増えているのか。想像するだけでもゾクゾクしてくる。

 出光興産は次のような株価を上げたい(⇔上げないとならない)要因もある。

 いま創業家と約束した1200万株。総額550億円の自社株買いを実施中。

 10月には昭和シェル石油との統合比率を決定する。株価を上げるしか創業家に対する面目が立たないのではないですか。一株純資産に対する株価は昭和シェル石油のほうが圧倒的に高いです。

 いまの株価で統合比率が決まってしまたら創業家も、村上氏も、香港ファンドも黙ってないでしょう。

 来期からではなく今期から配当をドカンと上げて株価を上げる努力をするかもしれません。それを大いに期待してます。

​​​​






Last updated  2018.07.31 03:43:38
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​
 今日の日本経済新聞の記事を引用させていただきます。

https://www.nikkei.com/nkd/company/article/?DisplayType=1&n_cid=DSMMAA13&ng=DGKKZO33551570Z20C18A7PE8000&scode=5019&ba=1

光株を50%以上まで買い増したい。お金を融通してもらえないか」。2017年10月、出光興産名誉会長の出光昭介(91)は厳しい表情で語り始めた。創業家による出光の買収計画を目の前で聞いていたのは「物言う株主」として世間で注目を集めてきた村上世彰(58)。

 15年11月に出光と昭和シェル石油が合併で基本合意したと発表してから、2年になろうとする時期だった。

□   □


 住設機器大手のオーナー経営者を介して知り合い、17年から18年にかけて断続的に顔を合わせた2人。「とにかく会社を取り戻したい」。語気を強める昭介を前に村上は冷静だった。「反対し続ければ、出光は昭シェルにTOB(株式公開買い付け)をしかける。そうなれば何も残りませんよ」。出光が昭シェルにTOBを実施すれば、創業家の意向にかかわらず昭シェルとの統合は実現する。「出光の理念が失われる」。それは昭介が最も見たくない現実だった。

 昭介の父で創業者の故出光佐三は、戦前・戦後の混乱期のなかで出光を国内有数の企業へと育てた。高度経済成長の波にも乗り、国内系を意味する「民族資本」の石油元売りとして業界大手に。同業が再編を繰り返す中、同族経営の強固な基盤をもとに唯一、独立路線を歩んできた。

 佐三は社員だけでなく全国の販売店の従業員までも「家族」と呼んだ。昭介も社長時代に「預かった若い人を両親に代わって育てる」と口癖のように語っていた。

 出光と創業家がボタンを掛け違えた場面は何度かあった。昭介は周囲に「天坊と月岡は許せない」と漏らす。

 出光顧問の天坊昭彦(78)。06年に出光が東証1部に上場した時の社長だ。当時、バブル期の不動産投資の失敗などで財務体質が悪化。上場による資金調達で難を乗り切った功労者とされる。ただ創業家としては出光株の保有は8割ほどから33.92%まで下がり、昭介は快く思っていなかった。それから約10年、今度は出光会長の月岡隆(67)が目の敵となった。


□   □


 16年4月9日。都内の明治記念館で夕方から昭介の次男の結婚式が催された。「会社と創業家は車の両輪です」とあいさつした月岡。上機嫌で聞いていた昭介は「次男は佐三の血を色濃く引き継いでいる」と、経営者として高い資質を持っているとアピールした。

 ただ信頼関係は3カ月もたたずに壊れる。創業家が反対する「対等の精神に基づく合併」を月岡が進めようとしたからだ。16年6月、出光の株主総会での創業家の突然の反対表明につながる。

 泥沼の株式争奪戦が始まった。17年7月に会社側が実施した約1200億円の公募増資で創業家の持ち株比率は約26%に低下。株主総会で合併などの特別決議を否決できる「3分の1」の特権を奪われた。創業家側も「いずれ資金がショートする」との村上の進言を聞かず、17年12月までに約2%買い増し、約28%となった。

 それでも状況は大きく変わらず、昭介の焦燥感は募る。脳裏によぎるのはまもなく50代にさしかかる2人の息子たち。長男は出光を既に退職、次男は出光に残っているものの、要職からはほど遠い地位にいた。

 「僕なら出光から最大限の譲歩を引き出してみせますよ」。過去に外部資本の受け入れを嫌がった昭介が頼ったのは、皮肉にもファンドマネジャーとして資本の論理を振りかざしてきた村上だった。3月ごろから月岡ら出光幹部との水面下の交渉が本格化した。

 ​​​「創業家が推す2人の取締役を起用する」「自社株買いを実施する」「総還元性向を50%程度まで高める」――。出光が取得した自己株式の消却などで、創業者の持ち株比率を30%程度まで高める密約もあり、「自分の会社」を守り続ける道も開けてきた。6月末、昭介は条件付きながらも創業家が経営統合に賛成する文書に署名した。
​​​

 ただ、7月10日の統合発表の裏には、なお溝も透ける。17年までは会社側と創業家が一堂に会した恒例行事。1月の宗像大社(福岡県宗像市)や3月の東慶寺(神奈川県鎌倉市)の参拝も18年は別々に行った。関係者は明かす。「昭介と月岡は合意の際も顔をあわせていない」

(敬称略)』(以上で引用を終わります。)

​​​






Last updated  2018.07.30 20:42:30
2018.07.26
カテゴリ:カテゴリ未分類
​ もはやトレードで、少しくらいの上がりをカスメとるような、セコいトレードをしなくても、業績が良い、技術力のある企業に投資してホールドする、従来の投資手法のほうが儲かる状況になってきました。

 そこで、証券会社の外に逃がしていた資金を1年半の生活費程度を、銀行に残したほかは証券会社の口座に移して、強烈に上期の利益が増えていた昭和シェル石油を参考に、JXTGホールディングス+出光興産を少し買い増しました。

 昨日は安くなたオリックスを少し買戻し、今日は上げてくれました。JCUだけは+80円どころで利喰いして、芙蓉総合リースがズルズル下げてきたところを、また買い戻しました。

 昭和電工はいじらずホールド。このまま上げて行ってくれると嬉しいです。

 今週に入って買い戻した株は2銘柄を除いてすべてプラスとなっています。

 日本板硝子
 JXTGホールディングス
 出光興産
 興銀リース
 オリックス
 芙蓉総合リース(今日買った分は10円マイナスですが、買っては売ったトレードで数万円抜いているのでOKだと思っています。
 JALUX
 KDDI(少しマイナス)
 沖縄セルラー電話(一旦利喰いしたのでチャラではあるが、いまの買い値からは少しマイナス)
 愛知電機

 
 売り切って利喰いしたもの。結構なお小遣い稼ぎが出来ました。
 JCU
 NECキャピタルソリューション
 コムチュア
 ソフトクリエイトホールディングス
 システムリサーチ

 その他数銘柄






Last updated  2018.07.26 20:34:24
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​ JXTGホールディングスに関しては2018年3月期の決算が発表されて、あまりにも期待外れ。2019年3月期の予想数字が低すぎて、発作的に買うのをやめて、NISA口座分まで利喰いしてしまいました。

 ところが昭和シェル石油7月23日に上期(1月から6月まで)の業績のみ上方修正しました。昭和シェル石油は今期は15か月の変則決算で従来の2018年6月までの1月から6月までの1株利益予想を69.03円⇒123.56円まで上方修正しました。

https://www.nikkei.com/nkd/disclosure/tdnr/b7lef5/

 前期の1月から6月までの一株利益の実績は42.61円。2.9倍ですよ。東海カーボン並み。

https://www.nikkei.com/nkd/disclosure/tdnr/ambdc9/

 2018年1~6月期の連結純利益が前年同期比2.9倍の460億円になったと発表した。従来予想を200億円上回る。原油価格が想定を上回って推移し、石油製品の販売マージン(利幅)が改善したほか、棚卸し資産評価の影響額が増加した。

 売上高は前年同期比29%増の1兆2220億円(従来予想は1兆400億円)、営業利益は3.1倍の730億円(同380億円)にそれぞれ上方修正した。規模が小さい昭和シェル石油がこのぶっ飛んだ上方修正。

 出光興産との企業統合が前進したということで買われていました。でも飛びつき買い。

 発作的に出光興産とJXTGホールディングスも恥ずかしながら少し買い戻して、昨日はJXTGのみ寄付き成行買いで多めに買い増し。

 業績が良いから、買われて当たり前で、決算発表が出たら株価が下がるという、個人投資家さんが多いですが、トランプ大統領のイランとの取引禁止で、日本は確実にガソリン価格が暴騰しそうです。

 配当利回りも、まずまずなので3社そろい踏みで買っちゃいましたが、決算発表後にどう動くんでしょうね~。

 一番買いやすいのは株価が一番安く流動性も高いJXTGホールディングスなので、場合によっては準主力級まで増やしても・・・なんて逃げてから15%も高くなてから考えてます(o^―^o)ニコ​​​

JXTGホールディングス ドバイ原油スポット価格が5ドル上がると400億円の利益上振れが起こります。

 予想の前提のドバイ原油の価格が1バレル60ドルで、ドバイ原油スポット価格はずっと70ドルを超えて推移中。

 なんで株価が100円しか上がらないか、これも不思議ですね(o^―^o)ニコ


ドバイ原油 一覧

ドバイ原油・25日午後、続伸 72.90ドル前後 (25日 16:08)
ドバイ原油・25日午前、続伸 72.50ドル前後 (25日 9:48)
ドバイ原油・24日午後、続伸 71.40ドル前後 (24日 16:50)
ドバイ原油・24日午前、続伸 71.50ドル前後 (24日 9:44)
ドバイ原油・23日午後、続伸 71.30ドル前後 (23日 16:10)
ドバイ原油・23日午前、続伸 71.40ドル前後 (23日 10:08)
ドバイ原油・20日午後、続伸 71.10ドル前後 (20日 16:21)
ドバイ原油・20日午前、続伸 71.00ドル前後 (20日 9:54)
ドバイ原油・19日午後、上昇 70.70ドル前後 (19日 16:17)
ドバイ原油・19日午前、上昇 71.00ドル前後 (19日 10:06)
ドバイ原油・18日午後、横ばい 70.00ドル前後 (18日 16:43)
ドバイ原油・18日午前、反発 70.20ドル前後 (18日 10:09)
ドバイ原油・17日午後、続落 70.00ドル前後 (17日 16:34)
ドバイ原油・17日午前、続落 70.30ドル前後 (17日 9:42)
ドバイ原油・13日午後、続落 72.10ドル前後 (13日 15:59)
ドバイ原油・13日午前、続落72.10ドル前後 (13日 10:17)
ドバイ原油・12日午後、続落 72.40ドル前後 (12日 16:11)
ドバイ原油・12日午前、続落 71.80ドル前後 (12日 10:05)
ドバイ原油・11日午後、反落 75.50ドル前後 (11日 16:59)






Last updated  2018.07.26 06:30:53
2018.07.25
カテゴリ:カテゴリ未分類

 昭和電工は立て続けに、株価にプラスの影響が出そうなIRを発表しています。

7月24日には『大分コンビナート地区における石油コンビナートの立地基盤整備支援事業の実施について』​

http://www.sdk.co.jp/news/2018/27069.html


 この補助金事業に関する情報をネットで集めると次のような情報が見つかりました。URLは長すぎるので省略します。

『平成30年度「石油供給構造高度化事業費補助金(石油コンビナートの生産性向上及び強じん化推進事業)」に係る補助事業者の公募について』で検索すると予算や採択件数などが出てきます。
 ↓
(1)採択件数:1件
(2)補助率・補助額
補助対象経費のうち、石油コンビナートの立地基盤整備支援事業費の定額(1/2相当)、石油供給インフラ強じん化事業費の定額(2/3相当)、業務管理費の定額を補助する。
補助額は総額で13,500,000千円を上限とし、そのうち業務管理費については61,555千円を上限とする。
※最終的な実施内容、交付金額については、経済産業省と調整した上で決定します。

 補助金はプラス材料ではあり、ニードルコークスの製造メーカーのJXTGと結びつきを強めるのは、将来的には大きなプラスだと思います。

 また補助金で化学部門の製品の利益率が上がるのも、将来の増益に寄与すると考えました。

 補助金は2019年3月末までに受取るようですが、昭和電工の決算は12月で今期は黒鉛電極で強烈に利益が増えることが分かっているので、出来れば来期に補助金をもらって、来期の増益額を増やしていただきたいと、勝手なことを考えています。

7月23日には『ESG投資のための3指数に2年連続採用』​

http://www.sdk.co.jp/news/2018/27061.html

 次のような情報もネットで流れています。MSCIに採用されるほうが、プラスの影響は大きいでしょうか。どちらにしても楽しみです。

 

<MSCIの8月見直し、昭和電工に新規採用予想>2018年07月23日13時28分

 国際的な投資指標であるMSCIの8月見直しの発表は、日本時間8月14日早朝に予定されている。SMBC日興証券は20日、8月の定期見直しでは、MSCI日本スタンダード指数へ1銘柄ずつの採用と削除があると予想した。新規採用の候補銘柄では昭和電工<4004>、削除候補にはCYBERDYNE<7779>を挙げた。

 あと、私が紹介した銘柄の中で、10銘柄紹介して2銘柄くらい買ってくれるのですが、その人が買ってくれた銘柄は、アルコニックス、ニチリンが瞬く間に暴騰。アルコニックスもニチリンもあっという間に2倍になりました。

 そして今回も1500円どころで東海カーボン2000株、4000円どころで2000株と一気に資金をつぎ込み、東海カーボンは2200円どころですべて利喰い。昭和電工は2700株に増やしてホールド中の鼻の利く投資家さんです。

 日曜日にプールであった時に日本板硝子のことを話しました。

 昨日、プール仲間の飲み会がありましたが、日本板硝子を一気に4000株買ったと話していました。

 私ももっと買っておけば良かったと思いました(苦笑)







Last updated  2018.07.25 06:45:17
2018.07.23
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​ 最近は、やはり短期トレードでしか利益を出せないような状況が続いています。

 金曜日に買たところから100円以上上げた芙蓉総合リース、一度利喰いして買い戻したら、下に突き抜けられて損切り買戻しをした興銀リース、やはり利喰いして、買い戻したら下に突き抜けられて、損切り買い戻したオリックスなどが実際に最初に買ったところより利益がでるところまで上げたので、すべて利喰いしました。

〇芙蓉総合リースのチャート


https://www.nikkei.com/nkd/company/chart/?type=6month&scode=8424&ba=1&n_cid=DSMMAA13


〇興銀リースのチャート

https://www.nikkei.com/nkd/company/chart/?type=6month&scode=8425&ba=1&n_cid=DSMMAA13


〇オリックスのチャート


https://www.nikkei.com/nkd/company/chart/?type=6month&scode=8591&ba=1&n_cid=DSMMAA13



〇コムチュアのチャート

https://www.nikkei.com/nkd/company/chart/?type=6month&scode=3844&ba=1

〇JCUのチャート

https://www.nikkei.com/nkd/company/chart/?type=6month&scode=4975&ba=1&n_cid=DSMMAA13​​

〇システムリサーチのチャート

https://www.nikkei.com/nkd/company/chart/?type=6month&scode=3771&ba=1&n_cid=DSMMAA13

  金曜日になぜか100円以上下げたコムチュアも安いところで買って120円高で売ったら160円以上上げてしまったのですが、とりあえず+120円で利喰い。

 その他IT銘柄も、JCUも買値から80円以上高くなったところでサクサク利喰い。沖縄セルラー電話も買ってから、たいして上げていませんが、とにかく利喰い。

 そして悪縁で買ってからズルズル下げられていたバリュー株も損切りして、これは買い戻しせず。悪縁を切りました。たとえば住友金属鉱山( ;∀;)

 住友金属鉱山のチャート


https://www.nikkei.com/nkd/company/chart/?type=6month&scode=5713&ba=1&n_cid=DSMMAA13


 懸念した通り東海カーボンはイナゴが投げ売りさせられ、2000円を割り込み、昭和電工も連動して売られて大きく落ちましたが、計画通り8月8日の決算発表までは様子見でいこうと思っています。

〇東海カーボンのチャート

https://www.nikkei.com/nkd/company/chart/?type=6month&scode=5301&ba=1&n_cid=DSMMAA13

〇昭和電工のチャート

https://www.nikkei.com/nkd/company/chart/?type=6month&scode=4004&ba=1&n_cid=DSMMAA13

​​​​






Last updated  2018.07.23 21:08:52

全7752件 (7752件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.