8323805 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

減らないお財布を持ってフィナンシャル・インディペンデンスをめざす仲間のコミュニティー

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


toms2121

Favorite Blog

持ち株が急騰した時… New! みきまるファンドさん

充電のコツ New! slowlysheepさん

オライリー・オート… New! 征野三朗さん

偶然と呼ぶにはあま… kaitenetさん

高力ボルトの本数と… 原田ミカオさん

Comments

toms2121@ Re:ご苦労様でした(12/30) bouz3907さん  こちらこそ、来年もよ…
toms2121@ Re:一年間ありがとうございました。(12/30) greenglass1956さん    いつも読んで…
bouz3907@ ご苦労様でした 師匠のおかげで夫婦で楽しみながら投資を…
greenglass1956@ 一年間ありがとうございました。 いつも石川さんのプログを楽しみに拝見さ…
toms2121@ Re:今年も1年ありがとうございました(12/29) ハヤザキさん  こちらこそ、ありがと…

Freepage List

Category

Calendar

2007.12.28
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 目先のことで「得した、損した」と大騒ぎするより、10年後どうなる、20年後どうなるということを自分なりに考えて、それなりの見通しを立てた上で、今何をするかを考え、着実に実行していくことが大切だと思っています。

 考えたけれど実行に移せませんでした、というのでは何にもならない。えてして世の中には正しいことを考えたのだけれど実行に移せなかった人が多いのではないでしょうか。でも実行しなければ、いくら正しいことを考えても何にもならない。とにかく実行に踏み切ることが重要だと考えています。

 考えようによっては、今年はとてつもないチャンスの年でした。またアメリカ市場の株価が下がって、来年もチャンスの年なのかもしれません(爆笑)

 そのチャンスを生かすためには過去の常識や、一般大衆の常識に縛られていてはだめだ、そう常に自分に言い聞かせています^^;。

 他人と同じ発想をしていてはだめだ。株式投資にしろ、不動産投資にしろ、世間の動きと同じことをやっていてはたぶんだめなのだと感じています。過去の経験則から言えば、しっかり考え、世間の常識と逆のことに挑戦することで大きな利益をつかむことが出来ました。

 天安門事件の直後に、みんなにバカにされながら実行した香港のファミリーマンション投資にしろ、日経平均225が8000円を割り込んだ時の、フルインベストにしろ。

 みんなが日本の株式は駄目だというときは、その風潮に付和雷同するのではなく、日本の企業を調べる価値があると思います。そうすると大変なチャンスがそこに眠っているわけです。

 みんなが駄目というときは人気が離散しているので日本株の価格は下がります。下がると、もっと下がると思う人が増えて売る人より買おうと近づく人が少なくなります。

 誰も振り向いてくれなくなるので、需給によりますます値段が安くなり、配当優待総合利回りが6%どころか、それ以上になることも珍しくなくなったのが今年でした。

 益利回り(PERの逆数)では20%以上というとんでもない利回りになるものまで出てきました。業績も良く、財務内容が堅牢な企業にもけっこうあります。

 ただ、人気が無いんですよね。低PERかつ低PBR株は^^;。人気が回復するためには、長く耐えることが必要で、忍耐は試されると思います(苦笑)
 
 やはりこの苦しい時間に耐えるためにはご褒美が必要で、私はそのご褒美を高い配当率と優待に求めました。

 優良な成長企業はきちんと増配してくれています。投資家モーちゃんさがブログで

http://plaza.rakuten.co.jp/mohchan/


 8年間でキャノンが9.73倍、ホンダが7.48倍、日信工業は9倍になっていたと教えてくださいました。

 私の今年度の一番の拾い物は昭栄(3003)だったと思っています。

 増配1999年12月期の8円。200年12月14円。2002年12月だけ減配し12円。その後は減配はありません。(次に述べる株式分割を考えれば、ずっと増配です)2003年よりは12円→15円→20円→25円→25円→40円→40円→45円。

  しかも株式分割2003年6月よりは毎期株式分割し1→1.2、04年1→1.2、05年1→1.1、06年1→1.1、07年1→1.1(つまり株数は所有しているだけで1.91倍に^^;)

 つまり持っていただけで、配当は8円から45円×1.91=85.95円。更に優待100株で540円のお米券4枚=2160円。(なお3年超所有を続けるとお米券は年6枚に)

 たまたま今年は9.96%をもつ同社の大株主の外資(JPモルガンアセット)が突如持ち株を売り切るような勢いで持ち株売却を始めた6月より株価が急落し、株価は半分以下に沈み込み5年前の株価水準で買える事になりました^^;。

 本業は不動産投資会社ですが、安田財閥系の企業なので、キャノンの株など投資有価証券約3000億円を所有しています。さらに過去から所有している不動産を利用して、更に高利回り賃貸物件取得を拡大中。電子部品製造子会社を売却し本業の不動産事業に邁進中。

 キャノンが筆頭株主で、所有資産に胡坐をかいて眠っていた時代に買収されそうになり俄然眼を覚まし、先に述べたように、その後、業績を伸ばすごとに増配。更に株式分割を連続して行い株主還元を積極化。更に自社株買いも継続して行なっています。今期2回目(来年3月までの期限で行なう予定)の自社株買い115万株は、12月20日までには、まだ一株も買っていないようでこれからのお楽しみです^^;

 これほど株主に奉仕してくれる株をデイトレードで売り飛ばすのはもったいないと思います。でも乱高下が激しくてスイングトレードの対象としても、とても楽しめる株でしょうね。安心感もありますし^^;私は自社株買いが入ると買い戻しそこなうのが怖いのでやりませんけど(爆笑)。

 あとアートコーポレーション(9030)も2002年9月から業績が伸びるごとに増配してくれています。8円から2007年10月期は45円です。優待は100株で3500円の選択できる食べ物ギフト券。

 業績は2003年より右肩上がりで増収増益。一株利益で言えば27.3円から239.5円に。四季報予想では2008年10月期は257.1円に^^;

 株価は2006円4月の4680円から、まっさかさまに下落して2610円に。私は2805円から買い下がり(苦笑)でも売る気なしです^^;

 トレードもパチンコ以上に射幸心をあおり、楽しいですけど、インフレに強い、業績が右肩上がりの資産、キャッシュリッチで、株主待遇がよろしい企業の株を、がっつり握りこんで離さないって作戦も、忙しくなくてとても楽だと思います。







Last updated  2007.12.28 09:27:19

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.