376837 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

TOMDOG  トムドッグ

PR

X

全4件 (4件中 1-4件目)

1

犬から教わる事

2013/12/17
XML
カテゴリ:犬から教わる事

先日、我が愛犬 コナ姫のレッスン中にミスをしてしまい・・・

ボールが大好きなコナ姫←ゴールデンレトリバー が、焦って私の手からボールを取るはずが、私の太ももへガブリショック

正確には、膝の上あたりに犬歯がシッカリ入り、某メーカーの暖パンも破けて出血病院

コナ姫は悪くないので、良く誉めて終わらせたつもりだったのですが、家での尋常ではない様子に、スッカリ落ち込んで自らハウスへ足跡

その後、コナ姫の落ち込みを救った姫様は~

momo.JPG

天真爛漫~ジャックラッセルのももちゃんで~す!

お泊まりして居てくれて助かりました

コナ姫と大の仲良しのももちゃんと、ヨダレでビショビショになるまで遊んだコナ姫は復活して、いつものコナ姫へ変身目

多頭飼いの時は、あまり気にならなかったけれど、1頭だけになってしまった我が家では、家族の雰囲気を背負ってしまったりするので、元気な友達ワンコが居てくれて助かりました

こればかりは、人が言葉で大丈夫だよ~と言い聞かせても???となり、余計に不安になる・・・ そんなタイプのコナ姫

ともあれ、私は夕方痛くて耐えられず、病院へ車

イヤイヤ~ 迷惑な飼い主になってしまいましたわからん

 







最終更新日  2013/12/17 04:41:19 PM
コメント(0) | コメントを書く


2011/06/17
カテゴリ:犬から教わる事

愛犬のゴールデンレトリバー ~ ラッキーが虹の橋を渡りました号泣

6月6日の出来事

14歳 ~ 人で言えば、90歳以上

愛犬のゴールデンレトリバー ~ コナ姫が1歳になりましたスマイル

6月11日の出来事

ラッキーは、2月末ごろに肥満細胞腫が再発

目を覆うほどの腫瘍の状態になり、でも元気に過ごしてくれていて生命力の強さに驚かされた日々

ラッキー癌と戦う 002.jpg

右前肢の腫瘍が破裂して、毎日3回以上パットを替える状態

ウザイだろうに、コナ姫はラッキーにペッタリするのが大好きだった手書きハート

6月6日ラッキー虹の橋を渡る 004.jpg

こういうのがダメな人は、ゴメンナサイしょんぼり

亡くなる2時間前の状態

帰宅して、腫瘍部分を洗って消毒して・・・

まさか、その後お別れが来るとは思っていませんでした

水もほどんど取れなくなり、1日が過ぎようとしていたので、夜に獣医さんに往診に来てもらい、点滴をして・・・  そのあと

1時間30分後・・・ 虹の橋を渡ってしまいました

6月6日ラッキー虹の橋を渡る 016.jpg

覚悟はしていたけれど・・・ 眠っているようなラッキー母さん

ラッキーに出会い、ゴールデンレトリバーが好きになり、トレーニングにも興味を持ちました

父と愛犬コナを一気に失い、母と私をもう少し看てて~と使命がくだったかぁショック

本当のことは分かりませんが、コナ姫をやさしく包んでくれて、1歳の誕生日まであと少しでバトンタッチしたようです目

翌日、火葬を済ませて次の日には、お寺さんで供養してもらいました

住職さまは、お位牌を作ってくださるので、コナとラッキーの2つになりました

東泉寺ホームページ  住職さまのブログも面白いですよグッド

さて、バトンを渡されたコナ姫犬

悲しみにくれている訳にもいかず、そうだぁ~音符 ケーキでも買って、新しい仏さんラッキー母さんとコナにお供えしましょう ~ と犬用ケーキを購入

1歳バースデー 006.jpg

犬の顔ケーキがラッキー母さんとコナ

丸いのがPJ

ピンクハートがコナ姫の分

可愛いですね~ こんなのあまりしてあげないから、少しだけテンション上向き矢印

1歳バースデー 005.jpg

6月11日 コナ姫のお誕生日 に、お供えして・・・ お位牌もあるでしょスマイル

が・・・ 2時間後には、この2つのケーキはなくなっておりましたほえー

犯人は下矢印

1歳バースデー 012.jpg

怒られて、ブルーなコナ姫

まぁ、こちらがキチンとドアーを閉めていなかったのですがNG

という事で、誕生日当日のケーキはオアズケバツ

で翌日 ~ 誕生日ケーキを食べてもらいましたが・・・

3秒ですよ!! 3秒食事

食欲ピカイチちょき オスワリ・・・イマイチ失敗


明るいコナ姫のおかげで、助けられているTOMDOG

コナ姫 ・・・ これからもよろしくね目がハート

ラッキー母さん ・・・ あなたと過ごした時間は、素晴らしいモノでした

49日まで、ゆっくり虹の橋に向かって歩いてください

お父さん ラン犬 コナ犬 あなたをトレーニングしてくれた先生も居るでしょう

あちらでもたくさんトレーニングしてもらいなね足跡

虹の橋 のお話を思い出して乗り越えます

安らかに眠ってください

ありがとう ・・・ ラッキー



 

 

 

 







最終更新日  2012/03/12 08:26:12 PM
コメント(2) | コメントを書く
2010/10/21
カテゴリ:犬から教わる事

人よりも犬が多い生活・・・ダブルハート

犬好きなTOMDOGにとっては、それはそれは嬉しい限りちょき

2頭目・3頭目~を迎えるとなると、色々考えますよね?

パピーパーティーでも聞くのは、

  • 老犬の先住犬が居て、元気になってもらいたいから(遊び相手として)
  • もしも先住犬が亡くなった時に、自分達が寂しくないように
  • 仔犬も1頭よりは、先住犬が居た方が楽しいし、寂しくないから
  • 犬のしつけ方の方針が、夫婦・家族で合わないから、互いの意に沿った教育方針をそれぞれの犬へつらぬかせたいから
  • 次こそは、まともな犬(しつけ面・競技などの成績面etc)にしたいから

まぁ、挙げればきりがないんですけれどびっくり

多頭飼いの利点も、問題点もありますが、考え方次第でどうにでも受け取れます

一応、多頭飼いで起こりやすい事は、2頭目以降の犬達は人の指示を聞かなかったりします

やはり、1頭1頭が飼い主の声に耳を傾けられる様でないと、問題が多く発生しますよね

飼い主は素敵なDOG LIFEを送っているつもりでも、何頭も同時にお散歩中、周りに 『ワンワン!』吠えまくり、道の真ん中を堂々と? 車自転車マラソンが避けてくれるから・・・と歩いたりムカッ

公園で、1頭が吠えると連鎖反応で、飼い犬が全て吠えまくり、制止出来ない状態になる~*犬が吠えるのは自然のことですが

他の方に迷惑をかけない程度のマナー的なお勉強してもらいたいのが本音です

(吠えることや興奮などをコントロールするのは、やはり大変ですよ)

TOMDOGもコナ姫を迎えるにあたり、一番心配したのが老犬ラッキーとの共同生活

ラッキー母さんは、小さいころから散歩嫌いバツ 犬が恐いバツの神経質タイプ

しかも今は、脚が悪くてすぐに起き上がれないので、シツコクするだろう仔犬とどう生活させるか? 

元気になるかもしれないけれど、娘犬のコナが亡くなって4ヶ月間、平穏な日々を送っていたのだから・・・

運を天にまかせて犬

コナ姫 3ヶ月 007.jpg

連れて来た当日に、ラッキー母さんに体当たりして怒られたコナ姫

忘れて、シツコクするかと思ったけれど、さすが相当数のワンコと暮らしていた3ヶ月で、犬同士の社会化を学習していたらしく、この距離を保って生活がスタートした

コナ姫 3ヶ月 008.jpg

これ以上は近づけない・・・微妙な距離間

基本的には、人は犬同士のことに、あまり関与しないようにアドバイスをしているが、人が犬同士のコミュニケーションを読めないとなると・・・ やはり難しいのです

9月末のコナ姫 001.jpg

同じ同居犬でも、PJにはイケイケのコナ姫

PJも、怒らないのでやられるまましょんぼり

基本的に、オスはメスに致命傷を与えない事を本能的に知っている~という節を聞いたことがあるけれど、行動を見ていても、やはりオスはメスに遠慮?配慮?がある気がする

相手が、仔犬の場合、1歳~2歳のオス犬にそれが当てはまるかは、その犬の気質などにもよるから一概に言えないけれどわからん

9月末のコナ姫 004.jpg

うわ~ オレは、すぐに動けないんだから、シツコクしないでびっくり!!(by PJ)

9月末のコナ姫 006.jpg

はぁ~助かったぁ~(by PJ)

見兼ねて、助け船を出したTOMDOG

ハプニング前夜1.jpg

それでも、2週間も過ぎた頃には、距離が近づいてきた感じがうっしっし

ラッキー母さんの嫌な領域を侵したときは、警告の

『ウウウゥ~怒ってる

が出ますが、コナ姫も警告を理解して距離を保ちます

でも、そんなことが理解出来ないワン子達がほとんどです

早い月齢で仔犬を出すことにも問題があると思いますが、ブリーダーさんでも意識があって管理されている所とそうでない所では、月齢遅くまで親元に居たからと言って犬同士の社会化が出来ている~と安心は出来ないと・・・ 仔犬を見て思います

ラッキー母さん.jpg

13歳にして、新しい家族を寛大に迎えてくれたラッキー母さん

10月9日で13歳になりましましたケーキ

コナが居たら、どうしていただろうね?

コナが生きていたら、コナ姫は来ないか?

コピー ~ ケーキ.jpg

犬用のケーキでも・・・ と思ったけれど、お先に人があやかってバースディーお祝いをさせてもらいました

今度、美味しいの買ってあげるね~スマイル

四つ葉多頭飼いのポイントは、飼い主が1頭づつに時間を裂き、かかわることでコミニュケーションを取る

家族以外の犬と逢わせる時は、犬同士を自宅の外で接触させてから、室内や庭へ

相手・もしくは愛犬のテリトリーに踏み入る・踏み込ませる時は、注意しなければならないです

 

ノートセミナーのご案内

レスコハウス横浜
横浜市西区西平沼町6-1
「TVKハウジングプラザ横浜」内

10月31日(日)10:30~12:00
『上手なお散歩のさせ方レッスン』
3,000円/1ペアー (3,500円/当日払い)

11月6日(土)11:00~12:00
『パピーパーティー』
2,000円/1ペアー (2,500円/当日払い)

*入金後、エントリー確定

詳細はこちら

申し込みはこちら

 



 







最終更新日  2010/10/21 02:10:53 PM
コメント(0) | コメントを書く
2008/08/02
カテゴリ:犬から教わる事

ハプニングの連絡を受けました。 

家族が通常の管理が出来そうもなさそうなので、ワン子の対応をして・・・                 そして、犬ってこんなにも家族の異変を察知するものかぁ~びっくり と、驚いてしまいました。

とりあえず、いつものようにトレーニングしたんだけれど、どうも? 何か? いつもと違う? この子は、元気一杯で要求吠えが多い事で、結構大変でね。

『そうだ! んじゃ、要求吠えを回避する練習でもするか~』とワン子を相手にしない時間を作ったんだけれど、いつも数秒と持たない『ワン!ワン!』が聞こえてこないしょんぼり

暫くすると、公園の外の方へ向かって『ピィーピィー』と鼻をならしている。 いつもの笑顔なんだけれど、いつもの困りモノのジャンピングアタックも威力がないNG

んんんんん~ まぁ、いいかぁ。 やっぱり、変だと思っているのかなぁ?

そして、夜の散歩の要請もあり、再び歩く人訪れた時・・・

『ワンワン! バタバタ~ガタガタ~ドンドン』

あきらかに、朝と様子が違うびっくり 扉を開けた瞬間、1人の家族が帰宅した荷物の臭いを嗅ぎ、TOMDOGの顔を見て 『ワンワン!!!』と、いつもの大きな声で騒ぎまくる始末。

『あ!!とにかく、家族が落ち着いて家に集合しているのね~』スマイルと、とっさに気が付いたひらめき

飼い主なんて居なくても、全然平気~OK感覚の行動をするワン子だと、思っていたけれど・・・

私がどれだけあなた(愛犬)の事を思っているのか? あなたは(愛犬)は気が付いているのかしら~?ぽっと思うときありませんかぁ?

今回のこのワン子の表現の仕方を見て、その倍以上思っているのは愛犬の方かもしれない・・・と。 

そして、犬ってとても感受性の強い動物だと再確認。

気が付かないんですよね~。 いつも、側に居てくれて少しくらい嫌な事しても、呼べば来てくれたりするし。 だって、仔犬で迎えた時から、見知らぬ私たちにシッポを振ってきてくれるんだもの。

わざわざ、仲良くなるのに労力を遣わなくていいんだから。 野生動物なら、そうはいかないもの。

こういう犬の行動の変化は、皆さんもたくさん体験されていると思います目 

ともあれ、元気で困ってしまう行動はあるけれど、どうやらいつものワン子に戻ったので、安心したTOMDOG。

えんぴつこんな気付き・・・ 忘れないウチに書いておこうと思いましてウィンク







最終更新日  2008/08/02 01:41:01 PM
コメント(2) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


© Rakuten Group, Inc.