217862 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

大野路燿(おおのみちよ)ブログ 開運とは楽しく生きる方法を実践する事なのです!

PR

Freepage List

Favorite Blog

クラゲの如くゆらゆ… しっぽ2さん

気ままに、ゆっくり… 案山子の屁さん
おとったん日記 おとったん8088さん
わたしのブログ luckysmileさん

Category

Comments

案山子の屁@ Re:足りないくらいが丁度いい。(07/04) お久し振りです、お元気ですか? 関東は…
案山子の屁@ Re:ご無沙汰です。(06/08) お久し振りです、お元気ですか? 梅雨の…
案山子の屁@ Re:6日目。(04/11) 子供の独り立ち?・・・悲しんでばかりいない…
案山子の屁@ Re:ご無沙汰です。(02/17) お久し振りです、お元気そうで何よりです…

Recent Posts

2016.10.24
XML
カテゴリ:独り言
私にはどうしても消せないものがあります。
もう使われていない携帯電話の番号。

旅先で父の好物を見つけ、送ると必ず「ありがとうございます」と電話をくれた。
誕生日、父の日、敬老の日、バレンタインデー、お中元、お歳暮、などなど毎年かかさずプレゼントを送ることをしてきた私。
それは、あまり父から可愛がられていないと感じて育ったからなのかもしれない。
しかし「親孝行したい時には親はなし」という言葉通りになりたくないという思いから自分自身の中で「後悔」をしたくないという思いから、贈り続けてきた私の想い。

その度に必ずお礼の電話をくれました。
仕事で忙しく私が電話に出れない時は、必ずメッセージを残してくれた父。

その父からの電話はいつも父の携帯電話からでした。
しかし、昨年、病床に伏してから父の携帯は姉に解約されてしまい二度と繋がることはありません。

それをわかっていながら父の携帯電話の番号を私は消すことができない・・・。

消去するまでにはまだまだ時間が必要のように思う自分がいます。






Last updated  2016.10.24 11:05:18
コメント(0) | コメントを書く
[独り言] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.