236802 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

大野路燿(おおのみちよ)ブログ 開運とは楽しく生きる方法を実践する事なのです!

PR

全69件 (69件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

それぞれの人生

2011.04.04
XML
カテゴリ:それぞれの人生
息子がいよいよ新たな人生を歩き出す時がきました。
ここ数日間は準備に忙しく、家族全員が寝不足で・・・。

でも、もう、自宅で寝るのは今夜だけになりました。

明日には飛行機に乗り・・・。


2年間は逢えないから。
帰ってこれないから。

淋しいですねぇ。


今夜は何を作ろうかなぁ?


数年前から私自身が望んでいたことなのにいざ実現すると・・・。
母親って勝手かもね。
遠くには行って欲しくないという感情の方が強くなって・・・。


さて、夕飯のメニューを今から考えて・・・。
明日は元気に見送ろう。






Last updated  2011.04.04 09:25:28
コメント(0) | コメントを書く


2010.08.27
カテゴリ:それぞれの人生
昨日のこと。

百貨店へ足を運んだ。


店舗のレイアウトを考えて欲しいという依頼があり「杏樹」さんと。


平日の昼間の百貨店には無縁の私たち。


「凄いねぇ・・・」

「結構いるね~買い物に来てる人」

「世の奥様方はこんな生活をしているのねぇ~」

「うん。」



仕事を終え、お惣菜を買いに「デパ地下」へ(笑)
(自分達のお昼を調達)


「さすが~混んでるね~」

「うん・・・。」

「主婦もお惣菜を買うんだぁ」



自分達も主婦だが・・・主婦という言葉にはほど遠い生き方かもしれない。
だって平日の百貨店なんて初めての経験?
それも仕事で・・・。
  

「みんな結構まったりと生きているのねぇ」

「うん。」

いつも事務所の中での仕事が多い私には新鮮な場所でしたぁ。


主婦の方もリフレッシュをする最適な場所なのかもしれませんね。



仕事に生きる女性と、家庭で生きる女性。
それぞれの人生。


今度は仕事中に事務所を抜け出して出かけてみようかな?
ふらっと・・・ね。

携帯の方はこちらのQRコードで簡単ご登録!
QR






Last updated  2010.08.27 18:20:03
コメント(2) | コメントを書く
2010.05.31
カテゴリ:それぞれの人生
息子の親友の妹さんが昨日、亡くなりました。
23歳。
若すぎます。

3歳の時に脳腫瘍がみつかり手術を受けましたが非常に難しいところに腫瘍があり全てを摘出することができず、ずっと自宅での療養をしていました。

息子の親友のH君とご家族とは家族ぐるみのお付き合いをさせて頂いております。

23歳というと私の娘と同じ歳。

胸がつまります。


片時も離れず看病をしてきたお母さんの心を考えると言葉になりません。

Kちゃん、ゆっくり休んで下さいね。
ご冥福をお祈りいたします。

携帯の方はこちらのQRコードで簡単ご登録!
QR






Last updated  2010.06.01 10:08:19
コメント(0) | コメントを書く
2010.03.08
カテゴリ:それぞれの人生
昨日の出来事。

仕事帰りに買い物へ行き時計を見ると7時過ぎ。

「食事して帰ろうか」と主人とお店へ入る。

カウンター、テーブル席、小上がりと賑わっている店内。

小上がりがひとつ空いていたのでそこへ座る。

背中合わせの席には家族連れが。

まだ小学校へあがる前と思われる男の子が二人。
静かな食事。

「ねぇ、随分と子供なのに静かに食べているわね~話し声すらしない。親の教育かしらね」と主人と話をしていた。
すると突然・・・

「ほら、背中を伸ばす!テーブルにもっと近づく!」
「・・・・・・・」
「右手はこうよ、こう。違う違う、こうするの。何度言ったらわかるの?」

驚いた。

そこへ重ねて父親の声。

「だから違うって、こうだって!」


ふと子供に視線を向けると脅えた顔をしながら涙を流し、食事をしている。


教育、しつけ、大切です。
でもみんなが居る大衆の場でしなくてもいいと思うのです。

家で行うべき。


それにしても、あんな言い方では子供は萎縮してしまいます。

食べている間中言われ続けた子供。
食べ終わり帰って行った親子。

テーブルの上を見ると・・・汚い。
箸も揃えていない。
ぐちゃぐちゃなテーブル。

よく言うねぇ。
子供にさ・・・。
だらしない食べ方だと。
親の貴方たちこそ後始末ができていませんよ。


最後の最後まで子供の声は一度も聞こえてこなかった。
家庭でもあんなふうに静かにしているのでしょうね。
少しでも親から小言を言われないために。


う~ん。
複雑な心境。


「あなたの子育て、間違っていると思う」と何度も言いそうになったが我慢しました。
でもね・・・。


昨日からずっと頭の中に残っている出来事なんです。


携帯の方はこちらのQRコードで簡単ご登録!
QR






Last updated  2010.03.08 15:17:09
コメント(2) | コメントを書く
2010.01.30
カテゴリ:それぞれの人生
友人の弟さんが亡くなった。

突然の交通事故。

若すぎる死。


複雑な心境です。

彼の人生。
波乱万丈だった。
しかし今思うのは彼らしく生きたということ。

人間が一生かけてやることを若いうちからやってきたのも理解できる気がします。
誰もが経験できないことをも経験した彼。


今はただ、ご冥福をお祈りいたします。 合掌。

携帯の方はこちらのQRコードで簡単ご登録!
QR






Last updated  2010.02.01 17:45:23
コメント(0) | コメントを書く
2009.10.23
カテゴリ:それぞれの人生
自分にとって不本意な結果となった時、その考え方は民族によって異なるという。

たとえばヨーロッパの人々は元々が狩猟民族。
悪い結果をもたらした場合、自分の努力が足りなかったと考える。

しかし日本人の場合。
農耕民族で稲が思うように取れなかった場合「天候が悪かったから」という考え方から何か悪い結果になると「何か」のせいにするようです。環境のせいだったり人のせいだったり。


確かにそうだよなぁ・・・。


しみじみ実感。


人のせいにしないこと、自分が一生懸命努力をすること。

この言葉に尽きますね。

携帯の方はこちらのQRコードで簡単ご登録!
QR






Last updated  2009.10.23 16:22:30
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.19
カテゴリ:それぞれの人生
自分の身の回りに居る人々。

自分が係わる人間関係は三通りに分かれるとのこと。


逢えば挨拶はする。しかしその人が居ても居なくても自分にとっても相手にとっても支障が無い関係。


自分の目的を達成する為に必要な人。その人が居ないと自分の心の満足感が得られない。いわゆる「利用」的な関係。


損得が全く関係しない無償の愛の人間関係。



本当にそうだと思うのです。(納得)



いわゆる利用的な発想だけで生きている人がいます。
知り合う人、知り合う人を自分の目的達成の為に動かそうとする人。
そこには全て計算がつきまとう。
そして自分の思う通りに動いてくれなかったら、もうその人を必要とはせず人間関係を断ち切る。

自分からすり寄って行くのにもかかわらず、自分から断ち切る。
数ヶ月単位で人間関係が変わる、めまぐるしいほどに・・・。
その替わり自分の期待に応えてくれていると猫なで声でその人の近くにつきまとう。


見ていると滑稽でならない。


でも本人は気付いていない。
本質そのものが損得勘定と自分の思いだけで生きているから。

携帯の方はこちらのQRコードで簡単ご登録!
QR






Last updated  2009.08.20 10:00:34
コメント(4) | コメントを書く
2009.08.10
カテゴリ:それぞれの人生
爽やかなイメージだった女優の酒井法子さんが逮捕された。


そのニュースを見ながら息子がぽつり。
「女の人って男次第で人生が変わるのかなぁ?」

女性も男性も相手次第で人生が変わりますよね。
良くも悪くも相手次第でお互いが影響しあうと思います。


女性は受け身のところがあるので女性の方が変わりやすいかな?
だけど・・・変わる資質が元々あったということだとも思うんです。

自分の意思がしっかりとしていたらこんなふうにはなっていないよね。


若い頃、好き勝手に生きていた男性が、しっかり者の女性と付き合いはじめ、どんどん彼の人生観が変わっていく。数年後、いいお父さんになっていた。

こういう夫婦は、妻の影響力が大きかったのでしょう。


ともかく、男性も女性も相手に影響されながら生きていくということ。


良い方向に影響しあうのならいいのですがね・・・。

携帯の方はこちらのQRコードで簡単ご登録!
QR






Last updated  2009.08.10 09:54:20
コメント(0) | コメントを書く
2009.07.15
カテゴリ:それぞれの人生
息子に中学校の時、仲が良かった同級生からメールがきたようです。


給料が10万円減り、ボーナスも・・・。生活は貯金を崩しながらしてきたがもう限界。夜、仕事が終わってからバイトしてるんだぁ・・・。


工業高校を卒業して群馬県の自動車のエンジンを組み立てる会社へ就職をした。
結婚をして子供が2人。


お給料が10万円も減ったら、そりゃあ生活が大変よね・・・。
バイトもしないと家族を養えないよね・・・。

と私が言うと。



彼の悩みはそこではなくて、こんな状況なのに奥さんが働いてくれなくて、それだけじゃなく、バイトをしているのに「どうせ遊んでるんでしょ」と言うらしい。そんなことを言われたら生活の為にバイトをしているのに情けなくなるよね。


確かに。


夫婦で協力しあうということができないものなのでしょうか?


金の切れ目が縁の切れ目とは言いますが。

苦しい時こそお互いにお互いを思いやり乗り切って欲しいと思います。



景気が回復すると夫婦の仲も回復するのかなぁ。

携帯の方はこちらのQRコードで簡単ご登録!
QR






Last updated  2009.07.15 10:39:25
コメント(0) | コメントを書く
2009.05.25
カテゴリ:それぞれの人生
昨日のこと。


研修へ行くための「靴」を選びに出かけた。


歩きやすくて・・・足が疲れないような・・・
と、考えながら見ていると。


「あ~ん。マ~マ~・・・」

「・・・・・・・・」

「ギャ~・・・マ~マ~・・・マ~マ~・・・」

「・・・・・・・・」



かなり大きな鳴き声。
なのに母親は無視。


不思議な気持ちになった。



女の子が母親の足につかまり話しかけているのに。


いつまでたっても母親は子供を無視している。



女の子は諦めたのか、母親から離れひとりで歩きだした。



「迷子にならなきゃいいけどなぁ」と思いながら見ていると母親は子供に目を向けるでもなく靴をながめている。


自分の靴を選びながらも女の子が気になる。
すると・・・


ひとりで歩いている女の子の前に父親らしき男性が。


「どうして、ひとりで歩いているの!どこへ行く気だ!?」



私がもしもあの女の子なら父親を無視したかもしれない(笑)


子供を叱る前に、子供を無視している自分の妻を叱ったら?



淋しい目をした、あの女の子の顔が忘れられない。

携帯の方はこちらのQRコードで簡単ご登録!
QR






Last updated  2009.05.26 10:19:52
コメント(0) | コメントを書く

全69件 (69件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


© Rakuten Group, Inc.