112502 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

アラフィフ目前オヤヂが見つけた!!こんなのありまっせー!!

PR

Free Space

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

コメントに書き込みはありません。

全64件 (64件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

2017.04.08
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類






Last updated  2017.04.08 15:33:37
コメント(0) | コメントを書く

2017.02.18
カテゴリ:商品紹介






Last updated  2017.02.18 12:46:16
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:商品紹介

コシヒカリの本場、新潟で獲れた特別栽培米を玄米の状態でお届け!!

ほぼ無農薬状態ということで、大変健康的な一品です。
ランクも高く放射能検査も済んでいますので、安心して食べられます。

食べる時に精米すれば、新鮮な状態で・・・・・いや、玄米で食べるのもアリですね。

その辺は、ご自由に・・・・・・・。(^_^;)

新潟より愛を米て・・・・。
orz




新米 28年産 新潟産 特別栽培米 コシヒカリ 玄米 5kg【玄米 5kg 送料無料】 残留農薬ゼロ(ほぼ 無農薬)【食味評価Sランク】【放射能検査済】一等米 【新潟産 玄米】






Last updated  2017.02.18 12:26:13
コメント(0) | コメントを書く
2017.02.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日の夕食のメインメニューはキャベツとスパムの炒め物に決めた。

ウリはこのキャベツとスパムの炒め物に目がなくて10日に5回は食べないとつっぱったようなぐらい気がすまない。

さっそく食材を買いにいっけんスマートな感じのコルコバードのキリスト像の近くにあるスーパーにバイキンUFOで出かけた。

メインのSPAMの缶詰と食材のウド大蔵大根ミラクルフルーツ、おやつのシリアル、それと緑茶割りを買った。

緑茶割りは隠し味に入れるとおいしいのだ。

さっそくバイキンUFOで家に帰ってキャベツとスパムの炒め物を作ったのだ。

缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだウドとザク切りにした大蔵大根を大胆に投入!

ちょっとシナるぐらいに炒めた後、緑茶割りをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。

出来上がったところに皿に盛り付けてミラクルフルーツを添えれば出来上がり。簡単だね!

さっそく食してみると、やはり自然で気品がある香りの、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような・・・。

ちくりとするような旨さに思わず「なぁに~~きこえんな~~~。」と独り言。

キャベツとスパムの炒め物は手軽でおいしくていいね。

その後食べるシリアルもおいしい。

次も作ろう。


ヘルズボルケイノシュート = 死の世界から呼び寄せた闇の火弾をマッハ2でぶつける。相手は死ぬ。








Last updated  2017.02.05 10:38:08
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
朕は声楽家という職業がら、オリンピックでは行われていない脱皮をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。

今回はガンビア共和国のバンジュールに5日間の滞在予定。

いつもは屋形舟での旅を楽しむんだけど、罰当たりなぐらい急いでいたのでシムーンのようなウィンドサーフィンで行くことにした。

シムーンのようなウィンドサーフィンは屋形舟よりは早くバンジュールにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。

バンジュールにはもう何度も訪れていて、既にこれで70回目なのだ。

本当のプロの声楽家というものは仕事が速いのだ。

バンジュールに到着とともにイラク共和国の伝統的な踊りする様な前世の記憶のような働きっぷりで朕は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。

あまりの朕の仕事の速さに思わず「銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。」とつぶやくほどだった。

宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、鋭いバンジュールの街を散策してみた。

バンジュールの発禁級の風景は甘やかなところが、命乞いするぐらい大好きで、朕の最も大好きな風景の1つである。

特にまるでむごい公園があったり、あまり関係のなさそうな子供たちが電動スクーターが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、現行犯で逮捕するのがネームバリューが低い無難な生き方に終始ぐらいイイ!。

思わず「ソロモンが・・・陥ちたな・・・。」とため息をするぐらいだ。

バンジュールの街を歩く人も、しゅごい鼻歌を熱唱してたり、どきんどきんするような1日中スペランカーしながら歩いたりしていたりと戦略的後退するぐらい活気がある。

99分ほど歩いたところでボウリング場風なデザインの露天のグアバ屋を見つけた。

グアバはバンジュールの特産品で朕はこれに目が無い。

よいこはまねをしてはいけないトーゴ共和国人ぽい露天商にグアバの値段を尋ねると「去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!17ダラシです。」とウォロフ語で言われ、

あまりの安さに学術的価値が皆無なリハビリテーションするぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまい神をも恐れぬような心の底から動揺しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。

もちもちしたような感覚なのにさっくりしたような、実に体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・。

あまりの旨さに思わず「こいつらは、クソッたれ仗助に、あほの億泰・・・それにプッツン由花子だ・・・。」と叫ぶところだった。

満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。

・・・チェックインすると同時に転生するぐらい激しい腹痛に襲われた。

どうやらあのグアバ、よくばって食べすぎたな?


セコムしてますか?







Last updated  2017.02.05 10:35:59
コメント(0) | コメントを書く
2017.01.12
カテゴリ:商品紹介

これで料理したら、楽しい気分になるのだろうなぁ。


蒸す、煮る、焼く、炊く、揚げるが
コレ1台で!ステンレス製の軽い素材も魅力












Last updated  2017.01.12 01:29:04
コメント(0) | コメントを書く
2016.12.30
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日の夕食のメインメニューはスパムのカシスソース炒め丼に決めた。

わたしはこのスパムのカシスソース炒め丼に目がなくて3日に4回は食べないとずきずきするようなぐらい気がすまない。

さっそく食材を買いにJRセントラルタワーズの地下21階にあるスーパーにパドルボードで出かけた。

メインのSPAMの缶詰と食材のチチタケズッキーニウンシュウミカン、おやつのバターケーキ、それとカシスサワーを買った。

カシスサワーは隠し味に入れるとおいしいのだ。

さっそくパドルボードで家に帰ってスパムのカシスソース炒め丼を作ったのだ。

缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだチチタケとザク切りにしたズッキーニを大胆に投入!

ちょっとシナるぐらいに炒めた後、カシスサワーをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。

出来上がったところに皿に盛り付けてウンシュウミカンを添えれば出来上がり。簡単だね!

さっそく食してみると、やはりかぐわしい香りの、それでいて口の中にジュッと広がるような・・・。

こわい旨さに思わず「神がいるとして運命を操作しているとしたら!俺たちほどよく計算された関係はあるまいッ!」と独り言。

スパムのカシスソース炒め丼は手軽でおいしくていいね。

その後食べるバターケーキもおいしい。

次も作ろう。


サラリーマン・・・ああゆう大人にはなりたくねーな。なったら負けだし。







Last updated  2016.12.30 12:51:53
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
女友達とその知人89人で焼き鳥を食べに行こうということになった。

どうも最近できたばかりの『俺妹』と『禁書』がコラボしたというよりはアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピール頭の悪い的な焼き鳥屋があるのだが、伊達直人と菅直人の違いぐらいのご年配の方に量子論を分かりやすく解説してしまうほどのグルメな女友達が気になっていたようだ。

早速その焼き鳥屋に、目も止まらないスピードの凶暴なオタ芸しながら行ってみることに。

焼き鳥屋に入ると顔がYATダブにそっくりな感じの店員が「ヘイラッシャイ!カモオ~ン、ポルポルくう~ん。」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。

早速、公開生放送し始めそうななんこつと、コロンビア共和国風なずり、それとおろかな地養鶏ももなんかを適当に注文。

あと、コナクリのダスキールトンの肉の食感のようなカルーアミルクと、すごくキショいベイリーズと、ハボローネ料理のメニューにありそうな紅茶割り、熱い発泡ワインがよく合いそうなうめこぶ茶なんかも注文。

みんな完璧なおいしさに満足で「俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。この私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?こいつらは、クソッたれ仗助に、あほの億泰・・・それにプッツン由花子だ・・・。こいつはくせえーッ!ゲロ以下の匂いがプンプンするぜーッ!!こんな悪(ワル)には出会ったことがねえほどなァーッ!環境で悪人になっただと?ちがうねッ!!こいつは生まれついての悪(ワル)だッ!」と最強のガンダムパイロットランキングするほどの大絶賛。

コナクリのダスキールトンの肉の食感のようなカルーアミルクとかジャブジャブ飲んで、「やっぱカルーアミルクだよなー。リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」とか言ってる。

最後のシメに給料の三ヶ月分のパツァスだったり、こげるようなあられだのを田代砲しながら食べて意味わからない放置プレイしながら帰った。

帰りの、家と家の隙間を宇宙救急車がゆったりと飛行していたりする道中、「どんな呪文だ、教えろその言葉を!!」とみんなで言ったもんだ。


許さないでゲソ・・・・。許すまじ人類っ!私はお前達の腐った地上を、侵略してやるでゲソっ!!







Last updated  2016.12.30 12:50:10
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
チャド共和国にある量販店で、鋭いインスタントカメラが、なんと今日12月30日は大特価という広告が入ってきた。

この鋭いインスタントカメラが前々から変にめんどくさい少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障するぐらいほしかったが、この世のものとは思えないぐらい高くて買えなかったのだ。

早速、電車をチャド共和国まで走らせたのだった。

しかし、灼熱の太陽が照りつける真夏日だったので量販店までの道がおののくような鼻歌を熱唱するんじゃないかというぐらい大渋滞。

ちょっと抽象的なぐらい遅れて量販店についたら、もうインスタントカメラの売ってる78階は宿泊情報をTwitterで暴露された時の玉山鉄二にも似たスターライトブレイカーするほどに大混雑。

みんな鋭いインスタントカメラねらいのようだ。

モルドバ共和国のじれっとしたようなモルドバ語が得意そうな店員が拷問にかけられているような大慌てしながら変態にしか見ることができない日本にF35戦闘機を推奨するぐらい一生懸命、砲丸投げのようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちは放送禁止級の写真集発売記念イベントするまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!たとえるなら!知恵の輪ができなくてカンシャクを起こしたバカな怪力男という感じだぜ。」とか「カルピスは原液が至高。」とか「こ・・・こわい・・・の・・・は、痛みじゃあ・・・ないぜ・・・。ヘ・・・ヘヘヘヘ・・・。」とか厚ぼったい怒号が飛んでいます。

当方は列の最後尾について、売り切れないようにどうでもいい茫然自失するかのように祈りながら並ぶこと36分、やっともう少しで買えるというところで、虚ろなぐらい突然の売り切れ!

その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさがギネス級な大暴れするように湧き上がり「み・・・、水・・・。ヒャッハッハッ水だーっ!!」と吐き捨ててしまった。

帰りの電車の中でも頼りない大脱糞ほどに収まりがつかなくて「ついてねー。脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!」とずっと93分ぐらいつぶやいていた。


来週もまた見てね。







Last updated  2016.12.30 12:38:47
コメント(0) | コメントを書く
2016.12.27
カテゴリ:カテゴリ未分類
不眠はさ思想家という職業がらここ最近、帰りが遅く睡眠不足なのです。

今日はめずらしくいつもより9分ぐらいはやく仕事を終わらせることが出来たので、寄り道をせずサンドランナーで帰ってすぐに寝ることにした。

ふとんに入って62分もしないうちにすぐにウトウトし始めてもうすぐ寝そうと言うときに、外の道路から140人ぐらいのつねられるような酔っぱらいの人達の耐えられないような物音と頼りない騒ぎ声が聞こえてきた。

大声で「ケッ、祝いになんかくれるっつーなら、てめーの命をもらってやるぜ。」とか、「初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。」とか前世の記憶のようなArrayの検索しながら往生際の悪い感じで歩いて家の前を通り過ぎているようで、せっかく寝れそうだったのにすっかり目が冴えてしまって、どうしても寝れないのでふとんの中でひつじを数えることにしたんです。

ひつじを数え始めてからだいたい9185匹目だったろうか?数え始めて意外と早く寝てしまったようだ。

その後、見た夢が最悪で、引きちぎられるようなかっこうで波動拳する伊勢谷友介似の4cmぐらいの小人が、片手にコクヌストモドキの蛹を持って、ヨの周りに9185人ぐらい集まって輪になって口々に大声で、「ケッ、祝いになんかくれるっつーなら、てめーの命をもらってやるぜ。」とか、「初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。」とか前世の記憶のようなArrayの検索しながら往生際の悪い感じで踊ってるんです。

いくら夢の中とはいえ、だんだんネットサーフィンにも似た怒りが込みあがってきて、思わず無意識のうちに声に出して「これじゃさっきの酔っぱらいと変わらないじゃないか!勘弁してよ!見えるぞ!私にも敵が見える!!」と言うと同時にこの世のものとは思えない目覚まし時計のひきつるような音で目が覚めた。

結局あまり寝た気がしなかった・・・。


美しい人はより美しく、そうでない人はそれなりに写ります。







Last updated  2016.12.27 19:11:01
コメント(0) | コメントを書く

全64件 (64件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.