063494 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ルパン三世 Green vs Red

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

わたしのブログ 心のアイドルさん
流れに任せて estrella4215さん

コメント新着

シアン。@ Re:次元とタバコと。(07/19) お店のシャッターや看板だけでなく、商用…
或る人@ Re:次元とタバコと。(07/19) お久しぶりです( ^▽^ ) イタリアでは、結…
シアン。@ Re:あたらしいルパンに。(12/31) あけましておめでとうございます。おおっ…
或る人@ Re:あたらしいルパンに。(12/31) あけましておめでとうございます。と、ま…
gordon@ SrsuVQfBSkZL 6Ausa8 http://www.QS3PE5ZGdxC9IoVKTAPT2…

フリーページ

ニューストピックス

全75件 (75件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

ルパン三世

2012.10.10
XML
カテゴリ:ルパン三世
015 (Custom).jpg
スペシャルの23作目、ルパン三世が11月2日に放送予定です。
峰不二子という女で、新声優陣にも各キャラクターへの馴染みが生まれたところかとおもいます。
深夜放送枠のような内容よりこっち側の軽快さが好み、というファンもおおいことでしょう。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2012.10.10 22:52:42
コメント(0) | コメントを書く
2012.09.01
カテゴリ:ルパン三世
732c8c3c-s.jpg
峰不二子という女の評価もそろそろ揃い始めているこのごろですが、正直なところどれもなんだか的を得ていないような気もしていて、もうすこしいろんなヒトの意見を聞いてみたいな、とも思っています。
そんななか、不思議に感じているのは「ルパン三世」実写版新作の製作がどうなってるのか、ということですね。
やれ「女優さんが決まらない」とか、出演者のスケジュールがどうのとか、いろいろあるのでしょうが、あまりにもウワサの一人歩きが長くてワケがわからないのです。
不二子役が綾瀬はるかさんの予定で、その予定が「ひみつのアッコちゃん」のスケジュールで潰れ、沢尻さんに決定だと言われながらも、その沢尻エリカさんの予定にも現実的にはそういう気配はないまま、そうこう言っているうちに「ヘルタースケルター」が公開。
まあここまでが「仕方のないこと」だとしても、ここからクランクインということが現実にあるのかなあ、ともおもってしまうのです。
むかし、頓挫しそうだったのに実現してしまった映画に「鉄拳」の実写版というのがありました。
出来は..うーん、わたし的には評価しがたいようなシロモノで、そののちに生まれているCGの映画版のほうがよっぽど..という感じでしたが。
こんなふうに「やっつけ」で映画撮るくらいなら、いまどきはもう止めてもらった方がマシだとも感じているところなのです。
もちろん、真剣に映画を撮ろうということならまったく別なお話しなのですが、ファンにしても最近はずいぶん目も肥えていますし、ネームバリューに依存するだけの作品なら、もう通じないことでしょう。
あんまり期待しませんが、反面、やるならいまなんだろうなあ,とはおもうところです。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2012.09.01 13:52:03
コメント(0) | コメントを書く
2012.07.16
カテゴリ:ルパン三世
6b5a4682 (Custom).jpg

「峰不二子という女」が最終回を迎えて、ルパン三世の歴史のなかのひとつとして収まったわけですが、こうしたエピソードを創作したのちのルパン三世の展開も難しいのかもしれませんね。
ともあれ、予定通りであれば次は実写板新作ルパン三世のはず(笑)。
どうなることやら。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2012.07.16 20:54:22
コメント(0) | コメントを書く
2012.06.07

Pen

カテゴリ:ルパン三世
今号の雑誌「Pen」がルパン三世特集です。
Pen0601_2012-302x389.jpg





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2012.06.07 23:19:56
コメント(0) | コメントを書く
2012.04.11
カテゴリ:ルパン三世
20120405_989_a26 (Custom).jpg

「峰不二子という女」第一話では、最初から最期まで不二子がおっぱいを丸出しで活躍してるのですが、傾向はオープニングから一貫しています。
ルパン三世のネームバリューでこのお話に触れる層のひとたちが、不二子のおっぱいが出ていることに求めることがあるということでの演出なのでしょうか。
表現に垣根が無くなることには可能性を感じますが、必然のない演出には不快を感じるときもあります。
深夜枠でのイメージ狙いということなのでしょうかね。
何年もあとになってこの作品が独立して見直される日、ヒトに熱く語れる作品になってくれるものであれば、それはそれでうれしいことなのですが。
続きを見てみましょう、期待します。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2012.04.11 22:39:27
コメント(0) | コメントを書く
2012.04.05
カテゴリ:ルパン三世
この作品に関してはこれからたくさんの感想を持つことになるでしょうから、まずは第一回目の放送について思ったことですが..
まあ、好き嫌いは分かれてしまうことでしょうね。
わたし的にはBGMがイマイチでした。
1作のアニメに向けてということではなんとなく薄くて、観る側の思い入れを汲むには弱いかな、と感じた次第です。
ストーリーは順当なところでしょう。
オトナ向けのルパンのスタートとしてはフツーで、ムリにおっぱい丸出しを続ける必要は感じませんでしたが、子ども向けルパンと一線を画すのに必要な演出なのかもしれませんね。
絵についても、好き嫌いのわかれるところでしょう。
わたしは、こういうアニメのルパンはあったほうがいいと感じました。
あとはどこまで物語りを深められるか、です。
意表をつくだけの演出の連続には、ファンはやがてあきてしまうことでしょうから。
858535de (Custom).jpg





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2012.04.06 00:17:36
コメント(0) | コメントを書く
2012.03.11
カテゴリ:ルパン三世
001l (Custom).jpg
40周年を迎えてのルパン三世の新展開は、不二子を主人公とした新シリーズ「LUPIN the Third ~峰不二子という女」です。
4月4日からの放映ですが、深夜枠アニメとなり、アダルトを意識しての製作とのこと。
テレビシリーズとしては実に27年ぶりの新作なのですが、声優陣も一新してのことですし、リニューアル展開には良いタイミングかもしれませんね。






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2012.03.11 10:47:04
コメント(6) | コメントを書く
2012.02.26
カテゴリ:ルパン三世
a0087957_227248.jpg
不思議なことにルパン三世は、その放映国ごとに自国の人物による外国の物語りだと自然に解釈する国民が多いようで、たとえばイタリアではルパン三世はイタリア人だと普通に思っているファンが多いのです。
ヨーロッパでなら少なくともフランス人という設定でないと辻褄もあわないはずなのですが(笑)、それぞれの国で多くのひとたちに愛されるキャラクターだということは確かなのでしょうね。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2012.02.26 14:35:27
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:ルパン三世
a0087957_2261789.jpg
海外では自由にルパン三世を解釈して、いろいろな媒体に向けて様々な情報発進をしていますね。
実写化を自分たちで製作して楽しんでいるというケースが多々見られるのですが、本家日本での実写映画化はどうなったのでしょうね?
ちなみにルパンの銃はベレッタではなくてワルサーですから、間違ってもそのくらいのポイントはおさえておいて欲しいものです(笑)。
そういう点でも、なんとも自由な反応でおもしろいのですが。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2012.02.26 13:02:31
コメント(0) | コメントを書く
2012.01.26
カテゴリ:ルパン三世
2010年の「ルパン三世 the Last Job」を最後に栗田さん、小林さんを除く主要声優陣の交代が成されたルパン三世ですが、当初、この「the Last Job」という副題が作品にそぐわない曖昧なものに感じられたものでした。
いまにしてみればそれは、井上さん、納谷さん、増山さんのお仕事への餞(はなむけ)だったと察するのです。
ルパン三世のオリジナルキャストとしては、唯一小林清志さんが残られたわけですが、小林さんにしてももう80歳です。
パイロット・フィルム版からはじまり今日まで、小林さんは一貫して次元の声をこなされて来た方です。偉業としかいいようがありませんね。
小林さんは故山田康雄さんとも親交のあった方で、天才であるがゆえに山田さんが纏うアーティストエゴを承知で、上手にお相手をされていたと伺っております。
小林さんや増山さんは、メディアへの登場を当時からすでに極力避けていらっしゃいました。
裏方が顔見せしてしまってはキャラクターのイメージが壊れてしまうでしょうという遠慮からのことです。
いまの世代の声優さんたちは男女とも皆アイドルの立ち位置にあって、キャラクターのイメージを武器にしてしまっています。
これはこれで時代の成すこととしてアリなのでしょう。
ただ、それだけに改めて彼の世代の声優さんたちの慎み深さや奥深さが感じられるというのも事実です。
そしてそういう重厚な声優陣が支えてくれていたのがこの作品なのです。
アニメのヒット作品は数あるものの、ことルパン三世という作品に関しては、声優さんの存在が何にも増して大きな位置を占めていると言えるのではないかと思います。
だからこそ、後を次ぐ新しい世代の方々のプレッシャーたるや、大変なものだろうとも察するのですね。
しかし現状、作品の完成に向けての心配というのは私はほとんど感じていません。
ベテランとなった山寺さんの完璧な演技をはじめとして、きわめて才能のある方たちの活躍をすでに目にしたからです。
むしろそうした新しいチカラを借りて、ルパン三世という未曾有のコンテンツがどのように進化していくのか、ほんとうに楽しみなところではあります。
銭形警部役の納谷さんは、胃を摘出されて体力が著しく消失してしまってもなお、ファンの声に応えたいと銭形役に執着されて来ました。
栗田さんを除いて一番若い井上さんでさえ、もはや70代なのです。
お疲れさまでした。
華やかなアニメ作品の裏に、さまざまな人生劇が隠されています。
偉業に拍手です。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2012.01.26 22:19:55
コメント(0) | コメントを書く

全75件 (75件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.