2020.12.03

喪中はがき。  セルウォームDX

カテゴリ:健康

こんにちは。

健康管理士で健康総合コンサルタントの武藤です。

12月に入り、喪中はがきが届き始めました。

最近は、年賀はがきをやめてしまう方が多くなってきましたが、やめて

いない方が、喪中はがきを送ってくれます。

私達の年代では、親が高齢になっていますので、いつ訃報があるかと

心配ではあります。

しかし、今回の喪中はがきを読むと、両親ではなく、弟や妹などの兄弟

が亡くなっているのが目立ちます。

私と妻で3通ほどありました。

今年までは私達の兄弟の年代での喪中はがきは記憶にありません。

しかし、今年は兄弟の死亡が多いように思います。

病気かも知れませんし、もしかしたらコロナかも知れません。

さて、いつも年賀状のやり取りをしている友人ですが、この喪中はがき

が来て、年賀状を一回出さないことからその後の年賀状のやり取りが

無くなってしまうことが多々あります。

年賀状は、やはり毎年出す慣習ですので、一回止まると次回の年賀状

が出さないで続くことが多いようです。

私ももう60台ですので、あと何回年賀状を出せるかは分かりません。

しかし、出せる限りは出したいと考えています。

ではまた。






TWITTER

Last updated  2020.12.03 05:21:08
コメント(0) | コメントを書く