000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ワン

PR

X

ニューストピックス

プロフィール


県のイヌ

コメント新着

SfbDwwVclVPloMNf@ MvBJTAwGDbxtWXWSxg <small> <a href="http://vicodinesonlin…
AnoFuvvLfUzToABDLUF@ jFkUfSrFtQ <small> <a href="http://buyvicodinonli…
王様@ 潮 吹 きジェットw サチにバ イ ブ突っ込んだ状態でジェット…
お猿@ やっちまったなぁ! <small> <a href="http://feti.findeath…
もじゃもじゃ君@ 短小ち○こに興奮しすぎ(ワラ 優子ちゃんたら急に人気無い所で車を停め…

お気に入りブログ

の~んびり遠州日記 danubioさん
UFOアガルタのシャン… ヤマドリ0250さん
勝率9割!カリスマう… k_canaryさん
インシアイ ぶきよ… インシアイさん
little braver 麗天さん

日記/記事の投稿

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2007年06月02日
XML
カテゴリ:教育者の愚痴

教育再生会議 第2次報告決定 学力向上へ土曜授業可能
6月2日8時1分配信 産経新聞


 政府の教育再生会議(野依良治座長)は1日、安倍晋三首相も出席して総会を開き、第2次報告を正式に決定した。緊急性の高い「4つの対応」として、平成19年度中に学習指導要領を改定し「徳育」を教科化することや、学力向上を目指し授業時間の10%増を図り、土曜日の授業も行えるようにすることを打ち出した。政府は2次報告を「骨太の方針」に反映させる。

 「4つの対応」はほかに、めりはりのある教員給与体系を実現し、大学の4月入学原則を弾力化して全国立大学に9月入学枠を設定するという内容。20年4月をめどに教員給与特別措置法を、また19年度中に学校教育法施行規則をそれぞれ改正するよう求めている。

 現在の「道徳の時間」を大幅に見直し指導内容、教材を充実させる「徳育」に関しては、従来の教科とは異なる「新たな枠組み」に基づき教科と位置付け、「多様な教科書と副教材を機能に応じて使う」よう求めた。数値による成績の評価や教員に対する専門免許の創設は見送った。

 第1次報告で提言されていた授業時間を10%増やすための具体策としては、夏休みの短縮と活用、1日7時間の授業などを列挙。教育委員会や学校の裁量で、必要に応じ土曜日にも授業を行えるようにするとしている。

 12月に予定される第三次報告に向けた検討課題については、(1)学校や教委の第三者評価制度(2)現行の「6・3・3・4」制のあり方(3)小学校での英語教育のあり方(4)行政が配布した利用券を使い、生徒が自ら選んだ学校に通う教育バウチャー制度-などを挙げた。

 一部から反発を受けた「親学」の提言は、最終的に見送った。

 また、教師の負担を大きくしようとしている。新しい教科を作る以上、教師枠も増やしてくれ。徳育も総合的な時間のよう扱いになるんだろう。
 教育に予算も人材もかける割合が低い以上、何をやっても達成できない。






最終更新日  2007年06月02日 11時49分11秒
コメント(2) | コメントを書く
[教育者の愚痴] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.