000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ワン

PR

全9件 (9件中 1-9件目)

1

先生の特権

2007年06月04日
XML
カテゴリ:先生の特権
 新しい顔ぶれが増えた。
 産休・育児休暇から復活した方、病休の補充2人、教育実習生5人。






最終更新日  2007年06月07日 07時04分18秒
コメント(2) | コメントを書く


2007年03月28日
カテゴリ:先生の特権
 吹奏楽部の定期演奏会、疲れたぁ。
 これのせいで教務の打ち上げにお呼ばれされた飲み会に参加できなかった。

 朝、8時半過ぎに部員数名を乗せて会場の市民会館へ。
 準備や練習、リハーサルなどで生徒が動く。その間暇で”キャバ嬢との会話術”という本をブックカバーをかけて読んでいた。教師と彼女らに通じるところがいくつもある。
 前任校にいたころから教師に一番近い職業は”お水系”の職業。確実そうな希望を持たせながら通わせる。
 どんなお客も傷つけずに対応する。どんな生徒でも傷つけずに対応する。
 本当なら、職員研修を組みたいぐらい、学ぶところがある。
 そうしてリハーサルのとき、暗い会場でウトウトして仮眠。
 16時ぐらいロビー係りのOBが”金庫をお願いします”とロビーに立つ。
 保護者の会の皆さんも来て資金集めのコーヒーを並べる。
 OBが着実に準備して僕は立ってみているだけ。
 開演しても僕は立ち続けていると、保護者の方が擦り寄ってきて、
「イヌ先生、花束贈呈があるので舞台に行きましょう」
「僕はここでいいですよ」
 理解できなかった。大したことはしていない。吹奏楽部に貢献したわけでもない。ただ、そこにいるだけだ。”顔なし”と同じだろう。
 断ってロビーにいる予定だったが、おばさんたちの性質は怖い。
 無理にOBを使い、台本を変え、僕は仕方なく、見知らぬOBに連れて行かれて舞台の下座から花束贈呈の最後ら辺に舞台に押し出されて・・・客席に向かって軽く頭を下げ、指揮をしている音楽教諭の顧問が隠れるように舞台の真ん中で保護者から大きな花束を受け取る。
 こんなつもりではなかった。

 そうして会場の清掃や片づけが終わったのが21時半過ぎ。
 生徒がみんな帰るのを見送ったのが22時。
 音楽教諭の顧問は学校へ先回りして楽器を片付けるといっていたので見に行った。まだやっていたのが22時半。そのまま、帰った。
 OBの連中が打ち上げの話をしているのを聞いた事も理由になる。
 見知らぬ連中と酒を飲むのもごめんだし、僕を誘う雰囲気もなかった。学校にいれば、流れでその打ち上げに参加したかもしれない。
 
 それにまた、風俗に行きそうだ。昨日、昼間のソープを満喫したばかりなのにストレスと性欲が吹奏楽部をを取り巻く様々な年齢の女性を見て沸いてきたのかもしれない。
 だから帰ることにした。財布が悲鳴を上げる。






最終更新日  2007年03月29日 02時34分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年12月08日
カテゴリ:先生の特権
 今年のボーナスはどの業界も厳しいだろうか?
 僕のボーナスはいろいろ差し引いて約56万円。月給の約2倍。
 採用された当時は3倍ぐらいあったと思う。
 僕らの先輩はかなり優遇されていたのか、それとも僕らが不幸なのか?
 県は予算削減で僕らの給与の上がり具合を先輩たちよりも緩やかにした。
 だから、定年までに貰う総額はかなり低い。
 ”働けど~”ってヤツではないが、やる気は失せる。
 自分のだけを見ていれば問題ないが、わざと見せるやからがいる。
 本県の公立の教員の給与は年功序列だから仕事をしなくても経験年数が多ければ給与も高い。
 逆に若くてもプライベートを削って仕事をしても給与は上がらない。
 残業も調整手当てを一律で支給してそれっきりだ。
 残業はしてもしなくてもその手当ては入ってくる。
 
 教員の仕事はどんなにも膨れ上がるし、また、どんなにも手を抜いて楽にすることもできる。
 民間が不景気の煽りを受けて大変だからと教育公務員の手当てまで下げてしまうと、学校の教諭は仕事に身が入るだろうか?
 一昔前なら、いろんなことで優遇され、身分も保証されて威厳が周囲から与えられていた。
 今はそんな優遇はない。かといって一生懸命、生徒に自分の持っている知識や知恵を還元しても・・・
 こんなことを考えるのはやめよう。虚しくなる。


 あぁ、それでボーナスから15万円を実家に入れるべく、貯金通帳と印鑑を今朝、探したが見当たらない。とくに印鑑をどこにしまったのか、忘れてしまっていた。
 それでいつもより家を出るのが15分遅れてしまい、渋滞にも巻き込まれて20分遅れで登校した。
 8時に職員室に入る。いつもなら7時半なのだが、自分の中の遅刻。
 僕らの眼光の規定の勤務時間は8時15分~17時15分。
 僕の勤務している時間は7時30分~19時50分。
 多くはサービス残業。






最終更新日  2006年12月08日 08時14分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年11月21日
カテゴリ:先生の特権
 年頃、性別、性格などによって変わってくる。

 幼くなればなるほど、より多くスキンシップを図る。
 男児にはくすぐったり、手のひらにパンチやキックなどなど。
 女児は膝の上に座ってきて話をしたり・・・

 高校生は何かができたとき、欧米人がやるようにボウリング場で見るように手をたたき合わせる。

”セクハラ”
 この言葉があるため、あまり触れ合いはないが、男子となら、じゃれ合ったりする。女子とは向こうからネクタイ(キャラものなど)を触ってきたり、腹、尻を触ってくる。
「セク腹」
とその手をたたき払う。

 今日、ちょっと、びっくりしたのが、
「温かそう」
とジャンパーのポケットに手を入れてきた女生徒。肌触りが毛布のようだからって・・・しかも職員室で・・・
 彼女にとっては変な意味はない。子供的、直感的反応。
 こちらは昨日のお酒で体調は悪い。気の利いたコメントができず、
「あぁ、人のポケットに手を入れたら、変なのが出てくるよ」
 とりあえず、ポケットから手を抜いてくれたが、これは明らかにシモだよなぁ。
 頭の中では、
”そんなことをしたら、立てなくなるよ。”
 欲求不満だなぁって、思って出てきたのが、
「あぁ、人のポケットに手を入れたら、変なのが出てくるよ」

 まぁ、難しい面もあるけど、これは子供のいない人にとって人間的な触れ合いができるので特権かなぁとも思う。






最終更新日  2005年11月22日 00時31分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年08月21日
カテゴリ:先生の特権
 何だか寂しさを感じる両親を見るとあと、一日ずらして宮古に行こうかなと思った。
 甘えた考えだけど、年休という手でドタバタでも休みが取れる。こんなとき、教諭っていいなぁと思う。

 今、郵政民営化で大騒ぎだけど、いずれは教育界にもメスが入って教諭の特権もなくなってしまうのだろうか?
 普通高校に障害のある子が入ってきたり、学力がかなり低かったり、どんどん厳しい立場に追いやられて精神に異常をきたす同僚もいる。それに”叱る”と”怒る”の区別ができない教諭・保護者が増えたり、躾がされていない生徒も増えて指導も行き届かない。
 教諭という仕事は限度がない。手を抜けばトコトン手抜きができる。もちろん、生徒一人一人の将来まで考えると仕事はかなり大量。
 なんだかねぇ。

 悩んだ挙句、定刻の飛行機に乗ってしまった。






最終更新日  2005年08月22日 21時54分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年08月01日
カテゴリ:先生の特権
 教員の夏期休暇は5日間、年休(有給休暇)は40日、特別休暇はお盆一日、台風など・・・たぶん、恵まれているはず。
 また、大学卒業してから教師をしているから金銭面では苦労した記憶は少ない。これから、結婚・マイホーム・子ども・親・・・とお金では苦労するのかな。






最終更新日  2005年08月01日 08時14分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年07月14日
カテゴリ:先生の特権
 明日は学校を休みます・・・






最終更新日  2005年07月14日 14時53分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年06月08日
カテゴリ:先生の特権
 今日の放課後、1-Cの奈Oさん&M奈さんが職員室に来ていた。それで歯科検診の話をして因数分解の話をして・・・

 教職員になって良きにつけ悪しきにつけ可愛い生徒が身近にいると言うこと。よく、生徒が、
「先生、うざい」
というように僕らにだってウザイ生徒はいる。でも、可愛いなぁと思う生徒は全然、うざいくない。ただ、気をつけないといけないのは恋愛に発展してはいけないことである。多くの彼女たちは成長過程で学校では先生相手に”恋愛ごっこ”。
 職員室の掃除の時間に話をするときは別にだが、教室に別の先生の授業補充で入ると妙にテンションが上がり、口をしきりに隠す生徒もいる。
 過去には僕の机の中に”I(ハートマーク)Y”とだけ赤い蛍光ペン書かれていた手紙[最初は怪文書だと思いました。IにハートマークにYですよ]を入れたり、お菓子を入れたりする生徒もいた。たとえ、相手が本気でも恋愛には性格や性癖が大きく関わってくる。こちらも教師をしている以上、彼女たちには教師の自分しか見せていないので人間としての自分を公開する”百年の恋も冷める”ってもの。
 
 これからちょくちょく変な生徒のことも日記してみようかなと思うこのごろ。もちろん、生徒の個人名は明かしませんよ。守秘義務があるから。






最終更新日  2005年06月13日 10時23分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年06月06日
カテゴリ:先生の特権
 授業の空き時間の使い方だが、ほとんど自由です。先生方の良心に任されています。多くは次の授業の準備なのでしょうが、教務主任は公文処理に追われています。教材研究をしないまま、授業に行くこともしばしばです。
 また、先生によっては自宅に帰る方もいます。宮古は小さな島ですから車で市内なら5分ぐらいで移動できます。

 これを怠慢と見ないで下さい。生徒一人一人を大事に見るように先生一人一人も大事でその能力もまちまちなのです。僕だって体調を崩す2週間前は1日の半分を学校で過ごしていました。でも、体調を崩し、中耳炎・外耳炎になって話を聞きづらくなって17時チョイ過ぎには帰るようになっています。ちゃんと勤務時間は守っているのですが、仕事を半分放棄した気分です。人は
「仕事のしすぎだよ」
と、言ってくれるけど・・・まぁ、教育実習生も来ているので生徒で期待(人懐っこい島っこ)・絶望(授業への関心のなさ、基礎学力不足、日本語が使えないなど)を感じている中、夢と期待が大きくなるようなことは少しずつ話してあげようかな。

 






最終更新日  2005年06月13日 09時55分10秒
コメント(0) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1


© Rakuten Group, Inc.