5040518 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

I歯科医院の高楊枝通信。

虫歯は何故できる?

 虫歯は削ってうめるもの?  実はこわ~い虫歯のはなし。
  虫歯って何のことだか本当に知っていますか?

このページのキーワード・・・サリバテスト
このページのトピックス・・・ステファンのカーブ、脱灰、再石灰化、飲食のタイミング、虫歯予防。

歯は食物を噛み砕くための器官ですから確かにそこそこの硬さを持っています。
けれどもみなさんが思っているほどには強いものではありません。
とても、とてもデリケートなものなのです。
虫歯から歯をまもるために、必要な知識はこのステファンのカーブと呼ばれるグラフだけです。
グラフの縦軸はpHといって酸の強さを表します。7、6、5、4と数字が小さくなるほど酸としては
強いものになります。
残念ながら、人間の歯は酸に対して”溶ける”という性質を持っています。
そして、この歯を溶かす酸はお口の中、プラークの中に棲みついている虫歯菌が人間が飲食によって
口に入れた糖分をエサにしてつくりだします。
(図中、酸産生菌(虫歯菌)+糖=酸→脱灰 の部分。)
溶けるといってもいきなり穴があいたりはしません。
脱灰といって、カルシウムや、リン酸のイオンが酸に溶かされて歯から抜けだす現象がおきます。
溶けっぱなしならば本当に歯は無くなってしまうのですが、そこは人間の大したところで、
しっかり、防御や修復の機構が備わっています。
味覚への刺激、または飲食によって口に入った固形物をを噛むという運動の刺激によって
でてくる唾液(=刺激唾液)がこの防御や修復に大きな役割を果たします。
刺激唾液の中に含まれる重炭酸塩とよばれるイオンが、虫歯菌がだした酸を中和してくれることでpHはもともとの7付近に戻ります。ここまでがバイ菌からの攻撃に対する防御の機構とも呼べます。そして修復。pHが元に戻りきったところから再石灰化という修復の段階に入ります。
酸に溶かされて歯の中から抜け出したカルシウムやリン酸のイオンを唾液があらたに補給してくれるのです。
唾液中のカルシウム・イオンやリン酸・イオン濃度は常に過飽和になるように自動調節されているので、
溶けて足りないところへ析出し、再結晶化すなわち再石灰化するのです。
この脱灰と再石灰化のバランス(図で、赤色の歯の溶ける分と青色の修復する分のバランス)が常に十分に再石灰化(青色の修復する分)に傾くように調整してあげると、虫歯で歯に穴があくことはありえないのです。
そこで重要になってくるのが飲食のタイミング。ステファンのカーブの横軸はじつは時間になっているのです。
飲食の開始からプラークの中の酸がもっとも強くなるところ(グラフの谷の一番深いところ)までなんと5分以内です。そこから再石灰化が開始されるpHにもどるまでにはその3倍も4倍もの時間がかかります。3倍だったり、4倍だったりの違いはその時とった食品の糖分の濃度、種類、量あるいはその人がプラークのなかにすまわせているバイ菌の種類や量、そしてその人が飲食の刺激に対してだすことができる唾液の量や質によって変わってきます。
まあ、飲食開始から再石灰化準備完了まで1時間かかったとして、pHが元に戻ったそこからが再石灰化の開始となりますから、朝ご飯からお昼ご飯まで3時間は空けていただきたいところですね。そうです。わたしたちの食習慣は1日1食ではなかったのです。飲食の時間的な間隔を3時間ずつ空けようとすると人間、起きている間に口に物を入れていい回数というのがおのずと決まってしまうのです。
そこで次のグラフ。
歯の溶けたり、もどったり(ステファンのカーブ)を1日のながれにしたものです。
1段目:理想的です。飲食しても速やかに酸は中和され、再石灰化に入る。飲食の時間的な間隔も十分にあいています。1日のトータルでは再石灰化が脱灰を大きく上回っています。べつに歯が大きくなったりはしませんが、丈夫な強い歯になります。
2段目:少々条件の悪い人。強力な虫歯菌をたくさんプラーク中にすまわせている人、甘いものがどうしても止められない人、あるいは唾液の量や質に問題がある人。けれども時間的な間隔が確保できているのでまあなんとか穴があくのは免れています。
3段目:飲食の回数が多い人。いつまでたっても再石灰化できません。これで虫歯にならない人がいらっしゃればお目にかかりたいというパターンです。とくに寝る前の1時間以内に飲食する人は最悪ですね。
朝、昼、晩、3食食べた上に間食も、アイスクリームやケーキだって時々は食べたいという、私たちの食生活は、長くもない人類の歴史の中でもさらにこの数十年の異常事態なのです。まだまだ世界中おなかの空いている人の方が多いくらいです。1日中溶けたり、もどったりを繰り返すという歯にとっては非常に過酷な条件を一生涯、虫歯をつくらずに乗り切るためにはそれなりの工夫が必要です。それが虫歯の予防、管理という発想です。

まずはあなたのお口のなかの虫歯菌の種類と量、
バイ菌に抵抗する唾液の量と質、
そして口にしている糖分の種類と時間的な間隔について確認する必要があります。

敵(=プラーク中のバイ菌)を知り、
己(=唾液、食習慣)を知れば百戦危うからず。

正しい分析のもとに確実な虫歯予防が可能です。
リスクの評価と、その管理(カリエスリスクのコントロール)の取り組みが
6才臼歯が生え始めるより以前であれば
その子供さんは一生涯、永久歯に虫歯をつくらずにすむ可能性が得られます。

あるいは、子供さんに乳歯が生えはじめる前にその子供さんの主たる保育者(通常、お母さんですね。)の
リスク評価を行なうことで、危険(=特にミュータンス菌の感染が著明であるとき。)があれば
生活上の簡単な注意と、お母さん自身の虫歯予防の取り組み程度の努力で
子供さんへのミュータンス菌の感染をかなり抑えることができます。
この場合、できれば子供さんがこの世に出てくる前、つまり妊娠中、あるいは妊娠前というのがBetterです。
バイ菌を防いでしまえばこっちのもの、子供さんの虫歯予防はかなり楽になります。
乳歯列、永久歯列を通じて、カリエスフリー(虫歯ゼロ)で突っ走ってもらいましょう!

I歯科での虫歯のリスク評価に必要な、サリバテスト(虫歯菌と唾液の検査)の料金はは2500円です。
これはあなたの生涯の友”歯”にとって高いものでしょうか?
*図は日本ヘルスケア歯科研究会発行のものを引用しました。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.