4992308 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

I歯科医院の高楊枝通信。

歯周病01。

 やはり、歯周病治療あるいは歯周病の管理の開始はお若いうちに、、と、思うわけです。

歯周病の進行度のどの段階からでも治療は可能ですし
御来院時に”すでに抜けている”というのでなければまぁ、何とか残せることも多いです。

けれども、歯周病で破壊された、歯を支えていた骨(歯槽骨)は基本的には元には戻りません。
(奥の手はあるのですが、どなたでも、どんな歯でも使えるというものではないのです。)

重度に進行した歯周病の治療後にはぽっかりと空白が、、隙間ができるのです。
かつて歯を支えていたはずの骨があった場所です。

骨の破壊が起こらないうちに歯周病をコントロールする。
リスクがあるなら未病のままで維持したいと思うのです。


20040313B

20040323B

20040507B

20040615B

20050405B


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.