5032787 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

I歯科医院の高楊枝通信。

2006/10/27
XML
カテゴリ:バイオフィルム
先週に引き続き1枚の写真から。
これも出典はダグラス・ブラッタール先生の『カリエスリスク判定のてびき』
(エイコー,東京,1994)となっているのですが、
手元のこの本の中には見当たらなくて、
熊谷 崇先生の『クリニカル カリオロジー』(医歯薬,東京,1996)からの孫引きです。

本題に入る前に確認。
虫歯と歯周病という歯科の2大疾患はいずれも
細菌による感染症です。細菌は感染します。
けれども、感染=発病ではない!のがポイント。

細菌が置かれる環境、すなわち患者さんの側の条件を
コントロールしてあげることで発病は確実に防ぐことが出来ます。

虫歯も歯周病も予防できる病気だということです。
細かく考えてゆくといろいろな条件があって大変なのですが
大雑把にまとめるとね。
虫歯菌、ほとんど持ってないのに虫歯になっちゃうツワモノ
なかにはおられます。雫

さて、虫歯菌の親玉 ミュータンス菌は、
★歯の成分と特異的に強力にくっつく性質をもっています。
だから、乳歯の奥歯が生え始めてお口の中で歯の表面積が広がってゆくのと
同時に本格的に定着が始まるのです。

歯は”生えたら磨く”しかないのです。

★ミュータンス菌はお砂糖から、
歯の表面に張り付くための強烈な糊を作ります。
このがあると他の、本来歯に張り付いたりする性質を持たない細菌類までが絡めとられて歯垢を形成します。

ミュータンス菌の感染があってもお砂糖の食べ方が少ないと
引き剥がすのは比較的簡単。
反対にお砂糖が多いと衛生士が機械・器具フル装備で
あの手この手で2度磨きしてもまだ、残ります。

お砂糖は少なめに。

★ミュータンス菌は糖質を食べてを作ります。

細菌には菌の種類ごとに、生きていくのに最適な酸性度(pH)があります。

ミュータンス菌は他の菌よりも低いpHを好みます。酸に強いんです。
ミュータンス菌が虫歯菌の親玉といわれるのは糖質を食べて
酸を作るから。
そして、その酸でプラーク全体のpHが下がり
そこに棲みつき活動することが出来るのはミュータンス菌ばかり
という環境を作り出します。

しょっちゅう何か食べていると、特にそれがお砂糖を含むものだったりすると
なお一層、プラーク中のpHを下げ、糊の生成を促し
プラーク中のミュータンス菌の占有率を高くします。

効率よくミュータンス菌を増やせるということですね。雫

なんか、長くなってきましたね、続きは来週かな。     かずえ。







Last updated  2006/10/27 08:15:27 AM
コメント(0) | コメントを書く
[バイオフィルム] カテゴリの最新記事

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


mabo400

Favorite Blog

【ネガティブな感情… New! 榎本!さん

米国製防空網に守ら… New! Condor3333さん

シオニズム教育に熱… New! tt555さん

Freepage List

Calendar

Comments

ナンシー@ Re:フッ素の入っていないハミガキ3(05/26) はじめまして(^_^) 重曹口ゆすぎをやった…
高橋一浩@ Re:重曹が虫歯に効くワケ(01/17) はじめまして。栄養、漢方療法メインで治…
みい子@ Re:若い子シリーズ3(11/06) 初めまして。いろいろ調べているうちに先…
今日の定期検診で@ :フッ素には一杯くわされました。(03/02) 今日、歯の定期検診に行って、フッ素を塗…

Category

Archives

2019/09
2019/08
2019/07
2019/06
2019/05

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.