5082482 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

I歯科医院の高楊枝通信。

2012/10/15
XML
カテゴリ:虫歯の電気化学説
2009/10/29の記事の再掲です。
歯と手持ちの金属との間でpH3の塩酸水溶液中での電位差を測った実験で、
要するに歯もイオン化傾向を持ち、しかも金属としては高い方(腐食しやすい)という実験結果を得ました。
この実験で「虫歯の電気化学説」は確かめられましたが、歯(ハイドロキシアパタイト)中の電気伝導のメカニズムはまだ明らかになっていませんでした。
その電導メカニズムは山口大学と東工大の研究グループの研究成果により明らかになりました。
記事中では歯の中を電子が流れるとしていますが、ほんとうは水素イオン(H+)が流れるようです。
http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/201210140001/

ーーー引用開始ーーー

IMG_1436-30.JPG

ガルバニック電流というのは、
歯学部でも習いますので、
歯医者なら誰でも知っています。
カレーライスのスプーンなどを口に入れたときに
ちょっと感じることのある、あの酸っぱさいや~ん(微弱な電流)のことです。

でも歯医者は、
ガルバニック電流というのは、
その理論はイオン化傾向の違いにより局部電池が形成されるからだ
ということも知ってはいるのですが、

違う種類の金属間で流れるものだと思い込んでいます。

まさか、ガルバニック電流は
歯と金属間にも流れるのだ、とは気が付いていません。
それどころか、歯と別の歯との間はもちろん、
1つの歯の局部間でも流れるなんて、
夢にも思っていません。

歯にも電流は流れるんですよ!
歯は金属ということです。

・・というわけで、
簡単な実験をしてみました。

歯と金属間の電位差はどのくらいあるのか、
身の回りにある金属と歯との間の電位差(イオン化傾向の差)を
片端から測ってみました。
IMG_2144-30.JPG

歯は象牙質とエナメル質に分けました。
ワニグチ・クリップと歯には心電図の電極用の電導性ジェルを塗って、
電気的に密着させます。
IMG_1473-30.JPG

表題画像はエナメル質と象牙質の電位差を測っています、
象牙質はマイナス(白のクリップ)、エナメル質はプラス(赤のクリップ)です。

それぞれ電解液(pH3の塩酸)に漬けると(クリップが濡れないように)
ここに虫歯を防ぐポイントがある

電位差は0.002Vですがエナメル質の方が高い、
つまり象牙質からエナメル質に電子が流れる
(ガルバニック電流は電子とは逆にエナメル質から象牙質に流れる)。

白のクリップの方が溶けます、以下同様

電気化学説によれば、
電子を奪われた方が、腐食つまり溶けますので、
エナメル質と象牙質が接している構造の歯は
象牙質はエナメル質に電子を奪われ、
象牙質だけが溶けます。
臨床的にも歯医者ならだれでも経験しますね。

つまり虫歯は電気化学的な腐食なのです。

ガルバニック電流は虫歯と関係があるのです。

一番プラスの電位差があったのは、
歯科用金合金とCu(銅)でした、
0.7Vもありました。
口腔内で安定な金属は虫歯を助長するのではないでしょうか?
IMG_1432-30.JPG
IMG_1433-31.JPG

高銅型アマルガムは歯科用の合金の中では0.25Vと一番低いのですが、
残念ながら歯よりもプラス電位です。
歯よりも先に溶けて歯を守ってくれるわけではありません。
昔のZn(亜鉛)入りのアマルガムの方が良かったのかもしれません。

先に溶けて歯を守ってくれるかもしれないと期待していた
Fe(鉄)とAl(アルミニウム)は非常にわずかですが、
歯よりもプラス電位でした。
歯より先に溶けて歯を守ってはくれません。
残念!
というか、この2つ最初はマイナス電位だったような気もしますので、
酸に浸けると不動態膜を形成して電流が流れなくなるのかもしれません、
いずれにしてもカソード防食には使えないことになります。
残念!
ほんとうに不動態が形成されるのかはそのうち調べておきます。
アルミニウムはありそうですね、
アルマイト仕上げ(不動態膜形成)は硝酸処理で作ると聞いたことがあります。

やはりZn(亜鉛)は-0.35Vとダントツ歯よりもマイナス電位です。
歯に亜鉛を貼り付ければ、
虫歯を防ぐことが可能です

IMG_1474-30.JPG
IMG_1475-30.JPG

亜鉛は人間にとっては必須微量元素ですので、
フッ素よりも安全です。

フッ素は人間には全く必要としない毒物でしかありません。
しかもフッ素は電気化学的にいうと歯を溶かすハロゲン族です

虫歯は治りません

以下、象牙質を基準としたイオン化傾向の一覧表を載せておきます。
亜鉛:-0.35V
象牙質:0V
エナメル質:+0.002V
アルミニウム:+0.015V
鉄:+0.05V
鉛:+0.18V
高銅型アマルガム:+0.25V
歯科用71%銀合金:+0.5V
歯科12%金銀パラジウム合金:+0.68V
歯科用70%金合金、銅:+0.7V


上に行くほどイオン化傾向が高い、腐食しやすい、溶けやすい、虫歯になりやすい。
下に行くほどイオン化傾向が低い、腐食し難い、安定。

pH3の塩酸に漬けると、、
ここに虫歯を防ぐポイントがあると書きましたが、
つまりpHが低いつまり酸性溶液中で電流が流れ腐食(虫歯)が起こるのですから、

酸をアルカリで中和すれば良い!ということが分かりますね。
それが「重曹うがい」です。

中性、弱アルカリ性溶液中では局部電池は形成されず、
ガルバニック電流は流れません。。

では、その酸はどこから来るのかって?
それが虫歯菌が出すのですよ、、
でも酸だけでは歯は溶けない、
虫歯が出来るには、
電気化学的なメカニズムが必要なんです。






Last updated  2012/10/16 07:27:34 PM
コメント(3) | コメントを書く
[虫歯の電気化学説] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:歯は金属と同じようにイオン化傾向を測ることができる(歯科の常識を覆すシリーズ5)(10/15)   pop さん
質問なのですが、
重層うがいの場合、一時的にせよ中和されたととして
時間が経過すると元のPHに戻るのではないかと思いますが、
in vitorono の環境では、PHがコントロールできても
不確定要素の多い口腔内で 一日数回の うがいで 
Phコントロールができるのでしょうか? (2012/10/17 02:15:08 PM)

Re[1]:歯は金属と同じようにイオン化傾向を測ることができる(歯科の常識を覆すシリーズ5)(10/15)   mabo400 さん
popさん
プラーク中のpHは飲食後30分~1時間程は4.5程度に低下しているそうですが、その間だけpHコントロールできればよいのかな?と考えています。うちでやっている重曹の濃度は唾液中のそれの2~9倍と高いので、飲食後のpH低下をコントロールできると思っています。
ttp://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/201003110000/
まだ虫歯の電気化学説は研究され始めたばかりですので、これからいろんなことが分ってくると思います。
ttp://www.cera.amse.yamaguchi-u.ac.jp/
>質問なのですが、
>重層うがいの場合、一時的にせよ中和されたととして
>時間が経過すると元のPHに戻るのではないかと思いますが、
>in vitorono の環境では、PHがコントロールできても
>不確定要素の多い口腔内で 一日数回の うがいで 
>Phコントロールができるのでしょうか?
-----
(2012/10/17 06:34:36 PM)

Re:歯は金属と同じようにイオン化傾向を測ることができる(歯科の常識を覆すシリーズ5)(10/15)   mina さん
歯科で虫歯になった歯に知覚過敏の薬を塗ってイオン化させて痛みをなくすやり方で治療されたのですが身体に体調不良として影響してしまった為その塗った知覚過敏の成分を歯から取り除きたいとおもったのですがその知覚過敏の薬は歯に浸透して取れないと言われました。

この歯に吸着してイオン化した成分を取る方法はありますか? (2019/07/15 05:05:36 PM)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


mabo400

Favorite Blog

そして誰もいなくな… New! tt555さん

トルコ大統領は露大… New! Condor3333さん

継体天皇の謎を追っ… New! Shige&Happyさん

Freepage List

Calendar

Comments

ナンシー@ Re:フッ素の入っていないハミガキ3(05/26) はじめまして(^_^) 重曹口ゆすぎをやった…
高橋一浩@ Re:重曹が虫歯に効くワケ(01/17) はじめまして。栄養、漢方療法メインで治…
みい子@ Re:若い子シリーズ3(11/06) 初めまして。いろいろ調べているうちに先…
今日の定期検診で@ :フッ素には一杯くわされました。(03/02) 今日、歯の定期検診に行って、フッ素を塗…

Category

Archives

2019/10
2019/09
2019/08
2019/07
2019/06

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.