6246537 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

I歯科医院の高楊枝通信。

2021/10/24
XML
前回​の続きなのだが、

ファイバーコアやセラミックスクラウン(ジルコニア含む)というのが、儲かるだけで、どうしようもなく使えない代物かということを述べてみたい。こんなことを書くと大多数の世界中の歯科医師を敵に回すことになるのだが。

うちでは神経を取ることもない、僕から見たらまっさらな歯を削り倒して最初に入れるのがセラミックスクラウンなのだ(金属冠も同じではあるが)。

僕に言わせれば、条件の良い歯だからそんなクラウンを入れられる、そもそもそんなものは必要ない。

これからご紹介するのは「近未来のクラウン」しか入れられない、通常はうまくいかなかったら抜歯ですよ?といわれる症例だ。

レントゲン写真を見ると分かると思うが、エンド治療不良による根尖病巣(Per)と歯根分岐部病変がある。
この方は60代女性、20年ほど前に治療したのだが、最近は時々歯茎が腫れたり噛むと痛いということで、他院に行ったら、歯根分割の手術が必要、最悪抜歯と言われたとかで当院に来られた。





要するに何が起こっているかというと、セラミックスクラウンだろうが金属冠だろうが、入れて20年後には抜歯になる可能性が高いということなのだ。

そんな歯を治して、どうにか使えるようにしてほしいという患者の依頼なのだが、(最初から安易に神経を取ってクラウンを入れるのは)やめて欲しいというのが本音だ。

再発するリスクもある。その時のフォローはどうする?全部壊さないでも再治療ができるようにしておく、そんなことを考えながら再建していくわけだ。

ジルコニアは硬すぎて穴を開けるのも大変だ。セラミックスクラウンはものによっては硬くないものもあるが壊れやすい。穴を開けての再エンド治療には耐えられないかもしれない。隣の歯と連結固定もできない。セラミックス系は接着剤が効きにくい。なんとか残そうとする僕が大変なのだ。これが使えない理由だ。セラミックスクラウンを入れて、儲かった!あとは野となれ山となれ〜・・か? やめてくれよ。。

その答えが「近未来のクラウン」なのだ。穴を開けて再エンド治療も可能で、穴はCRで塞げば良い。接着剤も良く効く。

再治療過程を全てアップする。解説は以前にしているので、省略する。

では時系列でどうぞ





































Last updated  2021/10/25 08:47:46 AM
コメント(5) | コメントを書く
[近未来の根管治療シリーズ] カテゴリの最新記事


PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


mabo400

Favorite Blog

実態を無視して「オ… New! Condor3333さん

​桑江知子がファイザ… New! tt555さん

地域の人に感謝する… New! Shige&Happyさん

Freepage List

Calendar

Comments

mabo400@ Re[1]:「重曹水」で虫歯が治った症例2(03/27) New! ミリアさんへ 全然読み応えがなかったで…
mabo400@ Re:直ちに影響は無い(12/03) New! か~ばたさんへ 昨晩、役所広司主演「東…
ミリア@ Re:「重曹水」で虫歯が治った症例2(03/27) New! 過去にこの記事を見たらしき方がこちらの…
か~ばた@ 直ちに影響は無い 直ちに影響は無い、と騙され続けた日本国…

Category

Archives


© Rakuten Group, Inc.