6674828 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

I歯科医院の高楊枝通信。

2022/01/17
XML
カテゴリ:虫歯の電気化学説




虫歯とは何か?と問われてまともに答えられる歯科医師はいない。せいぜい歯が細菌が出す酸で溶けたもの、と答える歯科医師は多いと思われるが、歯はコーラ程度のpH3の液に漬け込んでも1ヶ月ぐらいでは溶けて無くなったりしない。歯学部では歯はpH5.5(pH3の1/30)以下の酸で溶けると習うが、歯は意外に酸には強い。抜去歯牙をコーラに浸して数週間後に取り出して見ても、表面がちょっと柔らかくなったような気がする程度だ。ま、現実問題として数週間も口の中にコーラを含んでいられるはずがない。歯学部でも歯を酸に漬けて溶かす実験はしない。なぜなら、やってみると溶けないではないか?!疑問百出、、教授すら答えられない、レポートが書けない、卒業どころか進級できない、それどころか疑問に答えられないお前が何で教授なんだ?という事態に陥るからだ。歯が酸に溶けないというのは不都合な真実なのだ。

実は虫歯の成因は全く解明されていない、という驚愕の事実がある。

かかりつけの歯医者がいれば、訊いてみてください。歯は酸で溶けるというが、本当か?やってみたことがあるのか?誰も答えられないはずだ。ほとんどの歯医者はやってみたことはないはずだ。やってみた歯医者がいたとしても溶けて無くなったりしなかったはずだ。

歯科医師は虫歯の真の成因すら知らず、対症療法を繰り返しているだけだ。

虫歯は電気的に腐食する金属のサビ・腐食(電食)と同じカテゴリーに属する電気化学的な現象だ。歯はHA(ハイドロキシアパタイト)というCa(カルシウム)とPO4(リン酸)とOH(水酸基)から成り立っている結晶化合物だが、ここのカルシウム(金属)から電子が奪われるとHAの結晶構造は崩壊する。これが虫歯の基本的な仕組みだ。





僕はこれを「虫歯の電気化学説」と名付けた。

では、どうやってHAは崩壊するのか?





次回につづく






Last updated  2022/01/19 07:48:03 AM
コメント(4) | コメントを書く
[虫歯の電気化学説] カテゴリの最新記事


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

1:31:41 / 1:38:08 … New! ウーテイスさん

広角レンズでマクロ… New! Shige&Happyさん

水葬 New! 柳居子さん

MMS(二酸化塩素水)… New! tt555さん

6月17日のテーマは「… New! Condor3333さん

Freepage List

Calendar

Comments

キムチ@ 今日の充填治療10.26(超上級編)(05/25) mabo400 先生 18回の根管治療途中2度綿栓…
mabo400@ Re:今日の充填治療10.24(超上級編))(05/22) キムチさんへ 僕もそう思います。でも僕…
キムチ@ 今日の充填治療10.24(超上級編))(05/22) mabo400先生 18回の治療途中には細菌感染…
mabo400@ Re:今日の充填治療10.23(上級編)(05/21) キムチさんへ おしゃべりをして虫歯予防…
キムチ@ 今日の充填治療10.23(上級編)(05/21) mabo400先生 10ヶ月の経過写真良く分かり…

Category

Archives


© Rakuten Group, Inc.