2745731 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

KINTYRE’S DIARY~旧館

ROCK,POP~A


MUSIC FILE ♪A♪~ROCK,POP

1.AVRIL LAVIGNE(アヴリル・ラヴィーン)/LET’S GO(2002)(日本盤)

avril lavigne

PRODUCERS&BIOGRAPHY
The Matrix(2,3,4,8,9)
Clif Magness(1,5,6,10,12)
Curt Frasca(7)
Curt Frasca&Clif Magness(13)
Peter Zizzo(11,14)
Antonio "LA" Reid(Executive Producer)
カナダ出身の新歌姫で全ての曲の作曲にも関わっていてギターの演奏もこなす。2,3曲目は大ヒットした。14曲目はボーナス・トラック

TITLE LIST(SONG WRITERS)
1.Losing Grip(Avril Lavigne/Clif Magness)
2.Complicated(Avril Lavigne/The Matrix)
このアルバムの代表作で彼女の持つ激しさとポップな面の両方が楽しめる。ストリート・ゲリラライヴ風のPVも面白い
3.Sk8er Boi(Avril Lavigne/The matrix)
4.I’m With You(Avril Lavigne/The Matrix)
5.Mobile(Avril Lavigne/The Matrix)
6.Unwanted(Avril Lavigne/Clif Magness)
7.Tomorrow(Avril Lavigne/Curt Frasca/Sabelle Breer)
8.Anything But Ordinary(Avril Lavigne/The Matrix)
9.Things I’ll Never Say(Avril Lavigne/The Matrix)
10.My World(Avril Lavigne/Clif Magness)
11.Nobody’s Fool(Avril Lavigne/Peter Zizzo)
12.Too Much To Ask(Avril Lavigne/Clif Magness)
13.Naked(Avril Lavigne/Curt Frasca/Sabelle Breer)
14.Why(Avril Lavigne/Peter Zizzo)

1.ASELIN DEBISON(アセリン・デビソン)/SWEET IS THE MELODY(2002)(アメリカ盤)

aselin debison

PRODUCERS&BIOGRAPHY
Peter Asher
George Massenburg
カナダ出身の14歳。CMソングとして4曲目が採用された他にもカバー曲が収録されている。プロデューサーのピーター・アッシャーはかつてビートルズのレーベルから『ピーター&ゴードン』名義でデビューし、ポール作曲の歌で全米一位にも輝き、その後プロデューサーとして活動。 アセリンの少女らしい瑞々しいボーカルが魅力。地元ではセリーヌ・ディオンの再来として期待される。14曲目はボーナス・トラック

TITLE LIST(SONG WRITERS)
1.Sweet Is The Melody(Iris DeMent)
2.The Dance You Choose(Aselin Debison/Bruce Guthro)
3.Rise Again(Leon Dubinsky)
4.Moonlight Shadow(Mike Oldfield)
日本のCMソングとしても起用されたマイク・オールドフィールドのカバー。アセリンの瑞々しい歌声が初々しい。
5.Medley:Somewhere Over The Rainbow/What A Wonderful World(Harold Arlen/E.Y.Harburg)(Robert Thiele/G.W.Weiss)
是は名曲<虹の彼方に>と<この素晴らしき世界>をメドレー形式で歌う。PRODUCERのピーター・アッシャーの好みかな?。
6.Out Of The Woods(Sinead Lohan)
7.Driftwood(Francis Healy)
8.Some Days(Sean McCann)
9.Once In Every Life(Billy Mann/Leslie Satcher)
10.Love So Rare(Bruce Guthro)
11.Getting Dark Again(T.R."Buddy"MacDonald)
12.To Say Goodbye To You(Stephan Moccio/Murray MacLauchlan)
13.The Island(Kenzie MacNeil)
14.The Gift(Stephanie Davis)

1.ARABESQUE(アラベスク)/ARABESQUE(1995)(日本盤)

arabesque

PRODUCER&BIOGRAPHY
PRODUCERのクレディット無い為不明。1970年代の後半から1980年代の前半にかけて日本でブームになったアラベスクのベスト盤。18曲目が一番ヒットした曲だが、他には3の邦題『恋のペントハウス』7の『さわやかメイク・ラブ』10の『恋にメリーゴーランド』辺りが代表的な曲。ドイツ出身の3人組では他にシルバー・コンベンションもあるが、この時代に流行った典型的な英語で歌う歌謡曲のグループ。因みに一番人気があったノーランズはアイルランド出身。

TITLE LIST(SONG WRITERS)
1.Time To Say-Good Bye-(Jean Frankfurter/John Moering>
邦題は『恋はナイト・アンド・デイ』。
2.Heart On Fire(Jean Furankfurter)
3.Parties In A Penthouse(Jean Frankfurter/John Moering>
邦題は『恋のペントハウス』でアラベスクらしい明るく弾けるポップス。
4.Dance Dance Dance(Jean Frankfurter/John Moering)
邦題は『気分もエアロビック』。
5.Hit The Jackpot(Jean Frankfurter/John Moering)
邦題は『幸せのジャックポット』。
6.Young Fingers Get Burnt(Jean Furankfurter/John Moering)
邦題は『ヤング・ファースト・ラヴ』。
7.Make Love Whenever You Can(Jean Frankfurter/John Moering)
邦題は『さわやかメイク・ラヴ』。アラベスクの代表曲の一つでサンドラの若々しく弾けるボーカルが魅力のポップス。
8.Peppermint Jack(Jean Frankfurter/John Moering)
低音の男性のボーカルが所々で絡んでくる。この辺のボーカル・アレンジは当時のキャンディー・ポップには多く見られた。
9.High Life(Jean Frankfurter/John Moering)
大空高く舞い上がっているようなナンバー。
10.In For A Penny,in For A Pound(Jean Frankfurter/John Moering)
邦題は『恋にメリーゴーランド』。7と同系統のナンバーで是もサンドラの声が弾けるガッツ溢れるポップス。
11.Caballero(Jean Frankfurter/John Moering)
邦題は『キャバレーロに夢中』。ラテン・フレイバーに溢れるアラベスクには少し他には無いタイプの曲。
12.Midnight Dancer(Jean Frankfurter/John Moering)
この曲は少しテンポを落として歌詞に<韻>を多く含む遊びを取り入れている。中間で低音の男性ボーカルとの掛け合いがある。でもこの男は誰かな?。
13.Billy’s Barbeque(Jean Frankfurter/John Moering)
サンドラを中心に子供っぽい雰囲気を漂わせている。
14.Jingle Jungle Joe(Jean Frankfurter/John Moering)
15.Fly High Little Butterfly(Jean Frankfurter/John Moering)
9と同系統の大空から下を見下ろしたようなナンバー。
16.Buggy Boy(Ben Juris/Benny Lux)
17.Friday Night(Jean Frankfurter/John Moering)
早口の語りとコーラスが印象的なナンバー。ディスコにピッタリなチョッと陰なナンバー。
18.Hello Mr.Monkey(Ben Juris/Benny Lux)
アラベスクでは一番有名なナンバーと言っても過言ではない。ストリングスとコーラスが目立つ典型的なディスコ・ナンバー。

1.ACE OF BASE(エイス・オブ・ベイス)/THE SIGN(1993)(日本盤、邦題:オール・ザット・シー・ウォンツ)
 

ace of base

PRODUCERS&BIOGRAPHY
Joker/Buddha,PoP(1,12)
Ekman,Adebratt(2,5)
Joker/Buddha(3,6,9,11)
Joker,PoP,Carr(4)
Joker/Buddha,T.O.E.C.(7,10)
Buddha,Stonestream(8)
スウェーデン出身の男女2名ずつの4人組。レゲェー調のサウンドが主体でアルバム全体もそういう印象だ。このアルバムは全米で大ヒットを記録した。アルバムは1994年度の年間1位で、シングル・チャートでは4が同じく年間1位で、1が9位、2が10位を記録した。

TITLE LIST(SONG WRITERS)
1.All That She Wants(Joker/Buddha)
レゲェー風のメロディーに乗せて歌われる彼ららしい曲
2.Don’t Turn Around(Hammond/Warren)
3.Young And Proud(Joker/Buddha)
4.The Sign(Joker/Buddha)
全米で1位を獲得した大ヒット曲。これもレゲェー風のポップス曲でバンドの最大のヒットとなった。
5.Living In Danger(Joker/Buddha)
6.Dancer In A Daydream(Joker/Buddha)
7.Wheel Of Fortune(Joker/Buddha)
8.Waiting For Magic(Total Remix 7")(Joker/Buddha)
9.Happy Nation(Joker/Buddha)
10.Voulez-Vous Danser(Joker/Buddha)
11.My Mind(Mindless Mix)(Joker-Buddha)
12.All That She Wants(Banghra Version)(Joker-Buddha)

1.AZTEC CAMERA(アズテック・カメラ)/DREAMLAND(1993)(日本盤)

写真なし

PRODUCERS&BIOGRAPHY
坂本龍一
Roddy Frame
英国出身のロディー・フレームのユニット・バンドだが今は個人名で活動している。プロデュースにはYMOの坂本龍一とロディーが共同で行っている。全体的にはマイナー調のもの悲しい雰囲気のメロディーが覆っている。5はラテン調のメロディーが印象的でこのアルバムの代表曲でこの曲のみ1992年の製作。

TITLE LIST(SONG WRITER)
1.Birds(Roddy Frame)
2.Safe In Sorrow(Roddy Frame)
3.Black Lucia(Roddy Frame)
4.Let Your Love Decide(Roddy Frame)
5.Spanish Horses(Roddy Frame)
この曲だけ前年の作品だ。ラテン風のフラメンコ調のクラップがバックで印象的に聴こえて来る。陰を感じさせるボーカルとは逆の陽なリズムとの融合が印象的な曲。
6.Dream Sweet Dreams(Roddy Frame)
7.Pianos And Clocks(Roddy Frame)
8.Sister Ann(Roddy Frame)
9.Vertigo(Roddy Frame)
10.Valium Summer(Roddy Frame)
11.The Belle Of The Ball(Roddy Frame)

1.AMY GRANT(エイミー・グラント)/HOUSE OF LOVE(1994)(日本盤)

amy grant

PRODUCERS&BIOGRAPHY
Keith Thomas(1,2,3,4,5,10,12)
Michael Omartian(6,7,8,9,11)
Michael Blanton,Brown Bannister,Amy Grant(Executive Producers)
元来はCCMのフィールドの第一人者だったエイミーは元シカゴのピーター・セテラと共演して全米1位も獲得した事がある。これをきっかけにポップスのアルバムを発表しヒットを連発した。このアルバムではヒットの連発こそ無かったが、楽曲の良さとそれを生かすエイミーのボーカルは素晴らしい。1,2のミディアム調の曲とアレンジの抜群さ、4でのヴィンス・ギルとの共演、7でのジョニ・ミッチェルのカバーなど、全体のメリハリも利いていて素晴らしい仕上げになっている。

TITLE LIST(SONG WRITERS)
1.Lucky One(Amy Grant/Keith Thomas)
オープニングから鳥のさえずりが聴こえてくるミディアム調のナンバー。マライア・キャリーのドリーム・ラバーを思わせるナンバー。エイミーのボーカルも曲のアレンジに相応しく優しくしっとりと歌う。これを聴いているだけで心が落ち着く。
2.Say You’ll Be Mine(Amy Grant/Keith Thomas/Wayne Kirkpatrick)
ミディアム調ながら前曲よりはポップで明るさが強調されている。この曲は前曲同様朝に聴けば最適かな。エイミーが弾ける様に歌っている姿が浮かんでくる。
3.Whatever It Takes(Amy Grant/Keith Thomas/Gary Chapman)
4.House Of Love(Wally Wilson/Kenny Greenberg/Greg Barnhill)
ヴィンス・ギルとのデュエット・ナンバーでタイトル通り正に愛に溢れたナンバー。
5.The Power(Judson Spence/Tommy Sims)
6.Oh How THe Years Go By(Simon Climie/Will Jennings)
7.Big Yellow Taxi(Joni Mitchell)
ジョニ・ミッチェルの曲のカバー。
8.Helping Hand(Tommy Sims/Amy Grant/Beverly Darnall)
9.Politics Of Kissing(Cliff Magness/Amy Grant/Wayne Kirkpatrick)
10.Love Has A Hold On Me(Amy Grant/Keith Thomas)
11.Our Love(Amy Grant/Tom Hemby)
12.Children Of The World(Tommy Sims/Amy Grant/Wayne Kirkpatrick)

1.AIRPLAY(エアプレイ)/AIRPLAY(1980)(日本盤、邦題:ロマンティック)

airplay

PRODUCERS&BIOGRAPHY
Jay Graydon
David Foster
ミュージシャンとしてもプロデューサーとしても名のある二人が組んだユニット。AORを代表するアルバムの一つである。演奏はTOTOを中心とした西海岸系の人物で固められており、二人の人脈がフルに活用されている。10はE.W.&Fが歌って大ヒットさせた物でオリジナルはこのテイクだ。正に隙の無い仕上がりでAORファン必携の一枚だ。

TITLE LIST(SONG WRITERS)
1.Stranded(David Foster/Jay Graydon/Tom Kelly)
2.Cryin’ All Night(David Foster/Jay Graydon/Steve Kipner)
4.Nothin’ You Can Do About It(David Foster/Jay Graydon/Steve Kipner)
5.Should We Carry On(David Foster/Jay Graydon/B.J.Cook Foster)
6.Leave Me Alone(David Foster/Jay Graydon/A.Willis)
7.Sweet Body(David Foster/Jay Graydon/I.Ingberg)
8.Bix(David Foster/Jay Graydon/Steve Kipner)
9.She Waits For Me(Jay Graydon/H.Garfield)
10.After The Love Is Gone(David Foster/Jay Graydon/Bill Champlin)
EW&Fが歌ったこで有名になったナンバーだがオリジナルはこの二人だ。二つのナンバーを比較するのも面白いと思う。

1.ADRIAN GURVITZ(エイドリアン・ガーヴィッツ)/SWEET VENDETTA(1979)(日本盤、邦題:スウィート・ヴェンデッタ(甘い復讐))

エイドリアン・ガービッツ

PRODUCER&BIOGRAPHY
Adrian Gurvitz
英国出身のハード・ロック系のギタリストがソロ名義で発表したAORの作品。メローなAOR路線を押し進めたこのアルバムでは、演奏の大部分とアレンジでTOTOのメンバーが関わっている。当時はTOTOのメンバーが入らないAOR作品が無い位忙しかった。西海岸のAOR=TOTOの図式が出来上がっていた。尚、10曲目はボーナス・トラック

TITLE LIST(SONG WRITER)
1.Untouchable And Free(Adrian Gurvitz)
2.The Wonder Of It All(Adrian Gurvitz)
3.Put A Little Love(In Life’s Heart)(Adrian Gurvitz)
4.Love Space(Adrian Gurvitz)
5.The Way I Feel(Adrian Gurvitz)
6.Time Is Endless(Adrian Gurvitz)
7.I Just Wanna Get Inside Your Head(Adrian Gurvitz)
8.Free Ride(Adrian Gurvitz)
9.One More Time(Adrian Gurvitz)
10.Drifting Star(Adrian Gurvitz)

1.ANNIE LENNOX(アニー・レノックス)/DIVA(1992)(日本盤)

annie lennox

PRODUCER&BIOGRAPHY
Stephen Lipson
英国のユーリズミックスのボーカリストのアニー・レノックスのソロ作品。全体に細かいアレンジが施されていて、彼女のボーカルを盛り立てている。1,2,5が代表作品でMTVのアンプラグドでも収録曲の一部とユーリズミックスの曲が披露された。尚、ジャケット写真は日本人の作品だ。

TITLE LIST(SONG WRITERS)
1.Why(Annie Lennox)
ピアノの響きが印象的なチョッと雲の上を浮いているようなナンバー。この曲はアンプラグドでも披露された。
2.Walking On Broken Glass(Annie Lennox)
ポップでピアノが弾ける明るい曲調が印象的。この曲はアンプラグドでも披露された。
3.Precious(Annie Lennox)
4.Legend In My Living Room(Annie Lennox/Peter-John Vettese)
5.Cold(Annie Lennox)
1をテンポ・アップさせたようなナンバーで是もアンプラグドで披露された。
6.Money Can’t Buy It(Annie Lennox)
7.Little Bird(Annie Lennox)
8.Primitive(Annie Lennox)
9.Stay By Me(Annie Lennox)
10.The Gift(Annie Lennox/The Blue Nile)
11.Keep Young And Beutiful(Al Dublin/Harry Warren)
12.Step By Step(Annie Lennox)

2.ANNIE LENNOX(アニー・レノックス)/BARE(2003)(日本盤、邦題:素顔)

annie lennox(Bare)

PRODUCERS&BIOGRAPHY
Stephen Lipson(1以外の全て)
Andy Wright,Annie Lennox,Stephen Lipson(1)
ソロ名義では8年振りの新作。相変わらず楽曲の質は高くて1は彼女らしい劇的な雰囲気のする曲。12はボーナス・トラックでトロントでのライヴ録音。曲は『DIVA』からの物。

TITLE LIST(SONG WRITER)
1.A Thousand Beautiful Things(Annie Lennox)
2.Pavement Cracks(Annie Lennox)
3.The Hurting Time(Annie Lennox)
4.Honestly(Annie Lennox)
5.Wonderful(Annie Lennox)
6.Bitter Pill(Annie Lennox)
7.Loneliness(Annie Lennox)
8.The Saddest Song I’ve Got(Annie Lennox)
9.Erased(Annie Lennox)
10.Twisted(Annie Lennox)
11.Oh God(Prayer)(Annie Lennox)
12.Cold(Recorded Live In Toronto)(Annie Lennox)

1.ALANIS MORISSETTE(アラニス・モリセット)/JAGGED LITTLE PILL(1995)(日本盤)

アラニス・モリセット

PRODUCER&BIOGRAPHY
Glen Ballard
カナダ出身のアラニスはマドンナが主宰するレーベルからデビューした。アルバムは1996年のチャートでは年間一位を記録し、これは二位マライア・キャリーや三位の同郷のセリーヌ・ディオンを押さえての記録だから価値がある。2,4,7,10がシングル・チャートを賑わせた。曲は全てアラニスとグレン・バラードとの共作。ロック調の曲に魂からの様な叫びを乗せて歌うアラニスには、最初聴いた時にはノック・アウトされた。

TITLE LIST(SONG WRITERS)
1.All I Realy Want(Alanis Morissette/Glen Ballard)
2.You Oughta Know(Alanis Morissette/Glen Ballard)
アラニスの魂のような叫びと激しさが融合したかのようなナンバー
3.Perfect(Alanis Morissette/Glen Ballard)
4.Hand In My Pocket(Alanis Morissette/Glen Ballard)
5.Right Through You(Alanis Morissette/Glen Ballard)
6.Forgiven(Alanis Morissette)
7.You Learn(Alanis Morissette/Glen Ballard)
この曲もアラニスの激しさが良く表現されている。旋律だけでは無くて詞の部分も大事にしている姿勢が見て取れる。
8.Head Over Feet(Alanis Morissette/Glen Ballard)
9.Mary Jane(Alanis Morissette/Glen Ballard)
10.Ironic(Alanis Morissette/Glen Ballard)
11.Not The Doctor(Alanis Morissette/Glen Ballard)
12.Wake Up(Alanis Morissette/Glen Ballard)=Secret Track, You’re House=
13.Perfect(Acoustic Version)(Alanis Morissette/Glen Ballard)

2.ALANIS MORISSETTE(アラニス・モリセット)/SUPPOSED FORMER INFATUATION JUNKIE(1998)(ドイツ盤)

アラニス・モリセット(supposed)

PRODUCEERS&BIOGRAPHY
Glen Ballard
Alanis Morissette
アラニスが前作から3年振りに発表した今作はインド旅行中に書いた曲も含まれる。3はPVで全裸姿のアラニスが歌うシーンがメインだけど大事な所は見えないけど、ジャケットのレーベルも裸姿だ。内容的には前作より一層歌詞に重点が置かれている。

TITLE LIST(SONG WRITERS)
1.Front Row(Alanis Morissette/Glen Ballard)
2.Baba(Alanis Morissette/Glen Ballard)
3.Thank U(Alanis Morissette/Glen Ballard)
前アルバムに良く聴かれた激しさを持ち合わせながら旋律の良さもある曲。
4.Are You Still Mad(Alanis Morissette)
5.Sympathetic Character(Alanis Morissette)
6.That I Would Be Good(Alanis Morissette/Glen Ballard)
7.The Couch(Alanis Morissette/Glen Ballard)
8.Can’t Not(Alanis Morissette/Glen Ballard)
9.Ur(Alanis Morissette/Glen Ballard)
10.I Was Hoping(Alanis Morissette/Glen Ballard)
11.One(Alanis Morissette/Glen Ballard)
12.Would Not Come(Alanis Morissette/Glen Ballard)
13.Unsent(Alanis Morissette/Glen Ballard)
14.So Pure(Alanis Morissette/Glen Ballard)
15.Joining You(Alanis Morissette/Glen Ballard)
16.Heart Of The House(Alanis Morissette)
17.Your Congratulations(Alanis Morissette)

3.ALANIS MORISSETTE(アラニス・モリセット)/MTV UNPLUGGED(1999)(ドイツ盤)

alanis morissette

PRODUCER&BIOGRAPHY
Alanis Morissette
アラニスがMTVのアンプラグに出演したときのライヴ盤。ライヴに定評があるアラニスのステージは、オリジナル曲と未発表の新曲にカバーも収録。10はポリス時代にスティングが作り歌った曲。演奏は通常のバンド編成にストリングスが加わっている。

TITLE LIST(SONG WRITERS)
1.You Learn(Alanis morissette/Glen Ballard)
2.Joining You(Alanis Morissette/Glen Ballard)
3.No Pressure Over Cappuccino(Alanis Morissette/Nick Lashley)
未発表曲の一つ。
4.That I Would Be Good(Alanis Morissette/Glen Ballard)
5.Head Over Feet(Alanis Morissette/Glen Ballard)
6.Princes Familiar(Alanis Morissette/Glen Ballard)
7.I Was Hoping(Alanis Morissette/Glen Ballard)
8.Ironic(Alanis Morissette/Glen Ballard)
9.These R The Thoughts(Alanis Morissette/Glen Ballard)
10.King Of Pain(Sting)
ポリス時代のスティングの曲のカバー。
11.You Oughta Know(Alanis Morissette/Glen Ballard)
12.Uninvited(Alanis Morissette)

4.ALANIS MORISSETTE(アラニス・モリセット)/UNDER RUG SWEPT(2002)(日本盤)

アラニス・モリセット(under)

PRODUCER&BIOGRAPHY
Alanis Morissette
相変わらず歌詞を重視するアラニスの姿勢に代わりは無く、このアルバムでも今までの自身の体験を元に構成されている。3はアルバムからの1stシングル。曲は全てアラニスの単独作品で12,13は日本盤のボーナス・トラック。

TITLE LIST(SONG WRITER)
1.21 Things I Want In A Lover(Alanis Morissette)
2.Narcissus(Alanis Morissette)
3.Hands Clean(Alanis Morissette)
4.Flinch(Alanis Morissette)
5.So Unsexy(Alanis Morissette)
6.Precious Illusions(Alanis Morissette)
7.That Particular Time(Alanis Morissette)
8.A Man(Alanis Morissette)
9.You Owe Me Nothing In Return(Alanis Morissette)
10.Surrendering(Alanis Morissette)
11.Utopia(Alanis Morissette)
12.Sister Blister(Bonus Track)(Alanis Morissette)
13.Sorry 2 Myself(Bonus Track)(Alanis Morissette)



Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.