2954273 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

KINTYRE’S DIARY~旧館

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


kintyre

Favorite Blog

☆乃木坂46♪堀未央奈… New! ruzeru125さん

Scarborough Fair (S… New! ken_wettonさん

第1114回totoGOAL New! 諸Qさん

雨、うらめしや。 New! まちおこしおーさん

そぞろに懐かしい、… New! ヴァージャー・"うかる〜る"・岡本さん

Comments

collins1313@ Re:私の好きな曲7、バグルスの「ラジオスターの悲劇」(06/05) 初めまして! 青春時代に聴いてまた最近ハ…
kintyre@ Re:映画『アメイジング・グレイス』を観て(03/27) >kaoritalyさん、こんばんは この映画…
kaoritaly@ Re:映画『アメイジング・グレイス』を観て(03/27) ちょうど昨日、鑑賞してきました。 予…
kintyre@ Re:そこまでやるか...楽天ブログからTBが消えた(04/19) >kaoritalyさん、こんばんは 私も、管…

Freepage List

2005.10.14
XML
カテゴリ:映画・邦画
人気blogランキングへ

【この映画について】
「踊る...」シリーズのスピンオフ企画(映画内のキャラクターを主人公とする別企画物)として、GW頃の公開だった「交渉人 真下正義」に次ぐ企画として公開された。
「交渉人...」はユースケ・サンタマリアが主人公の企画であり、今回は柳葉敏郎が扮する「室井慎次」が主人公となる。「踊る...」とは別企画とは言っても、やはり全く関連性を無視しているのではないのだ。同じ登場人物も当然出てくるし、会話の端々に関連性を見つけることも出来る。
今回の企画は、警察庁から警視庁へ出向している室井慎次が双方のトップの対立に巻き込まれるのがテーマだ。正に縄張り争いと意地の張り合いが前面に出されている。そうした点にも注目しながら観て欲しい。
【ストーリー(ネタバレなし)】
室井は新宿で起きた殺人事件の捜査本部長を務めていた時に、被疑者として取り調べていた警察官が交番での尋問の際に長時間の事情聴取に耐えられずに逃走する事件が発覚。その警察官は交番から逃走し、新宿の街のど真ん中で逃走中にトラックにはねられて即死した。
その後、警察官の母から「過剰な捜査が息子を死に追いやった」として告訴される。室井は捜査の責任者として検察庁に逮捕される。
室井は死んだ警察官が被疑者死亡のまま不起訴となり捜査が終結するのに疑問を持っていた。その裏には警視庁と警察庁の縄張り争いと、トップの出世レースなどが絡んでいた。室井は警視庁へ警察庁から出向してきた身だが、室井の逮捕でも双方がその身柄の扱いを巡ってつばぜり合いを演じていた。
室井逮捕後は、今度は室井の弁護を担当することになる小原久美子(田中麗奈)と、警察側が雇った腕利きの弁護士の灰島(八嶋智人)との弁護士同士の戦いも熾烈を極めていく。
さて今回のストーリーは注目作品なので簡単に済ませたいのでこの辺まで。
ここから先のテーマは、警察庁と警視庁の争いは集結するか?室井は保釈されるが、捜査はどうする?室井は警察官を停職中だが、署員は協力するか?
死亡した警察官の沖縄に住む母が告訴したのは何故?灰島弁護士は小原弁護士を取り込もうとするがその意図は?小原弁護士が掴んだ灰島の弱点は?死んだ警察官と被害者との意外な関係が発覚するがそれは?そして犯人は...何と意外な人物だった...。
まだまだ劇場公開中なのでストーリーはここまでです、是非映画館でご覧下さい。
【鑑賞後の感想】
「交渉人 真下正義」に続くスピンオフ企画の今回は、ユースケとのキャラの差が如実に現れた。今回の「室井慎次」は犯人の謎解きよりは、警察庁と警視庁の権力闘争や、それに挑む弁護士の物語でもある。
事件の犯人の解明を期待してみていると、この映画は全く詰らないものに終わってしまう。幾らなんでもあの...が犯人というのはどうかな?と思ってしますし、呆気ないのとムリもあるのではと思ってしまった。
今回のエンディングも室井が事件の責任を取る形で、地方への異動を命じられるが何となく気になる終わりかたであった。
室井を演じた柳葉敏郎のセリフの少ない表情で語る演技、柄本明の相変わらずの飄々とした演技、田中麗奈のきりっと締まった表情、室井とは異なる刑事を哀川翔が個性的に演じたりと俳優陣の演技力にも注目したい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
自己PRコーナー
日記のテーマとは関係ないけど、私のカンボジア・タイ旅行記の写真が完成しました。
是非、暇つぶしにでもご覧下さい。ついでに感想を書き込んで戴けると、とても嬉しい管理人でした。
写真をご覧になれます
第一日目
第二日目
第三日目
第四日目
第五日目
最終日







Last updated  2005.10.15 00:03:54
コメント(4) | コメントを書く
[映画・邦画] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.