3041043 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

KINTYRE’S DIARY~旧館

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


kintyre

Favorite Blog

中古 ノートPC レッ… New! natsumi_s_58さん

☆欅坂46♪上村莉菜『M… New! ruzeru125さん

混雑ランキング 全… New! ken_wettonさん

花部会の皆様、お疲… New! まちおこしおーさん

第1141回totoGOAL New! 諸Qさん

Comments

collins1313@ Re:私の好きな曲7、バグルスの「ラジオスターの悲劇」(06/05) 初めまして! 青春時代に聴いてまた最近ハ…
kintyre@ Re:映画『アメイジング・グレイス』を観て(03/27) >kaoritalyさん、こんばんは この映画…
kaoritaly@ Re:映画『アメイジング・グレイス』を観て(03/27) ちょうど昨日、鑑賞してきました。 予…
kintyre@ Re:そこまでやるか...楽天ブログからTBが消えた(04/19) >kaoritalyさん、こんばんは 私も、管…

Freepage List

2006.10.31
XML
カテゴリ:アメリカ映画
原題:World Trade Center(アメリカ)公式HP
上映時間:129分
鑑賞日:10月28日 新宿プラザ(歌舞伎町)
監督:オリバー・ストーン
出演:ニコラス・ケイジ(ジョン・マクローリン)、マイケル・ペーニャ(ウィル・ヒメノ)、マギー・ギレンホール(アリソン・ヒメノ)、ドナ・マクローリン(マリア・ベロ)、スティーブン・ドーフ(スコット・ストラウス)、アルマンド・リースコ(アントニオ・ロドリゲス)、ジェイ・ヘルナンデス(ドミニク・ぺズーロ)、マイケル・シャノン(デイブ・カーンズ)

【この映画について】 
史上最悪の悲劇となった全世界を揺るがした未曾有のテロ“9・11”から5年。
瓦礫の下から奇跡の生還を果たした港湾警察官2名とその家族、彼らの救助活動にあたった人々など、数多くの証言から事件当日を忠実に映画化した作品が誕生した。監督は、これまで3度のアカデミー賞に輝く社会派巨匠オリバー・ストーン。彼は本作から一切の政治色を排し、絶望の中にあっても光輝く人々の勇気、希望、助け合う姿から都会に住む人間が忘れかけていた人情をを見つめる、感動的な人間ドラマに仕上げた。
撮影では、在りし日の世界貿易センターをロスに再現。あまりのリアルさに、エキストラとして出演を果たした証言者たちは涙を流したという。主演はニコラス・ケイジと『クラッシュ』のマイケル・ペーニャ。ぺーニャの妻アリソン役に、弟ジェイクがメキメキと知名度をアップさせてきたマギー・ギレンホールが身重姿で感情を露にしながら熱演する。
【ストーリー(ネタバレなし)】
2001年9月11日、午前8時40分過ぎ。ニューヨーク港湾局警察では班長のジョン・マクローリンによる勤務配置と連絡事項が何時もの様に朝礼で述べられていた。
新入りのウィル・ヒメノはバスターミナル担当として配置場所へ向っていたその時、上空に巨大な航空機の陰がマンハッタンに轟音と共に頭上をかすめた。8時46分ニューヨークがかつてない巨大な地響きに包まれた。
ニューヨークのシンボルともいえる2つのタワー、世界貿易センター北棟にアメリカン11便が、南棟にユナイテッド175便が激突した。港湾局警察官(PAPD)のジョン・マクローリンとウィル・ヒメノは同僚と現場に急行、ニューヨーク市警察(NYPD)及び消防(NYFD)のメンバーたちは一斉に人命救助のためビル内部へと向かう。
マクローリンはビル内に入るメンバーをその場で募りヒメノ、ドミニク、アントニオ、クリスの四人がマクローリン班長と共にビル内に入り人命救助を、残りのメンバーはバックアップに廻ることになった。四人と班長はビル内に入り詰所で緊急装備に身を固めロビーを移動中だったが、急にエレベーター・シャフトが音を立てて崩壊し始め班長の「逃げろ!Run!」の絶叫で逃げる隊員たち。どのくらいの時間が過ぎただろうか、ロビーは崩れてきたエレベーター・シャフトで滅茶苦茶に破壊されビル崩壊も時間の問題となっている。
奇跡的に生き残ったのはマクローリンとヒメノとドミニクの3人だが、マクローリンとヒメノは瓦礫の下敷きとなり身動きすら取れなくなっていた……。辛うじてドミニクだけが瓦礫から抜け出せ、二人を救出に向ったが新たな崩壊でドミニクも瓦礫に埋まり身動きが取れなくなり自ら命を絶った。
瓦礫に挟まり身動きが取れない二人だったが、マクローリンは責任感から無線で必死に外部とコンタクトを取るが徒労に終わる。
その頃、地上では二人の家族が警察からの連絡でビル内に突入して行方不明のなっていることを知る。マクローリンの妻ドナは4人の子供の前で気丈に振舞うが、ヒメノの妻アリソンは身重の身で落ち着かずアリソンの両親が家に来てなだめている。TVニュースで状況を見つめる家族たちは、居ても立ってもいられず現場方面と向うのだった。
一方、生き埋めとなりイタズラに時間が過ぎてゆく二人は、お互いを励ますように家族のことなどを話すのだったが体力は徐々に奪われていった...。
さて、ここから先は核心に迫って来るのでポイントだけを書く。
1.二人は果してこの後どのようにしてこの危機的状況を外部に伝えたのか?
2.二人の残された家族はどうしたのか?
3.二人と家族の再会はどのようにして果たされたのか?
4.救出後の二人と、その後の二人の現在は?

等を中心に映画館でご覧下さい。
【鑑賞後の感想】
9・11を扱った映画としては「ユナイテッド93」が最近公開されたが、あれは突っ込んだ航空機ハイジャックの方で今回はビル崩壊で生き埋めになった警察官の実体験がベースだ。
ハイジャックの方は生存者がおらず周辺の証言から再現し映画化したが、本作は実際に生き埋めになった警察官の経験がベースでありよりリアルに感じられる。更に、生き埋めになっている間の家族の動きや感情の変化を同時進行で描いているのは良かった。そうしないと暗い瓦礫の中で励ましあっているだけでは映画にならない。
9・11を直接または間接的に扱ったテーマの映画は既に多く造られているが、その大部分は「現場での出来事」ではない精神的な部分だった。「ユナイテッド93」と本作は精神的な部分より「肉体的な苦しみ」と「家族の苦しみ」を描いていた点が異なる点だった。
主役のN・ケイジは班長としてリーダーシップを発揮する前に事故に遭遇してしまったので、主役としての彼のカラーが出ていたとは思えなかった。
【自己採点】(10点満点)
7.6点。アメリカらしい「英雄」と「家族の愛」をテーマとして作品で、日本人としてはもうひとつ感情移入が出来ない部分があった。
余談ですが、管理人は20年くらい前に初めてNY観光に行った際にWTCも行きました。強風で上の階の展望台は閉鎖でしたが、今でも当時の記憶はしっかりと残っています。

人気blogランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【写真館】
東北温泉巡り1

東北温泉巡り2

[今日の主なBGM]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.Quincy Jones/You've Got It Bad Girl






Last updated  2006.11.05 21:00:47
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.