2574881 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

KINTYRE’S DIARY~旧館

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Favorite Blog

タイトスカート ひざ… New! natsumi_s_58さん

☆AKB48♪渡辺麻友、1s… New! ruzeru125さん

Gear & Beer - Prest… New! ken_wettonさん

風邪を撃退しよう。 New! まちおこしおーさん

立川志らく、被害届… New! 諸Qさん

Comments

collins1313@ Re:私の好きな曲7、バグルスの「ラジオスターの悲劇」(06/05) 初めまして! 青春時代に聴いてまた最近ハ…
kintyre@ Re:映画『アメイジング・グレイス』を観て(03/27) >kaoritalyさん、こんばんは この映画…
kaoritaly@ Re:映画『アメイジング・グレイス』を観て(03/27) ちょうど昨日、鑑賞してきました。 予…
kintyre@ Re:そこまでやるか...楽天ブログからTBが消えた(04/19) >kaoritalyさん、こんばんは 私も、管…

Freepage List

2008.03.11
XML
ルノワール+ルノワール展

昨日、有給休暇を取得してBunkamuraザ・ミュージアムで開催されている「ルノワール+ルノワール展」を鑑賞に出かけました。
この展示会はピエール=オーギュスト・ルノワールというモネと並ぶ印象派の巨匠と、その巨匠を父に持ち、映画監督としてフランス映画界の重鎮として活躍したジャン・ルノワールとの関係をテーマにしている。

ルノワール、田舎のダンス.jpg


第1章:「家族の肖像」(Portraits de Famille)
第2章:「モデル」(Modeles)
第3章:「自然」(Nature)
第4章:「娯楽と社会生活」(Divertissements et vie Sociale)

ピエール=オーギュスト・ルノワールは仕立て職人の息子として生まれる。
肖像画家とも呼ばれるように彼は多くの人物像を描いてきた。印象派画家としては特徴的な自然光の効果を巧みに取り入れて、生への喜びを表現していた。
妻アリアーヌとの間には長男ピエール(俳優)、次男ジャン(映画監督)、三男クロード(陶芸家)をもうけいずれもが芸術の道を選択したのも彼の影響を受けていたようだ。彼の描く絵にも妻アリアーヌを始めとして、家族をモデルにした作品が多く重要なテーマだったようだ。
今回の展示作の中にもそうした絵画が多く、彼の家族愛が伺われる。

次男のジャンはフランス映画界の重鎮として活躍したが、父は当初は映画監督という職業への理解は薄かったようだ。
この展示会ではジャンが扱った作品のワン・シーンに父の絵画をモチーフとしたショットが多かった点を強調している。スクリーンではジャンが監督した作品の一場面を映し、それが父の作品のどの部分と似ているかを視覚的に比較できる。
この試みはこの展示会の目玉でありテーマでもあるし、私のように絵画に関する知識が豊富でないものにも分かりやすい展示方法だった。

この展示会ははGWの5月6日まで開催されている。これをきっかけにジャンの監督作品のリバイバル上映も決まっており、ルノワール再発見と言った所だろうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ←「ルノワール+ルノワール展」関係のブログ満載!

にほんブログ村 野球ブログ 西武ライオンズへ←西武ライオンズのことならここ

にほんブログ村 野球ブログへ←「プロ野球、メジャーリーグ」の情報満載

人気blogランキングへ
←映画の話題がザクザク






Last updated  2008.03.21 22:06:31
コメント(2) | コメントを書く
[美術館、博物館、芸術鑑賞] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.