3085366 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

KINTYRE’S DIARY~旧館

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


kintyre

Favorite Blog

☆日向坂46♪『日向坂4… New! ruzeru125さん

女子マラソン、松田… New! 諸Qさん

日本は、今こそ、中… New! まっちゃん2312さん

SUMO Hatsu Basho 20… New! ken_wettonさん

新品 ノートPC HP EN… natsumi_s_58さん

Comments

collins1313@ Re:私の好きな曲7、バグルスの「ラジオスターの悲劇」(06/05) 初めまして! 青春時代に聴いてまた最近ハ…
kintyre@ Re:映画『アメイジング・グレイス』を観て(03/27) >kaoritalyさん、こんばんは この映画…
kaoritaly@ Re:映画『アメイジング・グレイス』を観て(03/27) ちょうど昨日、鑑賞してきました。 予…
kintyre@ Re:そこまでやるか...楽天ブログからTBが消えた(04/19) >kaoritalyさん、こんばんは 私も、管…

Freepage List

2008.03.29
XML
カテゴリ:アメリカ映画
30.ジャンパー
■原題:Jumper
■製作年・国:2008年、アメリカ
■上映時間:88分
■字幕:林完治
■鑑賞日:3月10日、渋東シネタワー(渋谷)
■公式HP:ここをクリックしてください
ジャンパー.jpg
□監督:ダグ・リーマン
□脚本・製作:サイモン・キンバーグ
□脚本:デヴィッド・S・ゴイヤー、ジム・ウールス
□製作:アーノルド・ミルチャン、ルーカス・フォスター、ジェイ・サンダース
□製作総指揮:ステイシー・マース、ヴィンス・ジェラルディス、ラルフ・M・ヴィシナンザ
□撮影監督:バリー・ピーターソン
□編集:サール・クライン、ドン・ジマーマン、ディーン・ジマーマン
□プロダクション・デザイナー:オリヴァー・スコール
□衣装:マギャリ・ギダッチ
□視覚効果スーパーバイザー:ジョエル・ハイネック
□音楽:ジョン・パウエル
キャスト


ヘイデン・クリステンセン(デヴィッド・ライス)15歳の或る日、自分に特殊能力があることに気が付く
◆ジェイミー・ベル(グリフィン)デヴィッドと同じ特殊能力の持ち主
サミュエル・L・ジャクソン(ローランド)デヴィッドやグリフィンを追い掛ける秘密組織のエージェント
◆レイチェル・ビルソン(ミリー)デヴィッドが密かに心を寄せている女性
ダイアン・レイン(メアリー・ライス)デヴィッドの母。息子に特殊能力があることを知り家出する
◆マイケル・ルーカー(ウィリアム・ライス)デヴィッドの父。妻メアリーが家出後はデヴィッドと二人で生活する
◆アナソフィア・ロブ(少女時代のミリー)デヴィッドの憧れの女性の少女時代
◆マックス・シエリオット(少年時代のデヴィッド)学校に通うごく普通の少年

【この映画について】
もしも行きたいと思った場所に瞬間的に移動できたら?この世界にその究極の能力を手にした男がいた。彼の名は「デヴィッド・ライス」。彼はいつでも瞬間移動出来る「ジャンパー」なのだ。
このジャンパーと呼ばれる才能を持った男は他にもいるが、何故か彼らを狙う存在の秘密組織のエージェントが現れる。だが、その裏には実は数千年に渡って守られてきた秘密があった。
この瞬間移動では行き先が自分の都合で選べるのも特徴。ロンドン、パリ、ローマ、キリマンジャロの山頂、チェチェンのような紛争地、アマゾン、そして東京(渋谷、新橋、お台場、秋葉原)と自由自在だ。
そんなジャンパーを演じるのは「スター・ウォーズ2,3」でアナキン・スカイウォーカーを演じたヘイデン・クリステンセン。その同じ出演作でジェダイを演じたサミュエル・L・ジャクソンはジャンパーを追うパラディンで出ている。
他には登場シーンは少ないがデヴィッドの母を演じるダイアン・レインは現在「ブラック・サイト」が公開中だ。デヴィッドの憧れの女性ミリーの少女時代の役は「テラビシアにかける橋」で主役のレスリーを演じたアナソフィア・ロブでオープニングに登場する。
【ストーリー】(一部ネタばれあり)
ミシガン州アナーバーで育った15歳のデヴィッドは、同級生のミリーに思いを寄せる、ごく普通の高校生だった。
しかし、ミリーにプレゼントを渡そうとしていたところ、同級生のマークに嫌がらせをされてそのプレゼントを川に投げられた。デヴィッドは取り戻そうと、ミリーの静止も無視して氷の上を進んだが氷は割れて川で溺れそうになったとき、彼は自分に備わった途方もない“才能”に気づくことになる。冷たい川底から一瞬にして、図書館へと“ジャンプ”していたのだ!

母が家を出て以来、人が変わってしまった父との生活にうんざりしていたデヴィッドは、1人ニューヨークへと向かった。15歳の彼が生きていくため次に瞬間移動したのは、銀行の金庫室だった。まんまと大金をせしめたデヴィッドだが、その存在に気づいた男がいた。“ジャンパー”を悪とみなし、彼らの抹殺を使命とする組織、“パラディン”のローランドである。

時は過ぎ、デヴィッドはニューヨークの豪華なペントハウスに居を構えロンドンへ、オーストラリアの海へ、東京の繁華街へ、エジプトのスフィンクスへと飛び回り、“ジャンパー”の特権を謳歌していた。
だがそんなデヴィッドの前に、ローランドがいきなり部屋に現れ攻撃を受ける。辛くも彼の攻撃から逃げ出したデヴィッドは故郷へ向い、憧れのミリーの勤務先であるバーに現れ再会を果たし、ローマでのデートに誘うデヴィッド。
楽しいひとときを過ごした二人の前に、グリフィンという青年が現れる。彼もまた、“ジャンパー”の一人だったのだ。戸惑うデヴィッドは“パラディン”たちの襲撃に遭い、“ジャンパー”の宿命、そして母が秘めていた重大な秘密を知る…。

デヴィッドは空港でミリーと別れ、グリフィンの隠れ家のあるサハラ砂漠へと「ジャンプ」する。そこで彼からジャンパーとパラディンについての知識を得る。
そして父とミリーの身の安全に不安を感じて直ちに故郷へと「ジャンプ」する。しかし、デヴィッドは行方を追ってきたローランドらと壮絶な戦いを繰り広げる。

そして、母の元を訪ねたデヴィッドだったが...その時の母の気持ちは?
【鑑賞後の感想】
この映画のテーマはSF的な要素を含みながら、実はそれには何千年も前から人知れず続いてきた歴史があったという設定だ。そうした点をいきなり冒頭で見せるのだが、そのシーンが意味するところは、ある程度ストーリーが進行しないと理解出来ない。

まあ、この映画の「見せ所」はジャンパーたちが瞬間移動でどこへ行くかという「スリル」にどうしても目が行ってしまう。
ロンドンのビッグベンに上ったり、キリマンジャロの山頂にいたかと思えば、東京の繁華街を彷徨ったりと。その東京でのシーンでは「地下鉄銀座駅の地下通路」や「お台場」や「新橋」に「渋谷」が出てきたりする。こうしたシーンを見ていると、都内に住んでいる私には馴染みある場所ばかりで楽しかった。

出演の俳優陣ではヘイデン・クリステンセンとサミュエル・L・ジャクソンの二人は「スター・ウォーズ」でジェダイの騎士として登場していた。サミュエルは相変わらず何の役を演じてもなりきっていてサイコー!
登場シーンは少ないがダイアン・レインが母役で登場し、この母はこの映画の「2」が製作された時には重要なパートを担いそうだ。デヴィッドの恋人ミリーの少女時代を演じたアナソフィア・ロブは「チャーリーとチョコレート工場」とか、最近では「テラビシアにかける橋」では主役を務めた天才演技派美少女だ。ダコタ・ファニングちゃんも天才少女だけど、アナソフィア・ロブにも注目したい。将来性豊かな子役(美人になりそう)なので要チェックです。

最後に、この作品としてはダグ・リーマン監督は続編を考えているそうでその場合は3部作となる構想まであるとのこと。
そうなるとあのエンディングでは、母が何故家出したのかが話の冒頭に来るような気がするがどうだろうか?
【自己採点】(100点満点)
74点。ジャンプして世界中を廻るという発想は面白かった。

人気blogランキングへ
←映画の話題がザクザク







Last updated  2009.05.24 19:02:54
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.