3108947 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

KINTYRE’S DIARY~旧館

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


kintyre

Favorite Blog

武漢肺炎、国の方針… New! まっちゃん2312さん

ぼぉ~っと生きてん… New! まちおこしおーさん

☆日向坂46♪『日向坂… New! ruzeru125さん

【天皇誕生日の一般… New! 諸Qさん

新品 エレキギター … New! natsumi_s_58さん

Comments

背番号のないエース0829@ ヒトラー 映画〈ジョジョ・ラビット〉に上記の内容…
collins1313@ Re:私の好きな曲7、バグルスの「ラジオスターの悲劇」(06/05) 初めまして! 青春時代に聴いてまた最近ハ…
kintyre@ Re:映画『アメイジング・グレイス』を観て(03/27) >kaoritalyさん、こんばんは この映画…
kaoritaly@ Re:映画『アメイジング・グレイス』を観て(03/27) ちょうど昨日、鑑賞してきました。 予…
kintyre@ Re:そこまでやるか...楽天ブログからTBが消えた(04/19) >kaoritalyさん、こんばんは 私も、管…

Freepage List

2008.05.27
XML
カテゴリ:アメリカ映画
50.最高の人生の見つけ方
■原題:The Bucket List
■製作年・国:2007年、アメリカ
■上映時間:97分
■字幕:桜井裕子
■鑑賞日:5月22日、シネマシティ(立川)
■公式HP:ここをクリックしてください
最高の人生のおくり方.jpg
□監督・製作:ロブ・ライナー
□脚本・製作総指揮:ジャスティン・ザッカム
□製作:クレイグ・ゼイダン、二ール・メロン、アラン・グライスマン
□製作総指揮:トラヴィス・ノックス、ジェフリー・ストット
□撮影監督:ジョン・シュワルツマン
□編集:ロバート・レイトン
□美術:ビル・ブルゼスキー
□音楽:マーク・シェイマン
キャスト


ジャック・ニコルソン(エドワード・コール)実業家として財を成したが自分の病院に入院する羽目に
モーガン・フリーマン(カーター・チェンバース)自動車修理工。入院先の病院でコールと同室になる
◆ロブ・モロー(ホリンズ医師)コールの主治医
◆ショーン・ヘイズ(トーマス)コールの秘書でコールが唯一信頼する相手
◆ビバリー・トッド(ヴァージニア・チェンバース)カーターの妻

【この映画について】
「末期がんで余命6ヶ月!」こう告げられた自動車修理工の男と、財産はたっぷりあるが離婚を繰り返し今では信頼できるのは秘書だけの実業家が病院の一室で意気投合!
死ぬ前にしておきたいリストを作成し、強引に家族を説得して世界旅行に出かける二人を名優ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが演じる。
この映画の大部分がこの二人の出演シーンであり、脇役として登場する人物もこの二人の名優の演技を壊さない程度の出演に徹している。
今まで全くの見ず知らずの年老いた二人が何時の間にか家族を超える絆で結ばれたと、思われたが最後にその絆はどうなったのか?多くのテーマを内包している作品だが、娯楽性もある。
【ストーリー】(一部ネタばれあり)
自動車整備工のカーターと実業家で大金持ちのエドワードが入院先の病院で相部屋となる。
方や見舞いに訪れる家族に囲まれ、方ややって来るのは秘書のトーマスだけという2人には何の共通点もなかった。
ところが、共に余命半年の末期ガンであることが判明し、カーターが死ぬ前にやっておきたいことをメモした“棺おけリスト”(バケット・リスト)を見つけたエドワードはリストの実行を持ちかける。2人は周囲の反対を押し切って冒険の旅に出るのだった。
こうして周囲の反対を押し切り、主治医のホリンズの警告を無視してエドワードの自家用機でトーマスも含めて3人で世界一周の旅に出かけるのだった。
リストに書かれている一枚の紙と人生への情熱が二人を先へ先へと動かしていった。タージマハール、年代物の車でのカーレース、スカイダイヴィング、エヴェレスト登頂への挑戦、ライオン狩り、荘厳な景色を見る。一つ一つリストにある目標に到達していくうちに、二人はいつしか人生最高の親友へとなっていた。
そんな二人が「世界最高の美女にキスをする」という一つの目標を残したまま帰ってきた。カーターはエドワードが家族と疎遠になっていることを知って、ある演出を試みたがエドワードの怒りに触れる。気まずい雰囲気の中、二人の関係には亀裂が入ってしまう。
そして、カーターも家族のもとに帰って行った。世界一周旅行で得たものも大きかったが、やはり一番寛ぐのは我家だった。
その頃、二人の命の期限が刻々と迫ってきていた。
【鑑賞後の感想】
対照的な人生を過ごしてきた二人の「老人」が、死期が迫っていることを告げられて病院のベッドルームで意気投合する。
この設定が面白かったのと、その二人を演じるのがジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンと言う個性的な役者を配したのは大正解だった。
この二人がスクリーンに登場すれば、他の役者は一切必要ない!二人の演技には、その長年のキャリアが作り上げた個性が存分に発揮されていた。

ストーリー的には自家用機で世界一周をするのだが、やや不自然な設定があるもののそれはそれで楽しめるので問題ないでしょう。
モーガン・フリーマンが考えた「Bucket List」(死ぬ前にしたいリスト、この映画の原題)の中にある、「世界一の美女にキスする」というのが実はキーになっていた。二人はジャック・ニコルソン演じる実業家の有り余る財産で次々と目標を突破する。しかし、「世界一の美女にキスする」項目だけは達成出来ないで帰国する。
これには最後にオチがあるのだが、このオチは素晴らしかった!
帰国して二人が気が付いたのは「一番大切なのは家族の存在」であることを再認識したことだ。この終り方はアメリカ映画らしかった。そして、二人の人生の最期の描き方もさり気無くエンディングへと繋がり、爽やかな余韻さえ感じさせてくれた。
やはり、この二人はただものではなかった!
【自己採点】
91点。この映画はやはりこの二人の名優の演技に集約される。

人気blogランキングへ←映画の話題がザクザク







Last updated  2010.11.26 23:39:13
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.