2794774 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

KINTYRE’S DIARY~旧館

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


kintyre

Favorite Blog

おでかけガイド New! まちおこしおーさん

花田優一に陣幕親方… New! 諸Qさん

☆乃木坂46♪西野七瀬… New! ruzeru125さん

業界別「有給消化率… New! リライト8142さん

Ann Wilson of Heart… New! ken_wettonさん

Comments

collins1313@ Re:私の好きな曲7、バグルスの「ラジオスターの悲劇」(06/05) 初めまして! 青春時代に聴いてまた最近ハ…
kintyre@ Re:映画『アメイジング・グレイス』を観て(03/27) >kaoritalyさん、こんばんは この映画…
kaoritaly@ Re:映画『アメイジング・グレイス』を観て(03/27) ちょうど昨日、鑑賞してきました。 予…
kintyre@ Re:そこまでやるか...楽天ブログからTBが消えた(04/19) >kaoritalyさん、こんばんは 私も、管…

Freepage List

2008.11.09
XML
西武logo_30year.gifプロ野球観戦記NO.40~日本シリーズ編西武logo_30year.gif
○埼玉西武3-2読売●

▼埼玉西武-読売 7回戦 (埼玉西武4勝3敗、18:16、44、737人)

チ  ー  ム 
ライオンズ

ジャイアンツ


【投手】
(西)西口、石井一、涌井、星野、グラマン-銀仁朗、野田
(読)内海、西村健、越智、豊田-鶴岡、加藤

【責任投手】
星野  1勝
グラマン2S
越智  1勝1敗

【本塁打】
坂本1号(読)、ボカチカ1号(西)

【MVPは岸!優秀選手賞に平尾と中島!!】

プロ野球の日本シリーズ第7戦は、パ・リーグ優勝の埼玉西武がセ・リーグ制覇の読売に3-2で逆転勝ちし、4勝3敗で4年ぶり13度目(西鉄時代を含む)の日本一となった。

埼玉西武は読売との日本シリーズ9度目の対戦で7度目の勝利。1994、2002年に敗れた巨人に雪辱した。2002年は4連敗を喫し(当時の監督は現読売の伊原ヘッドコーチ)挙句の果てに所沢で胴上げを許すなど最悪のシリーズだった。
今回のシリーズは逆に敵地東京ドームでナベQ監督の巨体が大勢の読売ファンとジャイアンツ選手の前で宙に舞った。これで2002年の屈辱的な敗戦の借りは還した。

今日の試合の先発は今シリーズ初登板のベテラン西口と読売は左腕内海。西口は銀仁朗との呼吸が合わないのか、制球を乱し捕逸で1点を失う。更に、2回には坂本の真ん中の直球を本塁打されて0-2と劣勢に立たされた。
西武は初回に片岡の安打と二盗をきっかけに1死3塁の好機を掴むが0点に終り嫌な感じが。
それでも5回に代打ボカチカのソロ本塁打で1点差に迫ると、8回は先頭の片岡が越智から死球で出塁。ここで果敢に二盗に成功し1死3塁から中島の緩い3塁ゴロで片岡が本塁を陥れ同点に。
これでスタンドのライオンズファンのボルテージは一気に上がり、逆にあれほど活気付いていたYGファンは急に静かになった。動揺を隠せない越智は中村、野田に四球を与え、ここでラッキーボーイ平尾がカウント2-3からセンター前に弾き返し遂に3-2と1点を勝ち越す。

3回から西口に替わって登板した石井一、涌井、星野が完璧に読売打線を抑え、逆転してからは8回の頭から守護神グラマンを投入。グラマンは8、9回と難なく読売打線を抑え最後の打者ラミレスを遊ゴロに仕留め、中島の送球が1塁手平尾のミットに吸いこまれた瞬間にライオンズの優勝が決まった。
その瞬間、ライオンズファンの狂喜乱舞する姿が3塁側スタンドのあちこちで観られた。そして、ナベQ監督の胴上げがマウンド付近で始まり、東京ドーム内はライオンズファンの叫ぶ万歳と拍手が鳴り止まなかった。YGファンはそんな中そっと帰路に付いていたのだった。

優勝ペナント

最高殊勲選手(MVP)には2勝を挙げた岸が選ばれ、優秀選手賞には平尾と中島が選出された。

[2008年日本シリーズの成績]
~東京ドーム~

第1戦 ○埼玉西武2-1読売●
第2戦 ●埼玉西武2-3X読売○
~西武ドーム~
第3戦 ●埼玉西武4-6読売○
第4戦 ○埼玉西武5-0読売●
第5戦 ●埼玉西武3-7読売○
~東京ドーム~

第6戦 ○埼玉西武4-1読売●
第7戦 ○埼玉西武3-2読売●

【MVPインタビュー】

岸投手:
ありがとうございます。
(日本一の気持ちはどうですか?)
もう嬉しくてそれだけです!
(2試合無失点について)
そうですね、もう野手の皆さんが良い感じで繋げてくれたんで、僕もそれに乗っかろうと思って頑張りました。
(昨日もリリーフで勝利だが)
もう勝ちたい理由が今日西口さんに日本シリーズで投げさせたいっていう理由の一つだったんで。
(MVPおめでとうございます)
ありがとうございます!
(応援してくれたファンの皆さんへ)
1年間どうもありがとうございました。以上です
【コメント拾い集め】

渡辺久信監督
「チームの思いと家族の思いと全国のファンの思いが、この2連戦に凝縮されていた。就任1年目の駄目な監督を盛り上げてくれて、選手には感謝している。負け犬のままは嫌だった。今季はチームを立て直そうとやってきた」
ブログ用2.jpg

【歓喜の管理人、東京ドームで絶叫!】
遂にこの瞬間に立ち会えた!2004年は西武ドームで観戦したものの、決着はナゴヤドームだったため胴上げの瞬間はTVの前でした。
ライオンズを30年間応援してきたけど、日本一の瞬間をスタンドで観た記憶はない。プレイオフでの優勝シーンは何度か目撃してきたが「日本一」だけは無かったので、今日の胴上げは格別であった。

今年は西武ドームでの観戦以外にも千葉マリン(2試合)、Kスタ宮城(2試合)、スカイマークスタジアム(1試合)、京セラドーム(1試合)、神宮(オープン戦1試合)とビジター球場にも積極的に出かけて応援してきた。チームは4月に首位に立って以来一度も2位に落ちることなく、CSも制してそして今日セの覇者読売をも敵地で撃破した。
優勝が決まった瞬間、いや9回に入ってから心臓の鼓動が高まっているのが自分でも分かっていた。恐らく血圧も上がっていたに違いない。打者がアウトになるたびに、そしてストライクが入る度に手を合わせてライオンズの勝利を祈ったのが通じたのが何よりも嬉しい!

優勝の瞬間、私の周りはぐるりとYGファンに囲まれていたがアドレナリンが最高潮に達し、私は絶叫し自然と嬉し涙があふれ出てきた。表彰式が終りナインたちが3塁側にやってきて優勝旗を誇らしげに掲げている様子を見て必死に写真を撮った。
13日からはアジアシリーズがある。このシリーズは天津ライオンズ(中国)、統一ライオンズ(台湾)と埼玉西武ライオンズと「ライオンズ勢」が勢揃いだ。このシリーズも優勝してアジア王者の称号も頂こう!

試合の詳細はこちらで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
自己PRコーナー:今度、「旅行ブログ」を開設しました。徐々に旅行記を増やしていきますので、宜しければご覧下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ブログランキング・にほんブログ村へ←「日本シリーズ第7戦」関係のブログ満載!

にほんブログ村 野球ブログ 西武ライオンズへ←西武ライオンズのことならここ

にほんブログ村 野球ブログへ←「プロ野球、メジャーリーグ」の情報満載

人気blogランキングへ
←映画の話題がザクザク

 







Last updated  2008.11.22 09:37:28
コメント(6) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.