3130723 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

KINTYRE’S DIARY~旧館

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


kintyre

Favorite Blog

取材をした相手を書… New! リライト8142さん

Labi Siffre Crying … New! ken_wettonさん

池上彰さんの番組で… New! まっちゃん2312さん

【大学野球2020春】… New! ささやん0583さん

井原 DENIM HOTEL 舞… New! まちおこしおーさん

Comments

背番号のないエース0829@ ヒトラー 映画〈ジョジョ・ラビット〉に上記の内容…
collins1313@ Re:私の好きな曲7、バグルスの「ラジオスターの悲劇」(06/05) 初めまして! 青春時代に聴いてまた最近ハ…
kintyre@ Re:映画『アメイジング・グレイス』を観て(03/27) >kaoritalyさん、こんばんは この映画…
kaoritaly@ Re:映画『アメイジング・グレイス』を観て(03/27) ちょうど昨日、鑑賞してきました。 予…
kintyre@ Re:そこまでやるか...楽天ブログからTBが消えた(04/19) >kaoritalyさん、こんばんは 私も、管…

Freepage List

2009.01.06
XML
カテゴリ:アメリカ映画
103.ワールド・オブ・ライズ
■原題:Body Of Lies
■製作年・国:2008年、アメリカ
■上映時間:128分
■字幕:松浦美奈
■鑑賞日:12月27日、吉祥寺セントラル(吉祥寺)
■公式HP:ここをクリックしてください
ワールド・オブ・ライズ.jpg
□監督・製作:リドリー・スコット
□製作:ドナルド・デ・ライン
□脚本:ウィリアム・モナハン
□原作:デイヴィッド・イグネイシアス
□製作総指揮:マイケル・コスティガン、チャールズ・J.D.シュリッセル
□撮影監督:アレクサンダー・ウィット
□編集:ピエトロ・スカリア
□美術:アーサー・マックス
□衣装デザイン:ジャンティ・イェーツ
□音楽:マルク・ストライテンフェルト
キャスト

◆レオナルド・ディカプリオ(ロジャー・フェリス)現場第一主義のCIA工作員で語学に堪能
◆ラッセル・クロウ(エド・ホフマン)CIA中東局主任、携帯電話とハイテク機器と駆使して指令を出す
◆マーク・ストロング(アニ・サラーム)ヨルダン政府の情報局長で国王の信任も厚い
◆コルシフテ・ファラハニ(アイシャ)アンマンの診療所で働いている時に負傷したフェリスと恋に落ちる
◆オスカー・アイザック(バッサーム)イラクでのフェリスの助手兼運転手
◆サイモン・マクバーニー(ガーランド)山の中の自宅兼職場でパソコンを駆使して仕事をする一匹狼のCIA局員
◆アロン・アブトゥブール(アル・サリーム)中東のテロ組織のリーダー
◆アリ・スリマン(オマール・サディキ)フェリスに騙されて爆破組織のリーダに仕立てられる

【この映画について】
レオナルド・ディカプリオ&ラッセル・クロウという二大俳優がCIAの上司と部下という関係で共演する。
ラッセル・クロウ演じるホフマンは首都ワシントンで携帯電話と最新ハイテク機器を駆使しながら指令を出すが、現場に精通しているフェリスは得意の語学力と自ら集めた情報を元に行動するので常に衝突する。
レオ&ラッセルも、ナイーブな優しさを隠し持った工作員と、子供を可愛がる良き父でありながら作戦では冷徹な指揮官という、対照的な2人のタフガイを好演している。
中東を舞台とした謀略話と、レオが立ち寄った診療所で働く女性との恋物語が良いアクセントになっている点にも注目。
【ストーリー&感想】
米国の諜報機関・CIAの中でも、最高の腕をもつ敏腕工作員ロジャー・フェリスはアラビア語にも堪能だ。
中東からワシントンまで世界を駆け回っている彼の命運を握るのは、安全なアメリカからスパイ衛星などから収集した情報を元に電話で指示を出す、冷徹なベテランCIA局員エド・ホフマンだ。
彼らは、地球規模の爆弾テロを画策するテロ組織リーダー、アル・サリームを追いかけていた。ロジャーはイラクのサマラで助手のバッサームと活動していたところに、組織のニザールという男から情報提供と引き換えに身柄の保護を申し出るがエドはにべも無く拒否する。
結局、ニザールはロジャーが殺すことになるが、彼がもたらした情報から組織のアジトに乗り込むが返り討ちにあいバッサームは命を落とす。

その後、エドの指示でロジャーはヨルダンに飛び、ヨルダンの情報局の総責任者であるハニ・サラームと会いアラビア語で敬意を表しハニに気に入られる。そのヨルダンでエドがロジャーに内緒で指令を出したことでロジャーは敵に追い詰められ犬に噛まれて怪我をして地元の診療所で治療を受ける。
そこで知り合った看護士のアイシャを一目で気に入り心を癒される存在になっていく。

こうしてテロ組織壊滅に動くCIAだったが、ロジャーとエドの作戦は噛み合わずいがみ合う。そうこうしているうちにロジャーが仕掛けた組織への秘密作戦は失敗に終り彼自身が追い詰められていく。その合間にもロジャーはアイシャへ自分の素直な気持ちを告白していく。

まあ、ストーリーはこんな感じで進み、当然ながら2大スターであるディカプリオとラッセル・クロウに身の危険が迫っても死ぬことはあり得ない。それでもディカプリオがテロ組織に捕まり、それをスパイ衛星で位置を特定しようと必死になるCIAのハイテク装備をあざ笑うように砂漠で砂煙を意図的に発生させて目くらましを食らわせるシーンは笑えた。
典型的な現場第一主義者のロジャーと、官僚的発想で自らが傷つくことを嫌いワシントンから指令を出すエド。この2人の仕事に対する取り組み方が噛み合わないのだが、ことさらそれを強調することで2人の役柄を浮かび上がらせる内容だった。

この2人の仕事上の対立と一筋縄では行かないヨルダン情報局の総責任者ハニとの駆け引きは見どころでした。また、ロジャーが心を癒されるアイシャとのロマンスが入り込むことでストーリーにソフトな場面を盛り込む効果があって良かったです。
【自己採点】(100点満点)
75点。ロジャーの生き方に共感した

banner2.gif右矢印ブログランキング参加中です。ぜひ、1票を投じて下さい。(又は、見出しをクリックして下さい)

 







Last updated  2009.06.17 22:36:42
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.