3239933 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

KINTYRE’S DIARY~旧館

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


kintyre

Favorite Blog

【2020年甲子園高校… New! 諸Qさん

この夏を生き延びる… New! まちおこしおーさん

☆乃木坂46♪5年連続『… New! ruzeru125さん

日本は、戦後、初め… New! まっちゃん2312さん

Dear Toyah & Robert… New! ken_wettonさん

Comments

背番号のないエース0829@ ヒトラー 映画〈ジョジョ・ラビット〉に上記の内容…
collins1313@ Re:私の好きな曲7、バグルスの「ラジオスターの悲劇」(06/05) 初めまして! 青春時代に聴いてまた最近ハ…
kintyre@ Re:映画『アメイジング・グレイス』を観て(03/27) >kaoritalyさん、こんばんは この映画…
kaoritaly@ Re:映画『アメイジング・グレイス』を観て(03/27) ちょうど昨日、鑑賞してきました。 予…
kintyre@ Re:そこまでやるか...楽天ブログからTBが消えた(04/19) >kaoritalyさん、こんばんは 私も、管…

Freepage List

2010.10.09
XML
テーマ:野球観戦記(50)
2010プロ野球観戦記NO.43~CS第1ステージ
 ×埼玉西武 5-6 千葉ロッテ○

▼埼玉西武-千葉ロッテ 1回戦(埼玉西武0勝1敗) 観衆33,918人

 
チ  ー  ム 
1011
千葉ロッテ
埼玉西武

【投手-捕手】

(ロ)成瀬、内、伊藤、小林宏-的場、里崎
(西)涌井、シコースキー、小野寺、岡本篤、土肥、長田-細川、銀仁朗

【責任投手】
勝:小林宏1勝
負:土肥1敗

【スタメン】千葉ロッテ
6西岡
8清田
4井口
9サブロー
D福浦
5今江
3金泰均
7大松
2的場
-----
1成瀬

【スタメン】埼玉西武
8栗山
4阿部
6中島
3フェルナンデス
D中村
9高山
D後藤
7佐藤
2細川
---------
1涌井

 

【中村先制本塁打も、まさかの逆転負け】

本来は今日の試合はSB対ロッテだったはず?ゲーム差無しで優勝を逃した悔しさを晴らすには、気持ちを切り替えて第1ステージに臨まないとあかん。

今日の先発は開幕試合と同じ涌井と成瀬の横浜高校OB対決となった。

涌井はシーズン終盤に負けが込んだのでCSで汚名返上と行きたい。

立ち上がりが心配だった涌井だが、今日は、フォーム矯正が上手くいったのか低目に制球されて安定感があった。ロッテのチーム方針で全試合「待球作戦」を挙行するのだが、今日だけは3ボールになっても四球を涌井が与えなかった(1四球1死球)。

2回に中村のソロ本塁打で幸先良く先制したが、その後も毎回の様に塁上を賑わすが得点を上げることが出来ない。
中でも3番中島は6打席中1四球を選ぶが、残りの5打席は走者を置いてことごとく凡退し、その都度スタンドのため息を誘っていた。

試合は8回表、ツヨシのソロ本塁打で追いつかれるが、その裏、直ぐに反撃した。2死満塁で代打大島の一打はロッテ守備陣の拙守もあり走者全てが還るタイムリー安打となり、更に、栗山のタイムリーで4点を奪う。
5-1で4点差だったがシコースキーを投入。ところがこの守護神の投入が結果的に裏目に出た。何とシコースキーはロッテの猛反撃にあい2失点で降板、代った小野寺は里崎に同点打を浴び延長戦へ。

今年、西武は延長戦分が悪いんだよね。9回と10回にサヨナラの好機を掴んだがまたもや残塁を増やすだけだった。
結局、11回表、福浦へのワンポイントで起用された土肥が痛恨の勝越し本塁打を浴びジ・エンド。

今日のこの展開でしかもホームでの初戦を落としたのは痛すぎる。涌井は安定感のある投球だったが、球数の関係で完投出来なったのは残念。守護神で落としてしまったのは情けないぞ!
打線もここ一番で決定打がでずスタンドのファンのイライラは募るばかり。
ポイントゲッターの中島がチャンスで全て凡退していては相手に隙を与えることになり、結局こういう形でのまさかの敗戦を喫してしまった。

これで仮に明日の試合に敗れると今季が終わってしまう崖っぷちに立たされた。王座奪回へ向けて、SBへの復讐も出来ずに終戦となるのか?
明日は岸とマーフィー。マーフィーを苦手にしているが、この期に及んで言い訳は出来ない。
勝つしかない!満員御礼となったファンへ報いるのは勝利だけだ!!

最後に、今日の試合前のドーム広場で西武OBで大リーガーの松井稼頭央のトークショーがあった。そして、スタンドではこちらも西武OBの石毛氏(元オリックス監督)がスタンドでひっそりと?一般客に交じって子供を連れて応援していた。
石毛氏に気が付いている観客はいなかったのか、それとも熱戦に集中していたか、はたまたダイエーへFA移籍して行った石毛氏を無視していたのかは定かではなかった。

<ナベQ監督のインタビュー>
ワク(涌井投手)はよく投げたと思う。ホームランで同点にされたけど、あそこまで辛抱強く投げてくれたと思います。

ワクが投げすぎていたので、同点だったとしても9回はシコースキーで行こうと思っていた。1死満塁という場面になってしまうと、相手に流れもあったので、リキ(小野寺投手)に交代させた。

チャンスは作ったけど、あと1本が出なかった。8回はボールをしっかり見極めて4点を取ったけど、あそこで決めなければいけないゲームだった。

この初戦の負けは痛いが、まだ終わったわけではないので、とにかく明日に集中します。

banner2.gif右矢印ブログランキング参加中です。ぜひ、1票を投じて下さい。(又は、見出しをクリックして下さい)






Last updated  2010.10.10 00:03:18
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:中島、大ブレーキで大事な初戦を落とす!(10/09)   spartanist7 さん
お疲れ様です。ナカジの大ブレーキがYahooニュースのトップにまでなっていますが・・・。

ナカジはポイントゲッターというよりチャンスメーカーに
近い状態になっていると思います。特に後半戦はその印象が強いです。
得点圏打率は数字上は決して悪くないのですが、今季に関しては数字ほどの印象が不思議と無いというか・・・。
今季は去年以上にチャンスでまわってくる回数が多いので
余計に目立つのかもしれません。まあ、ナカジだけではなくチーム全体の傾向に思えますけどね。 (2010.10.10 04:24:19)

Re:中島、大ブレーキで大事な初戦を落とす!(10/09)   kintyre さん
>spartanist7さん、こんにちは
ナカジが大声援を受け、更に、イニングの合間の電光盤にも映像で応援メッセージが流されプレッシャーになったかな?

得点圏打率に関してはナカジと栗山が高率を残しているのでこの二人には期待したい。栗山の1番は片岡欠場の中では最善策でしょう。
管理人さんには悪いけど、昨日の試合栗山は4打席出塁しているので穴は感じなかったですけど、足で相手にプレッシャーをかけるまでには至っていない。
ナカジは管理人さんの御指摘の点は私も同感ですが、それは併殺打の多さから来る印象が強いですね。栗山は左なので併殺は少ないですね。

今日は岸ですから何としても序盤でマーフィーを攻略して3戦目に持ち込みたいです。 (2010.10.10 09:26:49)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.