2448146 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

KINTYRE’S DIARY~旧館

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Favorite Blog

バイク ジェット ヘ… New! natsumi_s_58さん

☆乃木坂46♪衛藤美彩… New! ruzeru125さん

Easy Money, acousti… New! ken_wettonさん

ゴミュニティ運動・… New! まちおこしおーさん

今村復興相2度目の… New! 諸Qさん

Comments

kintyre@ Re:映画『アメイジング・グレイス』を観て(03/27) >kaoritalyさん、こんばんは この映画…
kaoritaly@ Re:映画『アメイジング・グレイス』を観て(03/27) ちょうど昨日、鑑賞してきました。 予…
kintyre@ Re:そこまでやるか...楽天ブログからTBが消えた(04/19) >kaoritalyさん、こんばんは 私も、管…
kaoritaly@ Re:そこまでやるか...楽天ブログからTBが消えた(04/19) さっき確認したところです。本当にひどい…

Freepage List

2011.01.04
XML
テーマ:洋楽(1795)
カテゴリ:音楽
ボニーM/怪僧ラスプーチン(1978)

この曲は1978年に、西ドイツ(当時)のボニーMというディスコ・サウンドで一躍有名になったグループのヒット曲。ボニーMは、プロデューサーのフランク・ファーリアンが主導して結成されたグループというかユニット。
フランク・ファーリアンは、1980年代後半に「ミリ・ヴァニリ」を世に送り出した張本人でもあるが、グラミー賞新人賞を受賞した後に、口パクを自ら暴露して賞をはく奪されたという「事件」もあった。

当時、ディスコサウンドが全盛だった時代に、西ドイツでもミュンヘンを中心にこの手のダンスグループが盛んだった。因みに日本で1980年代初頭に大人気だった「アラベスク」は、ボニーMの成功に触発されたプロデューサーが作ったグループだ。

さて、この「怪僧ラスプーチン」はディスコブームに乗って、日本でもヒットした。

特に、この曲がヒットした1978年には「バビロン河」もイギリスで大ヒットを記録するなど、ディスコブームの風に上手く乗った。you tubeの映像のヒット回数も1200万回超と凄い回数で、この曲が今でも頻繁に流れている証拠だ。21世紀の今聴くと突拍子もないサウンドと感じるかも知れないが、当時はこれが流行のサウンドだった。

メンバーはファーリアンが自ら集め、結成当初の1975年頃はメンバーが固定しなかったが、メンバーが固定されたこの頃は、ヒット街道まっしぐらだった。
ワールド・ミュージックのようなサウンドとロシアの楽器を融合させた独特のサウンドが耳について離れない。

「怪僧ラスプーチン」のタイトルにもなっている「ラスプーチン」はロシアでの実在の人物であり、歌詞の中にあるように帝政ロシア皇帝一家に気に入られた正体不詳の人物である。
グループは派手な衣装に身を包む女性ヴォーカル陣と、その隣で軽快に?独特のステップを踏む男性ヴォーカリスト?のボビー・ファレルで構成。西ドイツ発信のグループながらメンバーはアフリカとカリブ海諸国出身だ。
しかし、その実態はファーリアンのユニットであり、ビデオでのボビー・ファレルの声も実際にはレコードで使用したファーリアンの声で口パクとのこと。そのボビー・ファレルは、残念ながらつい最近、12月30日、というから数日前にロシアのサンクトペテルブルグで急死したそうだ。

There lived a certain man in Russia long ago
He was big and strong, in his eyes a flaming glow
Most people looked at him with terror and with fear
But to Moscow chicks he was such a lovely dear
He could preach the bible like a preacher
Full of ecstacy and fire
But he also was the kind of teacher
Women would desire

RA RA RASPUTIN
Lover of the Russian queen
There was a cat that really was gone
RA RA RASPUTIN
Russia's greatest love machine
It was a shame how he carried on

He ruled the Russian land and never mind the czar
But the kasachok he danced really wunderbar
In all affairs of state he was the man to please
But he was real great when he had a girl to squeeze
For the queen he was no wheeler dealer
Though she'd heard the things he'd done
She believed he was a holy healer
Who would heal her son

(Spoken:)
But when his drinking and lusting and his hunger
for power became known to more and more people,
the demands to do something about this outrageous
man became louder and louder.

"This man's just got to go!" declared his enemies
But the ladies begged "Don't you try to do it, please"
No doubt this Rasputin had lots of hidden charms
Though he was a brute they just fell into his arms
Then one night some men of higher standing
Set a trap, they're not to blame
"Come to visit us" they kept demanding
And he really came

RA RA RASPUTIN
Lover of the Russian queen
They put some poison into his wine
RA RA RASPUTIN
Russia's greatest love machine
He drank it all and he said "I feel fine"

RA RA RASPUTIN
Lover of the Russian queen
They didn't quit, they wanted his head
RA RA RASPUTIN
Russia's greatest love machine
And so they shot him till he was dead

(Spoken:) Oh, those Russians...





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2011.01.09 21:23:48
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.