238846 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

行政書士マッチャンでございます

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


みののパパ

カレンダー

コメント新着

 doctorbudget@ 初めて訪問コメントします 今回の震災で被災されたことをお悔やみ申…
 きらり510@ うん。みました 今晩わ。 気になって読ませてもらいま…
 みののパパ@ Re:終了時刻(07/07) ろくだんさんありがとうございます。 数…
 ろくだん@ 終了時刻 終了時刻は15時ですよ(6m&Downなんで…
 山平@ 山平です。 はじめまして。こんな人いるんだねぇ。お…

バックナンバー

2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月

ニューストピックス

2010年11月24日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 皆さんご無沙汰いたしました。

 前回の書き込みで私の前の職場における退職者の会のことをお話ししました。その会にセミナー開催の提案をしましたところ実現しました。

 お題目は「楽しく覚える遺言の書き方」です。会場には70歳~80歳台の方ばかり80名ほどが集まり、その注目度が高いことがわかります。皆、その年代に達し自身の財産をどうするのか心の片隅で気にかけていることが、受講態度に現れていました。

 話しの構成は、第1部遺言とは何か、第2部遺言書の書き方に分けました。難解な法律用語や民法条文の解説などは一切なし。とにかく楽しく聞いていただかなければあくびのオンパレードになります。それだけは何としても避けなければなりませんでした。その中で使った「軽口」をご紹介しましょう。

(法律解説)
 このセミナーでは「民法の第何条により~」などのお話しを一切いたしません。難しい解説をいたしますと、皆さんの上のまぶたと下のまぶたがくっついてきます。これを私たちは『眠法』と呼んでおります。

(中休みの直前)
 私もそうですが年をとってくると、目は遠くなる、耳も遠くなる。近くなるのはトイレだけ!どうぞご休憩を願います。

(遺言は夫婦連名では書けない)
 お前百までわしゃ九十九まで、ともに遺言の書けるまで、と連れ添ったご夫婦でも遺言は連名で書けないのですよ。

(遺言は15歳から書ける)
 皆さんはとっくに参加資格があるのです。それどころか適齢期なのであります。

 もちろん話しの最後には失礼なことを申し上げたことをお詫びいたしました。なにせ目の前にいる人は私が若い頃に上司だったり大先輩同僚だった方ばかりです。でもみんな笑って聞いてくれましたのでほっとしてます。

 和やかな雰囲気の中でセミナーは終わりました。反省点はセミナーでありながら参加者とのやり取りが少なかったことでした。主催者からこのセミナーはまた第2弾をやってもらうとの意向がありましたので、要改善点といたしましょう。

 どんな感じの催しだったか写真を載せましょうね。






最終更新日  2010年11月24日 21時24分38秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.