203358 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

マックの文弊録

◆◆◆

♪♪♪ マックの文弊録ふへいろくへようこそ! ♪♪♪

◆◆◆

平成二十六年 甲午きのえうま
(如月)

記述 分類
4日 立春 旧正月節
6日 春の七草 旧正月七日
7日 上弦 月齢
15日 月齢
19日 雨水 旧正月中
23日 下弦 月齢



漱石先生の句は、浅き春。まだまだ周囲は寒いのです。

鳩鳴いて 烟の如き春に入る(明治37年)

名物の 椀の蜆や春浅し(明治41年)

筍は 鑵詰ならん浅き春(大正3年)

2013.06.16
XML
カテゴリ:よもやま話
【6月16日(日曜日) 旧五月八日 癸丑 赤口 月齢7.5】

江戸時代、森一鳳(いっぽう)という画工が居た。円山派の絵師で幕末から活躍し明治四年まで生きた。
漱石先生は歳が明治の年号と同じだから、漱石が四歳、未だ金之助の頃に没したわけだ。

一鳳は「藻刈舟図」で往時の人気を博した。
藻刈舟(もかりぶね)とは、琵琶湖などの湖で、藻が繁茂しすぎた際に、これを … [続きを読む >>]





最終更新日  2013.06.16 13:30:49
コメント(0) | コメントを書く

PR

楽天プロフィール


求連帯而懼孤立!さん

Sense of wonderこそ人間の証

フォローする

ニューストピックス

カレンダー

バックナンバー

2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2017.03

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.