14150380 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

北海道庁のブログ「超!!旬ほっかいどう」

カレンダー

サイド自由欄

・本ブログの内容について
北海道庁は、このブログに記載されている個別の店舗及び商品並びに「楽天市場」内の特定の商品を推奨したり、品質を保証するものではありません。

    <関連リンク>

北海道のメールマガジン
ご購読はこちら!


DoLink
北海道のポータルサイト


北海道のメールマガジン
北海道の旬をお届け!


北海道庁ホームページ
border="0">
北海道公式ウェブサイト



北海道のお魚情報満載!



北海道×ぐるなび 食と観光ナビページ
北海道の食と観光の情報を発信中!!

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2013.04.17
XML

留萌振興局地域政策課のKOです。

羽幌町本土と天売島・焼尻島の両島を結ぶ玄関口である
羽幌新フェリーターミナルが今月1日に開業しました。

平成13年度から羽幌港の中央ふ頭で行われていた耐震強化岸壁の工事が終了し、フェリーの発着場所の変更に伴い、今までのフェリーターミナルから約200m移動しました。

新フェリーターミナルは高齢者や障がい者にやさしいユニバーサルデザインとなっていて、道産木材がたくさん使われており、木のぬくもりを感じます。
また、夏季期間はトイレを24時間開放しています。

FT

建物の隣には焼尻島出身で日本を代表する書家の中野北溟さん揮毫の
「北の蒼い海」と書かれた記念碑が建てられています。

記念碑

 

14日には竣工式典が開催されました。

テープカット

新フェリーターミナルと羽幌市街地の間は沿岸バス(株)の
シャトルバスが運行しています。

バスには萌えっ子・「観音崎らいな」ちゃんが描かれています。

羽幌新FT竣工式 001.JPG

また、新高速船「さんらいなぁ2」も今月8日から就航しています。

船体にはこちらも萌えっ子・「観音崎らいな」ちゃんが描かれています。

高速船

14日のフェリーターミナル竣工式典には、操縦席も公開されました。

操縦席

船内は全130席となっています。

船内

新フェリーターミナルの隣には、北るもい漁業協同組合の直売所「きたる」
今月24日にオープンします。

きたる

みなさま、是非、今年は新しくなったフェリーターミナル、高速船をご利用いただき、

「百万の海鳥が風をつかむ島」天売島
「羊・草をはむ緑の島」焼尻島へお越しください。

 

羽幌沿海フェリー(株)ホームページ

http://www.haboro-enkai.com/

沿岸バス(株)ホームページ

http://www.engan-bus.co.jp/







最終更新日  2013.04.17 22:21:32


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.