15718030 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

北海道庁のブログ「超!!旬ほっかいどう」

カレンダー

サイド自由欄

・本ブログの内容について
北海道庁は、このブログに記載されている個別の店舗及び商品並びに「楽天市場」内の特定の商品を推奨したり、品質を保証するものではありません。

    <関連リンク>

北海道のメールマガジン
ご購読はこちら!


DoLink
北海道のポータルサイト


北海道のメールマガジン
北海道の旬をお届け!


北海道庁ホームページ
北海道公式ウェブサイト



北海道のお魚情報満載!



北海道×ぐるなび 食と観光ナビページ
北海道の食と観光の情報を発信中!!

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全65件 (65件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

雇用

2019.08.20
XML
カテゴリ:雇用


​​​北海道労働委員会事務局​​​です!

   
  
労働委員会」といっても、​をしているところなのかご存じですか?  

国の労働局​労働基準監督署ハローワークなど
同じような機関が多くているのかわからない方多いと思います



 今回は、私たち労働委員会が行っている業務の1つである個別​​​​的​​​​​労使紛争​​​​の​あっせん​​という制度中心にご紹介します!
   ​​​​



 
簡単に表現します、「公​​​・​労​​使​からなるあっせん員が労働者個人と使用者(事業主​​との間に立って問題解決ができるようお手伝いする制度です。

  

あっせん員は


大学教授や弁護士など法律のスペシャリストで構成される公益委員


労働組合の役員などから構成される労働者委員
​​
企業の経営者などの立場にある使用者委員

それぞれ1名ずつ対応します




この3名のあっせん員​が労働者個人と​使用者(事業主)双方事情を伺いながら、​​中立な立場から​​問題解決のためのお手伝いを行いますので、法律がわからない方や不安な方もご安心ください!!



労働委員会に寄せられる相談には、例えば次のようなものがあります。

   ​

​労働者の皆様​


​​​​パワハラ​​​​などで会社に改善を求めたのに全く対応してくれない・・・


「何回言っても会社から​​給料​​振り込まれない・・・
​​

​使用者の方々​


「社員に配転命令を出したが理由無く拒否される・・・どうすればいいの?



こういった場合は私たち​労働委員会​に​お任せください!!
  



北海道労働委員会は北海道庁別館にある​公的機関​です​当然、秘密は厳守します。



もちろん相談や制度の紹介、申請書作成のお手伝いからあっせんの終結まで、ご利用は​一切無料​です!​

また、札幌近郊以外の場合は
私たちが現地に​伺います

労使紛争解決のお手伝いをいたします!

​​

 

少しでもあっせん制度について気になることがあればお電話ください、​お待ちしています!

電話北海道労働委員会事務局 調整課 個別対策グループ ​​011-2045667​​ 

   ​

  
​​
きらきらきらきらきらきらもう少し詳しく知りたい方や興味を持ってくれた方きらきらきらきらきらきら

​​​​​​
令和元年(2019年)10​​12​​土)10:0018:00

札幌駅前通地下歩行空間​
(​
7番出口と9番出口の間)​P​R​​を行います!
​​​​​​


​​​​​
労働委員会だけではなく北海道社会保険労務士会札幌支部、ジョブカフェ北海道と連携して

行う、労働
​関係​​​全般の​​PRになっています
​​​​​

 
また、​​同時に​社会保険労務士​による​無料相談会​も行いますきらきら​​



​​労働問題​はもちろん年金問題​​​について疑問はございませんか?


この機会にぜひ、ご利用ください!


事前予約は​不要です!! 当日は直接会場までお越しください


お待ちしています! 







最終更新日  2019.08.20 09:19:44

2019.07.31
カテゴリ:雇用
​​

北海道労働委員会事務局です。

不当労働行為救済制度を具体的にイメージしていただけるように作ったコマまんがです

4話(予定)のうち、今回は第1話を投稿いたします


1話 不当労働行為(不利益取扱い

​​​超!!旬労働組合の組合員「青年A」は、団体交渉で大活躍・・・​​​

 



 

  
<登場人物紹介>
  青年A       先輩       執行委員長     社長​​​​​

この物語の主人公。入社年目で超!!旬労働組合組合員。組合の団体交渉に参加してから、世界が変わった

青年Aの職場の先輩組合員。面倒見が良く、多くの後輩達に懐かれている。青年Aを団体交渉に誘った

!!旬労働組合の若き執行委員長。何あっても動じ無駄なことは一切話さない。一部に熱烈なファンがいる。

会社の社長一代で会社を築き上げた。ワンマン経営と批判されることもある、実は人情派涙もろい。

  ​

​​<​次回予告>​​

 青年Aら襲った不条理に組合が立ち上がる!しかし、青年Aに社長からある誘いが・・・

 

※この作品はフィクションです。実在の人物・団体とは一切関係ありません。


 
! 今回のキーワード​​​​​​​​​ 

​​「不当労働行為」

​​​​​​
 使用者(雇用主が、労働者や労働組合などにしてはいけないれている行為。労働組合法第7条 

「不利益取扱い」

 使用者がしてはいけないとされている行為のひとつ。労働組合法第7条第1号)

 
詳しくは、こちら北海道労働委員会ホームページ)ご覧ください

スマイル ​​関連投稿​​
 困っていませんか?<不当労働行為救済のお話 その1>2018.6.5投稿
​ 知っていますか不当労働行為不利益取扱い編)2017.6.5投稿

スマイル 
​参考リンク​(北海道労働委員会のホームページ)
 職場のトラブルを労働委員会が解決するまでをドラマ映像で紹介する「労働委員会啓発映像」をご覧いただけます。
 「どうする?あなたの身近な労使トラブル」北海道労働委員会の役割(動画のご紹介)
 


北海道労働委員会事務局
総務審査課審査グループ
電話電話(011)204-5664







最終更新日  2019.07.31 13:58:48

2019.02.21
カテゴリ:雇用


 こちらは労働者と使用者の間におこった紛争解決をサポートする
 北海道の行政機関「北海道労働委員会」です。

 2月25日(月)に「労使関係セミナー」を開催します。
 「労使関係セミナー」では労働トラブルに関わるさまざまなテーマを取り上げ、
 専門的な視点を交えた基調講演と紛争解決事例の紹介などを行います。

 今回のテーマは
 「職場のハラスメント対策 ~パワハラを中心に~」です。
 ご興味のある方はどなたでもご参加いだたけます。
 多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

 詳しくは​北海道労働委員会ホームページ​をご覧ください。


 ●開催概要
  日 時:平成31年2月25日(月)
  場 所:かでる2・7 1階「かでるホール」
      (札幌市中央区北2条西7丁目道民活動センタービル)
  定 員:500名(事前申込制・先着順)
  受講料:無料


 ●お問合せ・お申込み
  中央労働委員会事務局調整第一課
  〒105-0011 東京都港区芝公園1-5-32
  電話番号 03-5403-2124 (担当:田村)






最終更新日  2019.02.21 16:21:45

2019.02.01
カテゴリ:雇用
​​

​​​​​​​​あなたの職場で、

     労働組合活動をしたら配置転換されて給料も下がったほえー
     労働組合が会社に団体交渉を申し入れたのに拒まれた涙ぽろり
     組合員が会社から組合を脱退するように言われているしょんぼり

などといったこと(​不当労働行為)が起きた場合の救済制度とその手続について、​前回(11/1掲載)​、​​前々回(6/5掲載)​​のブログでお知らせしました。
シリーズ最終回では、救済の申立てがあってからの審査の流れについてご紹介します。

労働委員会は、申立てを受け、審査を開始します。
審査は、「調査」→「審問」→「合議」→「命令」の順に進行していきます。
「調査」では、担当委員(公益委員・労働者委員・使用者委員)が当事者双方の主張を聴いて、争いのポイントや必要な証拠の整理をします。
「審問」では、不当労働行為の事実があったかどうかを明らかにするため、証人に公開の席で事実関係を尋ねるなど証拠調べを行います。
審問が終わると、公益委員(当委員会では7名)による「合議」を行い、使用者の行為が不当労働行為に当たるかどうかの判断をします。
合議後、申立ての全部又は一部に理由がある(不当労働行為である)と判断したときはこれを是正するよう「救済命令」を、そうでないときは「棄却命令」などを出します。

不当労働行為救済の申立てがされても、すべてが「命令」という形で終わるわけではありません。
命令が出される前であれば、当事者はいつでも「和解」をすることができます。
労使(当事者)双方が納得しあって「和解」により解決した方が、将来的には良好な労使関係を築くことになるといえるでしょう。

3回にわたり不当労働行為救済について触れてきましたが、いずれも大まかな説明ですので、詳しいことはどうぞお気軽におたずねください。


            北海道労働委員会事務局
            総務審査課審査グループ
          電話(011)204-5664電話

                ​《​​北海道労働委員会のホームページはこちら​​》​

​​​​​​​​







最終更新日  2019.02.01 08:30:06

2019.01.18
カテゴリ:雇用


 こちらは労働者と使用者の間におこった紛争解決をサポートする
 北海道の行政機関「北海道労働委員会」です。

 2月25日(月)に「労使関係セミナー」を開催します。
 「労使関係セミナー」では労働トラブルに関わるさまざまなテーマを取り上げ、
 専門的な視点を交えた基調講演と紛争解決事例の紹介などを行います。

 今回のテーマは
 「職場のハラスメント対策 ~パワハラを中心に~」です。
 ご興味のある方はどなたでもご参加いだたけます。
 多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

 詳しくは​北海道労働委員会ホームページ​をご覧ください。


 ●開催概要
  日 時:平成31年2月25日(月)
  場 所:かでる2・7 1階「かでるホール」
      (札幌市中央区北2条西7丁目道民活動センタービル)
  定 員:500名(事前申込制・先着順)
  受講料:無料


 ●お問合せ・お申込み
  中央労働委員会事務局調整第一課
  〒105-0011 東京都港区芝公園1-5-32
  電話番号 03-5403-2124 (担当:田村)






最終更新日  2019.01.18 14:31:16

2018.12.03
カテゴリ:雇用
​​突然のリストラ」「賃金の未払い」「セクハラ・パワハラ」など
  労使紛争(職場のトラブル)は、労働者が団結して使用者と団体交渉を行い
  自主的に解決することが望ましいのですが・・・​​​​



​​
​​​​​​​​ どうしても話合いがまとまらず、自主的に解決するが困難になったとき
 ​​ 労働委員会のあっせんが労使紛争の解決をサポートします!​​

​​​​​​​​​​​​​
●労働委員会のあっせんとは?
 労働問題に関する専門知識を持ち、経験豊富な
     公 益 委 員 <弁護士、大学教授など>
 ​  労働者委員 ​<労働組合の役員など>
 ​  使用者委員​ <企業の経営者など>​​​​​​​​
    公・労・使の3者で構成された「あっせん員」が労使の間に入り
    公平・中立な第三者として労使双方の主張を聴き
    問題点を整理しながらお互いの歩み寄りを促し
      必要に応じて「あっせん案」を提示するなど
   労使紛争の解決をサポート​する制度です!!​​​​​

​​​​​​ ※労働委員会のあっせんは
  ○ご利用は​​​無料​​
  ○あっせん申請書の作成は、事務局がお手伝いします
  ○相談内容の秘密は、厳守します
  ○札幌近郊以外の場合は、現地で「あっせん」を行います
  ○使用者からも申請することができます​​​​​​

​​​​​


●労働委員会のあっせんによる労使紛争の解決事例をご紹介します​スマイル
雇止めの撤回
労使紛争の概要>
 Aは1年間の雇用契約を更新し勤務を続けてきたが、会社から安全意識に欠けていることを理由に雇用契約を更新しないと通告された。
 団体交渉で、組合は会社に対し再考を促したが、会社は契約更新はできないと回答した。​​​​​​​

<あっせん経過・結末>

 組合は「Aは反省しており、期間を設けてAの改善状況を見極めるべきである」と主張した。
 一方、会社は「Aは他の従業員と比較して安全意識が著しく欠落し、これまでも改善が見られないためAと契約更新はできない」と主張した。
 事情聴取後、あっせん員は、双方の主張を調整し「会社は、Aと6か月の雇用契約を締結し、Aの勤務態度が改善されない場合は契約更新しない」などのあっせん案を提示したところ、双方ともこれを受諾し、本件は解決した。

​​​
【団体交渉の促進】
労使紛争の概要>
 会社は、赤字経営ため事業の一部を譲渡する考えを明らかにした。
 団体交渉で、組合は経営の状況について説明が不十分であるとして財務関係資料の提供を求めたが、会社は、提供に応じないなど、誠実に対応しなかった。

<あっせん経過・結末>

 組合は「会社から突然事業譲渡の話があったが、これまで赤字経営であることは知らされておらず信じがたい」と主張した。
  一方、会社は「事業継続に向けて赤字幅を減らすため組合と協議したい」と主張した。
 事情聴取後、あっせん員は「会社が組合の求める財務関係資料を開示し、双方が誠実に話合うことを確認する」などの内容のあっせん案を提示したところ、双方ともこれを受諾し、本件は解決した。
​​​​

​​​【期末勤勉手当の支給】
<労使紛争の概要>
 会社は、給与規程を改定し、期末勤勉手当を減額支給すると通告した。
 団体交渉で、組合は現行の給与規程に基づいて支給するよう求めたが、その後、会社は一方的に減額支給した。

<あっせん経過・結末>
 組合は「給与規程の改定に係る十分な協議がないまま、会社は一方的に減額支給した」と主張した。
  一方、会社は「給与規程等の改定は法的に問題はない。財政悪化について説明をしたが、組合は深刻さを理解しようとしない」と主張した。
 事情聴取後、あっせん員は、労使に歩み寄りを求めて説得したところ、会社が減額について譲歩を示唆し、組合も応諾する意向を示したことから、「支給済み分との差額を速やかに支給する」などのあっせん案を提示し、双方ともこれを受諾し本件は解決した。

●労働委員会について、もっと知りたい方は“map”をクリック
!

      下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印  


          
札幌市中央区北3条西7丁目 道庁別館10階



​​​







最終更新日  2018.12.03 17:15:17

2018.11.01
カテゴリ:雇用

​​​​​​​​​ あなたの職場で、

  ​​労働組合活動をしたら配置転換されて給料も下がった​​ほえー
  ​​労働組合が会社に団体交渉を申し入れたのに拒まれたわからん​​
  ​○組合員が会社から組合を脱退するように言われている涙ぽろり

などといったことが起きた場合には助け道[=​不当労働行為救済制度​​]があることを、​前回(6/5掲載)のブログ​でお知らせしました。

 今回は、この制度にたどり着くまでの手続をご紹介します。

 会社など使用者から不当労働行為があったと思われる場合、労働組合又は組合員個人は、労働委員会に対し救済の申立てを行うことができます。
 申立てを行うことができるのは、その行為があった日から1年以内ですが、それ以前の行為でも1年以内の時点まで継続していれば、「継続する行為」として申立てができます。
 申立ては、原則として、「不法労働行為救済申立書」を労働委員会に提出して行います。
 申立書には、申立人及び被申立人の住所・氏名のほか、請求する救済内容、不法労働行為を構成する具体的事実などを記載していただきます。
 申立て前にご相談があれば、事務局の担当職員が制度をわかりやすくご説明しますし、申立書の記載の仕方でご不明な点があればお答えします。
 なお、申立てには、必要書類の準備に要する経費はご負担いただきますが、手数料などは一切かかりません。

 次回(最終回)は、申立てがあってからの審査の流れについてご紹介します。
 





     《 くわしくは ⇒ ​北海道労働委員会のホームページへ​ 》


 
  ​​​​​​​​​







最終更新日  2018.11.01 00:00:26

2018.10.30
カテゴリ:雇用
​​​​



10月は​​​​「個別的労働紛争処理制度周知月間」​​​​で、
個別的労使紛争のあっせん制度を周知しています。

​​​​​​​​
「個別的労使紛争のあっせん」とは?
       下矢印
​労働者個人​​使用者​​​の間で、解雇や労働条件に関する紛争が発生した場合、
労働問題に精通した
​あっせん員​(公益委員、労働者委員、使用者委員の3人1組)が、
双方の事情を聴き、公平中立な立場で、
​​​​​​​​双方に歩み寄りを勧める​​​​​​​​紛争解決手段です。​​​​​​


詳しくはこちら・・・ 案内リーフレットえんぴつ


9月25日と26日の2日間、道庁において
初めて​​​​​「ジョブカフェ北海道」​​​​​​​「ほっかいどう働き方改革支援センター」​の​
三者の協働で、
 ~雇用の入口から出口までをトータルサポート~ 
をテーマにPRパネル展を実施しました。





パネル展では、
職場のトラブル発生から
労働委員会による解決までの流れをマンガで紹介するコーナーなどが、
来場された方々から好評でした。


労使紛争の解決を望まれる方は「個別あっせん制度」をご利用ください。

​​
星北海道労働委員会のホームページ星
  ​http://www.pref.hokkaido.lg.jp/rd/sms​​​







最終更新日  2018.10.30 14:28:00

2018.09.20
カテゴリ:雇用
​​​​​​​​​​​​​​​こんにちは。北海道労働委員会です。​​​

北海道では早々に秋の気配・・春からお仕事を始めた方はそろそろ慣れてきた頃でしょうか。
これから次の春に向けて仕事を探そうとする方、どこで仕事の情報を手に入れていますか?
事業者の方々、「うちも働き方改革を!」と思いながら何から手をつけようか悩んでいませんか?

北海道労働委員会では、
9月25日(火)26日(水)の2日間、道庁本庁舎1階道政広報コーナー特設展示場AでPRパネル展を開催します。

​​今年は、「​​雇用の入口から出口までをトータルサポート​」と題して、​​


北海道労働委員会​
​個別的労使紛争あっせん制度​のご紹介はもちろん、




​  
  若年者や中高年・再就職を希望する子育て中の女性などへの就職支援を行っている
  ​​ジョブカフェ北海道​​


​​​ 企業の就業環境の改善に向けたアドバイスを行う​ほっかいどう働き方改革支援センター​
​​​
​​​​
 ​各種制度​について、パネルやリーフレットなどでご紹介いたします。

 この二日間で、雇用に関わる様々な制度を知ることができる貴重な機会となっております。

 是非、ご来場ください!

  日時:9月25日(火)10:00~17:30
       26日(水) 9:00~16:00
  場所:道庁本庁舎1階 道政広報コーナー特設展示場A

 【お問い合わせ】
  北海道労働委員会事務局調整課個別対策グループ 011-204-5667
  北海道労働委員会ホームページ ​http://www.pref.hokkaido.lg.jp/rd/sms/index.htm​​​​​






最終更新日  2018.09.20 09:24:42

2018.08.08
カテゴリ:雇用
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​みなさん、こんにちはスマイル 労働委員会事務局です!​​

​​【労働委員会とは?】​​
 「労働委員会」は「労働者の団結権の擁護」や「労働関係の公正な調整」を
    図るため、労働組合法に基づき都道府県に設置された行政機関です。

 今回、労働者と使用者との間の紛争(労使紛争)の解決について、お話します。

​​​【労使紛争の解決】​​
  “突然の解雇通告 ”  “大幅な賃金カット ”  “時間外手当の不払い ”
   “セクハラ・パワハラ ”  “転勤命令の拒否 ”
 こうした労使紛争は、労働者が団結して使用者と団体交渉を行う場合
 労使双方が誠意をもって話し合い自主的に解決するのが望ましいのですが・・・


  どうしても話合いがまとまらず、自主的に解決することが困難になったとき

 労働委員会が「あっせん」により労使紛争の解決をサポートします!

​【あっせんとは?】​​
 公平・中立な第三者として、労働問題について専門知識を持ち経験豊富な
 ​労働委員会の 公益委員    <弁護士、大学教授など>​
​        労働者委員 <労働組合の役員など>​
​        使用者委員 <企業の経営者など>​
 ​公・労・使​の3者で構成された「あっせん員」が労使の間に入り
 労使双方の主張を聞き、問題点を調整しながらお互いの歩み寄りを促し
 必要に応じて「あっせん案」を提示するなど
 労使紛争が円満に解決するよう、お手伝いをする制度です。

 ■ご利用は無料
 ■あっせんの申請書の作成は、事務局がお手伝いします
 ■札幌近郊以外は、現地で「あっせん」を行います
 ■相談内容の秘密は、厳守します
 ■使用者からも申請することができます

労働委員会について、もっと知りたい方は​
​​​​​​イラスト​​​​​​をクリック!




​​​​​​​​​​​​​​​​​
​​​​​






最終更新日  2018.08.08 09:00:08

全65件 (65件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.