8905606 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

イーハトーブログ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

サイド自由欄


イーハトーブログ ライター紹介
岩手県内をくまなく取材し、旬な情報をお届けしているライターの紹介ページです!

ブログ記事は、それぞれ、掲載日時点での情報です。名称、連絡先等、現時点の情報と異なる場合があります。

イーハトーブログ公式Facebook公式Twitterもご覧ください!!
 



岩手県について




県内各市町村についてはこちらから

岩手県内各地の観光をサポートするPRキャラクター
わんこきょうだいのご紹介♪


岩手県では「あなわん運動」を展開中です!!

その他リンク先








東日本大震災に伴う情報提供について
東日本大震災で被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。
岩手県内の災害対応状況については、テレビ・ラジオ等の他、岩手県公式ホームページ岩手県広聴広報課Twitter広聴広報課Facebook等を参考にされますよう、お願いいたします。

コメントも大歓迎です♪感想や情報などありましたらお気軽にどうぞ!(内容によっては、こちらの判断で削除する場合もあります。御了承ください。)

ネットワーク環境でアクセス制限がかかっており、自分のブログへのコメント返信は可能ですが、他の方へのコメントは出来ません。
皆さんのブログも楽しませていただいております。

コメント新着

カレンダー

2018.07.18
XML
テーマ:岩手県央
カテゴリ:歴史・文化・偉人
こんにちは あべっちです​​大笑い​​​​​​​​​​​​​

​​​藩政時代から続く盛岡の「暮らし・文化・経済」について

​​​今回は第2回目~鉈屋町界隈の散策編​​​~
をご紹介します。


「もりおか町家物語館」​​については、

【県央】〔盛岡市〕もりおか町家物語館と鉈屋町界隈1回目

こちらでもご紹介しておりますのでご覧ください。​​​


盛岡市南大通は、かつて「惣門」と呼ばれ盛岡城下の
玄関口として栄えました。北上川の舟運が盛んだった時代から、
当時の物流拠点として、商人や職人が多く住んでいたそうです。
良質の清水や物流に恵まれたこの地域には、必然的に酒蔵がいくつか出来、
町家も多く建ち並び始めたそうです。

当日は上の地図の番号順に沿って散策しましたので、順にご紹介します。

①木津屋本店さんからご紹介します。
棟札(むなふだ)に天保5年(1834年)とあり、盛岡市内で最も古い
大型の町家として岩手県の有形文化財に指定されています。
防火に配慮した土蔵造りで角に「うだつ」を持ち、江戸期の豪商の面影を残す
町家で、近年に修理されているそうです。


​②青龍水(共同井戸)​
次は、当時の生活には欠かせない水源を紹介します。
名前の由来は、この辺りの大きな沼に青龍が棲んでいたという
「青龍山祇陀寺」の伝説から名づけられたそうです。右上の写真の流れの
上段から飲料用・米とぎ用・洗濯用に仕切られ水道が普及した今も
近隣の人たちに使われ、平成の水100選に選ばれています。


​青龍水は旧街道沿いにある「スーパーかわてつ」さんの裏手になります。
​裏通り沿いには、盛岡市の保存建造物「旧川鉄料亭」があります。
かつて平民宰相原敬が食べたと言われる「かわてつの鰻」は「スーパーかわてつ」でもお買い求め頂けますが、年に数回旧料亭「川鉄」の一般公開日に合わせ座敷席にて自慢のうなぎを食べられるそうですよ。


​​③大慈寺 原敬墓所​​
平民宰相として知られる原敬の墓がある大慈寺は、寛文13年(1673)の
創建で、明治17年の火災で堂宇は類焼したそうですが、
原敬の篤志(支援・協力)によりこの山門や庫裏などが新築されたそうです。
珍しい中国様式の山門が目を引きます。

山門をくぐり中に入ると左手に原敬の墓があります。
生前からの意志により、ここ大慈寺に埋葬になったそうです。


​​④大慈清水
青龍水とならび地域の方々に大事にされてきた清水です。
この水源も水の豊富な盛岡を物語る清らかな光景ですね。

⑤あさ開​​ 明治4年創業の蔵元
旧岩手川酒造(現在のもりおか町家物語館)と並んだ、この界隈の酒蔵です。

明治に入り南部藩士だった七代目・村井源三が武士を辞め、明治4年(1871年)に現在地で酒づくりをはじめたのがその創業にあたります。明治という新しい時代の幕開けにかけて、「あさ開」の名をつけたものと言われているそうです。

敷地内には当時を物語る古い蔵があります。
また、「あさ開」では伝統の「手づくり工程」と「大型仕込み工程」の
2つを併せ持つ酒蔵です。その酒蔵を無料で見学でき、酒造りを
学ぶことができます。夏休みを利用して是非見学してくださいね!
詳しくはこちらから→
あさ開酒蔵見学

​​⑥十六羅漢(じゅうろくらかん) 
盛岡市の指定 有形文化財(彫刻)になっています。
盛岡藩時代、飢餓で亡くなった人々を供養するために建立されたそうです、
宋龍寺境内跡に残る16体の羅漢様と5体の五智如来、合わせて
21体があります。1837年(天保8年)工事に着手し、下絵は藩の御絵師狩野林泉が
描き、石材は市内の飯岡山から切り出し、彫り上げたのは藩の御用職人たちで、
石工7人が3年かかって荒刻みを行い、北上川を舟で渡して建設場所の
祗陀寺末寺の宗龍寺境内に運び入れ、最後の仕上げを行い13年目に
完成したそうです。地元の石工が作り上げた石像は全国でも珍しいそうですよ。



夏休みの帰省などで「いわて」を訪れる読者の皆さん、
       是非「鉈屋町界隈の散策」を体験してみてくださいね!

​また、鉈屋町界隈の情報については​「もりおか町家物語館」さんの
総合案内を利用すると便利ですので足を運んでみてくださいね。


鉈屋町の入り口地図の「①木津屋本店さん」までの交通のご案内です。
【バス】盛岡駅東口13番バス停より「矢巾営業所行き」乗車
    「南大通二丁目」バス停降車、徒歩7分
    または、盛岡都心循環バス
「でんでんむし」利用の場合
    「盛岡バスセンター」バス停降車、徒歩20分
【JR】仙北町駅より徒歩20分
【車】 盛岡南I.Cより20分、盛岡I.Cより30分、盛岡駅より10分
    盛岡バスセンターより5分

​​​​​​​​​






最終更新日  2018.07.18 10:11:49
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.