10460403 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

イーハトーブログ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

サイド自由欄


イーハトーブログ ライター紹介
岩手県内をくまなく取材し、旬な情報をお届けしているライターの紹介ページです!

ブログ記事は、それぞれ、掲載日時点での情報です。名称、連絡先等、現時点の情報と異なる場合があります。

イーハトーブログ公式Facebook公式Twitterもご覧ください!!
 



岩手県について




県内各市町村についてはこちらから

岩手県内各地の観光をサポートするPRキャラクター
わんこきょうだいのご紹介♪


岩手県では「あなわん運動」を展開中です!!

その他リンク先








東日本大震災に伴う情報提供について
東日本大震災で被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。
岩手県内の災害対応状況については、テレビ・ラジオ等の他、岩手県公式ホームページ岩手県広聴広報課Twitter広聴広報課Facebook等を参考にされますよう、お願いいたします。

コメントも大歓迎です♪感想や情報などありましたらお気軽にどうぞ!(内容によっては、こちらの判断で削除する場合もあります。御了承ください。)

ネットワーク環境でアクセス制限がかかっており、自分のブログへのコメント返信は可能ですが、他の方へのコメントは出来ません。
皆さんのブログも楽しませていただいております。

コメント新着

こうちゃん3390@ Re:【沿岸北部・南部】三陸鉄道から新しいスイーツが登場(06/14) そんなに繊細なお菓子、食べてみたいです…
モラ夫の暴力をなくしたいと考えるネコ@ Re:アノ「ちゃぶ台がえし」の仕掛け人…産直やはば百笑倶楽部(06/18) これは男尊女卑を地でゆく、夫の家庭内暴…

カレンダー

2014.06.24
XML
カテゴリ:歴史・文化・偉人

こんにちは、りなっちですスマイル

今日は、金ケ崎町の伝建群内にできた新しい観光スポット

「金ケ崎要害歴史館」をご紹介します。

NEW金ケ崎要害歴史館NEW

DSCN8827.JPG

りなっち、6月29日(日)のオープンにさきがけて開催された

プレオープンに参加してきました。

プレオープンは、来賓と地元の皆さんが招待され、

セレモニー(神事・町長挨拶・看板お披露目)と館内公開が行われました

歴史館は、屋根が茶褐色、外壁は土壁、外構もサワラヒバの生垣が植栽された、

侍住宅と付属屋をイメージした外観家

以前はこの場所に金ケ崎幼稚園があったため、

「久しぶりに来た」「ここに孫の運動会を見に来たのよ」と

懐かしむ方もいらっしゃいました

 

9時、開会

はじめに神事が行われました

DSCN8843.JPG   

次に、金ケ崎町長の高橋氏からご挨拶があり、看板お披露目

DSCN8872.JPG

閉会後、館内公開

来賓、地元の皆さんの順に入館

沢山の方にお集まりいただき、歴史館への関心の高さがうかがえました

 

りなっちも、皆さんに続いて入館。

まずは、歴史館の館内をご紹介します。

 

入口を入ってすぐの左側にトイレ、右側には事務室

少し進んで左側に展示室があり、正面はエントランスホールになっていました。

エントランスホールは大きな窓ガラスで開放的。

隣の侍屋敷大松沢家の緑が見え、

りなっちは美術館にでも行った気分になりました。

 

エントランスホールを右側に進み、

通路右側に多目的室、通路正面には収蔵庫

多目的室の壁には、金ケ崎幼稚園時代にも飾られていたという

阿部盛有さん(金ケ崎町出身の洋画家)のモザイク壁画がありました。

収蔵庫は3部屋に分かれ、手前が作業室、奥2部屋が収蔵庫になっていました。

 

一通り歴史館の中を見せていただき、いよいよ展示室へ。 

展示室は、入口から工夫が凝らされていました。

何があるかは、お楽しみにうっしっし

中に入ると、展示室中央には大型モニターとジオラマが設置され、

DSCN8895.JPG  DSCN8894.JPG

壁には丁寧にルビをふったパネルが展示されていました。

DSCN8890.JPG

パネルは、金ケ崎町の歴史をわかりやすく紹介していて、

りなっちは観光客の方にはもちろんのこと、

小学校の社会科見学等にとてもいいと思いました。

 

この日はプレオープンで11時までの公開だったため、

もう少し見たいと思ったところでタイムリミットにしょんぼり

次に訪れるときは、歴史館で歴史を学んで伝建群を散策し、

江戸時代にタイムスリップした気分で、ゆったり過ごしてみようと思いました。

 

金ケ崎要害歴史館はきらきらきらきら6月29日(日)オープンきらきらきらきら

この日は平泉世界遺産の日でもあります。

歴史を感じる時間を過ごす事も、たまには良いかもしれませんね。

【お問合せ】

金ケ崎要害歴史館

〒029-4503 岩手県胆沢郡金ケ崎町西根達小路2番地1

TEL:0197-42-3060

FAX:0197-42-3061

ご利用案内 

開館時間:9:00~17:00

休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/29~1/3)

観覧料:一般200円(20名以上の団体150円)、高校生以下無料

交通案内

電車:JR金ケ崎駅より 徒歩約15分

バス:岩手県交通下城バス停より 徒歩5分

車:北からは北上金ヶ崎ICより10分

南からは水沢ICより5分

 


 

ウィンクおまけウィンク

歴史館で知った金ケ崎町三ヶ尻川口田にある一里塚。

見てみたいと思った りなっち、プレオープン後にでかけてみました。

DSCN8940.JPG

おおっきらきらあった上向き矢印

一里塚は道路沿いにあり、気をつけないと見逃しそうでした。

一里塚:日本橋を起点として一里(約4km)ごとに目印の塚(土盛り)が

道の両脇に築かれ、塚の高さは2~5mあった

仙台藩では塚に杉が植えられ、北目町(宮城県仙台市)を中心に、

南方に十五対、北方に三十四対の計四十九対ありました。

この一里塚は、仙台藩北方の三十三里塚にあたります。

塚は道の両側にありましたが、現在は東の塚だけが残っていました。

 

江戸時代に作られたものが、平成の今も変わらず、そこにある。

一瞬、江戸時代の風を感じた気がしました。

 

 

 

 







最終更新日  2014.06.24 17:20:28
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.