11095103 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

イーハトーブログ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

サイド自由欄


イーハトーブログ ライター紹介
岩手県内をくまなく取材し、旬な情報をお届けしているライターの紹介ページです!

ブログ記事は、それぞれ、掲載日時点での情報です。名称、連絡先等、現時点の情報と異なる場合があります。

イーハトーブログ公式Facebook公式Twitterもご覧ください!!
 



岩手県について




県内各市町村についてはこちらから

岩手県内各地の観光をサポートするPRキャラクター
わんこきょうだいのご紹介♪


岩手県では「あなわん運動」を展開中です!!

その他リンク先








東日本大震災に伴う情報提供について
東日本大震災で被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。
岩手県内の災害対応状況については、テレビ・ラジオ等の他、岩手県公式ホームページ岩手県広聴広報課Twitter広聴広報課Facebook等を参考にされますよう、お願いいたします。

コメントも大歓迎です♪感想や情報などありましたらお気軽にどうぞ!(内容によっては、こちらの判断で削除する場合もあります。御了承ください。)

ネットワーク環境でアクセス制限がかかっており、自分のブログへのコメント返信は可能ですが、他の方へのコメントは出来ません。
皆さんのブログも楽しませていただいております。

コメント新着

カレンダー

2014.10.06
XML
カテゴリ:自然

こんにちは、りなっちですスマイル
秋の夜長、皆さんいかがお過ごしですか?

りなっちは映画が好きなので、都合がつく時は映画館へ出かけます。
DVDで観るのもいいのですが、映画館の雰囲気が好きなのです。

映画と言えばロケが不可欠ビデオ岩手県にはロケ地になった場所がけっこうあります。
最近岩手県県南でロケが行われた映画がぞくぞく上映されているので、
そのロケ地を数回に分けてご紹介したいと思います。

~ロケ地めぐり リトル・フォレスト~

今回りなっちは、現在公開中の映画「リトル・フォレスト」のロケ地になった
奥州市衣川区大森地区をご紹介します。
DSCN1200.JPG
リトル・フォレストは、漫画家 五十嵐大介先生の作品を原作とし、
「あまちゃん」でユイちゃん役を好演した橋本愛さんを主役に迎え
制作されました。

五十嵐先生は、以前衣川区大森地区で3年間生活されていたそうで、
漫画はいち子と言う女の子を主人公に、五十嵐先生の衣川生活が
反映され描かれています。
映画化にあたり、スタッフの「原作に忠実に映画を撮影したい」という思いから
衣川区大森地区がロケ地に選ばれ、2013年5月から撮影が開始されたそうです。

今回、ロケ地の案内役を高橋さん(市役所職員)にお願いし、
映画に出演された小原さんと菅原さんにも取材にご協力いただきました。

早速、主なロケ地となった衣川ふるさと自然塾へ
写真は、衣川ふるさと自然塾の管理事務所。   
入ってすぐのところに五十嵐先生のサインとイラスト(写真:左下)
ホールの奥の一画に、撮影で使用されたセットの一部や
小道具が展示されていました(写真:右上下)

映画の小道具等.jpg

ここで映画に出演された小原さん(写真:左)と菅原さん(写真:右)から
撮影時のお話をお伺いしました。

DSCN1131.JPG

お2人は完成した映画をご覧になった時、
「いろいろ苦労して撮影したものが、このような素晴らしい作品になったのだきらきら
と胸が熱くなったそうです。
映画を一緒に作り上げた方たちだからこその感想ですね。

DSCN1133.JPG
お2人とも、お話の間ずっと素敵な笑顔で、
「とてもいい雰囲気で撮影された映画だったのだな」と思いました。


菅原さんとは、お話のあとお別れして、高橋さん・小原さんと
ロケで使用された場所へ移動しました。
映画「リトル・フォレスト」は、春夏秋冬が表現されていて、
現在上映されているのは 夏/秋 です。

釣堀シーンの撮影場所。
こちらは、上映中の夏/秋に登場します。

DSCN1181.JPG DSCN1187.JPG
小原さんから「この辺に橋本さんが立って撮影したよ」等、
当時の様子をお伺いし、映画を観る時の楽しみができました。


次に、冬/春で登場する旧大森分校へ。

DSCN1177.JPG

ここは映画の中では「小森分校」と言う名称で登場します。
撮影時、講堂が使用されました。
入口を入って左側のつきあたりが講堂になり、その手前に
直木賞受賞者 三好京三の記念室が常設されています。三好京三記念室.jpg
記念室を拝見後、講堂へ。
大森分校 講堂.jpg
ここで、どんなシーンが撮影されたのか!?
講堂のシーンは、来春2015年2月14日公開の 冬/春 までのお楽しみにウィンク


この映画のキャッチコピーは

生きるために食べる。
食べるためにつくる。


りなっちは、取材後に映画を観ました。
感想:はじめに岩手の自然の豊かさ・美しさに感動し、
映画を製作していただけた事に感謝しました。
あんなに空や雲の色が、光とのグラデーションで美しく色づき、
星空には「プラネタリウム?」と思うほど星が瞬いているなんて。
次に、いち子の生活を通して自分の生活を振り返り
いろいろ考えさせられましたが、
「今より少しずつ丁寧に暮らせるよう、やってみたいな」と感じました。
最後に、橋本愛さんイイネ上向き矢印と思いました。
りなっち この映画で今までより好きになりましたダブルハート
これからも応援していきたいと思いますグッド


映画を観る前・映画を観た後、実際に大森地区を訪れると
さらに映画を楽しむ事が出来ると思います。
行楽シーズン、五感フル活用で自然を感じてみませんか?


【お問合せ】
衣川ふるさと自然塾
〒029-4387 岩手県奥州市衣川区下大森109番地3
TEL:0197-52-6180

衣川ふるさと自然塾では、さまざまな体験をすることが出来ます。
ロケ地訪問で訪れた際は、ぜひ何か体験されてみてはいかがでしょうか?

DSCN6985.JPG



クラブ お ま け クラブ
取材終了後、小原さんからすてきなお土産をいただきました音符
DSCN1172.JPG
小原さん宅でとれたイチジク。
りなっち、まるごと皮付きのイチジクは生まれて初めて。
「こんなに美味しいんだ」と感動し、
リトル・フォレストのいち子になった気分になりました音符
漫画本を読んだ時、いち子が作る料理や収穫する野菜等が
とっても美味しそうで、読んでいてお腹がすいた事を思い出したりもしてうっしっし







最終更新日  2014.10.06 13:16:23
コメント(6) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.