11079009 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

イーハトーブログ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

サイド自由欄


イーハトーブログ ライター紹介
岩手県内をくまなく取材し、旬な情報をお届けしているライターの紹介ページです!

ブログ記事は、それぞれ、掲載日時点での情報です。名称、連絡先等、現時点の情報と異なる場合があります。

イーハトーブログ公式Facebook公式Twitterもご覧ください!!
 



岩手県について




県内各市町村についてはこちらから

岩手県内各地の観光をサポートするPRキャラクター
わんこきょうだいのご紹介♪


岩手県では「あなわん運動」を展開中です!!

その他リンク先








東日本大震災に伴う情報提供について
東日本大震災で被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。
岩手県内の災害対応状況については、テレビ・ラジオ等の他、岩手県公式ホームページ岩手県広聴広報課Twitter広聴広報課Facebook等を参考にされますよう、お願いいたします。

コメントも大歓迎です♪感想や情報などありましたらお気軽にどうぞ!(内容によっては、こちらの判断で削除する場合もあります。御了承ください。)

ネットワーク環境でアクセス制限がかかっており、自分のブログへのコメント返信は可能ですが、他の方へのコメントは出来ません。
皆さんのブログも楽しませていただいております。

コメント新着

カレンダー

2019.04.23
XML
テーマ:岩手県央(590)
カテゴリ:観光スポット
あべっちです!ウィンク
みんさん!もうすぐゴールデンウィークが始まりますね。
この時期に、毎年人気の「小岩井農場」では、
家族で楽しめる、イベントや体験メニューが盛り沢山です。
​​4月19日(金)に、メニューの一部を体験して来ましたので、ご紹介します。
詳しくはこちら⇒​小岩井農場

小岩井農場にもやっと春が来て、日々緑豊かになっていきます。
毎年恒例の、バスツアー「小岩井農場めぐり」がスタートし、
出発式が行われました。

小岩井農場を代表して、「小岩井農牧株式会社 小岩井農場」
戸田観光部長様が出発式の挨拶をしました。

次に、地元「雫石町」の猿子雫石町様が、国内外から
大勢の方々の来園を願い、ご挨拶しました。

次に、このバスツアーのガイドを務めるみなさんが、
ひとり一人ご紹介され、小岩井農場の歴史文化や、
自分自身のキャラクターについて、お話ししていました。
それぞれのガイドさんの個性により、
何度乗っても楽しめるバスツアーになっているそうですよ。

バスツアー「小岩井農場めぐり」のコースには、3コースあります。
1つ目は、「酪農コース9:30~と14:30~
2つ目は、「重要文化財コース10:30~と13:30~と15:30~
3つ目は、今年新設された​「宮沢賢治コース11:30~とあります。
今回は、「酪農コースを案内してもらいました。

最初に案内されたのは、干し草をロール状にし保管している施設と、
ブルーシートや古タイヤで覆われた
「バンカーサイロ」と呼ばれる施設です。 
飼料用のトウモロコシを茎や葉ごと粉砕し貯蔵発酵させた
「サイレージ」と言う、牛の飼料を作っているそうです。
よく牧場などで見かける「サイロ」と同じ役割をしているのですが、
より発酵が進むように、平面的に貯蔵し発酵させているのだそうです。

次に、乳牛が飼育されている「鶴ヶ台牛舎」に来ました、
ここではバスを降りて見学、大きな牛舎の中では多くの牛が自由に歩き回り、
のびのびと暮らしている所を見学しました。

次に向かったのは、「バイオマスパワーしずくいし」
小岩井農場の家畜の排泄物や学校給食の残さ(残り物)などを、
微生物の力でメタン発酵+堆肥化させ、そこで得られたメタンガスを
発電に使用しているそうです。発電された電気は、施設の電力をまかない、
残った電力は売電しているそうです。
最終的な堆肥や消火液は小岩井農場の土に、
肥料として還元されているそうです。

次に案内されたのは、「天然の冷蔵庫」です。
明治38年(1905年)に建設され、電気を使わず10度を保っているそうです。

建設当時、小岩井農場には電気が通っていなかったため、
この「天然の冷蔵庫」の中で、氷やチーズの保管や
夏場のバターの瓶詰め作業なに使われ、昭和27年(1952年)頃まで、
本格的に使われていたそうです。
中に入ると「ひんやり」とした空気に包まれました。
バスは「小岩井農場まきば園」に戻り「バスツアー酪農コース」は終了です。

次は、「トラクタートレインで行く自然満喫ツアー」です。
トラクターがけん引する手作りの客車に乗り、非公開の森林エリアを巡ります。
詳しくはこちら⇒「トラクタートレインで行く自然満喫ツアー」

この日は、香港から7名の旅行客のみなさんが一緒に乗車しました。
ガイドさんのお話を聞きながら、少し走ると高い杉の木の林道に差掛りました。
この杉は樹齢約100年になるそうです。
順次伐採して、木材として使われていくそうです。

上の写真のように、「小岩井農場」では、伐採した場所には、
新たに植林をし、持続可能な森林管理を目指しているそうです。
最近では、針葉樹林だけではなく、紅葉樹林の植林も行っているそうです。

通過途中の、杉林とカラマツ林の間から見える美しい岩手山に、
香港からきた旅行客の方々から歓声が上がりました。
春が来たばかりの小岩井農場ですが、これから日に日に緑がまし、
トラクタートレインも、乗るたびに表情が違う、
森や林に出会える楽しさがありますね!

午前中いっぱい!小岩井農場を満喫しました。
お腹が減ったので「山麓館農場レストラン」でランチです。
【農場内21棟 重要文化財指定決定記念メニュー】
「小岩井低温殺菌牛乳、本日のスープ、小岩井農場たまごのミニオムライス、
農場産牛肉のシチュー、農場産牛肉のグリル、ミルク館のハロウミチーズなど
農場の美味しさが、すべてこの一皿に!」
を頂きました。
写真には写っていませんが、他にサラダとコーヒーまたは紅茶が付きます。
詳しくはこちら⇒​「山麓館農場レストラン」のメニュー

ランチも済ませ、デザートは別腹という事で、軽食コーナーの
生乳の味わいを活かした名物「ソフトクリーム」を頂きました。
詳しくはこちら⇒​軽食コーナー


ゴールデンウィークの小岩井農場は、前半は桜も見ごろです。
上の写真は、昨年2018年4月27日に前任の
ブログライター「そらっち」が撮影した写真です。
みなさん!春爛漫の小岩井農場に来て下さいね!

また、「盛岡手づくり村」では、5/3(金祝)~5/6(月休)の4日間
​「盛岡手づくり村春まつり」​を開催します。
小岩井農場の行帰りにお立ち寄りください。
詳しくはこちら⇒​「盛岡手づくり村」






最終更新日  2019.04.23 17:28:39
コメント(2) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:【県央】〔雫石町〕GWの10連休は小岩井農場へ行こう!(04/23)   ちゃげき さん
今年の小岩井はGWが桜の見頃になりそうですかね。 (2019.04.23 21:26:09)

Re[1]:【県央】〔雫石町〕GWの10連休は小岩井農場へ行こう!(04/23)   あべっち さん
ちゃげきさんへ
おはようございます。いつもコメントありがとうございます。
小岩井農場の桜の見ごろについてですが、昨年の情報や、ウェザーニュースサイトの情報を見ると、4月26日(金)頃開花予想となっています。
ゴールデンウィーク前半4月30日(火)までは見ごろと予想されます。
是非、楽しみに来て下さいね!
(2019.04.24 08:36:04)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.