10601902 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

イーハトーブログ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

サイド自由欄


イーハトーブログ ライター紹介
岩手県内をくまなく取材し、旬な情報をお届けしているライターの紹介ページです!

ブログ記事は、それぞれ、掲載日時点での情報です。名称、連絡先等、現時点の情報と異なる場合があります。

イーハトーブログ公式Facebook公式Twitterもご覧ください!!
 



岩手県について




県内各市町村についてはこちらから

岩手県内各地の観光をサポートするPRキャラクター
わんこきょうだいのご紹介♪


岩手県では「あなわん運動」を展開中です!!

その他リンク先








東日本大震災に伴う情報提供について
東日本大震災で被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。
岩手県内の災害対応状況については、テレビ・ラジオ等の他、岩手県公式ホームページ岩手県広聴広報課Twitter広聴広報課Facebook等を参考にされますよう、お願いいたします。

コメントも大歓迎です♪感想や情報などありましたらお気軽にどうぞ!(内容によっては、こちらの判断で削除する場合もあります。御了承ください。)

ネットワーク環境でアクセス制限がかかっており、自分のブログへのコメント返信は可能ですが、他の方へのコメントは出来ません。
皆さんのブログも楽しませていただいております。

コメント新着

カレンダー

2019.06.10
XML
テーマ:岩手県北(1026)
カテゴリ:イベント
こんにちは なまっちです。
6月10日(月)~11日(火)、国内外の著名なシェフたちが一堂に会する国際会議「三陸国際ガストロノミー会議2019」が行われます。開催に先駆け著名なシェフを三陸に招き、三陸の食の豊かさを再発見し、県内外へ情報発信を行うことを目的とした「三陸と世界をつなぐ食のキャラバン」が行われました。同行した県北地域のキャラバンの様子をご紹介します。


今回行われたキャラバンには、フランスやスペイン、台湾で活躍するシェフのほか、岩手県産食材を使った料理を提供する「黄金の國、いわて。」応援の店のシェフなどが参加。食材の魅力だけではなく、生産にかかわる技術や歴史などにも触れました。


洋野町のウニ増殖溝では、質の高いウニを育てるための仕組みや
キタムラサキウニとバフンウニの味や、習性の違いなどをお聞きしました。
台湾のシェフからは、
「台湾でもウニは獲れるが、洋野町のウニと比べると味が薄く、
また、生で食べることはほとんどなく、
オイルやバターなどと合わせたソースとして使うことが多い」

といった、食べ方の違いなどもお話しいただきました。


原木しいたけの生産現場では、菌床しいたけとの違いや
冷涼な気候でゆっくり育つため、身が厚く旨みが強いといった特徴などを説明。
干しシイタケの試食も行われ、溢れる旨みに皆さん驚いていましたよ。


初夏に旬を迎えるホヤ。
「ホヤ初体験」という海外のシェフは試食だけではなく、ホヤの殻剥きにもチャレンジ。
漁師さんの話では「来月ぐらいになると身も厚くなり、甘みも乗ってくるよ!」とのこと。


国内でも珍しいという「稚ウニ」を育てる岩手県栽培漁業協会では、
ウニのほか、稚アワビや稚ナマコの栽培についてもお話を聞きました。


野田村ののだ塩工房では、松を使った薪窯直煮製法で作る塩について説明。
シェフから「燃料にガスではなく薪を使う理由は?」といった質問がされていました。
昔ながらの製法を守りたかったこと、
また、短時間で温度が上がるガスと、ゆっくり火入れ出来る薪では、塩の質に違いがあるといった理由から薪を使っているそうですよ~。


野田村漁業協同組合での荒海ホタテの視察では、
ホタテを試食したスペインのシェフから、「スペインに送ってほしい」との声が!
もしかしたら、荒海ホタテがスペインデビューする日が来るかも?


山ぶどうを使ったワインを醸造する涼海の丘ワイナリーでは、醸造所の視察だけではなく
山ぶどうや南部福来豚の生産者を交えた昼食会も行われました。
美味しいワインと地域食材を使ったお食事を皆さん楽しまれていましたよ~。



普代村のカネシメ水産では、「神経締め」という
鮮度を保つ活魚の処理方法を見せていただきました。
以前、神経締めの作業を見せていただいたのですが、
活締めした魚と神経締めした魚を比べたことがなかったので違いに驚きました。
海外のシェフも神経締めの技術に驚いていましたが、
魚を生食で扱うことが多い日本のシェフの方が特に感心している様子でしたよ~。


きれいな目してるだろ。ウソみたいだろ。〆てるんだぜ。5日前に。
(しかも、熟成で旨みが増して凄い美味しい)

「三陸と世界をつなぐ食のキャラバン」「三陸国際ガストロノミー会議2019」で三陸の食の情報を発信するだけではなく、国内外のシェフと岩手のシェフがコラボレーションし、岩手の食材を使った創作メニューを岩手県沿岸部13市町村のレストランで提供するイベント「美食サロン」も行われますよ!創作メニューを楽しめるお店や、期間など詳細は美食サロンのサイトをご確認ください!

三陸国際ガストロノミー会議2019
 HPhttps://gastronomy-sanriku.com/

美食サロン
 HPhttps://gastronomy-sanriku.com/salon/
<フュージョンディナー>
 7月9日(火)洋野町「グリーンヒルおおの」× 東京「アンティカ・オステリア・デル・ポンテ」
 7月15日(月・祝)久慈市「平庭山荘」×東京「レストラン ラフィナージュ」
 7月13日(土)野田村「Osteria Vai-getsu」×山形「アル・ケッチァーノ」
 7月14日(日)普代村「国民宿舎くろさき荘」×新潟「里山十帖」
 7月28日(日)田野畑村「ロレオール田野畑」×長野「ラ・カーサ・ディ・テツオオタ」
 7月20日(土)岩泉町「レストラン岩泉」×東京「レストランアニス」
 6月15日(土)宮古市「浄土ヶ浜パークホテル」×山形「アル・ケッチァーノ」
 7月13日(土)山田町「和海味処いっぷく」×フランス「ボタニック・レストラン」
 6月25日(火)大槌町「割烹 岩戸」×長野「TOEDA」
 7月29日(月)釜石市「和の膳みや川」×東京「レストラン・ロー」
 7月10日(水)住田町「すみたのだいどころkerasse」×長野「職人館」
 7月19日(金)大船渡市「トラットリア ポルコ・ロッソ」×東京「北島亭」
 7月26日(金)陸前高田市「和食 味彩」×東京「エッセンス」


首都圏などで岩手県産食材を使った料理を提供するお店はこちらをご確認ください。
「黄金の國、いわて。」応援の店
 HPhttps://www.iwate-syokuzaiclub.com/ouen/

先日ご紹介した東京都ラ・ロシェル山王での「北いわて食材フェア」もぜひ足を運んでみてくださいね。







最終更新日  2019.06.13 09:35:10
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.