11266425 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

イーハトーブログ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

サイド自由欄


イーハトーブログ ライター紹介
岩手県内をくまなく取材し、旬な情報をお届けしているライターの紹介ページです!

ブログ記事は、それぞれ、掲載日時点での情報です。名称、連絡先等、現時点の情報と異なる場合があります。

イーハトーブログ公式Facebook公式Twitterもご覧ください!!
 



岩手県について




県内各市町村についてはこちらから

岩手県内各地の観光をサポートするPRキャラクター
わんこきょうだいのご紹介♪


岩手県では「あなわん運動」を展開中です!!

その他リンク先








東日本大震災に伴う情報提供について
東日本大震災で被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。
岩手県内の災害対応状況については、テレビ・ラジオ等の他、岩手県公式ホームページ岩手県広聴広報課Twitter広聴広報課Facebook等を参考にされますよう、お願いいたします。

コメントも大歓迎です♪感想や情報などありましたらお気軽にどうぞ!(内容によっては、こちらの判断で削除する場合もあります。御了承ください。)

ネットワーク環境でアクセス制限がかかっており、自分のブログへのコメント返信は可能ですが、他の方へのコメントは出来ません。
皆さんのブログも楽しませていただいております。

コメント新着

カレンダー

2019.10.07
XML
カテゴリ:自然
こんにちは、むらっちです。スマイル

​​​​​茂師海岸​​​​ジオサイト(三陸ジオパークのみどころ)で、​​日本で最初の恐竜化石の発見場所​​です。そして茂師はむらっちの祖母の出身地。90年前に宮古市内の兄弟のところに姉妹で嫁いできました。そんな縁のある茂師ですが、むらっちは今回初めて訪れました!

4
​年前にこのブログで茂師のことを書いたあかっちさんは三陸鉄道岩泉小本駅近くの岩泉町小本支所から茂師海岸まで歩いていますが​【過去記事】、熟年のむらっちは茂師漁港から海岸線に沿って車で行けるところまで行ってみました。



茂師漁港の近くにちょっと変わった地層(原地山層と宮古層群の不整合露頭)が見られるとのことなのですが、、、、、それらしいものはあるものの、むらっちには判りませんでした。しょんぼり​説明板があれば・・


海岸に行った後は、日本で最初に発見された恐竜の化石(モシリュウ)の発見場所と熊の鼻展望台にも行きましたが、過去にこのブログでことぶきっちさんが紹介していますのでそちらをご覧くださいね。

【過去記事】​日本にも巨大恐竜がいた!?世界を驚かせた世紀の大発見「モシ竜」の化石発見場所はココだ!

​​​モシリュウの化石​レプリカ​​岩手県立博物館​​​本物​​が東京上野公園内の​国立科学博物館​にあります。
「本物を岩手に置いてほしいな~」と思うのですが、それだけ貴重な化石だということですね。
むらっちは三陸防災復興プロジェクト2019三陸ジオパークワクワクフェスタ「命のれきし」展でレプリカは見ましたが、国立博物館の本物も見てきましたよ。​​​


↑これが本物。全長20m級の竜脚類の上腕骨の真ん中あたりだそうです

​国立科学博物館の「日本館3階 日本列島の生い立ち」の部屋に​「日本で初めて発見された恐竜」​として展示されています。​

​周辺には岩手県北沿岸で産出した他の化石も多数展示されています。アンモナイト長さ1m!にもなるカキ二枚貝津波の痕跡の化石もありました。​


モシリュウの説明板に、地球館地下1階にモシリュウと同じ位の大きさと考えられる竜脚類があるので、前に立ったらモシリュウの大きさをイメージしてください、と書いてあったので立ってみました。

どうですか! 大きいですね~!

国立科学博物館の常設展では、フラッシュや自撮り棒・三脚を使用しなければ写真を撮ることができます。

 

​​​大船渡市で日本で最初に発見された古生代の化石のことをこのブログに書きましたが【過去記事】​岩手県の沿岸南部は古生代、北部は中生代​​の地層があるなんて本当に​貴重​ですね。​​​

モシリュウが発見されたからこそ日本で恐竜の発掘調査が進みましたし、最近では久慈でティラノサウルス類の歯が発見されたことが記憶に新しいですね。

 

 

三陸ジオパークのWEBサイトはこちら​​







最終更新日  2019.10.07 09:24:33
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.