13216529 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

イーハトーブログ

全76件 (76件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

道の駅・産直

2020.09.25
XML
テーマ:岩手県南(924)
カテゴリ:道の駅・産直
​​​​​​​

はしっちですグッド

今回ご紹介するのは
​​\道の駅錦秋湖/​​
〒029-5500 岩手県和賀郡西和賀町杉名畑44地割264

錦秋湖や湯田ダムのすぐそば、
これから紅葉の時期にかけて、さらに景観がよくなります目

ツーリングをされる方にも人気の様子です🏍自転車


店内には
西和賀町内のオススメの逸品
が取り揃えられていますひらめき

IBCラジオ ワイドステーションでもコーナーがある
​​​「湯田牛乳」のお取り扱いもありますスマイル

​ヨーグルトにかける「お味噌」「お醤油」もとっても気になります目


個人的にオススメするのが、ここでしか手に入らない
​​​​​​「道の駅錦秋湖限定・ガチャガチャ」​​​​です!!
ダムカードマグネット2台、湯田ダム缶バッチ1台、そして…
西和賀町のご当地キャラ「カタクリンコちゃん」缶バッチが1台りんご

ダムマニアの方は全種類コンプリートしたくなるのではないでしょうかウィンク


。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.


\​道の駅内のレストランでご飯を食べました食事​/

​冷やし天ぷらそば​
​​三陸町で採れたワカメ、西和賀町で採れたナス、えび、舞茸​​が乗っていて​
サクサクの揚げたて天ぷらに歯ごたえのある蕎麦がとても美味しかったです手書きハート


山菜豚バラ丼
​今回、一緒に取材へ行った職員が頼んでいたのでパシャリカメラ
​西和賀町のブランド山菜​「西わらび」と「雪解け極太ぜんまい」​を​
秘伝のタレで味付けした、西和賀ならではのスタミナ丼ごはん

ボリューミーでシャキシャキの山菜が美味しい!とのことでしたぺろり

*季節によりメニュー内容に変更がある場合があります。


西和賀町へ向かわれた際には
「道の駅錦秋湖」で
一休みしてみてはいかがでしょうか晴れ

​​。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.​​​​
​​​​​​
〒029-5500 岩手県和賀郡西和賀町杉名畑44地割264









最終更新日  2020.09.25 10:12:53
コメント(0) | コメントを書く

2020.09.09
カテゴリ:道の駅・産直
はしっちですバイバイ

​​​​​今回ご紹介するのは
現在大好評実施中!!

​​​​​​​​\第18回アテルイの里産直ラリー/​​​​
実施期間 令和2年8月8日(土)~10月18日(日)まで

​​参加施設のレシートを集めて応募すると、
抽選で素敵な商品をプレゼント!​​

​【参加施設】​
水沢:①Zプラザアテルイ内水沢産直 ②産直来夢くん
江刺:③江刺ふるさと市場 ④そば処もちた屋
⑤伊手産直長屋「源休館」 ⑥みてり産直
前沢:⑦菜旬館 
胆沢:⑧あぐりキッズ ⑨いさわ産直センターあじさい
金ケ崎:⑩産直かねがさき  ⑪産直ろくちゃん

応募方法:ラリー参加施設(上記画像参照)で発行されたレシート(各店舗税込み300円以上・奥州市の4地区(水沢、江刺、前沢、胆沢)及び金ケ崎町の5地区のうち2地区以上、3店舗。コピー不可。)3枚を1口とし、応募券に貼り、必要事項を記入のうえ、各店舗に設置の応募箱に投函してください。お一人様何口でもご応募いただけますが、応募券1枚につき1口となります。チャレンジ賞への応募の場合は応募券4枚に合計11枚(3枚にレシートを3枚ずつ、1枚にレシートを2枚)貼り、それぞれの応募券に必要事項を記入し、ホチキス等で4枚の応募券を固定して応募。

​​​*詳細については各店舗に設置の応募用紙をご覧ください。

☆参加施設の中から3店舗をご紹介☆




\①産直来夢くん/




​​​​​


奥州牛や前沢牛、新鮮なお魚がおいしい音符
別館のジェラート、ソフトクリームも美味しい音符

と評判な来夢くんでは
9月19日(土)・20日(日)の2日間
「8周年創業祭」を開催!

ソフトクリーム50円引き、
全国からお取り寄せした柿や梨などの特産品の販売目

出荷会員協賛のもと、野菜などを普段の
​半額で販売​​するコーナーも設置上向き矢印
(数量限定です。)

来夢くん店内で販売されている商品は(鮮魚介類を除く)、
​​​全てが国産品!
なんと、加工品の原材料まで国産の物とこだわる、安心の徹底ですグッド



​​​​

\②江刺ふるさと市場/

 ​​​​​​​​​​


江刺ふるさと市場さんでは
9月12日(土)・13日(日)の2日間
​​オープン19周年記念感謝セールを開催!​​

当日は​大抽選会​を実施
お買い物1,000円分のレシートで1回ガラポンに参加可能。
特賞(10本)…「江刺金札米」と「江刺りんご」1万円相当
をはじめとする豪華景品をご用意目
(特賞以外にも沢山の景品をご用意いただけている気配…ウィンク

また13日(日)は販売する度に人気で、前回の販売時には
3分で完売したという「ヒツジ肉」の販売もありますおひつじ座


オススメの商品は、大迫町にあります
「エーデルワイン」さんご協力のもと造られました
​「りんごワイン」りんご
やや甘口で、りんごの香りが広がるそうです。

また、大好評のりんごの販売では
​「つがるりんご」​が出始めているそうです上向き矢印




\③いさわ産直センターあじさい/


 

いさわ産直センターあじさいさんの売りは
おそうざいとお餅!
どちらも産直内でつくられ、出来立てを販売しています。
おもちは硬くならないと評判のようですひらめき
取材中もお客さんが途切れず買いにきていました!

 

9月20日頃までは
​【じゃがいも詰め放題】​を実施。
価格は300円+袋代3円、合計303円!
詰め放題の袋が、大きい!!泣き笑い
大体15kg位は入るそうです。

また、産直の裏の畑で採れるブルーベリーを使った
ソフトクリームもオススメだそうですひらめき
バニラ部分にはモーちゃん牛乳を使用おうし座
(通常サイズ300円、ミニサイズ210円)
ブルーベリーの酸味であっさりと食べる事ができます。
(今回は特別にマグカップで味見させていただきました💛)

詰め放題は、時期によって他の野菜もでるそうです。
お伺いした時にはピーマンの詰め放題(100円)もありました四つ葉

​​​​​​​​​​​​
​​​​​​​​



購入レシートを貼り、必要事項を記入、
各参加店舗に設置の『応募箱』へ入れて応募完了です!

 


地元を回りながらスタンプラリーに参加し、
美味しいもの・新鮮なものを堪能しながら
一緒に盛り上げてみませんかウィンクグッド




☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆:;;::;;:*:;;::
お問い合わせ
☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆:;;::;;:*:;;::

胆江地方産直施設連絡会事務局(JA岩手ふるさと産直課)
電話 0197-26-4151





​​​​​​​​









最終更新日  2020.09.09 10:12:53
コメント(0) | コメントを書く

2019.12.04
カテゴリ:道の駅・産直
​​こんにちは!ざるっちです♪



おおのキャンパスには、道の駅、産業デザインセンターをはじめ、木工・陶芸・ガラス・さき織り・園芸などの地域資源活用工房、宿泊施設、健康の湯、パークゴルフ場、動物ふれあい館など18の施設があり、「一人一芸モノづくりの里」の拠点で、学ぶ・遊ぶ・創る・食べる・体験することができて、世代を問わず、一日中楽しむことができます!

​今回、ご紹介するのは、農産物直売所​「ゆうきセンター」​です!​
新鮮な地元産の食材などが揃い、今の時期は特に「りんご」が充実しています!スマイル
地元産の野菜と、赤く色づいたりんごが、ずらり音符
東日本大震災の年に岩手県で生まれ、収穫量が少ない希少種​「大夢(おおゆめ)」​も販売されていました!復興に大きな夢をのせてと、願いを込め命名された大玉のりんご!
11月23日(土)、24日(日)の両日開催の「りんごまつり」では、試食販売が行われたほか、詰め放題が¥400(税込)!「ツル割れを狙って詰めるといいよ!うまいよ~」と教わりましたびっくり

きらきらツル割れりんごきらきら
​ツルのもとに亀裂が入っているりんごのことで、実がしっかり熟した証拠!蜜入りの完熟が多く、美味しい目印!「りんご通」が好んで選ぶとか!​
うれしい蜜入り​でした!あま~い♡
 
こちらも、岩手県生まれのりんごで今年販売された​「青林(せいりん)」​!シャキシャキ、ジューシーでおいしい~うっしっし
旨みがギュッと詰まって栄養満点の「寒じめほうれん草」や、大野産のりんごを使用した手づくりのお菓子なども、種類が豊富スマイル日によって商品が変わるようです!




NEW新商品NEW「きくいも」と「ヤーコン」が
ピクルスになりました星健康効果や高い栄養価も注目されていて、気になる商品ですグッド

「りんご」のほかにもさまざまな食材があるので、旬のおいしさを逃さず味わいたいですね!
週末やイベントのある日には、道の駅の回廊で地元の農産物や素朴な手づくりのお菓子、木工品などの店をだし、にぎやかな市が開かれるようです!もちろん価格もお買い得!ぜひ、足をお運びください音符




農産物直売所
ゆうきセンター
TEL:(0194)77-4379
FAX:(0194)77-4389
Eメール: yuuki@ohnocampus.jp
〒028-8802 岩手県九戸郡洋野町大野58-12-30




​​






最終更新日  2019.12.04 10:30:06
コメント(0) | コメントを書く

2019.11.12
テーマ:岩手県央(650)
カテゴリ:道の駅・産直
こんにちは、あべっちです!
​いよいよ「りんご🍎」が美味しい季節を迎えました!
盛岡市と紫波町の「美味しいりんご」が買える
​産直施設のご紹介をします。

【盛岡市の産直施設】

​①​盛岡市川目6-85-2 「てんぐの里106」​盛岡東部産直センター
詳しくはこちら​​​​​てんぐの里 106 盛岡東部産直センターいわて食材倶楽部​​​

盛岡市内より沿岸の宮古方面へ向かう国道106号沿い
山間部に差掛る地域にあるこちらの産直は
これから「りんご」の収穫が最盛期に入り
売場の多くを「りんご」が占めるようになるそうです。
人気の「リンゴジュース」も種類豊富に揃えているそうです。

併設される農家レストラン「味の小てんぐ」では
「美味しい手打ちそば」が食べられます。

盛岡市手代森24-57 都南乙部産直組合「花山野」​(かぁさんや)
詳しくはこちら都南乙部産直組合「花山野」ブログ​

盛岡市より遠野・陸前高田方面に向かう国道396号沿いにあります。
こちらの産直施設のある地区では
「りんご」栽培に伴い養蜂も
多く行われていて、
珍しい「りんごの蜂蜜」なども販売しているそうです。

今週末11/16(土)17(日)と来週末11/23(土祝)24(日)に
ご贈答用りんごの販売会が行われます。
是非足を運んでみてくださいね!

盛岡市上太田
上吉本63-2​ 産直太田いさり​​「こがねの里」​
詳しくはこちら​​​産直太田いさりこがねの里いわて食材倶楽部

東北自動車道盛岡インターチェンジより秋田方面へ
約600m向かい舟場橋交差点より左折(盛岡市立高校方面)
紫波町方面へ約1.9kmの所左手にあります。
野菜・果物やお米以外にも、牛乳、乳製品、魚類、貝類、海草類、麺類、
水産加工品、調味料、飲料、菓子類など

地域の商店の様な品揃えの産直施設です。

盛岡市の上鹿妻
山崎41-1 上鹿妻の産直​「あいさい舘」​
詳しくはこちら上鹿妻の産直「あいさい舘」いわて食材倶楽部

③の
産直太田いさり「こがねの里」より更に紫波町方面へ
約1.3kmのところにあります。
​​こちらの産直施設では「フェイスブック」ページで新鮮な情報を
お知らせしていますのでチェックしてみて下さいね!

「フェイスブック」ページ上鹿妻の産直「あいさい舘」

【紫波町の産直施設】

紫波町
遠山字松原7-1 産直センター​「あかさわ」​
詳しくはこちら⇒産直センター「あかさわ」いわて食材倶楽部

国道396号沿いの②盛岡市手代森の「花山野」​(かぁさんや)から約11km
東北自動車道紫波インターチェンジより約9km

こちらの産直施設は「道の駅紫波」の核店舗です。
岩手県「道の駅」連絡会ホームページ道の駅紫波
この地域で生産された「ぶどう」・「りんご」などの果物をはじめ、
野菜や山菜、漬物などの加工品が豊富に取り揃っています。

別棟に「レストラン果里ん亭」とお酒や菓子クラフト品の
お土産売り場「物産舘」があります。

産直施設の横の道路を奥へ進むと
「紫波フルーツパーク」があり
「ピザづくり」「そば打ち」「ソーセージづくり」「タルトづくり」などの
手づくり体験や、シーズンには「ぶどう狩り」なども体験できる施設です。
​​​​​詳しくはこちら⇒​紫波フルーツパークホームページ

紫波町佐比内
字馬場80-1 峠の駅​「紫波ふる里センター」​
詳しくはこちら⇒​峠の駅​「紫波ふる里センター」​ホームページ

毎年9月上旬~10月末まで行われる「かかしまつり」でにぎわう
こちらの産直施設は国道396号沿いにあります。
⑤紫波町の産直センター​「あかさわ」​から
遠野方面へ約9km
東北自動車道花巻インターチェンジより約17kmのところにあります。
8月の「ぶどう」から始まる果物や季節の「野菜」や「花」
もちろん「りんご」の品ぞろえも豊富です。


隣接するレストラン「ぶどうの樹」は今年リニューアルオープンしました。
地元の野菜を中心につかったランチメニューと
ソフトクリームやジェラートも大人気です。


紫波町高水寺字田中66-2 ​古館産直センター​​「グリーンハウス」​
​昭和期の石造りの米倉庫を再利用して開設された産直施設です。​
詳しくはこちら​​​​​​​紫波町観光交流協会ホームページ​​​​​
国道4号線古舘小学校入口交差点の角にあります。
東北自動車道紫波インターチェンジより約5.5km
JR東北本線紫波中央駅より約2.5km​​

「りんご」は時季により種類が変わりますが
これからは主に「サンフジ」が
多く棚に並ぶそうです。

「長ネ
ギ」や「白菜」などの鍋物野菜はもちろんですが、



「春菊」「小松菜」「つるむらさき」などの葉物野菜に
「大根」も美味しい季節になりましたね!

紫波町紫波中央駅前2-3-3オガールプラザ西棟 紫波マルシェ」
詳しくはこちら​​​⇒​オガールホームページ(オガールプラザ)

「りんご」はもちろんですが、野菜、お弁当、お惣菜、生花
鮮魚、精肉、豆腐に納豆、麺類まで有ってスーパー並みの品数です。

JR東北本線紫波中央駅から約350m
徒歩4分
イベントスペースや図書館と飲食店や宿泊施設まで有る
複合交流施設「オガール」の産直施設です。

これから岩手の産直では「りんご」が主力商品となり
県央では、特に盛岡市や紫波町の産直には多く並びます。
よく「1日1個のりんごは医者いらず
」と言われますが
みなさんも「1日1個のりんご」試してみて下さいね!​​






最終更新日  2019.11.12 17:00:09
コメント(2) | コメントを書く

2019.11.06
テーマ:岩手県央(650)
カテゴリ:道の駅・産直
こんにちは、あべっちです!
​今回は国道282号沿いにある八幡平市の
「道の駅にしね」の産直施設のご紹介をします。

岩手県八幡平市大更2-154-36「道の駅にしね」まで⇒Googleマップ
TEL 0195-75-0070 FAX 0195-75-0071
道の駅にしねホームページ
営業時間が今月11/1(金)より変わりました。
【産直 売店】 9:00~17:00
【食  堂】 11:00~16:00(人気のソフトクリーム 9:15~17:00)
東北自動車道西根インターチェンジより国道282号を南盛岡方面へ約1km(3分)
国道沿いの出入りがしやすい道の駅で大変人気があります。

店内は道の駅らしく産直施設の売り場とお土産売り場が併設されていて
お隣の別棟には「地産地消」和風レストランがあります。
八幡平および岩手県で生産された野菜・肉・卵などの食材にこだわって使用し
「地産地消レストラン二つ星認定店」になっているそうです。
 月替わりメニューは季節に応じて毎月違ったメニューが食べられるそうです。
 特に「ほうれん草カレー」は珍しくて人気があるそうですよ。

店内をみて驚いたのは「原木しいたけ」の大きさにビックリです。
大きさを生かして「ステーキ」にして食べるのがオススメなんだそうですよ。

これからの時期は根菜類が中心で「ながいも」「ごぼう」

「じゃがいも」「大根」も新鮮で美味しそうですね。

近年「カボチャ」の種類が増えましたが、
長い物やひょうたんのような物などがありますが、
調理の仕方が分からなくて不安ですよね?
売場にレシピを掲示して
美味しい食べ方をオススメしていますので、
参考にしてチャレンジしてみて下さいね!


もちろん!
この季節鍋物に欠かせない「白菜」も大小さまざまあります。

「ほうれん草」は今ぐらいの寒くなって来た頃が
味が濃くて「美味しい」そうですよ。


加工品コーナーには雑穀や八幡平市の特産品「杜仲葉茶」の茶葉が置いています。
健康茶として話題の「杜仲葉茶」は、ノンカフェインなので
カフェインが気になる方やお子様にもオススメなんだそうです。
​​​​​​​​​​​​「杜仲葉茶」を食べて育った八幡平市「有限会社コマクサファーム」さんの
「岩手山麓杜仲茶ポーク」を使ったメニューがお隣の
「地産地消」和風レストランでも
食べられるそうです。
「有限会社コマクサファーム」さんのホームページ

広い八幡平市では「りんご」の生産も多く、同じ種類の「りんご」でも
朝晩の寒暖差が大きい八幡平市のりんごは一味違うんだ
そうですよ。
時期により主力の「りんご」の種類が替わるそうです。
その時その時の美味しい
「りんご」を楽しんで下さいね!

寒いところでも美味しいお米が出来るようになって、
お米の種類も増えましたが、八幡平市でも美味しいお米を作る生産者が
増えてきているそうです。こちらの産直の組合員の方々が、
こだわって作ったお米を玄米で販売しているのですが、
​そのお米を買ったお客さんに限り無料で精米させてくれるそうです。
つきたて(精米したて)のお米は、特に美味しいですからね!

さてさて実り豊かな八幡平市の「道の駅にしね」の産直はいかがでしたか?
八幡平市の観光についてはこちら⇒​八幡平市観光協会

次回は、フルーツの産地紫波町「りんご」を中心に
ご紹介しますので
またご覧下さいね!






最終更新日  2019.11.06 17:00:06
コメント(0) | コメントを書く

2019.09.27
テーマ:岩手県央(650)
カテゴリ:道の駅・産直
こんにちは、あべっちです!
​今回のシリーズで2軒目の産直施設のご紹介をします。

滝沢市の市役所庁舎向かい側にある、
ビッグルーフ滝沢の中にある「たきざわキッチン」です。
ビッグルーフ滝沢は、交流拠点としてイベントホールや
図書館・クッキングスタジオ等が総合的に充実した
複合施設です。
​​詳しくはこちら⇒​ビッグルーフ滝沢
上の写真は、9/8(日)に開催されました、
「第7回GREAT EARTH みちのく岩手雫石銀河ライド」
エイドステーション会場として利用された時の様子です。
イーハトーブログでもご紹介していますので、こちらもご覧ください。
【県央】〔雫石町〕第7回GREAT EARTH みちのく岩手雫石銀河ライド

滝沢市は毎年6月に開催される「チャグチャグ馬コ」の出発地です。
鬼越蒼前神社を出発し、装束を着けられて鈴の音を「チャグチャグ」と
鳴らしながら、盛岡市の盛岡八幡宮まで約14km道のりを行進します。
以前イーハトーブログでもご紹介していますので、こちらもご覧ください。
【県央】残したい日本の音風景百選「チャグチャグ馬コ」

また、滝沢市はスイカの産地として有名なのです。
今年の販売は既に終わりましたが、毎年8月に
「滝沢スイカまつり」が開催されます。
左上の写真は今年開催された時のポスターです。

これからの季節は徐々にスイカに取って変わって、りんごが売り場の棚を埋めます。

特に滝沢市で生まれた新品種のりんご「はるか」がおすすめだそうです。
​​​​爽やかな甘さとみずみずしさで大変人気なんだそうですよ。
12月上旬から販売が開始されます。

「はるか」について詳しくはこちら⇒​滝沢市ホームページ

もちろん野菜も種類豊富に沢山ありました。
これからの季節は、白菜や大根などや「きのこ類」も多く並ぶようになります。
滝沢市では「クイックスイート」と言う新品種のサツマイモの生産も盛んで、
電子レンジで加熱しても短時間で甘くなり、
冷めても食味が優れているそうです。
これから続々と棚に並ぶそうですが、こちらも毎年大人気なんだそうです。
「クイックスイート」について詳しくはこちら⇒​滝沢市ホームページ

他にもりんごジュースやドライフルーツなど、
滝沢市の特産品を加工した商品も沢山ありました。


こちらのコーナーは、先ほどの「クイックスイート」を
焼酎(いもじょうちゅう)にした「馬芋ん」
「滝沢りんご」をワインにした「Pomme(ポム)
「Pomme Sparkling Wine(ポムスパークリング)​​
​ 滝沢産の岩手県酒造好適米「ぎんおとめ」を使った
日本酒「鞍掛山(くらかけやま)などのお酒類もありました。
詳しくはこちら⇒​滝沢市ホームページ

地元滝沢市の作家さんの作品の陶器や竹細工などの工芸品や雑貨も
多く扱われていて、見ているだけでも楽しいですよ。

入口から一番奥のレストランカフェスペースでは、
滝沢市の食材をふんだんに使ったメニューが提供されています。
右上の写真のあべっちが食べたのは、パスタ麺を使った
「じゃじゃパスタセット(コーヒーは別途)を美味しく頂きました。
詳しくはこちら⇒​たきざわキッチンレストラン
レストラン以外にも、作っている様子が見える
ライブキッチンで作られた惣菜やお菓子お弁当が美味しそうでしたよ。
詳しくはこちら⇒​たきざわキッチン

​​だいぶ涼しくなって、食欲の秋も盛り上がってきましたね!
みなさんも産直めぐり楽しんでみて下さいね。

【県央】〔岩手町〕「 収穫の秋」2019年産直めぐり-その1​​​ 
岩手町の国道4号沿いにある「道の駅石神の丘」の
産直物産コーナーを紹介しています。
こちらもご覧ください。
​​
たきざわキッチンが入っている、ビッグルーフ滝沢はこちらにあります。
〒020-0665 岩手県滝沢市下鵜飼1-15 
TEL:019-656-7811(コミュニティセンター)
TEL:019-684-2830(たきざわキッチン)
詳しくはこちら⇒​ビッグルーフ滝沢ホームページ
​​​​​
​​






最終更新日  2019.09.27 09:05:25
コメント(0) | コメントを書く

2019.09.19
テーマ:岩手県央(650)
カテゴリ:道の駅・産直
こんにちは、あべっちです!
​今回からシリーズで、産直施設のご紹介をします。

岩手町の
国道4号沿いにある、道の駅石神の丘の産直物産コーナーです。

岩手町はブルーベリーとキャベツの生産が盛んな町です。
町内いたる所にキャベツ畑があります。

岩手町をキャベツで盛り上げようと、地元の有志が
「キャベツ戦隊キャベツマン」を結成しており、
そのキャベツマンの顔出しパネルが、この道の駅に設置されています。
岩手町の名物の1つに、このキャベツ「春みどり」をふんだんに使った
B-1グルメ「いわてまち焼きうどん」が有るのです。
詳しくはこちら⇒​いわてまち焼きうどん連合歓隊

こちらの産直施設を取材におじゃました時は、
とれたてのキャベツ「春みどり」が沢山並んでいました。
11月中旬まで、キャベツ
「春みどり」の入荷があるそうです。

もちろん
B-1グルメ「いわてまち焼きうどん」も売ってます

キャベツ「春みどり」が沢山入った餃子もありました。

また、岩手町のお肉屋さん「肉のふがね」さんと「佐藤精肉店」さんの
「ホルモン鍋」にはキャベツが欠かせません。
是非試してみて下さいね!
肉のふがねさんについてはこちら⇒​肉のふがね
佐藤精肉店さんについてはこちら⇒
佐藤精肉店
他にも、上の写真中段の青いラベル「菊池牧場」さんの
「手づくり無添加のドイツソーセージ」
下段の緑のラベルの「いわてミート工房」​さんの
こだわりの無添加ハム・ソーセージなど」​が買えます。
菊池牧場さんについてはこちら⇒​​菊池牧場
いわてミート工房さんについてはこちら⇒​いわてミート工房

これから寒くなる季節にオススメの鍋物野菜も沢山あります。

サラダやお浸しにオススメの野菜も、もちろんあります。

こちらは、どちらも岩手町の特産品を使ったお酒
左上はブルーベリーのワイン「ルルとリリ」詳しくはこちら⇒​「ルルとリリ」
右上はきゃべつ焼酎「キャベ酎」詳しくはこちら「キャベ酎」

こちらは特に大人気の「黒内加工組合」さんの商品2点です。
左上の写真は「くろない手づくり豆腐」右上の写真は「くろない手づくりみそ」

美味しそうなお餅におこわとおにぎりや
手づくりパンも揃っています。
これから秋が深まると「きのこ類」なども出てきますね。
みなさんも是非立ち寄ってみて下さいね!

岩手町国道4号沿いの道の駅石神の丘
〒028-4301 岩手県岩手郡岩手町大字五日市第10地割121−20
​道の駅石神の丘ホームページ​

​​​​道の駅石神の丘内に併設されている石神の丘美術館では
宇田義久展 
Aqua UDA Yoshihisa works 2014-2019
9月28日(土)から11月4日(月・祝)まで開催されます。
詳しくはこちら⇒​石神の丘美術館ホームページ






最終更新日  2019.09.19 18:01:04
コメント(2) | コメントを書く

2019.01.25
テーマ:岩手県北(1025)
カテゴリ:道の駅・産直
こんにちは なまっちです。
昨年10月から販売されたベアレン醸造所の「なもみビール」。野田村内限定販売で、売上1本につき10円が野田村に寄付されるビールなのですが、今だけ野田村の観光物産館ぱあぷるで購入すると数量限定で特典があると聞き行ってきました~。


なもみビール 1本 360円(税込み)

なもみビールの由来となっている「なもみ」とは、小正月の夜に子供がいる家を訪問し、その家の家内安全・無病息災を祈願する神様のこと。囲炉裏端で怠けるているとすねにできるなもみと呼ばれるやけど痕を剥ぎに来ることから「なもみ」と呼ばれています。


「わりぃ子はいねぇがぁ!?」
「言う事聞がねぇのいねがぁ?」
(写真提供:NPO法人のんのりのだ物語 下向さん)

今回の特典は「なもみが訪れた家だけに配られるお札」!!野田村にある神社で祈祷したお札をいただけちゃうんです!


なもみが帰ってホッとしている顔で1枚(笑)
(写真提供:NPO法人のんのりのだ物語 下向さん)

観光物産館ぱあぷるで、なもみビールを3本以上買うとお札をいただけるとのこと。お札は枚数に限りがあるそうですので、欲しい方はお早めに。
また、観光物産館ぱあぷるのソフトクリーム売り場では、3月9日までの平日、ソフトクリーム39円引きの39(サンキュー)フェアを開催中!ちょっと寒いかもしれませんが、こちらもぜひお楽しみください。


お札にはなもみビールのラベルと同じイラストが描かれていて、ちょっとかっこいいです。


道の駅のだ 観光物産館ぱあぷる
 TEL:0194-78-4171
 住所:野田村大字野田31-31-1

過去記事:〔野田村〕小正月行事の「なもみ」さんに会ってきちゃいました♪






最終更新日  2019.01.28 10:10:52
コメント(0) | コメントを書く

2018.11.08
テーマ:岩手県南(924)
カテゴリ:道の駅・産直
​​​​
こんにちは
わっちです歩く人

今週末10日(土)~11日(日)に
一関市のむろねきらめきパークで
​むろね産業文化祭​
が開催されます。
​様々な作品やポスター・パネルが展示されるほか、郷土芸能・舞踊団体等の発表もあります。
両日開催される、森と海の物産フェアでは、
地場産品や農林水産物が販売される販売コーナーや、おいしいご飯が揃う食事コーナーなどが設けられます。
また、石うす振舞い餅つきや、鮭のつかみ取りなど楽しいイベントも開催されますよ星
室根の魅力が詰まった産業文化祭にぜひお越しくださいマラソン
​​―  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―
むろね産業文化祭
<開催日時>
11月10日(土)~11日(日)
10日(土) 9:30-16:00
11日(日) 8:30-14:00
<会場>
むろねきらめきパーク
<お問い合わせ>
室根支所産業経済課
電話:0191-64-3806

*  *  *  *  *  *  *
むろね産業文化祭に来たら、ぜひここにも寄ってほしい!
というスポットをご紹介します。
今年の4月にOPENした
道の駅むろねです。

むろね産業文化祭の会場となる、むろねきらめきパークからは車で約5分のところにあります。​

この道の駅の特徴は、山の恵みも海の恵みもそろっていること、大自然を満喫できることです。


きのこなどの山の恵み(写真左)と海産物コーナー(写真右)。
おいしい恵みが揃っていますスマイル

農産物コーナーには新鮮な色とりどりの野菜が並んでいました。
平日のお昼頃だったのですが、これらの野菜などを買っていくお客さんでにぎわっていましたよ晴れ


室根名物、金成屋のだんごも売っていますよスマイル
玉型ではなく、平らなだんごなんです。​


入口入ってすぐの廊下には、木工製品や植物などの商品が並んでいます。

中には切り株をそのまま利用したイスも…!
​屋外には、大自然に囲まれたこの地ならではの、
景色を楽しむことができるベンチも設けられています。

この日は天気が良かったので、この場所で景色を楽しみながら食事をする人もいましたよ晴れ食事

​​
道の駅むろねからの眺め。遠くに山並みが見えます四つ葉

食堂の「味処むろね」では、ご飯ものから麺類まで様々なメニューが揃っています。
日替わりメニューは「海の幸」と「山の幸」から選ぶことができますよスマイル食事

大自然を満喫できる、道の駅むろねにぜひお越しくださいマラソン
―  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―
道の駅むろね
一関市室根町折壁字向山131-9
一関ICから車で50分
〔営業時間〕
4月~11月 9:00~19:00
12月~3月 9:00~18:00
〔定休日〕
なし
〔お問い合わせ〕
電話:0191-34-4180
​​​​






最終更新日  2018.11.08 09:13:07
コメント(0) | コメントを書く

2018.10.24
テーマ:岩手県北(1025)
カテゴリ:道の駅・産直
こんにちは なまっちです。
10月20日(土)に行われたオドデ館友の会収穫祭かっけまつりに行ってきました~。


天候にも恵まれ、会場となった道の駅おりつめオドデ館には多くの方々が訪れ、新鮮な地元の野菜や果物などを買い求めていました。


白菜やキャベツ、旬のりんごのほか
「バナナピーマン」や殻が薄い青色の「アローカナの卵」など珍しい物もありましたよ。


大きい松茸や、本しめじ、原木栽培のなめこなどが並び、
訪れる人の多くが足を止めて品定めしていたキノココーナー。


南部煎餅の天ぷらやどんぐりを使ったしだみ団子など、おやつコーナーも充実しています。

「かっけまつり」ということで、普段は政実くのへFMの「どでんスタジオ」がある場所が「蕎麦かっけづくり体験会」の会場に変貌!!地元のお母さんたちが先生となり、蕎麦かっけの作り方を教えてくれましたよ~。



++++ 「かっけ」とは? ++++
蕎麦や小麦を打って伸ばしたものを三角に切り、
豆腐やダイコンと一緒に鍋でゆで、ニンニク味噌で食べる郷土料理。
そばで作ったものを「蕎麦かっけ」
小麦で作ったものを「麦かっけ」などと呼びます。
++++++++++++++++++

「かぁけぇ」(「さぁ、食べてください」の意)が、かっけという呼び名になったとか、そば打ちの際にでる「そばのかけら」から、かっけと呼ばれるなど様々な説があるといったお話や、「小さいころ食べていたかっけはこんなにきれいな形じゃなかったのよ」という思い出話を聞きながら、楽しく蕎麦かっけを作ることができました。


体験後、自分が打った蕎麦かっけのほか、
そば打ちに使うめん棒と秘伝帳・終了証までいただきました。
気分はすでに「蕎麦かっけマイスター」です(笑)

今回は体験に参加して蕎麦かっけをゲットしましたが、オドデ館レストランで食べることもできますよ~。また、今週末には九戸村体育センターで、「第2回九戸村そばかっけ早食い世界選手権」も行われますので、気になる方は参加してみてはいかがでしょうか。



道の駅おりつめ オドデ館
 営業時間:産直施設オドデ館  8:00~19:00
      オドデ館レストラン 11:00~15:00
 定休日:年末年始
 場所:九戸村大字山屋2-28-1
 TEL:0195-42-4400






最終更新日  2018.10.24 09:00:17
コメント(0) | コメントを書く

全76件 (76件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.