10741002 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

イーハトーブログ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

サイド自由欄


イーハトーブログ ライター紹介
岩手県内をくまなく取材し、旬な情報をお届けしているライターの紹介ページです!

ブログ記事は、それぞれ、掲載日時点での情報です。名称、連絡先等、現時点の情報と異なる場合があります。

イーハトーブログ公式Facebook公式Twitterもご覧ください!!
 



岩手県について




県内各市町村についてはこちらから

岩手県内各地の観光をサポートするPRキャラクター
わんこきょうだいのご紹介♪


岩手県では「あなわん運動」を展開中です!!

その他リンク先








東日本大震災に伴う情報提供について
東日本大震災で被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。
岩手県内の災害対応状況については、テレビ・ラジオ等の他、岩手県公式ホームページ岩手県広聴広報課Twitter広聴広報課Facebook等を参考にされますよう、お願いいたします。

コメントも大歓迎です♪感想や情報などありましたらお気軽にどうぞ!(内容によっては、こちらの判断で削除する場合もあります。御了承ください。)

ネットワーク環境でアクセス制限がかかっており、自分のブログへのコメント返信は可能ですが、他の方へのコメントは出来ません。
皆さんのブログも楽しませていただいております。

コメント新着

カレンダー

全69件 (69件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

道の駅・産直

2019.01.25
XML
テーマ:岩手県北(1026)
カテゴリ:道の駅・産直
こんにちは なまっちです。
昨年10月から販売されたベアレン醸造所の「なもみビール」。野田村内限定販売で、売上1本につき10円が野田村に寄付されるビールなのですが、今だけ野田村の観光物産館ぱあぷるで購入すると数量限定で特典があると聞き行ってきました~。


なもみビール 1本 360円(税込み)

なもみビールの由来となっている「なもみ」とは、小正月の夜に子供がいる家を訪問し、その家の家内安全・無病息災を祈願する神様のこと。囲炉裏端で怠けるているとすねにできるなもみと呼ばれるやけど痕を剥ぎに来ることから「なもみ」と呼ばれています。


「わりぃ子はいねぇがぁ!?」
「言う事聞がねぇのいねがぁ?」
(写真提供:NPO法人のんのりのだ物語 下向さん)

今回の特典は「なもみが訪れた家だけに配られるお札」!!野田村にある神社で祈祷したお札をいただけちゃうんです!


なもみが帰ってホッとしている顔で1枚(笑)
(写真提供:NPO法人のんのりのだ物語 下向さん)

観光物産館ぱあぷるで、なもみビールを3本以上買うとお札をいただけるとのこと。お札は枚数に限りがあるそうですので、欲しい方はお早めに。
また、観光物産館ぱあぷるのソフトクリーム売り場では、3月9日までの平日、ソフトクリーム39円引きの39(サンキュー)フェアを開催中!ちょっと寒いかもしれませんが、こちらもぜひお楽しみください。


お札にはなもみビールのラベルと同じイラストが描かれていて、ちょっとかっこいいです。


道の駅のだ 観光物産館ぱあぷる
 TEL:0194-78-4171
 住所:野田村大字野田31-31-1

過去記事:〔野田村〕小正月行事の「なもみ」さんに会ってきちゃいました♪






最終更新日  2019.01.28 10:10:52
コメント(0) | コメントを書く

2018.11.08
テーマ:岩手県南(870)
カテゴリ:道の駅・産直
​​​​
こんにちは
わっちです歩く人

今週末10日(土)~11日(日)に
一関市のむろねきらめきパークで
​むろね産業文化祭​
が開催されます。
​様々な作品やポスター・パネルが展示されるほか、郷土芸能・舞踊団体等の発表もあります。
両日開催される、森と海の物産フェアでは、
地場産品や農林水産物が販売される販売コーナーや、おいしいご飯が揃う食事コーナーなどが設けられます。
また、石うす振舞い餅つきや、鮭のつかみ取りなど楽しいイベントも開催されますよ星
室根の魅力が詰まった産業文化祭にぜひお越しくださいマラソン
​​―  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―
むろね産業文化祭
<開催日時>
11月10日(土)~11日(日)
10日(土) 9:30-16:00
11日(日) 8:30-14:00
<会場>
むろねきらめきパーク
<お問い合わせ>
室根支所産業経済課
電話:0191-64-3806

*  *  *  *  *  *  *
むろね産業文化祭に来たら、ぜひここにも寄ってほしい!
というスポットをご紹介します。
今年の4月にOPENした
道の駅むろねです。

むろね産業文化祭の会場となる、むろねきらめきパークからは車で約5分のところにあります。​

この道の駅の特徴は、山の恵みも海の恵みもそろっていること、大自然を満喫できることです。


きのこなどの山の恵み(写真左)と海産物コーナー(写真右)。
おいしい恵みが揃っていますスマイル

農産物コーナーには新鮮な色とりどりの野菜が並んでいました。
平日のお昼頃だったのですが、これらの野菜などを買っていくお客さんでにぎわっていましたよ晴れ


室根名物、金成屋のだんごも売っていますよスマイル
玉型ではなく、平らなだんごなんです。​


入口入ってすぐの廊下には、木工製品や植物などの商品が並んでいます。

中には切り株をそのまま利用したイスも…!
​屋外には、大自然に囲まれたこの地ならではの、
景色を楽しむことができるベンチも設けられています。

この日は天気が良かったので、この場所で景色を楽しみながら食事をする人もいましたよ晴れ食事

​​
道の駅むろねからの眺め。遠くに山並みが見えます四つ葉

食堂の「味処むろね」では、ご飯ものから麺類まで様々なメニューが揃っています。
日替わりメニューは「海の幸」と「山の幸」から選ぶことができますよスマイル食事

大自然を満喫できる、道の駅むろねにぜひお越しくださいマラソン
―  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―
道の駅むろね
一関市室根町折壁字向山131-9
一関ICから車で50分
〔営業時間〕
4月~11月 9:00~19:00
12月~3月 9:00~18:00
〔定休日〕
なし
〔お問い合わせ〕
電話:0191-34-4180
​​​​






最終更新日  2018.11.08 09:13:07
コメント(0) | コメントを書く

2018.10.24
テーマ:岩手県北(1026)
カテゴリ:道の駅・産直
こんにちは なまっちです。
10月20日(土)に行われたオドデ館友の会収穫祭かっけまつりに行ってきました~。


天候にも恵まれ、会場となった道の駅おりつめオドデ館には多くの方々が訪れ、新鮮な地元の野菜や果物などを買い求めていました。


白菜やキャベツ、旬のりんごのほか
「バナナピーマン」や殻が薄い青色の「アローカナの卵」など珍しい物もありましたよ。


大きい松茸や、本しめじ、原木栽培のなめこなどが並び、
訪れる人の多くが足を止めて品定めしていたキノココーナー。


南部煎餅の天ぷらやどんぐりを使ったしだみ団子など、おやつコーナーも充実しています。

「かっけまつり」ということで、普段は政実くのへFMの「どでんスタジオ」がある場所が「蕎麦かっけづくり体験会」の会場に変貌!!地元のお母さんたちが先生となり、蕎麦かっけの作り方を教えてくれましたよ~。



++++ 「かっけ」とは? ++++
蕎麦や小麦を打って伸ばしたものを三角に切り、
豆腐やダイコンと一緒に鍋でゆで、ニンニク味噌で食べる郷土料理。
そばで作ったものを「蕎麦かっけ」
小麦で作ったものを「麦かっけ」などと呼びます。
++++++++++++++++++

「かぁけぇ」(「さぁ、食べてください」の意)が、かっけという呼び名になったとか、そば打ちの際にでる「そばのかけら」から、かっけと呼ばれるなど様々な説があるといったお話や、「小さいころ食べていたかっけはこんなにきれいな形じゃなかったのよ」という思い出話を聞きながら、楽しく蕎麦かっけを作ることができました。


体験後、自分が打った蕎麦かっけのほか、
そば打ちに使うめん棒と秘伝帳・終了証までいただきました。
気分はすでに「蕎麦かっけマイスター」です(笑)

今回は体験に参加して蕎麦かっけをゲットしましたが、オドデ館レストランで食べることもできますよ~。また、今週末には九戸村体育センターで、「第2回九戸村そばかっけ早食い世界選手権」も行われますので、気になる方は参加してみてはいかがでしょうか。



道の駅おりつめ オドデ館
 営業時間:産直施設オドデ館  8:00~19:00
      オドデ館レストラン 11:00~15:00
 定休日:年末年始
 場所:九戸村大字山屋2-28-1
 TEL:0195-42-4400






最終更新日  2018.10.24 09:00:17
コメント(0) | コメントを書く

2018.08.31
テーマ:岩手県北(1026)
カテゴリ:道の駅・産直
こんにちは なまっちです。
へろまち産直館の炭が入ったソフトクリームをご紹介します!


炭入りソフトクリーム 250円(税込み)

岩手県内でも木炭の生産が盛んな久慈市山形町にあるへろまち産直館。「炭入りソフトクリーム」には、山形町産木炭の粉末が使われています。なめらかな口当たりのなかに、わずかに感じる「サクッ」という炭の不思議な食感。想像していた「ざらざら感」は感じず、さっぱりしていて、おいしくいただきましたグッド


ソフトクリームの種類とコーンを好きな組み合わせでいただくことが出来ます。

ソフトクリームだけではなく、戸呂町産のほうれん草をたっぷり使った「ほうれん草ラーメン」や、短角牛を使った「牛まん」などが楽しめるへろまち産直館。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。


へろまち産直館は、県道42号戸呂町軽米線沿いにあります。
お食事スペースが広めにあり、ゆっくりと休憩することもできますよ。

お問い合わせ先
 へろまち産直館
  営業時間:夏季(4月~8月中旬)   10:00~18:00
       冬季(8月中旬過ぎ~3月末)10:00~17:00
       ※食堂の営業時間は11:00~15:00(ラストオーダー14:30頃)
  定休日:水曜日
  TEL:0194-72-3880
  住所:久慈市山形町戸呂町6-35-2
  Facebookhttps://www.facebook.com/戸呂町産直館-379326118846979/

過去記事:【県北】〔久慈市〕ほっと一息♪戸呂町産直館
https://plaza.rakuten.co.jp/machi03iwate/diary/201511170000/







最終更新日  2018.08.31 10:00:16
コメント(0) | コメントを書く

2018.07.25
テーマ:岩手県南(870)
カテゴリ:道の駅・産直
​​​​

こんにちは

わっちです歩く人

 

 

今回はイベントが盛んな町

一関市千厩に行ってきました。

 

 

千厩では、

せんまや夜市

4月から10月の第2土曜日 18:0021:00に開催(8月は14日開催)されるほか、毎週のように様々なイベントが開催されています。

 

わっちは​​そんな千厩の、地域住民の交流の場となっている「​​​まちの駅 jaja馬プラザ​​​」の中にある「​産直あおぞらいち​​」にお邪魔してきました​​。

 
 さっそく中に入ってみると、野菜から手作りの品まで、様々な商品が並べてありましたりんご

​まちの駅JaJa馬プラザの駅長、小野寺さんによると、この産直では野菜の配置に工夫が凝らされているそうです。​

​いったいどんな工夫かというと、多くの産直では、コンテナは生産者ごとに並べてあり、コンテナ一つに様々な野菜が並べられているのに対し、産直あおぞらいちでは野菜の種類ごとにコンテナを分けているそうです。

 

​そこには、お客さんに商品を一つ一つ見比べながら買ってもらうことで、売れる商品とそうでない商品との差が生まれ、その結果から売れ行きが悪かった商品の生産者の方に「どうしたら売れるのか」「売れている商品とは何が違うのか」ということなどを考えてもらい、​商品の質の向上につなげる​​という目的があるそうです。​

​生産者の方が、どのように改良したら良いのか分からないという場合には、6年間農業を学んだ小野寺さんが指導者となって、生産者に​​​アドバイス​​​をしながら改良していくそうです。​


​小野寺さんはそんな仕組みが整っている「産直あおぞらいち」の特徴について、「生産者を育てる産直」だとおっしゃっていました。​

​野菜の栽培方法だけではなく、加工の仕方、ラッピングの仕方なども小野寺さんが指導しているそうで「生産者を育てる産直」というのは、本当にピッタリな言葉だなと思いました。

生産者の方が、日々試行錯誤してより良い品質にしていく野菜や加工品などは、美味しいこと間違いなしですスマイル

 

生産者の方の平均年齢は7778歳で、一番高齢の方は85を超えていているそうですが、生産者の方の向上心を上げる仕組みがあるからこそ、高齢になっても続けられる、続けたいと思えるのかもしれませんね星

 
  

そんな産直の人気商品の一つに“つきたてのお餅”があります。

​このお餅は小野寺さんが毎朝4時半についているそうですが、夜になってもつきたてと変わらない味だと評判になっているそうです晴れ


その評判のお餅には、小野寺さんが30年以上も改良し続け、3年ほど前にやっと理想の味にたどり着いたもち米が使われています。

​味をつけたり、具材を混ぜたりなどせずに、そのまま食べておいしいお餅なんだとかスマイル

同じもち米を使用している「​栗おこわ​」も冷凍しても味が変わらない、と評判になっているそうです。​

 

 
 お餅やおこわなどは夕方に値下げすることもあるそうで、この日もお得になっていましたウィンク

 

 

​​産直あおぞらいち」では千厩地域のイベントや観光の情報も充実しているので、おいしい野菜や加工品の他にも、せんまや情報を求めて訪れてみてください星 

  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―

産直あおぞらいち

 

一関市千厩町千厩字町212(まちの駅JaJa馬プラザ内)

 

〔営業時間〕10001830

〔TEL〕0191-53-2900

​  *_  *_  *_  *_  *_  *_  *_  *_  *_  *_  *_  *_

☆イベント情報☆
             今週末28日(土) 13:3021:00に千厩商店街で

第46回 千厩夏まつり

が開催されます。


 

キッズカーニバル、郷土芸能披露、おどり・山車競演会などが行われます

皆さんぜひ足を運んでみてください!

  

〈お問い合わせ〉
​​一関市役所千厩支所産業経済課

電話:0191-53-3963​​







最終更新日  2018.07.25 10:40:16
コメント(0) | コメントを書く

2017.12.20
テーマ:岩手県南(870)
カテゴリ:道の駅・産直
こんにちは、みらっちですスマイル

奥州市衣川区おうしゅうしころもかわくを代表する特産物といえば、はとむぎです黄ハート

衣川区にある産直・古都の遊食ゆうしょくの物産コーナーには、
そのままお米と一緒に炊いて美味しいはとむぎ粒や、軽快な香ばしさが
爽やかなはとむぎ茶などのはとむぎ商品が並びます星

その中で、みらっちが注目したのはこの二つ猫

1.はとむぎコスメ「はとむぎ衣川美人」シリーズ

洗顔フォーム 100g 1,100円、スキンローション(化粧水) 120ml 2,200円、
エッセンス(美容液) 30ml 2,600円

保湿成分として、衣川産のはとむぎ(ヨクイニン)エキス配合
はとむぎエキスは肌荒れやシミ・ソバカス、小じわなどを防ぎ、
色白の肌を保つといわれていますきらきら

さらにエッセンスには、サトウダイコンから抽出した天然アミノ酸系保湿剤・アミノコートと
ヒアルロン酸ナトリウム配合で、うるおいのほかにハリを高める効果があるそうです。
香料・鉱物油・合成界面活性剤・合成色素・合成酸化防止剤を一切使用していない
というのも嬉しいですね!


はとむぎ化粧品は、Made in Iwate(岩手製)にこだわり、材料となるはとむぎだけでなく、この化粧品自体も岩手県南にある化粧品工場・マーナーコスメティックスにて委託製造されていますOKピンクハート

店内にはテスターがあるので、手につけてみたみらっち、5分くらいして触ってみると、超スベスベきらきらになっていることにびっくり!!後日買いに行ったのでした!

ローションとエッセンスは、道の駅平泉でも販売されていますし、奥州市のふるさと納税返礼品としても入手できますよグッド

2.奥州羊羹ようかん「衣川の関」~はとむぎ茶

一本入 540円、二本入 1,080円
特産のはとむぎをお茶にしたものを白あんに練りこんで作った羊羹です。
上品な甘さの白あんに、はとむぎ茶の香ばしさがほんのり香るようかん。
はとむぎ茶と一緒にいただくのがおすすめです。

みらっちも個人的に大好き・岩谷堂羊羹いわやどうようかんで知られる和菓子メーカー、
奥州市江刺区の回進堂かいしんどうに委託して作られています。

パッケージに使われているイラストは、漫画「リトルフォレスト」の作者・五十嵐大介さんによるものです。(右は広げた図)


衣川の歴史に関わる人物・安倍貞任あべのさだとう源義家みなもとのよしいえ。車で5分ほどの場所にある、
衣川歴史ふれあい館の騎馬像を参考にして描かれたそうです馬パレット

▲この騎馬像は、古今著聞集の歌問答、「衣のたてはほころびにけり 」と義家が言えば、
貞任が「年を経し糸の乱れの苦しさに」と返した場面を再現したもの。


衣川といえば、橋本愛さん主演で映画化もされた漫画「リトルフォレスト」の舞台であり、映画ロケを行った土地。原作の五十嵐大介さんが衣川に住んでいたときの、実体験をもとに描かれたお話です。→過去記事

古都の遊食のみなさんは、映画撮影時にスタッフや俳優のみなさんの食事をずっと担当されていたそうで、店内にはその時の寄せ書きや記念写真などが展示されています。五十嵐先生のイラスト入りサインも飾られていますので、ファンならばぜひ立ち寄りたい場所ですねウィンク

古都の遊食は、世界遺産の中尊寺から車で10分ほどの場所にあります。
衣川も平泉の歴史に関わる場所で、歴史的スポットもたくさんありますので、ぜひ併せて立ち寄ってみて下さいね目


古都の遊食
〒029-4332 奥州市衣川区古戸5-3
営業時間:午前9時~午後6時
定休日:月曜日
電話:0197-52-3561

衣川歴史ふれあい館(騎馬像がある場所)
〒029-4421 奥州市衣川区日向60-18
利用時間:午前9時~午後4時30分
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/29~1/3)
入館料:一般 350円、児童・生徒 200円
電話番号:0197-52-3750






最終更新日  2017.12.21 11:43:42
コメント(0) | コメントを書く

2017.12.13
テーマ:岩手県南(870)
カテゴリ:道の駅・産直
こんにちは、みらっちですスマイル

奥州市衣川区おうしゅうしころもかわくにある産直・古都の遊食ゆうしょく
販売・提供されている商品を3種類ご紹介します!

先日、Twitterで紹介したところ、想像以上の反響があった
ツタン乾麺 一袋 330円(税込)

エジプト原産の野菜・ガルギールとモロヘイヤをそれぞれ粉末状にして
練りこんだ麺です。
モロヘイヤのほうがやや色が濃いめで味にクセはありません。
ガルギール麺は独特の風味があり、洋風アレンジもききそうな感じです。
(実はガルギールは、ルッコラの一種なのです。)



▲「ツタン乾麺セット」は、ガルギール麺4袋、モロヘイヤ麺4袋で2,600円。


ガルギール麺には生めんタイプもあり、こちらは食堂で食べられますよ!

ガルギールかけうどん520円(税込)

こちらは乾麺ではなく、生めんタイプのガルギールうどん。
食べてみると、ガルギールの味や香りというよりは、色を楽しむ麺、
という感じでした!うどん自体ののどごしの良さがおすすめの理由。

ほかに、ガルギール山菜うどん、ガルギール天ぷらうどん、ガルギール塩ラーメン
などバリエーションがあり、一押しはガルギールのキレイな緑色がもっとも映える
ガルギールざるうどんだそうですきらきら今回は寒いのでかけうどんにしましたw

参考:岩手県農産園芸課「ガルギール」

さて、衣川でなぜエジプト野菜かというと、合併前の旧衣川村長の弟さんが
アラブ研究者
であることから、旧衣川村で栽培されるようになったのだそうです。


店内にはエジプトのディスプレイも。物産コーナーでは、数量限定でエジプト製のパピルス画が買えますよ♪今なら絵柄も選べます。


【エジプトではないですが、こちらもおすすめ】
奥州はっと 各200円(税込)
※写真はずんだ・じゅうね(エゴマ)

「はっと」(すいとん)は、醤油味などの汁物で食べるのが当たり前だと
思っていたのですが、昔からこの近辺では、おもちと同様にあんこやずんだなどの
甘いたれでも食べられていたのだそうです。
昔はごちそうとして食べられていたものですが、スイーツ感覚でおやつに食べてもいいですね。
二種類食べるとなかなかのボリュームでした!

はっとは、小麦粉を練ってゆでたものなので、おもちとはまた違う食感ですよ。
他に、あんこ・なっとう・ごま・桜エビ・くるみ・きな粉があります。

なお、「はっと」やおもちは、写真のとおり漆塗りのすてきな器で提供されます。
今の増沢ダムの場所にかつて存在した増沢地区は、漆の里だったのだそうです。
平泉周辺を代表する漆器・秀衡塗も、もとは増沢地区で作られていたんですよ。


他ではあまり食べられない奥州市の特産品や郷土料理を、
古都の遊食でぜひ食べてみて下さいね!


古都の遊食
〒029-4332 奥州市衣川区古戸5-3
電話:0197-52-3561
営業時間:午前9時~午後6時
定休日:月曜日






最終更新日  2017.12.13 08:30:07
コメント(1) | コメントを書く

2017.11.30
テーマ:岩手県南(870)
カテゴリ:道の駅・産直
こんにちは、みらっちですスマイル

西和賀町の道の駅錦秋湖で人気の湯田ダムカレーに、
満を持して冬バージョン雪が登場しました!!

【1日20食限定】湯田ダムカレー 冬バージョン 880円(税込)

見た目も味も楽しめる冬バージョンには、これまでにも増して、
西和賀の名物が盛りだくさんです!
大根の一本漬け
・ユキノチカラ 西わらびピクルス
プレミアム湯田ヨーグルト(加糖)
・西和賀産あきたこまち
・そばかりんとう

(ほかに、今年のものが出来次第、西和賀産の切干大根を使用予定。)

これらの西和賀食材をはじめ、あらゆる食材で冬の湯田ダムを表現しています。

ほうれん草の緑色でエメラルドグリーンの湖面を表現したカレールーは、今回の冬バージョンからホワイトルーを使用し、より鮮やかな緑色に!
ホワイトルーは、クリーミーな中にもスパイスが効いたルーで、みらっち個人の意見としては、ダムに浮かぶ島を表現したじゃがいもと合うなーと感じました。


とてもリアルな湖面の雪は、「氷もち」というお餅で表現し、雪だるまはうずらの卵。実は雪だるまの手は西和賀産のそば粉でつくったそばかりんとうなんですよ!噛むと広がる香ばしい風味がたまりません。

ポテトサラダと角切りにした大根の一本漬け雪山を表現し、雪どけを待つ西わらびのピクルスと、切り干し大根の和風サラダは、さっぱりとしていて箸休めにぴったりです。

一口デザートに添えられたプレミアム湯田ヨーグルトは、雪うさぎ風にミントの葉とクコの実をトッピング。

冬バージョンは、今までの湯田ダムカレーでいちばん手が込んでいるのだそうです!


▲晴れた日の湯田ダム。青い空と雪化粧のコントラストと、エメラルドグリーンの湖面が水鏡になっていてきれいでしたきらきら!!

今回も、湯田ダムカードまたは、今年の夏に登場した湯田貯砂ダムカード
提示すると、割引価格にて食べられます!(本人のみ、会計の際レジにて提示)

なお、湯田ダムカードは、湯田ダム管理事務所にて、湯田貯砂ダムカードは、
ほっとゆだ駅前の湯夢プラザ内・西和賀町観光協会(観光案内所)にてもらえますよ。
※湯田貯砂ダム(錦秋湖大滝)の過去記事はこちら


湯田ダムの四季を、舌でも味わってみて下さいねピンクハート

※参考までに、湯田ダムカレー夏バージョンはこちら

道の駅錦秋湖
和賀郡西和賀町杉名畑44-264
電話:0197-84-2990
レストラン営業時間 午前10時30分~午後6時
(ラストオーダーはレストラン終了の30分前)
物産館営業時間 午前9時~午後6時
(いずれも4~11月は18:30まで)
定休日:無休

【道の駅錦秋湖のこちらもおすすめ】
【12/1~今年も登場!】西和賀まるごとラーメン
西わらび・納豆汁・大根の一本漬けと、西和賀名物がまるごと詰まったラーメン!
(記事は去年のものですが、内容は変わりません。)

西和賀湯めぐり券
湯田温泉峡でお得に入浴できるチケット!道の駅錦秋湖でも販売中です!


【岩手県からのお知らせ】
お出かけ前に、岩手県内の通行規制情報を確認したり、
ウェブカメラで路面状況をチェックできます!
岩手県道路情報提供サービス






最終更新日  2017.11.30 11:00:05
コメント(2) | コメントを書く

2017.11.02
テーマ:岩手県南(870)
カテゴリ:道の駅・産直
こんにちは、みらっちです!

平泉町にある道の駅平泉で、県南ならではの秋の味覚葉を味わえるイベントが開催されます!

道の駅平泉大秋穫祭だいしゅうかくさい2017~平泉からいわて県南の魅力発信~
日時:11月11日(土)・12日(日)10:00~16:30(12日は16:00まで)
会場:道の駅平泉 屋外駐車場


イベントの目玉は、なんといってもこの秋デビューした
岩手県産米の最高級品種・
金色こんじきの風です!

とことん美味しさを追求して開発されたお米・金色の風の特徴は、
ふんわりした食感と豊かな甘み。まずは試食コーナーごはんで味わってみてください♪

さらに、いわて県南の特産品を使った金色の風にぴったりの特別メニューが
5きげんクッキング教室 in 道の駅平泉と題して、実演されます。
その後おふるまいもありますので、こちらもお見逃しなく!
11日(土)11:00~、13:30~
12日(日)11:00~、13:30~

この特別メニューは、11日(土)から
道の駅平泉のレストランにて期間限定で提供されますよウィンク食事

その他、岩手が誇るローカルヒーロー・鉄神ガンライザー
世界遺産平泉PRキャラクター・ケロひらの握手会・撮影会や、
全問正解者の中から抽選で特産品などが当たる
県南地域の特産品・観光地クイズコーナーがあります!


米どころ・岩手県南の魅力を思いっきり楽しめる「大秋穫祭」へ、
どうぞお越しください♪


※「金色の風」は県南のスーパーでは品切れが続き、現在、入手困難となっています。
金色の風を食べられる、貴重な機会ですよ!



【会場】道の駅平泉
〒029-4102 岩手県西磐井郡平泉町平泉字伽羅楽112-2
電話:0191-48-4795

【主催】岩手県県南広域振興局
【共催】世界遺産連携推進実行委員会

【お問い合わせ】岩手県県南広域振興局 経営企画部
電話:0197-22-2843






最終更新日  2017.11.02 14:52:41
コメント(0) | コメントを書く

2017.10.17
テーマ:岩手県北(1026)
カテゴリ:道の駅・産直
こんにちは なまっちです。
洋野町のたねいち産直ふれあい広場に行ってきました!歩く人

定番の焼きサバ・焼きニシンのほか、やまぶどうや柿などの秋の果物が並び、お客さんでにぎわっていました!スマイル

食用菊も秋の味ですよね~
おひたしで食べたい!うっしっし

洋野町にある畳屋さんが作った、畳表で出来た靴の中敷きも売っていましたよ~びっくり
裸足で靴を履いても気持ちよさそう


秋の味と言ったらキノコ!ということで、産直内にあるきのこの駅に伺うと
三陸あわびたけのお寿司を販売していました!

三陸あわびたけは、長根商店さんが独自に栽培しているキノコ
1つの菌床から1つのあわびたけしか収穫出来ないこと、また大きくなるのに数か月かかる貴重なキノコなんです。
過去記事:〔洋野町〕食感が楽しい「三陸あわびたけ」!by長根商店♪

【三陸あわびたけのお寿司】 3貫180円(税込み)

こりこりシャクシャクとした三陸あわびたけの食感が面白い!スマイル
上に乗った塩昆布の塩味と酢飯の酸味がきいて、あっさりとした味でした。
キノコの癖のような味は全く感じませんでしたよ~。

秋の食材が並ぶ産直にぜひ足を運んでみてくださいね!
地元の方が作ったおもしろい雑貨などもたくさんあり楽しいですよウィンク


たねいち産直ふれあい広場
 開館日:年中無休(ただし、正月三が日は除く)
 開館時間:9:00~18:00※テナントの開店時間は多少変動があります
 場所:洋野町種市32-95-1
 TEL:0194-65-3910
 HPhttp://www.tane-choku.com/






最終更新日  2017.10.17 08:30:06
コメント(0) | コメントを書く

全69件 (69件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.