8057630 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

イーハトーブログ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

サイド自由欄


イーハトーブログ ライター紹介
岩手県内をくまなく取材し、旬な情報をお届けしているライターの紹介ページです!

ブログ記事は、それぞれ、掲載日時点での情報です。名称、連絡先等、現時点の情報と異なる場合があります。

イーハトーブログ公式Facebook公式Twitterもご覧ください!!
 



岩手県について




県内各市町村についてはこちらから

岩手県内各地の観光をサポートするPRキャラクター
わんこきょうだいのご紹介♪


岩手県では「あなわん運動」を展開中です!!

その他リンク先








東日本大震災に伴う情報提供について
東日本大震災で被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。
岩手県内の災害対応状況については、テレビ・ラジオ等の他、岩手県公式ホームページ岩手県広聴広報課Twitter広聴広報課Facebook等を参考にされますよう、お願いいたします。

コメントも大歓迎です♪感想や情報などありましたらお気軽にどうぞ!(内容によっては、こちらの判断で削除する場合もあります。御了承ください。)

ネットワーク環境でアクセス制限がかかっており、自分のブログへのコメント返信は可能ですが、他の方へのコメントは出来ません。
皆さんのブログも楽しませていただいております。

コメント新着

カレンダー

全204件 (204件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 21 >

できごと

2018.02.15
XML
テーマ:岩手県北(892)
カテゴリ:できごと
こんにちは なまっちです。
2月10日(土)に洋野町・おおのキャンパスで行われた氷灯り広場ワークショップを見学させていただきました~。


カラフルに色を付けた氷のブロックでオブジェを作り、夕方キャンドルを灯して幻想的な広場を作ろう!と洋野町地域おこし協力隊の方が企画した「氷灯り広場ワークショップ」
氷のブロックは1月末ごろから少しづつ準備し、なんとその数1,000個!びっくり


おおのゆめ牛乳のパックを使って氷を作成。
氷の着色には食紅を使用しているそうですよ。


ワークショップに参加した皆さんが、氷ブロックを使ってオブジェを作成。
結構重量がある氷でしたが、お子さんも一生懸命運んでオブジェ作成していました。


カラフルな氷は、日中きらきら光ってきれい!ひらめき


ハートに並べた氷の中に寝そべり写真を撮る方もいましたよ~。
インスタ映えってやつですね!カメラ


氷のオブジェだけではなく、雪だるまもたくさんできました。雪


日が暮れるころ、オブジェに並べたろうそくに火を灯していきます。
暗くなるとともにろうそくの火のオレンジ色が強くなり、日中のきらきらした氷とは違った趣に。




寒いなぁと思うと外に出るのがおっくうになってしまいますが、冬だからこその楽しみを満喫した一日となりました。
今回ワークショップを企画した洋野町地域おこし協力隊の皆さんは、様々な活動をなさっています。洋野町での活動の様子や洋野町の情報発信も行っていますので、ぜひぜひ活動を応援してくださいね!

hironote(洋野町地域おこし協力隊 活動ブログ)
 http://hironote-iwate.com/







最終更新日  2018.02.15 13:00:05
コメント(0) | コメントを書く

2017.12.19
テーマ:岩手県北(892)
カテゴリ:できごと
こんにちは なまっちです。
首都圏の飲食店等の店主の方を対象に行われた、、北いわてバイヤーツアー。前回は、軽米町の古舘製麺所姫ヶ森牧場、普代村のカネシメ水産をご紹介しました。
過去記事:【県北】〔軽米町・普代村〕北いわてバイヤーツアー 前編
今回は後編。4つの事業所さんをご紹介します。

まずご紹介するのは、洋野町にある長根商店
ブログでも三陸あわび茸やたねいち産直ふれあい広場にあるきのこの駅など何度かご紹介している長根商店。
アワビの殻を菌床ブロックに混ぜるといった独自技術により栽培している三陸あわび茸はもちろん、きのこに対する愛を熱く語っていただきました。

左が三陸あわび茸のソテー。右が三陸あわび茸の燻製。
コリコリした食感がアワビのよう!
燻製はチップを何種類も試し、三陸あわび茸に一番合ったものを使っているそうです。

こちらは生の三陸あわび茸と、三陸あわび茸を収穫した後の菌床ブロック
一つの菌床ブロックから1つしか採れない貴重なものなんですよ。


また、マツタケやトリュフなどの香りのよいキノコを使った天然調味料も開発中というお話まで聞かせていただきました。こちらも発売になったらブログでご紹介できたらいいなと思います!

過去記事
〔洋野町〕食感が楽しい「三陸あわびたけ」!by長根商店♪
https://plaza.rakuten.co.jp/machi03iwate/diary/201306240000/
【県北】〔洋野町〕気軽にきのこ料理が楽しめる「きのこの駅」長根商店
https://plaza.rakuten.co.jp/machi03iwate/diary/201703150000/



続いては、久慈市にある福よし精肉店
野田村特産のブラントポーク「南部福来豚(なんぶふくぶた)」を取り扱っているお肉屋さんです。

久慈市民市場内にあり、お総菜なども販売しています。


南部福来豚は、天然ミネラルが豊富な海藻粉末や、胡麻などこだわりのエサで育てられた豚。肉質が柔らかく、煮込んだ時にあくがあまり出ないことも特徴なんだそう。

ブロック肉やお店ではご家庭でも使いやすい量でも販売しています。

ツアーの昼食に南部福来豚のソテーをいただいたのですが、脂身が甘く、柔らかいお肉でびっくりしましたぶた



続いて伺ったのは、久慈市四作商店
岩手県内で唯一の昆布手削り職人の四作雄治さんに実演していただきながらお話を伺いました。


使用する昆布は北三陸産の天然真昆布。そのほかは昆布を柔らかくするためのお酢だけというシンプルな食材ですが、削り方や削る場所によって味や食感が全く違うんですよ!

削りたてのふわっふわなおぼろ昆布に皆さんびっくりされていました。

昆布の表面の黒い部分を削った黒朧昆布
昆布の内側の白い部分を削った絹朧昆布
昆布を重ね、圧縮し機械で細かい線状に削ったとろろ昆布などがあります。
こちらの商品は道の駅くじやませ土風館などで販売中。また、来年東京ドームシティで行われるふるさと祭り東京(2018/1/12~1/21)の会場で実演販売する予定だそうですよ~



最後にご紹介するのは、久慈市山形町にある嵯峨豆腐店
祖母の代から数えると今年で60年になるという嵯峨豆腐店のお豆腐は、昨年全国区のテレビ番組でも紹介されました。

丸大豆、青豆、紅大豆を使っているためお豆腐の色が違います。
左から、濃いもめん、濃いもめん青、薄紅のあんな というお豆腐。


今回は、一晩水に浸した丸大豆をすりつぶすところから、豆乳ににがりをうつところまで見学させていただきました。



出来立ての豆乳は味が濃いのにさらっとした口触り。おからもふわふわで味が濃く、味付けがなくても食べられるおからでした!

過去記事
【県北】〔久慈市〕優しい豆の味…嵯峨豆腐店
https://plaza.rakuten.co.jp/machi03iwate/diary/201503300001/


ツアーの最後、同行していたアドバイザーの方から
「生産者と販売を行っている皆さんが交流を深め、情報交換することで
 生産者の方々がもっと良いものを作ろうと思っていただけると思う。
 商品を買って終わりではなく、互いにブラッシュアップするために交流してほしい」

という、お話がありました。
岩手県北地域の食材や商品が、よりよいものになって皆さんのお手元に届くとよいなと思いますスマイル


長根商店
 住所:洋野町有家9-13-7
 TEL:0194-67-3660(受付時間 月~金曜 9:00~16:00)
 HPhttp://naganekinoko.web.fc2.com/
 FBhttps://www.facebook.com/naganekinoko/

福よし精肉店
 住所:久慈市川崎町4-7
 TEL:0194-52-2944 

四作商店
 住所:久慈市川崎町8-8
 TEL:0194-53-1524

嵯峨豆腐店
 住所:久慈市山形町霜畑6-22-4
 TEL:0194-75-2029
 HPhttp://saga-tofu.jp/







最終更新日  2018.02.08 14:38:00
コメント(0) | コメントを書く

2017.12.14
テーマ:岩手県北(892)
カテゴリ:できごと
こんにちは なまっちです。
首都圏の飲食店等の店主の方を対象に行われた、北いわてバイヤーツアーに同行させていただきました。
岩手県北地域の食材を生産現場から知っていただき、また生産者のお話を直接聞くことで、食材や商品のこだわりを知ることが出来た北いわてバイヤーツアーの様子を2回に分けてご紹介します。

まずお伺いしたのは、軽米町にある古舘製麺所
地元契約農家が栽培した韃靼そばを使った韃靼蕎麦だったんそばや、イサダを練りこんだ「三陸イサダそうめん」などの製造販売を行っています。

漫画「ハイキュー!!」の聖地にもなっている古舘製麺所
お伺いした日もファンの皆さんが訪れていました。




乾麺だけではなく、生そばや生そうめん、中華麺、かっけなども製造。
明治42年創業、地元の方に「はっとうや」と呼ばれ親しまれているお店です。
古舘製麺所の商品は、軽米町のミル・みるハウスや二戸市のなにゃーとなどでも取り扱いがありますので、ぜひお試しください!

続いて向かったのは、軽米町姫ヶ森牧場
姫ヶ森牧場では、完全自然放牧で飼育しているホルスタインの牛乳や乳製品の生産、販売をしています。

この日は天気が悪かったためか、牛は牛舎でお休み中。


「搾乳の時間になると牛舎に牛が戻ってくるんだけど、牛にもそれぞれ性格があってね。搾乳が早く終われば誰よりも早く牧草を食べれるから急いでくる子もいるし、のんびりした子もいるんだよ。」
と、わが子のようにお話ししていただいたのがとても印象的でした。


姫ヶ森牧場では、特別にチーズ作りも体験させていただきましたよ~。
モッツァレラチーズよりも柔らかめでもっちりしていることから「もっちゃれらチーズ」と名付けられたチーズは、同じように作業したはずなのに味や食感が違い参加された皆さん驚いていました。

【ひめがもりもっちゃれらチーズ】 600円(税込)
【ひめがもりわけっこチーズ】 300円(税込)
わけっこチーズは割けるチーズ。
どちらも軽米町・晴高どんどん市場などで取り扱いがありますよ。


続いては普代村カネシメ水産
主にイクラの加工を行っているカネシメ水産ですが、今回は料理店へ提供する鮮魚についてお話を伺いました。
ヒラメやアナゴ、アイナメなど旬の時期に獲れた魚に神経締めを施し、熟成させることにより魚の持つ旨みを最大限に引き出すそうです。

丁寧に血抜きを行い、一尾づつ丁寧に神経締めをしていきます。

発送する際も細心の注意を払って梱包。
皆さん真剣なまなざしでお話を伺っていました。

普代村で水揚げされたおいしい鮮魚が首都圏で楽しめるようになるとよいな~と思いました!

次回、洋野町・長根商店久慈市の福よし精肉店、四作商店、嵯峨豆腐店をご紹介します。
後編:https://plaza.rakuten.co.jp/machi03iwate/diary/201712190000/


古舘製麺所ラーメン
 住所:軽米町軽米8-139
 TEL:0195-46-2301
 HPhttp://hattouya.com/

鵜飼酪農生産組合(姫ヶ森牧場)おうし座
 住所:軽米町大字上舘49-10-37
 TEL:0195-45-3456

カネシメ水産うお座
 住所:普代村第1地割字上村43-25
 TEL:0194-35-3555
 HPhttp://kaneshime.web.fc2.com/







最終更新日  2017.12.19 09:05:16
コメント(0) | コメントを書く

2017.11.30
テーマ:岩手県北(892)
カテゴリ:できごと
こんにちは なまっちです。
11月25日(土)に行われた「青の国ふだいを撮りに行こう!フォトスポット巡り旅」に参加してきました!

今回参加したツアーは、地元をよく知るガイドさんとフォトアドバイザーが同行し普代村のフォトジェニックな場所を巡るという内容。写真といっても携帯のカメラもOKというカメラ初心者でも参加しやすいツアーです。


案内していただいたガイドの山火さんと、フォトアドバイザーの成田さん

まず向かったのは、普代水門普代浜園地キラウミ
普代水門の高さからキラウミを見下ろすと「おぉ~」と声があがり、皆さん夢中でシャッターを切っていましたカメラ

川に遡上してきた鮭を捕まえる籠が見えるのは、
もしかしたら今の時期だけなのかも?


鮭の供養塔と奥に見えるのはライオンのように見える岩。
この岩のほかにもう一か所ライオンにように見える岩があるんですよ~。


県北地域では珍しい白砂の浜は、角度を変えて撮ると砂丘みたいも見えます。


続いてはみちのく潮風トレイルのルートにもなっているネダリ浜自然歩道
この日は台風で壊れてしまった箇所があるということで、自然歩道を全て歩くことが出来なかったのですが、岩と岩の間にできる潮だまりが鏡のようになって空を写したりととても写真映えする場所があるんだそう!!!

岩盤トンネルから海をチラ見する写真もなかなか良いのでは?と思ったり。

お昼ご飯ももちろんフォトジェニック!!
豪華な海鮮丼と鮭汁をいただきました目がハート

食べる前にシャッター音がたくさん聞こえました(笑)
「どういう風に撮るとおいしそうに撮れるのか?」という疑問も
すぐにフォトアドバイザーに質問できるのもこのツアーのポイントです。


午後もいろんな場所に行ったのですが、特におすすめ!と感じたのが鵜鳥神社。豊漁や漁の安全祈願などで漁師さんが多く訪れる神社なのですが、なんとしめ縄が漁網なのです!



色の違う漁網で編んであるのもなんだかかわいい。

「鵜鳥神社のおみくじには珍しい「大大吉」があるんですよ~」とガイドさんが教えてくださったので皆さんでチャレンジしたところ、参加者の一人が引き当てました!大大吉!!!

内容も読ませていただいたのですが、良いことばかり書いてありましたスマイル
いつか引き当てたい!大大吉

他にも漁から無事戻る願掛けをしたという「結び松」夫婦杉など、鵜鳥神社には見どころがいっぱいあるんだそうですよ。

ブログ取材で何度か訪れている普代村でしたが、ガイドさんの解説だけではなく、自分が気が付かなかった場所で参加者の方が写真を撮っていたりといろんな角度で普代村を楽しむことが出来ました。ぜひ、みなさんもカメラ片手に歩いてみてはいかがでしょうか~。

また、今回のフォトツアーの参加者の皆さんが #いぐたべ #青の国ふだい #無料モニターツアー のハッシュタグで情報発信を行っています。
TwitterやFacebook、インスタグラムなどもご覧ください!


久慈地域雇用創造協議会
TEL
:0194-75-3032
FAX:0194-75-3064
HPhttps://kuji-i-ko-yo.jimdo.com/
fbhttps://www.facebook.com/IGUTABE/
Twitterhttps://twitter.com/IGUTABE_sanriku
Instagramhttps://www.instagram.com/igutabe_sanriku/







最終更新日  2017.11.30 10:00:05
コメント(0) | コメントを書く

2017.11.15
テーマ:岩手県南(793)
カテゴリ:できごと
こんにちは、みらっちです!

11月11日(土)・12日(日)の二日間、
平泉町の道の駅平泉にて、大秋穫祭だいしゅうかくさいが開催されました葉

オープニングセレモニーでは、岩手のローカルヒーロー・鉄神ガンライザーや、
いわてチアリーディングチームが登場して会場を盛り上げたほか、
生産者を代表して、岩手県『金色の風』栽培研究会の鈴木哲也会長があいさつ。
「低温と8月の長雨で(稲の生育を)心配しましたが、水の管理を徹底したところ、
素晴らしい金色の風ができました。ぜひ皆さんに召し上がっていただきたいですスマイル
と、自信を持っておすすめしていました!


今回の大秋穫祭での目玉は、岩手県最高級品種・金色の風ですごはん
試食コーナーはイベント開始直後からすでに大人気上向き矢印


岩手のローカルTV番組でおなじみ、新井尚美先生による料理教室では、
「金色の風」に合う特別メニュー食事と題して、
「金色の風」のパッケージの色使いを再現した
「いわて南牛と彩り野菜の金色炒め」が実演されました!

先生、なんときらきら本物の金箔きらきらを用意してふりかけています!!
イベントならではの豪華な演出に観客のみなさんもビックリ!泣き笑い
このあと、金色の風とセットで、来場者のかたにお振る舞いされていましたおにぎり


「金色の風」のほかにも、県南の特産品やキッチンカーなどが登場し、
おいしいものづくしのイベントでしたよハンバーガー


イベントは終了しましたが、道の駅平泉に常設されている物産コーナーでは、
「金色の風」はもちろん、平泉特産の大文字だいもんじりんごや、
道の駅平泉限定販売のどぶろく「一音いっとんなど、平泉ならではの商品が
販売されていますりんご

また、「『金色の風』に合う特別メニュー」・いわい鳥と曲がりネギの唐揚げ
しばらくの間、道の駅レストランにて提供されるそうですよ!
1日限定15食・850円(税込)です食事


平泉へお越しの際は、道の駅平泉へどうぞお立ち寄りください!

道の駅平泉
〒029-4102 西磐井郡平泉町平泉字伽羅楽112-2
【電話】   0191-48-4795
【営業時間】 農産物直売所 8:30~19:00(4~11月)
              8:30~18:00(12~3月)
       レストラン  10:30~21:00
【定休日】  なし






最終更新日  2017.11.15 15:28:39
コメント(0) | コメントを書く

2017.10.30
テーマ:岩手県南(793)
カテゴリ:できごと
こんにちは、みらっちです!

平成29年10月26日(木)、紅葉が色づき始めた花巻市のだい温泉で、
毎年恒例の大人気講座・第5回台温泉・美人講座が開催されました!

硫黄のかおりがふわりとただよう、レトロな温泉街♪源泉が近く、お湯が良いのも自慢です。

美人講座では、美容と健康について、3つの講座でお勉強。
3つのうち、どれか1つだけでも、全部参加してもOKです。
参加者の年齢や性別は問いませんので、男性の参加者もいらっしゃいましたよ。

講座1.料理教室とランチ(10:00~12:30)
糖度が高い台温泉オリジナルの温泉甘酒を砂糖の代わりに使用した料理教室が、そば房かみやを会場に行われました。

温泉甘酒は、台温泉の湯を利用して作られている甘酒です。市販の甘酒の糖度が21%ほどのところ、温泉甘酒は糖度35%もあるそうです!しかも、こうじを使って作るので、ノンアルコール!

最初は遠慮がちだったみなさんも、料理が始まるとまもなくうちとけて、協力しながら楽しく調理されていました。

そして完成したのがこちら。
マーボー豆腐、野菜たっぷりつくね、かぼちゃのスープ、甘酒あずき

試食してみると、見た目よりもボリュームがあり、満足感が高い!
砂糖を使っていないからか、甘さがマイルドで食材の旨みが引き立っていました!
講師をつとめた藤原年子先生は、料理の講師だけでなく、花巻市民に雑穀の素晴らしさを広める活動をされている方で、メニューには雑穀も取り入れられていました。花巻市は雑穀生産日本一なんですよ!


なお、温泉甘酒は、数量限定ですが事前予約すれば、そば処かみや、松田屋旅館、やまゆりの宿の3か所で買うことができます。

講座2.健康のためのヨガ教室(13:00~14:00)
松田屋旅館に会場を移し、先生いわく「ゆるっとしたヨガ」を体験。ヨガの呼吸法を中心に、体がほぐれ、リラックスできるポーズを教えていただきました。

講師は花巻市内でヨガスタジオを経営されている高橋久美子先生です。
ヨガ初心者や未経験の方でもするりと自然に取り入れられるような進め方で、不思議なほど心地よい!
とっても気さくな先生で、教室が終わった後も、参加者の方数名と輪になって座り、「肩こりに効くヨガは?」などの質問に答えていました。

講座3-1.台子の紙芝居(14:00~14:50)
台温泉の湯気の妖精・台子ちゃんが、紙芝居で温泉について紹介してくれました。

台子ちゃんが登場すると、「台子ちゃんこっちダブルハート」と一斉にカメラを向けられ、撮影タイムに(笑)テーマソングに合わせて踊るのもかわいい!

3-2.アンチエイジング教室(おやつ付き)(14:30~16:00)
最後の講座では、元家庭科の先生で、退職される直前は県立西和賀高等学校の校長先生まで勤め上げた酒井孝子先生が、ご自身の経験や日々の暮らしで実践なさっていることを紹介してくださいました。

ご自宅でパン教室を開いている酒井先生は、お手製のパンを持参し、得意料理・カスタードクリームを実演!「人の心をつかむには、その人の胃袋をつかめ」など、ご自身が感銘を受けた言葉や心身を健康に保つために大切なことを、軽妙な語り口でどんどん紹介していきます。会場は終始笑いが絶えず、大盛り上がり!この短時間で酒井さんの魅力にすっかり引き込まれてしまいました。

どの講座も有意義で、美容と健康の知識を学べただけでなく、美味しいものを食べ、体をほぐし、よく笑い・・・と、元気をフルチャージできた1日でしたよ。

今後も講座を開催していく予定とのことですので、開催予定や内容については、台温泉の公式サイトなどでチェックしてみてくださいね!
台温泉旅館組合 HP
電話:0198-27-2150(台温泉案内所)


【台温泉は、湯めぐりがおすすめ!】
台温泉には15軒の宿があり、うち10軒の宿で日帰り入浴ができます。温泉街の入口にある台温泉案内所や各宿で、日帰り温泉マップが配布されていますので、マップ片手に湯めぐりを楽しんではいかがでしょうか?



【花巻市からのお知らせ】
台温泉と花巻暮らしに興味がある方必見!はなまきぐらし体験ツアー
日 時:平成29年11月25日(土)~26日(日)
訪問先:花巻市(石鳥谷町、台温泉、上町など)
内 容:1.リンゴの収穫体験
    2.農家レストランでランチ
    3.酒蔵見学と日本酒レクチャー&利き酒
    4.機織り体験と花巻市内探訪 など
参加費:2万円(東京発着の新幹線代、現地宿泊費等含む)
主 催:花巻市
企画協力:(株)岩手県北観光   旅行実施:(株)岩手県北観光
申し込み・問い合わせ:(株)岩手県北観光(担当:宮城)
(株)岩手県北観光HP
花巻体験ツアーFacebook






最終更新日  2017.10.30 15:35:06
コメント(2) | コメントを書く

2017.09.29
テーマ:岩手県南(793)
カテゴリ:できごと
​​​​​こんにちは、みらっちです星

愛知県刈谷市の​株式会社デンソー本社​(愛知県刈谷市昭和町1-1)で
2017年9月24日(日)10時から15時半まで開催された
​デンソーグループハートフルまつり2017​​に、
平泉世界遺産PRキャラクター・ケロひらと、​美女旅×いわてモデル​
参加してきました! 美女旅×いわて公式サイト 過去記事:岩手県立花きセンター

​「デンソーグループハートフルまつり」​とは、自動車関連企業の株式会社デンソーが毎年開催している、社会貢献イベント赤ハートです。毎年テーマが決められ、今年は「デンソーこども未来館~より良い未来を次世代へ~」。仮想都市「デンソーこどもシティ」に見立てた会場には、さまざまな体験ブースが設けられ、デンソー社員の家族だけでなく、近隣から集まった親子連れが楽しみながら学習していましたスマイル

▲体験の一例、車いす乗車体験。

岩手県南地域の金ケ崎町には、デンソーのグループ会社「デンソー岩手」をはじめ、
たくさんの自動車関連企業があり、じつは愛知県との関わりが深いんですよ!


東日本大震災の被災3県から企業や団体が出展した中で、
岩手県ブースでは観光・物産のPRをしてきました!

​岩手県ブースで500円以上お買い上げの方は、くじ引きにチャレンジ!
当たりが出ると、非売品の岩手県オリジナル品種のお米「金色の風」がプレゼントされました!
ちなみに、ブースで販売された人気商品のひとつがサヴァ缶きらきら


ケロ平はとにかく会場で大人気でした上向き矢印

身振り手振りでお客さんと必死に会話をしようとするケロ平がかわいい・・・ピンクハート
ケロ平を見たお客さんの感想右矢印「つやがいい!」「テカってる!」「なんか濡れてる!」泣き笑い!?


岩手県ブースでは、ケロ平の缶バッジづくり体験が行われました!

複数のデザインの中から好きなデザイン1つを選んで、缶バッジを作成。
子どもを中心に大人気で、ブースには常に行列ができていましたよあっかんべー


「東日本復興支援ステージ」の前に岩手県のPRタイムを設けてもらい、
ケロ平と美女旅×いわてモデルが岩手県の紹介を行いましたスピーカ

​ステージの最後には、東京都オリンピック・パラリンピック準備局が制作した映像
(「被災地の姿を世界に向けて発信する」がコンセプト)を流し、
愛知県や名古屋市などからの復興支援への感謝赤ハートを伝えました。​



ブースで観光パンフレットをお配りしていたところ、
「平泉、一度は行ってみたいな~」「岩手をSLが走っているんですか!?」
といった反応をいただきました。

なんと​​愛知県から岩手県へは、空路なら1時間10分ほど​​で行けるんですよ!
運賃は、ウェブからの早期予約やバースデー割などで​片道12,000円~​ウィンク
​愛知県のみなさん、今度は岩手県に遊びに来てくださいね!​
岩手県「本日の運航状況【いわて花巻空港】」
いわて花巻空港​​​​​






最終更新日  2017.09.29 16:01:39
コメント(0) | コメントを書く

2017.09.28
テーマ:岩手全域(143)
カテゴリ:できごと
こんにちは えだっちです黄ハート

​​​​​​先週末、東京ビックサイトで​ツーリズムEXPOジャパン​が開催されました!!
22日()の業界日、23日(​土​)・24日(​日​)の一般公開日の計3日間で
延べ190,000人を越える来場者があり、
大勢の方々に東京都で岩手県の三陸を体感していただきました​(´∀`艸)ダブルハート​​​​​​

​​ミスさんさ踊りの皆さんによるさんさ踊りの披露や、
岩手まるごとおもてなし隊​による、岩手県のPR、

その他様々な観光体験は、ブースに来ていただいた方々に大好評!
楽しんでいただけたようでした
​(*⁰▿⁰*)​花




四作商店​​によるおぼろ昆布削りの実演には
​嬉しいことに長蛇の列ができてました​​(・v・人・v・)​​
​「北限」ならぬ「極限の海女」が笑顔でお振る舞い(ゝ。∂)~きらきら
​​​​​​​​​​​​​
削りたてのおぼろ昆布はふわっふわで
「口に入れるとすぐ無くなった!美味しい!!
と言う声が多く聞こえましたd(ゝ∀・)
“昆布の試食”と伝えると最初は不思議そうにしていた人も、
喜んで食べていたのを見ると、
三陸の魅力に気づいてもらえたのかなと思います。





また、ブース内のPRステージでは、来年6月に就航する
“宮古~室蘭フェリー”のトークショーに、北海道・胆振地域のゆるキャラ“いぶりONE.Jr”
遊びに来てくれました。海をまたいだ夢の共演に、多くの方が足を
止めて話を聞いたり写真を撮ったりしていましたよΣp[【◎】]ω・´)


ツーリズムEXPOジャパンには、ブロガーとしてえだっちの他なまっちも
お邪魔したので、なまっちからも一言!!
『琥珀ストラップ作り体験や鋳造体験は整理券が無くなってしまうほど大人気で
子どもさん達にも喜んでもいただきましたヽ(´▽`)ノ
「来月、岩手に行くんですよ」と話しかけてくださった方もいて、とても嬉しかったです!
​ぜひ、岩手でまたお会いしましょう(^^)ノシ 』​

このイベントを通じ、岩手県をあまり知らない人にも
その魅力を少しでも気づいて貰えたのでしたらよかったです音符
これを機会に、ぜひ岩手県に実際におでんせ~​(*´꒳`*)ノシ​​​​​​​​​​


犬おまけ犬
​​昨年​​は、​岩手県ブースに各地の武将が来てくれましたが…​​
今年は、隣の秋田県ブースより「​あきたわんわん娘あきたわんわんボーイズ​」
が来てくれました
(*´◒`*)​​​​音符
ヽわんわんポーズとウニのポーズ( ^ω^)/






最終更新日  2017.09.28 17:19:34
コメント(0) | コメントを書く

2017.08.31
テーマ:岩手県北(892)
カテゴリ:できごと
こんにちは なまっちです。
大学生インターンの二人と久慈市中心街を街歩きをしてきました歩く人
まりっちすみっちに街歩きの様子をレポートしていただきますよ~!ウィンク



みなさんこんにちは!!
現在インターンシップでお世話になっています
まりっちすみっちです!!

今回は、久慈の街をぶらぶらしてきました。
最初はあまちゃんハウスに行ってきました!!



私、あまちゃんが大好きでいつも見ていたので、
店内あまちゃん一色でドラマの場面を思い浮かべられるようで
見ていてとても楽しかったです!!

京都からいらしてくださった観光客の方もいらっしゃいましたよ!!
うれしいですね!!
まだまだあまちゃん人気ですね!!


次は、隠れた雑貨屋さんZakka shop マタタビへいってみました。
お店に入ってまず目に入ったのは、里一(さといち)さんの作品です。
こちらが店主さんの一押しだそうです!

そのほかにも小久慈焼きのお皿やかわいらしい雑貨がたくさんありました。


最後に訪れたのは道の駅くじ・やませ土風館
地元の野菜や果物、名産の琥珀など様々なものを売っていました!

また、いつもお祭りの山車を展示しているコーナーは
秋祭りの山車作成期間ですっからかん。
今だけしかみれない光景ですよ!!





まりっちとすみっちの街歩きでしたスマイル
一緒に歩いて写真も撮っていたのですが、二人のとった写真を見て
こんなのあったのかー! とか またあのお店見に行こう! など
自分が気が付かないところに気付ける楽しい街歩きでした!ひらめき
ぜひ、皆さんもゆっくりと歩いて楽しんでみてくださいね!

○今回立ち寄った店舗
あまちゃんハウス
 営業時間:9:00~17:00
 休館日:水曜、12/31、1/1
 住所:久慈市中央2-9
 TEL:0194-61-4600

Zakka shop マタタビ
 営業時間:9:00~18:00
 定休日:水曜・日曜
 住所:久慈市中央4-37
 TEL:090-6223-7428
 Facebookhttps://www.facebook.com/matatabi.zakka/
 ※陶工房里一さんの作品展は8/31までの企画展です

道の駅くじ やませ土風館
 風の館(観光交流センター)
  営業時間:9:00~18:00
  住所:久慈市中町2-5-6
  TEL:0194-66-9200((一社)久慈市観光物産協会)
  HPhttp://kuji-kankou.com/index.html
 土の館(物産館)
  営業時間:9:00~19:00 ※10月~3月は18:00まで
  住所:久慈市中町2-5-1
  TEL:0194-52-2289((株)街の駅・久慈)
  HPhttp://dofukan.com/      







最終更新日  2017.08.31 08:15:02
コメント(0) | コメントを書く

2017.08.09
テーマ:岩手県北(892)
カテゴリ:できごと
こんにちは なまっちです。
8月6日(日)に開催された北限の海女フェスティバルあまちゃんサミットにいってきました。会場となった小袖漁港は大盛況でしたよ!スマイル

今回で28回目の開催となる北限の海女フェスティバル
ちびっこあまちゃん隊による開会宣言と景品付き餅まきで、
オープニングからテンション上向き矢印

会場ではウニ・ホヤの格安販売のほか、ウニ採り・ホタテ釣り名人戦と銘打ったイベントも行われていました。時間内にとったウニを持って帰ることができる「ウニ採り名人戦」では、覇気満々たる雰囲気でうかつに近寄れないほどうっしっし

開始の笛を合図に戦場となるウニ採り名人戦

ホタテ釣り名人戦はお子さんに人気でした

海女フェスの主役といえば海女さん!!
当日は気温も水温も低く大変だったと思いますが、笑顔で皆さんに素潜り実演を披露していました。



腰につけたヤツカリ(ウニを入れる網)にはウニがどっさり!


午後から行われたあまちゃんサミットには、あまちゃんに喜屋武エレン役で出演されていた女優の蔵下穂波さんとものまねタレントのみかんさんがゲスト出演し、全国から集まったファンを沸かせましたウィンク

みかんさんの海女衣装はなんと自前なんだそう!びっくり



ドラマと同じ場所で餅まきも行われ盛り上がりは最高潮に!
ちなみに餅まきを上から見るとこんな感じ。すごい


あまちゃんのロケ地で行われたあまちゃんサミットにファンの皆さん大盛り上がりの一日でした!ウィンク
北限の海女フェスティバルとあまちゃんサミットは終了しましたが、海女さんの素潜りシーズンはまだまだ続きますよ~!アキちゃんが海女さんを見て「かっけぇー!!」と言っていましたが、本当に海女さんの素潜り実演かっこいいんです!ぜひ生で素潜り実演を見てください!スマイル




小袖海女センター
 営業時間:9:00~17:00
 住所:久慈市宇部町24-110-2
 TEL:0194-54-2261
 HPhttp://www.kuji-tourism.jp/ama/index.html

北限の海女素潜り実演 ※波の状況などにより中止となる場合があります
 開催期間:7月~9月
 実演時間:土・日・祝日 ①10:20~ ②11:20~ ③14:20~
      ※平日は団体(10名以上)の受付(要予約)
 実演見学料:500円/1名

北限の海女観光PR隊Facebook
 https://www.facebook.com/hokugennoama.pr/

限の海女観光PR隊Twitter
 https://twitter.com/HOKUGENNOAMA_PR






最終更新日  2017.08.09 10:00:08
コメント(0) | コメントを書く

全204件 (204件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 21 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.