11062606 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

イーハトーブログ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

サイド自由欄


イーハトーブログ ライター紹介
岩手県内をくまなく取材し、旬な情報をお届けしているライターの紹介ページです!

ブログ記事は、それぞれ、掲載日時点での情報です。名称、連絡先等、現時点の情報と異なる場合があります。

イーハトーブログ公式Facebook公式Twitterもご覧ください!!
 



岩手県について




県内各市町村についてはこちらから

岩手県内各地の観光をサポートするPRキャラクター
わんこきょうだいのご紹介♪


岩手県では「あなわん運動」を展開中です!!

その他リンク先








東日本大震災に伴う情報提供について
東日本大震災で被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。
岩手県内の災害対応状況については、テレビ・ラジオ等の他、岩手県公式ホームページ岩手県広聴広報課Twitter広聴広報課Facebook等を参考にされますよう、お願いいたします。

コメントも大歓迎です♪感想や情報などありましたらお気軽にどうぞ!(内容によっては、こちらの判断で削除する場合もあります。御了承ください。)

ネットワーク環境でアクセス制限がかかっており、自分のブログへのコメント返信は可能ですが、他の方へのコメントは出来ません。
皆さんのブログも楽しませていただいております。

コメント新着

カレンダー

全173件 (173件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 18 >

歴史・文化・偉人

2019.08.31
XML
カテゴリ:歴史・文化・偉人
あべっちです!ウィンク
​​​​​​​​藩政時代から明治後半の岩手県には、沿岸と内陸をつなぎ、
重要な経済交易を行った「塩の道」の歴史があります​。

この塩の道の交易に欠かせない南部牛の現代の姿をご紹介します。
※塩の道については、以前シリーズで紹介していますのでこちらもご覧ください。
【県北】〔野田村〕「塩の道」沼宮内廻野田街道-その1
【県北】〔久慈市〕「塩の道」沼宮内廻野田街道-その2
【県北】〔久慈市〕「塩の道」沼宮内廻野田街道-その3
【県北】〔葛巻町〕「塩の道」沼宮内廻野田街道-その4

東北地方で唯一、岩手県久慈市の平庭高原で毎年開催されている
平庭闘牛大会、8月18日(日)しらかば場所を見に行って来ました。
平庭闘牛大会⇒いわて平庭高原闘牛会

出場する強そうな牛たちが並んでいます。
南部牛の闘牛の起源は、複数の南部牛が塩などの荷物を運ぶ際に、隊列の先頭に立つ牛を決めるために角突きしていたのが、始まりだそうです。


左上の写真は、大会を前に安全祈願祭が行われました。
右上の写真は、来賓の遠藤久慈市長のご挨拶です。


​​左上の写真は、大会を盛り上げる「山形太鼓同好会」のみなさんの迫力ある演奏。
右上の写真は、民謡歌手・ラジオパーソナリティなどで活躍する「佐野よりこ」さんです。
 民謡日本一の佐野さんは、南部牛にちなんで「塩の道」の紹介と
「南部牛追い唄」などの民謡を歌ってくれました。

闘牛に出場する牛には、大相撲のように番付けがあります。
横綱や大関になると1t(1000kg)近い闘牛もいます。


上の写真白い闘牛は埼玉県から出場の小結「白鵬」(はくほう)5才820kg
​​​​​​​​​​​​​​赤毛(茶色)闘牛は福島県から出場の前頭「福の里」(ふくのさと)4才800kg
土煙をあげ激しく戦っていますが、東北唯一の平庭闘牛の特徴は、
若い牛(2才)中心の取組みで、負け癖がつかないように
両者が優位の状況で引き分けにするのだそうです。
詳しくはこちら⇒​久慈市ホームページ 東北唯一の平庭闘牛大会
次回は「もみじ場所」10月20日(日)開催します。


右上の写真、会場には闘牛関連のアイテム販売や、久慈市をはじめとする県北地域の名物が販売されていました。左上の写真は大人気の「豆腐田楽」です。
固めの豆腐にニンニクの効いた味噌を塗り炭火で焼いたものです。


​この日は、岩手県盛岡振興局が「塩の道」のPRに来て
「とふっち」もお手伝いました。​​
「とふっち」の後ろ姿もなかなか可愛いですね。
日差しの強い日でしたが、時々涼しい風が吹いた平庭高原でした。
「とふっち」​暑い中のお仕事お疲れさまでしたね。


8月24日(土)野田村で開催中の「野田まつり」でも塩の道のPRをして来ました。

この日も「とふっち」は子どもに大人気でした。

次回は、9月14日(土)・15日(日)滝沢市の
岩手産業文化センター アピオ 屋外特設会場で行われる
「IBC」まつりに岩手県盛岡広域振興局も参加します。
皆様のお越しをお待ちしております。
詳しくはこちら⇒​IBC岩手放送 IBCまつり2019

会場についてはこちら⇒​岩手産業文化センターアピオ
​​​​​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2019.08.31 17:00:13
コメント(0) | コメントを書く

2019.08.30
テーマ:岩手県央(589)
カテゴリ:歴史・文化・偉人
​こんにちは あべっちです!

​​​​8月16日(金)・17日(土)18日(日)の3日間、
第14回全国高校生短歌大会「短歌甲子園」が開催されました。
■大会初日
8月16日(金)
開会式と組合せ抽選会が行われました。
石川啄木の故郷、
盛岡市 玉山区渋民 奥州街道沿いにある
「姫神ホール」で行われました。
姫神ホールについてはこちら⇒​姫神ホール・渋民公民館

当日は、台風10号の影響により中止または、
不参加になる学校が出るのではと思いましたが、
全21校が無事盛岡に到着し開会式が始まりました。

​​​今年は全国から52校67チームの応募があり、予選の結果、
第13回大会の優勝・準優勝校を含む21校21チームが、
この全国大会へ出場することになりました。
出場校についてはこちら⇒
盛岡市ホームページ
第14回全国高校生短歌大会(短歌甲子園2019)全国大会出場校決定

雨が降ったり止んだりの生憎の天気でしたが、参加高校生の皆さんは、​​​
長旅の疲れも見せずに元気いっぱいでした。

開会式の進行は、開催地盛岡の高校生が行いました。
「開会宣言」が行われ、前回の優勝校「茨城県立下館第一高等学校」から
優勝杯が返還されました。大会実行委員会 
副会長(藤尾善一盛岡市副市長)のご挨拶、
大会審査委員のご紹介と続きました。

団体戦組合せ抽選会にうつり、翌日の初戦で戦う相手校と握手、
前回の優勝校「茨城県立下館第一高等学校」の代表選手が宣誓を行いました。
団体戦組合せ抽選会も終わり、選手の皆さんは題詠ツアーへと出かけました。
石川啄木記念館盛岡城跡公園など、啄木ゆかりの場所へ行くそうです。
石川啄木記念館と盛岡城跡公園については以下から↓
石川啄木記念館    ​​盛岡城跡公園​​
■大会二日目 8月17日(土)
大会二日目は、団体戦一次リーグと個人戦参加者観客投票が行われました。
盛岡市 松尾町にある「盛岡劇場」で行われました。
盛岡劇場についてはこちら⇒​​盛岡劇場・河南公民館

少し風が強い朝でしたが、天気も回復し熱い戦いが始まりました。

前日の組合せ抽選A~Fの全7ブロックから各1チームと
敗者復活戦の勝者チームが18日(日)の決勝トーナメントへと進みます。

順番に先鋒戦・中堅戦・大将戦と作品を披露しあいます。

審査員の方々は作品に対しての質疑応答の後、
左の赤チーム右の白チームの作品を選びランプのスイッチを押します。

審査員の中から、参加選手の皆さんの目標と言ってもよい
武田穂佳(たけだ ほのか)さんをご紹介します。
​​1997年 岩手県生まれ
◆第10回全国高校生短歌大会団体戦優勝。
第59回短歌研究新人賞受賞
第5回大学短歌バトル優勝。現在『短歌研究』連載中。
武田さんから大会へのコメントをご紹介します。
「 前回に引き続き審査員をやらせていただけることになりました。どうぞよろしくお願いいたします。三日間すごく楽しみです。
 自分は高校二年生のとき、赤点を取りすぎて短歌甲子園に出場できませんでした。短歌甲子園と別々に過ごしたあの三日間も短歌甲子園だったなあと思います。」

あべっちがとても気に入った短歌は、
上の写真左の「青森県立八戸高等学校」先鋒の「平こころ」さんの作品でした。
第1次リーグの結果
◆Aブロックから 
前回優勝「茨城県立下館第一高等学校」
◆Bブロックから 
「沖縄県 昭和薬科大学付属高等学校」
◆Cブロックから 
 「徳島県徳島市立高等学校」
Dブロックから 「茨城県立結城第二高等学校」
Eブロックから 前回準優勝「岩手県立盛岡第三高等学校」
Fブロックから 「青森県立八戸高等学校」
Gブロックから 「東京都 渋谷教育学園渋谷高等学校」
敗者復活 「宮城県古川黎明高等学校」
■大会最終日 8月18日(日)
大会3日目は決勝トーナメント​
敗者復活戦を勝ち抜いた、宮城県古川黎明高等学校を含め
8校が決勝戦に臨みました。
結果「青森県立八戸高等学校」が決勝で
「沖縄県 昭和薬科大学付属高等学校」を破り、初優勝に輝きました。​

「青森県立八戸高等学校」のみなさん、おめでとうございました。

​​

啄木の短歌と言えば「三行書き」が有名ですが、啄木までの短歌や和歌は「一首三行書き」では無かったそうです。啄木の歌集に収録される短歌はすべて、「三行書き」で記されているそうです。改行によって一息つくことが、寂(わび)さびにも似た美観を感じると言われています。
石川啄木の歌碑

啄木ゆかりの地には、歌碑があるところが沢山あります。
上の写真は盛岡城跡公園にある歌碑です。
他にも、盛岡市内各所に歌碑がありますので、めぐってみて下さいね。
詳しくは⇒
盛岡観光情報「文学と彫刻のまち盛岡 石川啄木 青春のふるさと散歩」
北海道も啄木ゆかりの地です。以下からご覧ください。
函館市公式観光情報はこぷら「石川啄木歌碑 」
​​釧路・阿寒湖観光公式サイト「啄木の76日間が、街に残したもの」
また、啄木終焉の地として有名なのが、東京都の文京区です。
盛岡市と文京区は啄木が縁で、今年の2月20日に​友好都市提携​を結びました。
今回の短歌甲子園は、これを記念する大会として行われました。
詳しくは以下から↓
文京区・盛岡市友好都市提携記念 第14回全国高校生短歌大会(短歌甲子園2019)
文京区にも歌碑がありますので、お近くにおいでの際は是非ご覧ください。​







最終更新日  2019.08.30 10:06:28
コメント(0) | コメントを書く

2019.08.13
テーマ:岩手県央(589)
カテゴリ:歴史・文化・偉人
こんにちは あべっちです!
​​​​8月3日(土)・4日(日)の2日間、
第1回盛岡国際俳句大会が開催されました。
会場は「アイーナいわて県民情報交流センター7階の小田島組☆ほ~る」

この大会は今年で岩手県盛岡市が市制130年になる事を記念して開催されました。
盛岡市は、俳句に関わりのある先人たちを輩出しています。
短歌で知られる歌人、石川啄木(いしかわたくぼく)も俳句を残し、
武士道』の著者で国際平和に貢献した、
新渡戸稲造(にとべいなぞう)は俳句の英訳を手掛け、
世界各地で俳句を詠んだ、山口 青邨(やまぐちせいそん)がいます。
詳しくはこちら⇒​第一回 盛岡国際俳句大会
8月3日(土)は「盛岡国際俳句大会」の一環として、
盛岡市内の観光名所を巡りながら俳句を詠む「盛岡吟行ツアー」が行われました。

▲上の写真は「岩手」の岩手県の県名の起源なったと言われる鬼の手形で有名な三ツ石神社
盛岡駅から、啄木新婚の家、三ツ石神社、岩山公園、上の橋、
盛岡城跡公園を巡る、このツアーに参加した方々は、
「盛岡さんさ踊り」などの、風情や自然を感じながら
季語や表現を選び、翌日に行われる「当日投句」
提出に向けて、試行錯誤していたようです。

市制130年を迎えた盛岡市の谷藤市長は、大会会長としてご挨拶をしました。
市制施行130周年を記念して様々な事業を実施している中、
この大会もその一つとして行われました。

石川啄木の終焉の地として知られる、東京都文京区は、
盛岡市と平成24年に文化交流協定を結んでいて、
区内には「終焉の地」に隣接した場所に「歌碑と顕彰室」が
設置されているそうですよ。
毎年、文京シビックホールにおいて
「啄木学級」という講座を開催されているそうです。
その文京区より、副区長佐藤  正子(さとう  まさこ)さんが
区長成澤廣修(なりさわひろのぶ)さんの
ご挨拶を代読されました。

そしていよいよ、みなさんお待ちかねのゲスト
TVでもおなじみの大人気の俳人「夏井いつき」先生の登場です!
愛媛県松山市在住の「夏井いつき」先生は、8年間中学校の国語の教師を
勤め、その後俳人に転身全国高等学校俳句選手権「俳句甲子園」の創設や
「俳都松山宣言」起草に携わり、TVやラジオ番組などでも幅広く活躍中です。
話題のテレビ番組のゲストの事やラジオ番組での出来事など、
大変面白いお話を聞かせていただきました。
1時間もの長いトークショーでしたが、
みなさんながらも聞き入っていました。

さて、次のゲストはカナダから
「Trrry Ann Carter(テリー・アン・カーター)」さんです
「俳句カナダの前会長」や「俳句オビュータス創設」、
「カナダ・ビクトリア市の俳句団体(Hiku Arbutus)の創設」など
欧米人として俳句に魅せられて来た方です。
これも、先にご紹介した、カナダにゆかりのある
新渡戸稲造(にとべいなぞう)や俳句の英訳を手掛けた、
山口 青邨(やまぐちせいそん)の影響が大きいのだと思いました。

楽しいトークショーも終わり、表彰式に移りました。
事前投句日本語部門の発表です。
事前投句は今年の1月8日(火)~5月7日(火)の間に
応募された投句の中から12の賞に選ばれます。

最高賞の「盛岡国際俳句大会賞」は
盛岡市の「三浦 百合子さん」の投句が選ばれました。
作品をご紹介します。
「​山ざくら 発電あとの 水真青​」

その他、2つの大会特別賞と9つの特選と合計
12作品の方々が受賞しました。
また、事前投句英語部門では、大賞1作品、特選5作品、入選12作品を
「Trrry Ann Carter(テリー・アン・カーター)」さんを始めに
3名の選者が選びました。
大賞を受賞した、カナダの「Chen-ou Liu(チェン・オウ・リウ)」さんの
作品をご紹介します。
「light of dawn a tai chi master pushes the silence」
(夜明けの薄明かり太極拳の先生が沈黙を押し返す)


当日投句 日本語部門では
上の写真が、5名の選者各先生方が選んだ作品になります。

当日投句部門大会賞に選ばれたのは「北上市の小笠原文保さん」でした。
第1回盛岡国際俳句大会 当日投句部門大会賞 おめでとうございます。

5名の受賞者に賞状と記念品が授与され、
最後に5名の先生がたから講評を頂き、閉会となりました。

盛岡市では、8月16日(金)~18日(日)まで
文京区・盛岡市友好都市提携記念
第14回全国高校生短歌大会
短歌甲子園2019が開催されます。
こちらにも是非足を運んで、参加高校生の皆さんを応援してくださいね!

詳しくはこちら⇒​第14回全国高校生短歌大会(短歌甲子園2019)






最終更新日  2019.08.16 17:23:27
コメント(0) | コメントを書く

2019.07.16
カテゴリ:歴史・文化・偉人

こんにちは、むらっちです。

時々外国の内戦のニュースを耳にすることがありますが、日本でも150年前に内戦がありました。薩摩・長州・土佐の各藩を中心にした明治新政府軍と旧幕府軍・奥羽越列藩同盟が戦った戊辰戦争1868-1869年)です。むらっちは日本史を勉強していないし、この時代のドラマもみていないのですが、宮古で海戦があったと聞いて興味が湧いてきました。

 

宮古港海戦をとても簡単に書くと、、、

箱館で政権(箱館政権)を樹立した旧幕府側が明治2(1869)518(旧暦)に五稜郭での戦い(箱館戦争)に敗れて戊辰戦争が終結するのですが、その2か月前325(旧暦)宮古港に入港した新政府軍の軍艦に旧幕府側が奇襲をかけたのが宮古港海戦です。この戦いで旧幕府側は敗れ、戊辰戦争の勝敗の鍵となったそうです。旧幕府側には新選組の土方歳三、新政府側にはのちに日露戦争で名を馳せることになる東郷平八郎が参戦していました。どんな戦いだったか詳しく知りたい人は「宮古港海戦」「宮古湾海戦」で検索してみてくださいね。

 

​今年は宮古港海戦からちょうど150周年​。この海戦にゆかりのあるものが宮古市内にありますので巡ってみました。宮古市が現地に設置した説明板には地図が記載されているのでわかりやすいですよ。

 

(1)幕軍無名戦士の墓(藤原3丁目 観音堂)


宮古港海戦の後、藤原須賀に流れ着いた幕軍兵士の遺体を弔うために建てられました。国道45号線に面した墓地の観音堂の脇にあります。

 

(2)宮古港戦蹟碑(光岸地5丁目 大杉神社)


大正6年(1917)に地元の名士が建立したもので、額字は東郷平八郎によるものだそうです。「道の駅みなとオアシスみやこ(シートピアなあど)」の近くの高台にある大杉神社の境内にあります。階段を上ったら左に曲がってまた階段を上って、全部で160段ほどの階段を上ります。

 

 (3)宮古港海戦記念碑(浄土ヶ浜)


昭和43年(1968)に明治100年を記念して建立されたもので、題字は鈴木善幸元首相によるものだそうです。浄土ヶ浜ビジターセンターがある浄土ヶ浜第1駐車場から、一般車進入禁止の道を100m位歩いたところにあります。

 

(4)宮古港海戦解説碑(臼木山)


浄土ヶ浜の背後にある標高86mの臼木山の山頂付近にあります。海戦の現場を見下ろす場所です。むらっちは浄土ヶ浜第1駐車場の道路を挟んで向かい側の登山口から登りました。「浄土ヶ浜自然歩道 臼木山入口」という表示があります。結構急な斜面を登りますが、途中に休憩できるベンチがあります。10分位で山頂につきます。分かれ道ではどちらから来たか覚えておかないと、帰りに別の場所に降りてしまうので注意してくださいね。

 

(5)官軍勇士墓碑(愛宕小学校後方公葬地) 官軍兵士の墓

(6)官軍小西周衛門墓碑(沢田常安寺墓所) 海戦の前年に病死した岡山藩士の墓

官軍のお墓には今回は行きませんでしたが、むらっちの父親の実家のお墓から近いので、お盆にでも行ってみましょう。

 

宮古市では150周年を記念して、オリジナルの講談が作られたり、トークセッションが開催されたり、記念事業が行われています。来年2には戊辰戦争当時の盛岡藩宮古村が舞台の小説「鍬ケ崎心中」(著者 平谷美樹 ひらやよしき)を原作とした市民劇も上演されますよ。鍬ケ崎出身のむらっちの父親はこの小説を読んで、街の情景が自分が子どもの時の記憶と同じだ感激していました。(むらっちの父親が生まれたのは戊辰戦争の62年後なんですけどね)







最終更新日  2019.07.16 09:02:18
コメント(0) | コメントを書く

2019.02.22
カテゴリ:歴史・文化・偉人
こんにちは、沿岸のすこっちです。

2月19日、宮古会場で始まった三陸国際芸術祭。
3月24日までの約1か月半、北は八戸市、南は気仙沼市まで、

全10市町村を会場に、様々なプログラムが展開の予定です。

今回、海外からはインドネシアから「ジャティラン」という芸能を行う2団体が参加。

​​​クリンチン・マニスとニュー・ズグル・グディッルッという団体ですが、クリンチン・マニスは、2012年にジョグジャカルタ国立芸術大学のメンバーを中心に設立された新しい団体で、もともと男性による芸能だったものを女性中心の踊り手構成にし、伝統を重んじながらも新たな境地にチャレンジしています。

【2月11日 田野畑会場の様子】                                    



【上】

ジャティランを披露するクリンチン・マニス

【右】
地元田野畑村の甲地(かっち)鹿踊り





【上】
田野畑村菅窪鹿踊り・剣舞

【右】
クリンチン・マニスと地元芸能、来場者も参加しての芸能体験




​​​

​一方、ニュー・ズグル・グディッルッは男性による伝統的な公演を行う、同じジャティランの団体でも対照的ともいえる2団体です。

【大槌会場の様子】
 
 
ジャティラン、虎舞がそれぞれ披露されたあと・・・




クリンチン・マニスが虎舞に、虎舞メンバーがジャティランに挑戦!
虎舞の楽器でジャティランを踊ったり、ジャティランの楽器で虎舞を舞ったり!
ぶっつけ本番の創造タイムが展開しました!





これまでは宮古市、田野畑村、大槌町の3市町村でクリンチン・マニスが登場しました。以降の開催分は、ニュー・ズグル・グディッルッが出演の予定です。

他にもさまざまなプログラムが盛りだくさんで開催されます。
三陸の芸能、アジアの芸能、そしてその共演から生まれる何か、
創造の瞬間をお見逃しなく!


大いに盛り上がりましたぁ!

プログラムの詳細、日程等は三陸国際芸術祭ホームページでご確認ください。

お問い合わせ先
三陸国際芸術祭事務局
0192-22-9830







最終更新日  2019.03.12 16:04:20
コメント(0) | コメントを書く

2019.02.21
テーマ:岩手県央(589)
カテゴリ:歴史・文化・偉人
あべっちです!スマイル
2月の岩手はイベントで盛り沢山です!
​​​​​​​​​​​​出来るかぎり、ご紹介していきます!​​​​​​​​​​​​

▲上の写真は、約200年前(江戸中期)の「享保びな」
今年初展示となります。南昌荘の3代目所有者である金田一家ゆかりの享保びなだそうです。

今回は、3月3日(日)まで、岩手県盛岡市清水町の
国登録記念物、盛岡市保護庭園、保存建造物に指定されている南昌荘​​​​
開催中の「ひなまつり」ご紹介します。
南昌荘では、一般の方々からご協力いただいた人形を借りて展示しています。
飾らている人形は、古いものは、江戸・明治・大正時代から受け継がれてきたものや、手づくりのひな人形まであって、来場者に楽しんでもらっているそうです。

南昌荘は明治18年に建てられ、その庭園と屋敷は約130年に渡り
所有者が次々と変わる中で、現在は「いわて生活協同組合」さんが
所有し維持管理に努めているそうです。
また、南昌荘は映画「3月ライオン」のロケ地にもなったのですよ。
イーハトーブログでもご紹介しましたので、こちらもご覧ください。
【県央】〔盛岡市〕3月のライオンロケ地めぐりin盛岡~後編~

南昌荘の詳しい情報はこちら⇒南昌荘HP​​​

上の写真は来客用玄関を入り、受付のある8畳間に飾られているひな人形で、
​​写真左側は「即位びな」といって、昭和天皇即位の儀式の際の、
天皇・皇后の衣裳をまとったひな人形だそうです。
写真右側は「きめこみびな」と言うそうです。
小さくてかわいらしいのが特徴です。

廊下に出ると、可愛らしいひな人形達が棚の上や階段に飾られ、
ステンドグラスなどの照明に照らされていました。

更に廊下を進むと、宮沢賢治の作品をモチーフにしたステンドグラスの隣に、
おひな様のステンドグラスもありました。外光に透かされてきれいでしたよ。

こちらも、とても貴重な花巻人形のひな人形です。
昭和30年代に伝承者が没後一旦途絶えてしまい、昭和40年代後半に再興されて
現在も花巻市の平賀工芸社さんが作り続けているそうです。

▲上の写真は、江戸期の「天保びな」

左上の写真は「たまごびな」、右上の写真は「ちりめんびな」です。

▲御所での生活を再現した「松鶴御殿びな」

こちらは初めてみましたが、京都・大阪を中心とした
上方で人気のあった、大変珍しいひな飾りだそうです。
とても手が込んでいて繊細な造りに感心しました。

源氏物語貝合わせ貝桶(かいおけ)
源氏物語54帖にちなみ54個の貝に繊細華麗な絵付けがされています。
夫婦のご縁が末永く続くよう願いを込めて飾られる貝合わせです。
本来は本物の貝を使いますが、こちらはボーンチャイナ(高級磁器)で
作られています。右側の漆器の桶(貝桶)に収納されるそうです。

32畳ほどある松鶴の間には、「享保びな」「貝合わせ」「御殿びな」などが
飾られていて、時間を忘れて見入ってしまいました。

是非あわせて、ご覧くださいね!


南昌荘については、昨年秋にもご紹介していますので、
こちらもご覧ください。
【県央】〔盛岡市〕もりおかの「紅葉」情報-その2南昌荘

平成も終わりになるこの機会に、それぞれの時代の「ひな人形」を眺めながら、
歴史ある南昌荘で古き良き時代を感じてみませんか。
盛岡市内のひな祭りイベントは他にもいくつかありますので、

チェックしてみて下さいね。
●一ノ倉邸「ひな遊ぶ」⇒〔盛岡市〕一ノ倉邸の「ひな遊ぶ」3月3日(日)まで開催​​
●もりおか歴史文化館⇒​​​​​​​​​鉈屋町からおひなさまがやってきた!​​
●志波城古代公園⇒​いにしえのひなまつり展​​​​​​






最終更新日  2019.02.21 13:00:06
コメント(2) | コメントを書く

2019.02.16
テーマ:岩手県央(589)
カテゴリ:歴史・文化・偉人
あべっちです!スマイル
2月の岩手はイベントで盛り沢山です!
出来るかぎり沢山、ご紹介していきます!​​​​​​​​​​
今回は、3月3日(日)まで、岩手県盛岡市安倍館町の
盛岡市の保護庭園・一ノ倉邸​​​​で開催中の「ひな遊ぶ」展ご紹介します。

▲大正時代製造のヤマハのグランドピアノの上に展示されたひな人形です。
このグランドピアノは現在も定期的に調律し、現役で演奏されているそうです。
​映画「終わった人」のロケ地にもなった、「一ノ倉邸」は、
明治後期に盛岡市出身の政治家「阿部浩」により庭園と建物が造られたそうです。
その後は一ノ倉氏に譲渡、昭和49年には保護庭園に指定されたそうです。
市民の保存要望により、平成4年に盛岡市が取得し管理する事になったそうです。
一ノ倉邸について詳しくは⇒​保護庭園「一ノ倉邸」盛岡市HP

▲写真中央の「ひな人形」は、江戸時代の「享保びな」で、現代のひな人形に比べ大きいのが特徴なんだそうです。また現代と大きく違うのは、お内裏様とお雛様の並びが左右逆なんだそうです。

「一ノ倉邸」の雛祭り「ひな遊ぶ」展は、江戸から平成までの様々なひな人形が展示されていて、時代によりおひなさまのお顔や衣装の違い等を見る事ができます。
ひな人形の展示には、毎年テーマがあるそうです。
平成最後の今年
は「煌めく(きらめく)」をテーマに、
春を感じさせる青竹等の飾りや照明で、
明治の館が「煌めいた」空間に演出されていました。
「ひな遊ぶ」展の詳しくはこちら⇒一ノ倉邸「ひな遊ぶ」

展示されているひな人形は寄贈された人形が主で、
代々各家庭で大切に受け継がれてきた物だそうです。
また人形以外にも上の写真にある扇などの展示品も
歴史のある貴重な物なんだそうですよ。

3つの部屋に展示されているひな人形は、現在の生活スタイルや間取りでも
飾れる提案を行っていて、座卓や小テーブル・チェスト等に飾られていました。

奥にある囲炉裏のある板の間の部屋には、珍しいひな人形が飾られていました。

中でもこちらの「花巻人形」ですが、
昭和30年代に一旦途絶えてしまったそうです。
昭和40年代後半に再興されて現在も花巻市の
平賀工芸社さんが作り続けているそうです。
古い年代の物はとても貴重なんだそうですよ。

明治後半に造られた、庭園・邸宅と平成最後の
「ひな遊ぶ」展を是非見に来てくださいね!
施設案内
所在地:〒020-0126 盛岡市安倍館町19-64
入館料:無料 開館時間:10時から15時まで
休館日:毎週月曜日、火曜日
      8月10日から20日まで、
         12月25日から翌年1月15日まで
  交通アクセス:岩手県交通・岩手県北バス「安倍館」バス停下車​​​​
お問い合わせ:019-646-1817(一ノ倉邸管理保存委員会)
    019-626-3754(盛岡市環境企画課)






最終更新日  2019.02.16 08:00:06
コメント(2) | コメントを書く

2019.02.08
カテゴリ:歴史・文化・偉人
​​​​​こんにちは、沿岸のすこっちです。

​​​宮古市の黒森神社に奉じる​国指定無形民俗文化財「黒森神楽​」​が盛岡に巡行するというので、ちょっと、会場の​もりおか町家物語館まで追っかけしてきました。​



​​​黒森神楽は、普代村を拠点とする鵜鳥神楽とともに沿岸地区をそれぞれ北方向、南方向へと、毎年方向を交代しながら巡行しています。​​
ちなみに今年は、黒森神楽は南側に、鵜鳥神楽は北側に巡行しているそうです。

​本来沿岸を巡行する神楽ですから、盛岡開催はなかなか見ることのできないスペシャルな公演ということで、会場は昨年12月には完売の満員御礼状態で大変な賑わいでした。​


​さて、午前中は11時から「シットギ」​が行われました。​
ところで、シットギって何? 

​​「宿」と呼ばれる会場の庭先で行われる、この神楽では開始の儀礼のことを総称して「舞い込み」といいます。​​
その中で米を臼でついて作る儀礼用の供え物のことをシットギと呼びますが、シットギが舞い込みの中で象徴的なため、シットギが舞い込みの代名詞のように使われているようです。

 
  
ユーモア溢れる道化のゴンスケやおかめが菓子を振る舞ったり、シットギの粉を見物人の額や鼻に付けて歩きます


舞い込みが終わり、宿での神楽が始まるまでシットギを噛んで鎮座する獅子頭

​*黒森神楽の詳細は​ミヤペディアの「黒森神楽」​をご覧になってみてください。

さて、午後1時からはいよいよ、本会場となる宿で、打ち鳴らしに続いて、この日の神楽が次々に披露されました。

​​​​​​​​​​​​​​​​​ 
○清祓

はじめに四方を祓い、場を清めます。

○御神楽

鳥兜を被って二人組で舞う、他の神楽では「鳥舞」と呼ばれ、演目の最初に行うことが多い舞です。

○大蛇退治
 
神出鬼没の大蛇が、突然、会場後方の扉から乱入し、会場の子どもを怖がらせたりします

○松迎

新年を祝い天下泰平を祈念します。

○狂言 伊勢参り

このままお笑い番組に出演させたいほど、会場が大爆笑!

○山の神舞

迫力に満ちた山の神舞は、神楽を代表する見ごたえのある演目です。

--お花(お祝い)への御礼口上--


○恵比寿舞

黒森神楽といえば恵比須舞といっても過言ではない、ほっこり楽しい演目です。

○節分 豆撒き

時節柄の演目となりましたが、こちらも大爆笑です

​○権現舞​​​​​​​​​​​​​​​​​​

 
舞台上での舞の後、獅子頭が客席にいる見物人の頭を噛んで回ります。様々な厄病や災いが払われるといわれています。

華麗・荘厳な舞だけでなく、大爆笑の演目もあり、老若男女が楽しむことができる黒森神楽。

16時終了の予定が、17時近くまで続いた大満足の黒森神楽でした。

今年もいいことありそうだ!

黒森神楽に関するお問合せ
教育委員会文化課
電話: 0193-65-7526​​

​​​​​






最終更新日  2019.02.08 08:30:07
コメント(0) | コメントを書く

2019.01.30
カテゴリ:歴史・文化・偉人
こんにちは、沿岸のすこっちです。
​​1月24日、氷点下6度の寒風吹き荒ぶ中、200年ほど前から住田町世田米地区に伝わる行事「水しぎ」に行ってきました。


何やら、ゾンビ映画のPR部隊のコスプレじゃないかって感じですね。

​​実は、この装いは「物乞い」なんですまっ、コスプレといえばコスプレでしょうか。


  
           参加者思い思いの衣装と化粧で、物乞いに扮するのも楽しみのひとつ。

​​
​約200年前、江戸時代に宿場町として栄えていたこのあたりで、ボヤを発見した物乞いが鍋や釜の底を叩いてみんなに知らせたことで、大火を免れた​という​出来事に由来しています。その日が1月24日だったことから、毎年、この日に行われるのだそうです。​
そんなわけで、​物乞いに扮した有志の皆さんが​、一斗缶を木の棒で打ち鳴らしながら街を練り歩き、家庭や事業所、学校、幼稚園、施設を訪れて​歌と踊りで無火災を祈ります​
極寒の中、2つのチームで、​4~5時間かけて、約300件ほどを訪ね歩く​​そうです。



​実はこう見えて、れっきとした​神社の祭事​でもあり、また、住民による​防災の啓発活動​としても行われています。

 
​            ​訪問した一軒一軒に「愛宕神社火伏祭守札」が配られます。​​


さらに、「水しぎ」は誰でも参加することができます。平日にもかかわらず、​首都圏など遠方から参加する方もいて、交流事業としても貴重な役割​をになっているようです。


日本語しか話すことのできないイギリス&日本のハーフ、東京からやってきた俳優さん、ふん装も参加する人も多彩です。

寒さと災いを吹き飛ばす「水しぎ」、これからも、地域の熱い魂に支えられて、受け継がれていくといいですね。

お問い合わせ
住田町役場
0192-46-2111







最終更新日  2019.01.30 11:27:11
コメント(0) | コメントを書く

2019.01.23
カテゴリ:歴史・文化・偉人

こんにちは! 新たに沿岸地域を担当することになりましたブログライターすこっちです。 どーぞよろしくお願いします。
 
 そんなわけで、一発目は、毎年1月15日に大船渡市吉浜地区で行われる小正月行事「吉浜のスネカ」を見学させてもらいました。
 
 「吉浜のスネカ」は、吉浜集落に受け継がれる地域行事で江戸時代から今に受け継がれているんだそうです。国が指定する重要無形民俗文化財の「吉浜のスネカ」は、2018年11月29日に、「来訪神 仮面・仮装の神々」の一つとしてユネスコ無形文化遺産に登録されました。岩手県では早池峰神楽に次いで2件目の登録です。
 
 今年はユネスコ無形文化遺産登録後の記念すべき初行事で、登録から日も経っていない事もあって、てんこ盛りの報道陣がつめかけていましたよ。



(出発式:勢ぞろいしたスネカ!)


さて、スネカをご存じない方のために軽くウンチクを!
 
 この写真のように奇怪な仮面と藁、そして腰にアワビの貝殻の衣装をまとったスネカが、集落内の家々を回っては、「泣く子」や「怠け者」に凄んでみては、それを戒めて歩くというならわしです。「いい子にしますぅ!」と泣き叫ぶという、子ども達にとっては年に一度の恐怖の時間です。ですが、同時に、無病息災や五穀豊穣、豊漁をもたらす精霊でもあるのだそうです。




(スネカの来訪に恐怖で泣き叫ぶ子ども)
 

さて、このスネカを受け継ぐ主役は地元の中学生が中心。今年は24体のスネカが集落の300世帯程度を訪れて回ったそうですが、なんと、その19体が中学生! 伝統の継承のために頑張っています。
 
 この行事は、ユネスコ無形文化遺産に登録されたこれからも、これまでの伝統を受け継ぎ、年に1度だけ、他人に見せるためのものではなく、あくまでも地域住民の行事として行っていきたいそうです。
 
 これからも末永く、千年万年と、スネカが地域に幸せを運んでくれるといいですね。
 
 お問い合わせ先
 大船渡市教育委員会生涯学習課文化財係
 0192-27-3111(内線292)



 







最終更新日  2019.01.23 11:30:05
コメント(0) | コメントを書く

全173件 (173件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 18 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.