8046148 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

イーハトーブログ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

サイド自由欄


イーハトーブログ ライター紹介
岩手県内をくまなく取材し、旬な情報をお届けしているライターの紹介ページです!

ブログ記事は、それぞれ、掲載日時点での情報です。名称、連絡先等、現時点の情報と異なる場合があります。

イーハトーブログ公式Facebook公式Twitterもご覧ください!!
 



岩手県について




県内各市町村についてはこちらから

岩手県内各地の観光をサポートするPRキャラクター
わんこきょうだいのご紹介♪


岩手県では「あなわん運動」を展開中です!!

その他リンク先








東日本大震災に伴う情報提供について
東日本大震災で被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。
岩手県内の災害対応状況については、テレビ・ラジオ等の他、岩手県公式ホームページ岩手県広聴広報課Twitter広聴広報課Facebook等を参考にされますよう、お願いいたします。

コメントも大歓迎です♪感想や情報などありましたらお気軽にどうぞ!(内容によっては、こちらの判断で削除する場合もあります。御了承ください。)

ネットワーク環境でアクセス制限がかかっており、自分のブログへのコメント返信は可能ですが、他の方へのコメントは出来ません。
皆さんのブログも楽しませていただいております。

コメント新着

カレンダー

全277件 (277件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 28 >

体験・参加

2018.02.21
XML
カテゴリ:体験・参加
こんにちは なまっちです。
平庭高原でのスノーシューとスイス生まれのスノーアクティビティ「エアボード」を楽しむ
撮って!遊んで?冬の体験型フォトじぇじぇジェニックな旅in平庭高原
に参加してきました!雪




天気に恵まれませんでしたが、降りたてのふわっふわな雪を満喫しましたよ。


スノーシューとは、西洋かんじきのこと。雪に接する部分の面積が大きいため、雪の上でも沈まず夏場では歩くことができない場所も歩くことができます。上の写真も道路わきのガードレールが完全に埋まっているので、地面より1メートルほど高い位置を歩いている感じなんですよ~。


雪に覆われてモノクロの世界となった白樺美林を
ガイドさんの解説を聞きながらゆっくりと楽しみました。


じぇじぇジェニックな写真に近づいているのか自信がないですが、
写真もたくさん撮りましたよ~。


さて、お楽しみのランチタイム。なんとモニターツアー特製山形村短角牛のステーキ丼!サラダには寒じめほうれん草、お味噌汁に入ったきのこはスノーシューで歩いてきた山で採れたもの!地元の食材をたくさんいただきました。


山形村短角牛は和牛全体の1%の希少種!
地元でも食べる機会がほとんどない短角牛にテンション上がってしまいました。
赤身お肉なんですが、実は脂も濃くて甘い!美味しかったです!


午後は、エアボード体験!顔が雪面すれすれの状態で滑るので、体感速度や約40キロにもなるというスリリングなアクティビティ。体重移動をするだけで曲がることができ、止まるときも足でブレーキをかけるだけと初心者でもすぐに楽しむことができました。







エアボードの体験は、まだ試験的に行っているものでモニターツアーでの実績などを積み、新しいプログラムとして整備している段階なんだとか。県内でエアボードを楽しめる場所はまだないとのことなので、早く楽しめるようになるといいなーと思いました!

今回の「フォトじぇじぇジェニックな旅in平庭高原」に参加した皆さんが、
 #いぐたべ #平庭 #白樺
のハッシュタグをつけて情報発信しています。モニターツアーは、2/25(日)にも行われる予定ですので、天候や雪質などまた違った写真が見れるかもしれません。ぜひぜひTwitterやFacebook、インスタグラムなどでハッシュタグを検索してみてくださいね!


久慈地域雇用創造協議会
 TEL:0194-75-3032
 FAX:0194-75-3064
 HPhttps://kuji-i-ko-yo.jimdo.com/
 fbhttps://www.facebook.com/IGUTABE/
 Twitterhttps://twitter.com/IGUTABE_sanriku
 Instagramhttps://www.instagram.com/igutabe_sanriku/


久慈市でスノーシューを楽しみたい方は、こちらへお問い合わせください
ふるさと体験学習協会
 TEL:0194-75-3005 (月~金曜 8:30~17:15)
 HPhttp://www.kuji-taiken.jp/
 fbhttps://www.facebook.com/kuji.taiken






最終更新日  2018.02.21 08:30:07
コメント(0) | コメントを書く

2018.02.09
カテゴリ:体験・参加
​​こんにちは そらっちですスマイル

​前編に引き続き、産地見学会in大船渡の後編をお届けします!
(リンク;産地見学会in大船渡)


昼食は前編で紹介した鎌田水産のお隣、海の幸ふるまいセンター
でいただきました!



海の幸ふるまいセンターは、鎌田水産など大船渡市内の漁業者の出資に
よって設立された施設で、
地元の新鮮な海産物を使った食事や、鮮魚、
加工品などを購入できます熱帯魚


海の幸をふんだんに使用した定食は、どれも新鮮で美味しいグッド
こちらでは、食事以外にも新鮮な魚介類を購入することができ
ますので、近くへお越しの際は是非立ち寄ってみてくださいスマイル


お腹が満たされた後は、市内赤崎町の「山松商店」を訪れました。

赤崎町と言えば牡蠣!ということで、養殖牡蠣を手掛ける
山松商店の志田秀雄さんから​
牡蠣の生産についてお話を伺いました耳



全国的に見ても、高値で取引されているという赤崎町の牡蠣
きらきら
山松商店では、身入りを良くするための技術を駆使することで、
天候や時期による成長のバラつきを
コントロールし、安定的に
質の高い牡蠣を生産していますノートえんぴつ



志田さんは採れたての牡蠣を実際に剥きながら、大きさによる
用途の違いや、市場で好まれるサイズなどを丁寧に
紹介してく
ださいました音符志田さん、ありがとうございましたスマイル

そして最後に向ったのは、大船渡市盛町にある大船渡リアスホール
で開催された「三陸けせんマチナカ商談会きらきら



こちらの企画は、三陸地域の農・林・畜・水産業の生産者の方々と、
今回のツアーに参加されている
バイヤーの方などが直接顔を合わせ、
新たな販路開拓商品開発などのビジネスに繋げていただこうとい
うものですグッド


三陸の商談会ということもあり、会場内には海産物の良い香り
音符
海の幸はもちろんですが、醤油やワイン、お菓子などの出店もあり、
どれも魅力的な商品ばかり目


参加したシェフやバイヤーさんたちは、さっそく出店者さんと
話し込んでいる様子うっしっし
新たな料理や商品の構想が浮かんでいる
のでしょうか?


今回参加した見学会では、沿岸地域ならではの業種を多く見学
することができ、改めて岩手の大きさと魅力を実感することが
出来ました!!

今回参加されたシェフやバイヤーの方々には、産地の特徴を生
かした商品の開発や販売を通して、
岩手の魅力をもっと広めて
いただきたいと思いますスマイル


​​海の幸ふるまいセンター
住所;岩手県大船渡市大船渡町字笹崎3-6  
TEL;0192-22-8310
営業時間;10:00~19:00
定休日;水曜日(魚介類販売のみ午前中営業)
座席40席
駐車場あり(20台)

山松商店
住所;岩手県大船渡市赤崎町字清水190
TEL;0192-27-3019

大船渡市民文化会館・市立図書館 リアスホール
住所;岩手県大船渡市盛町下舘下18-1
TEL;0192-26-4478
開館時間;9:00~22:00
休館日;毎週火曜日
    年末年始(12月29日~1月3日まで)






最終更新日  2018.02.09 08:47:12
コメント(0) | コメントを書く

2018.02.07
カテゴリ:体験・参加
こんにちは そらっちです!

1月25日(木)に大船渡市で開催された、産地訪問・見学会の様子
をお伝えします!


​​この産地訪問・見学会は盛岡シェフバイヤーさんが大船渡市の
水産加工会社牡蠣養殖場​​
​などを見学し、生産者と直接交流するこ
とで、新たな食の魅力を発見したり、今後のメニュー​
作りに活用し
ていただこうという企画です!

【昨年の夏には、国道396号通称”フルーツライン”沿いの産地見学を実施しました!】 ​

 リンク;​【県央】〔盛岡市・紫波町〕フルーツラインで産地見学会が行われました!


当日は、東京でも48年ぶりに最低気温氷点下4℃を記録するなど、
各地激しく冷えこみ、
盛岡も今シーズン最低を記録しました!


そんななか一行が最初に向ったのは、大船渡魚市場熱帯魚



ここでは、大船渡魚市場の佐藤光男さんから、

東日本大震災から復旧復興の道のり」と題し、お話しを伺いました!



現在の魚市場の建物は建設途中に被災し、一時工事の中断を余儀なく
されました。
しかし、その後の取り組みで平成26年には市場の本棟
が完成し、
現在では最新の設備を持つ、沿岸南部の拠点的な魚市場と
して営業しています。


佐藤さんの話の中で驚いたのが、市場内が無線LANネットワークで結
ばれた情報管理のシステム!
水揚げされた魚種や水揚げ量を記録し、
それらのデータはサーバーに集約されるんだそうです!この水揚げ量
の計測には、荷物を載せるだけで計量ができるという最新のフォーク
リフトが使用されているんです!

そして約100台ほど導入されたタブレット端末でも情報が共有され、
場内のどこからでもアクセスが可能なんだそうですよ!!


続いて訪れたのは、市場のすぐ近くにある​鎌田水産​の加工場。



こちらは平成29年の7月に完成した、ピカピカ新工場です!


ホタテや牡蠣の養殖業からスタートした鎌田水産は、現在
さんまなどを主力にし、海産物の加工や販売を手掛けています!
こちらでは鎌田水産の山口優希さんに新工場を案内していただきました。


最初に案内していただいたのは、加工場。

様々な魚種に対応できるよう固定のラインは設けておらず、
その都度内容に合わせて機械設備をアレンジできるそうです目



そして次に案内されたのは、巨大な冷蔵庫!

​こちらの冷蔵庫、温度はなんと-30℃ほえー

数分で手足の感覚がなくなり、鼻の中までしっかり凍りつきました、、
ちなみに業界ではここを冷凍庫ではなく、冷蔵庫と呼ぶそうです!
-60℃を下回る超低温冷凍庫もあるからだとか…



同工場では、新たな加工場の整備を進めているとのことで、今後の動きに注目!

シェフやバイヤーの皆さんは、市場で取り扱う魚種や、サンマの安定供給を
目指す鎌田水産の取り組みなどを聞き、今後の展開へのヒントが得られた
のではないでしょうか?

後編へ続きます♪


大船渡市魚市場
住所;岩手県大船渡市大船渡町字永沢209

鎌田水産株式会社
住所;岩手県大船渡市赤崎町字鳥沢164-2
TEL;0120-27-8470(携帯からは0192-27-8470)
年中無休







最終更新日  2018.02.07 08:30:08
コメント(0) | コメントを書く

2018.02.02
テーマ:岩手県央(481)
カテゴリ:体験・参加
​こんにちは そらっちですスマイル


今回は、1月29日(月)に行われた楽天IT学校最終回の様子をお伝えします!

​楽天IT学校とは、県内公立高校に通う生徒が、楽天の講師や地元協力
企業​
からの指導を受け、ネット ショップ(楽天市場)での販売実習を
行うもので、
岩手県では今年で7年目の開催で、複数の学校から生徒が
集まり開催するのは、岩手県独自の取組グッド

​そんな楽天IT学校も今回が最終回。​約1年にわたって学んできたことを
振り返り、今後に活かすための回となりました。

​始めに、1月20日(土)に東京の楽天本社で開催された、
楽天IT甲子園2017には
岩手県立久慈東高校が出場し、
全国55校の代表チームと共に、これまで学んだ成果を披露!

大きな動きや、パネルなど、工夫を凝らして本選に挑んだ久慈東
高校でしたが、惜しくも本選出場はなりませんでした。残念涙ぽろり

本人たちは相当落ち込んだそうですが、それも今まで真剣に
取り組んできた
証だと思います!久慈東高校チームのみなさん、
本当にお疲れ様でしたスマイル


久慈東高校は、授業のなかでも本番同様のプレゼンを
みんなの前で披露してくれました
目


久慈東高校のプレゼンを見た後は、楽天甲子園1位に輝いた
高校のプレゼンの映像をみんなで見て、その内容を検証ノートえんぴつ


映像を見た協力店舗である兼平製麺中村さんの、

「発表が上手なだけでなく、ユーモアも取り入れることで、相手に
しっかりと伝わることが大事。」
との言葉に、みんな納得の様子。


その後は各自、自分達のチームいつての振り返り。
・一番初めに作ったページが最終的にどのように変化したか。
・チームワークがどのように変わったか。
・インターネットで商品を販売する上で大切だと思ったことは。
など、授業を通して気づいたこと変化したことを話し合いました。



ふり返りから見えてきたポイントを、各校ごとに発表するなか
で、顔が
見えない相手に対して、いかに商品の魅力や価値を
伝えるか
という、
ネット販売ならではの難しさ
についての意見が多く聞かれました。

ここで見つけた課題を各自がしっかりと自分のものとして、今後に
活かしてくれると思いますスマイル



授業の最後に、講師の照井さんや兼平製麺の中村さんからは、
授業を通してみんなのチームワークがどんどん良くなっていった
ことや、
学んだことをこれから先も活かしていって欲しいという
労いや激励の言葉がありましたグッド



授業後には、講師も生徒もこれまでにない穏やかな表情で
向かい合う様子が印象的でしたうっしっし


参加した生徒たちは、慣れない環境から始まり、徐々に出来上
がったチームワークで、
数多くの事を学んだことと思います!
参加した学生の皆さんは、これから先もここで学んだことを活
かして、頑張ってくださいね!

みなさん本当にお疲れ様でした!







最終更新日  2018.02.02 13:00:06
コメント(0) | コメントを書く

2018.02.01
テーマ:岩手県北(890)
カテゴリ:体験・参加
こんにちは なまっちです。
1月24日、25日の二日間、こども用海女の衣装づくり講座が行われました。


今回行われた海女衣装づくり講座は、「ちびっこあまちゃん隊」への参加の呼びかけや、地域の方にもっと海女さんを身近に感じてもらおうと開催されたもので、久慈市や洋野町・田野畑村から参加者が集いました。


ちびっこあまちゃん隊とは?
絣半纏と赤い帯、北限の海女さんと同じ姿で観光PRする地元の子どもたちのこと。
朝の連続ドラマ「あまちゃん」の放送開始に合わせて結成され、
北限の海女フェスティバルなど、様々なイベントで活躍しているのです!
(写真は、昨年の海女フェスでの餅まき)

講師は久慈市で手作り子ども服を販売するMAHO工房の稲葉さん。また、講座で使用したミシンは市内のミシン店に協力していただいたそう。町ぐるみで北限の海女とちびっこあまちゃん隊を応援しているんですね~。

さて、海女衣装づくりですが、「自分は取材だけで...」と思っていましたが、衣装製作もさせていただくことに雫
失敗して居残りもしましたが、なんとか衣装を1着完成させることが出来ました!


生地がサイズごとに裁断、布はしの処理済み。
「間違えて切って生地を台無しにする」リスクがゼロ!正直ほっとしました(笑)
背中の部分を合わせて縫うところからスタートです。


一工程づつ丁寧に教えて頂き、最大の難関「衿付け」も何とかクリア。




おしゃべりをしたり、参加者同士で作業を教えあったりしつつ、縫い進めていきます。


近くで見るとよれよれだけど、なんとか完成!
自分は1着作るのにヘロヘロでしたが、
「型紙があればもう一着作りたいなー」と話す参加者さんもいましたびっくり

北限の海女が活躍するシーズンは夏ですが、冬に海女さんに関するイベントは新鮮でした。「今回作成した衣装を着て活躍するちびっこあまちゃん隊が登場するかも!」と思うと楽しみです!!






最終更新日  2018.02.01 13:00:05
コメント(0) | コメントを書く

カテゴリ:体験・参加
こんにちは、県南担当のみらっちですスマイル

先日お知らせした牡蠣体験ツアーの第1回目に参加してきました!

▲漁船の上で漁師さんがむいてみせてくれた、大船渡産の牡蠣!!

***一日目(1/27)の流れ***
(11:30 一ノ関駅西口 → )12:30 水沢江刺駅出発
    →下船渡漁港(大船渡市大船渡町)にて牡蠣むき作業見学&漁船に乗り、養殖いかだ見学
    →大船渡プラザホテル到着、牡蠣づくし夕食メニュー

***二日目(1/28)の流れ***
     ホテル出発
    →下船渡漁港(大船渡市大船渡町)にて牡蠣むき体験
    →カキ養殖組合の方々と昼食交流会
    →大船渡出発
15:00ごろ 水沢江刺駅到着(→ 16:00ごろ 一ノ関駅西口到着)


県南の各集合場所(みらっちは水沢江刺駅)からバスに乗り、大船渡の下船渡漁港へ!
組合員の漁師さんたちがお出迎えしてくださり、早速、牡蠣むきの見学をしました。

女性たちが特殊な刃物を使って次々に牡蠣を殻からはずしていきます。ぷりっとした大ぶりの牡蠣を目にして、早くも食べたくなってしまいました笑

続いては漁船に乗り込み、いざ牡蠣の養殖いかだ見学へ!!

(左)かき漁業組合の組合長さんが、養殖している牡蠣を実際に水から揚げて見せながら説明してくださいました。(右)乗り物大好き、しかも漁船に乗るのは初めてのみらっちは、船に乗っている間じゅう興奮していました!しかも、漁師さんの動きがかっこいいんですわきらきら

宿泊先の大船渡プラザホテルは、2016年に場所を移転して建てられたホテルです。まだ新しく、きれいなお部屋でくつろげましたきらきら

ホテルの目の前には2017年にオープンしたばかりのショッピングモール・キャッセン大船渡があるので、みらっちは夕食時間までぐるっとお散歩してみました。
ちなみに、以前、別冊ブログ内で紹介されたラーメン屋さん・黒船SECONDはプラザホテルから徒歩30秒のところにありますよ!


さて、1日目最後のお楽しみは、牡蠣づくしディナーです!

席につくと早速運ばれてきたのは・・・

じゃーん!!大きな生牡蠣!!

初めて見る大きなサイズの牡蠣は、これだけでおなかいっぱいになりそう笑
次々に運ばれてくる牡蠣づくしのお料理に、魚介好きのみらっちはこの上なく幸せでしたピンクハート

***************************************
翌二日目晴れ
朝食を食べてすこしゆっくりしたら、再びバスに乗って漁港へ向かいます。

いよいよ牡蠣むき体験をしますよ~星

組合員さんから牡蠣のむきかたについての説明を聞いてから、数名ずつ交代で体験。漁師さんがついていてくれていて、手取り足取り教えて下さるので安心です!

(左)とはいえ刃物を使うので、ゆっくり、慎重に、気をつけて作業します。慣れない作業にちょっと緊張していた参加者のみなさん。組合長さんの「大丈夫、時間はたっぷりありますから♪」という一言でホッとしたのでしたピンクハート(右)不器用さには自信があるみらっちも挑戦。するとこれがハマる!時間ぎりぎりまで、何個むいたか覚えてないくらいやっていました笑

体験後は、漁師さんの奥様たちが作ってくださった牡蠣料理を囲んで、昼食交流会!使っているのはさっき参加者自らむいた牡蠣です。昨晩、ホテルで食べたお料理とはまた違うおいしさでした!


かけがえのない体験をたくさんし、楽しくてあっという間の二日間。
特にみらっちは、牡蠣の生産者の漁師さんをはじめ「人とのふれあい」が思い出になったツアーでしたピンクハート


実は今回、取材ではなく完全プライベートで参加したみらっち。
純粋にみなさんにおすすめしたいツアーです!

【第2回 岩手三陸大船渡 牡蠣体験ツアー】
2月17日(土)~18日(日)の一泊二日
お一人様 15,000円

ツアー詳細・お申込みはこちらまで→まるく






最終更新日  2018.02.01 08:30:06
コメント(0) | コメントを書く

2018.01.31
テーマ:岩手県北(890)
カテゴリ:体験・参加
こんにちは。なまっちです。
昨年行われた地魅恵(ジビエ)体験モニターツアー青の国ふだいを撮りに行こう!無料モニターツアーに続く第3弾!久慈地域の観光ツアー開発に活用されるモニターツアーが開催されます。



冬の平庭高原を遊びつくし、冬だからこそ撮れる写真を撮ってみませんか?


日本一の白樺美林の中で行うスノーシュー。
写真は曇りの日のものですが、晴れた日は青空とのコントラストが最高!
白樺の影が雪の上に落ち、白と黒の縞模様になった瞬間も写真映えしますよ。


また、真っ白な雪景色は写真を撮るのが難しかったりするのですが
フォトアドバイザーも同行するので、撮影方法の質問もできます!ひらめき


色の少ない風景には、カーブミラーのオレンジもアクセントになってかわいいです。
ウエアも派手な色が映えますよ~。


また、新しいウインタースポーツのエアボードも体験できます!
エアボードとは、空気で膨らませたゴムボードにうつぶせの状態で乗り込み、自在に雪上を滑り降りるというアクティビティー。簡単な操作で遊べるので、あっという間に上達するんだそうですよ~。
雪面に顔を近づけて滑走するので体感速度は40kmぐらいになるとか。疾走感あふれるかっこいい写真が撮れるかも!グッド

久慈地域の冬、雪を遊びつくすモニターツアー。気になった方はぜひ参加してみてください!


撮って!遊んで!!
冬の体験型フォトじぇじぇジェニックな旅in平庭高原

開催日:①平成30年2月17日(土)
    ②平成30年2月25日(日)
募集締切:平成30年2月13日(火)※定員になり次第終了
募集定員:各回10名(最少催行人数5名)
募集条件:・男女問わず参加できます(高校生以下はご遠慮願います)
     ・ご自身のブログやFacebook、Twitter、インスタグラムで
      ツアーの感想や情報を発信していただける方
     ・アンケート調査にご協力いただける方
     ・写真、動画の撮影および掲載にご協力いただける方
参加料金:無料 ※ただし、集合場所までの往復交通費は各自負担となります

その他詳細につきましては、下記HPやお問い合わせ先をご確認ください。

お問合せ先
久慈地域雇用創造協議会

 TEL:0194-75-3032
 FAX:0194-75-3064
 HPhttps://kuji-i-ko-yo.jimdo.com/
 Facebookhttps://www.facebook.com/IGUTABE/
 Twitterhttps://twitter.com/IGUTABE_sanriku
 Instagramhttps://www.instagram.com/igutabe_sanriku/






最終更新日  2018.02.07 17:08:44
コメント(0) | コメントを書く

2018.01.25
テーマ:岩手県南(792)
カテゴリ:体験・参加
こんにちは、みらっちですスマイル


もうすでに知っているかたも増えてきたと思いますが、「3Sさんエス」とは、整理Seiri)・整頓Seiton)・清掃Seiso)の3つのSのことです。

この3Sに取り組んでいる企業のカイゼン事例や、3S活動の様々な経験や悩みを情報交換できるイベントが開催されます!



第4回いわて3Sさんエスサミット
~習慣化させる3Sの仕組みづくり~


日時:平成30年2月15日(木)
   午後1時から午後4時45分まで
会場:花巻市定住交流センター なはんプラザ(花巻市大通り1丁目2-21)
対象:県内外のものづくり企業および3Sに関心のある企業、行政関係、支援機関など
参加費無料

※参加には事前申込が必要です。

企画運営:いわて3Sサミット実行委員会
主催:北上川流域ものづくりネットワーク、岩手県県南広域振興局


3Sサミットは3部構成で行われますひらめき

第1部事例発表では、県内外から6社の企業が、3S活動を始めたきっかけ・成果について発表します上向き矢印

事例発表してくださる6社:株式会社薄衣電解工業/株式会社北日本金型工業/有限会社佐貞商店/株式会社佐原/株式会社サンライフ/和同産業株式会社


第2部では、ポスター発表・ワークショップで各社のカイゼン事例について、参加者と情報交換をしますちょき

ポスター発表・ワークショップをしてくださる4社:株式会社薄衣電解工業/株式会社鬼柳/塩野義製薬株式会社/株式会社サンライフ

さらに、第3部として開催の交流会月へも参加し、参加者同士の交流を深めましょうグッド
時間:午後5時30分~午後7時
交流会会場:グランシェール花巻
交流会費:5,000円


翌日16日(金)は3S企業見学会として、コース別企業見学会(バスツアー)企業別見学会(現地集合・現地解散)を行います目

3Sサミットで事例発表を行う企業も含まれていますので、併せて参加してみてはいかがでしょうかスマイル


企業見学会の詳細と、申込書のダウンロードはこちらからどうぞ
岩手県「第4回いわて3Sサミットについて」

参加をご希望の方は、申込書にご記入の上、ファックスまたはメールにてお申込ください。

下矢印「いわて3Sサミット」と「3S企業見学会」のお申込はこちらまで下矢印
岩手県県南広域振興局 経営企画部 産業振興課
FAX:0197-22-3749
Eメール:BD0010@pref.iwate.jp
申込締切日:2月1日(木)


毎回ご好評いただいているため、お早めのお申込みをお待ちしています!!

こちらもおすすめ!→いわて県南広域企業ガイド






最終更新日  2018.01.25 10:00:10
コメント(0) | コメントを書く

2018.01.24
テーマ:岩手県北(890)
カテゴリ:体験・参加
こんにちは なまっちです。
軽米町の大黒醤油さんで行われたみそ造り教室を見学させていただきました!


みそ造りの講師は、大黒醤油代表取締役の坂本さん。

15年前から味噌や醤油の良さを知っていただくために味噌づくりの体験を行っているという大黒醤油さん。お伺いした日のみそ造り教室は、参加者のうち8割以上がリピーター。「10キロじゃ足りないから、今季の教室また来るわ」という方もおり、参加した方の本気度がすごい!(笑)
初めて参加する方も、リピーターの先輩方から手順などを聞きながら作業を行っていましたよ。



みそ造り教室で作るみそは、米麹味噌。
お米に麹菌を繁殖させた米麹と大豆、塩、水だけでお味噌を作ります。


麹室から出したばかりのほかほかの米麹。
大豆が蒸しあがるまでの時間を使って米麹をほぐし、計量した塩と混ぜます。

圧力鍋で蒸した大豆は指でフニュッとつぶせるぐらい柔らかい...のですが、これを5キロつぶすとなると大変。豆が冷えるとつぶせなくなり、味噌になってからも豆の形が残ってしまうため、手早くかつ丁寧につぶしていきます。




両手に体重をかけて潰したり、足で踏んだりと様々。
ベテラン勢はめん棒や漬物石を持ち込んで潰していたりしていました。
潰すのが大変だから、最初に豆を砕いてから蒸したらよいのでは?と思いましたが
豆が水っぽくなるのでダメなんだそうです。横着しちゃダメなんですね(笑)

潰した大豆に麹と塩、水を入れ、空気を抜きながら容器に入れれば、みそ造り教室で行う作業は終了。この後それぞれの家に持ち帰り、1年ほど熟成させます。この時点のお味噌はとにかくしょっぱい!!多少は味噌っぽい雰囲気になるのかと思っていたのですが、全く味噌とは別物。時間をかけてゆっくりと味噌になるのが楽しみになります。


「愛着がわいてくるから、やっぱりうちの味噌がおいしいって思って、また作りに来ちゃうの。」と話す参加者さんの顔を見てたら、マイ味噌作りしてみたくなりました!
平成30年のみそ造り教室は、2月以降も開催を予定していますので、気になった方はぜひ参加してみてくださいね~。

大黒醤油 みそ造り教室(平成30年開催分)
 開催予定日:2月11日(日)
       3月10日(土)
       3月30日(金)
       4月7日(土)
 時間:各回ともに9時30分から
 定員:各回先着40名
 費用:3,600円(味噌10kgの材料費込み)
 持ち物:上履き、ゴム手袋、エプロン、三角巾等
申込の詳細については、大黒醤油HPなどでご確認ください。


大黒醤油株式会社
 住所:軽米町大字円子2-4-108
 TEL:0195-45-2820
 HPhttp://daikoku-soy.com/index.html







最終更新日  2018.01.24 08:30:01
コメント(0) | コメントを書く

2018.01.09
テーマ:岩手県北(890)
カテゴリ:体験・参加
こんにちは なまっちです。
洋野町の魅力を再認識できるひろのふるさとマイスター検定が行われます!


第3回ひろのふるさとマイスター検定
実施日:平成30年2月18日(日)10:00~11:00(受付 9:30~)
検定区分:初級(三陸ジオパーク・みちのく潮風トレイル)
検定料:無料
定員:先着25名
受験資格:学歴・年齢・性別・国籍問わず受験可
※第1回・第2回の検定合格者除く
申込期間:平成29年12月28日(木)~平成30年2月13日(火)

ひろのふるさとマイスター検定申込者には、検定テキスト及び参考資料が無料配布されます。

検定テキストには、町勢・気候や地理・観光・産業・歴史などの項目が設けられ、洋野町の基本的な情報が掲載されており、これを見ているだけでも面白い!
例えば、観光の項目の中にある「食」では、有名なウニ・天然ホヤのほか銘菓やご当地ラーメン、雑穀パンなどについても知ることができますよ~。



観光情報には、アグリパークや久慈平岳の山開きなども掲載。
文化・一般が学べるページには洋野の方言なども載っていますうっしっし

出題範囲には「三陸ジオパーク・みちのく潮風トレイル」も入っていますよ~

検定は制限時間60分、出題数50問(選択式)。100点満点中80点以上で合格でき、合格者には合格証明書及び記念品が贈呈されますよ

我こそは洋野町ファン!という方、今からファンになる!という方もぜひチャレンジしてみてくださいねスマイル
あんちゃもめらすもわらすも来てけろな~
んがーどーの参加を、くぴた長くしてまってるすけぇ!
(検定テキスト読んだらわかるかも(笑))


ひろのふるさとマイスター検定 お問い合わせ先
洋野町役場 水産商工課

 TEL:0194-65-5916(受付時間:平日8:30~17:30)
 HPhttp://www.town.hirono.iwate.jp/
受験申し込み書は、洋野町役場種市庁舎水産商工課、大野庁舎地域振興課で配布のほか、
洋野町ホームページからもダウンロードできます。








最終更新日  2018.01.09 08:30:05
コメント(0) | コメントを書く

全277件 (277件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 28 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.