8693880 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

イーハトーブログ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

サイド自由欄


イーハトーブログ ライター紹介
岩手県内をくまなく取材し、旬な情報をお届けしているライターの紹介ページです!

ブログ記事は、それぞれ、掲載日時点での情報です。名称、連絡先等、現時点の情報と異なる場合があります。

イーハトーブログ公式Facebook公式Twitterもご覧ください!!
 



岩手県について




県内各市町村についてはこちらから

岩手県内各地の観光をサポートするPRキャラクター
わんこきょうだいのご紹介♪


岩手県では「あなわん運動」を展開中です!!

その他リンク先








東日本大震災に伴う情報提供について
東日本大震災で被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。
岩手県内の災害対応状況については、テレビ・ラジオ等の他、岩手県公式ホームページ岩手県広聴広報課Twitter広聴広報課Facebook等を参考にされますよう、お願いいたします。

コメントも大歓迎です♪感想や情報などありましたらお気軽にどうぞ!(内容によっては、こちらの判断で削除する場合もあります。御了承ください。)

ネットワーク環境でアクセス制限がかかっており、自分のブログへのコメント返信は可能ですが、他の方へのコメントは出来ません。
皆さんのブログも楽しませていただいております。

コメント新着

佐々木知恵@ Re[3]:〔盛岡市〕Etienne Marcel Garelly の、レンタルボックスが楽しい.+゚。☆(11/28) New! 電話番号のってないので、かけれないので
佐々木知恵@ Re[3]:〔盛岡市〕Etienne Marcel Garelly の、レンタルボックスが楽しい.+゚。☆(11/28) New! 電話番号のってないので、かけれないので
佐々木知恵です、@ Re:〔盛岡市〕Etienne Marcel Garelly の、レンタルボックスが楽しい.+゚。☆(11/28) New! 彼氏に聞いたらおこられたので、キャンセ…

カレンダー

全76件 (76件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

お酒

2018.05.25
XML
テーマ:岩手県北(920)
カテゴリ:お酒
こんにちは なまっちです。
野田村産の山葡萄を使ったワイン「紫雫 marinerouge」を醸造している涼海の丘ワイナリー。ワイナリーのすぐ隣にある「テイスティングルーム」をご紹介します。


テイスティングルームから、海が望めるんですよ~。
天気がいい日はオープンデッキでもワインを楽しめますよ。


さっそく新酒の「紫雫 marinerouge2017赤」を楽しみたい...ところですが
車で来ているので、グラスで山葡萄ジュースをいただきました(笑)
山葡萄ジュースも野田村産の山葡萄を使ったものです。

涼海の丘ワイナリーで醸造・販売しているワインは「赤・ロゼ・樽熟成」の3種類。樽熟成は、出来上がった赤ワインを醸造所の隣にあるマリンローズの旧鉱山坑道で長期熟成したもので、現在販売されているものは、ワイナリーが開所して一番最初に醸造したワインを熟成したもの。
また、昨年醸造した新酒の「赤」と「ロゼ」は、山葡萄の出来がとてもよかったので、甘みがのっておいしいワインになったとのことですよ~。


食事に合わせるならロゼが、
山葡萄の風味を楽しみたいときは赤や樽熟成がおすすめなんだそう。



涼海の丘ワイナリーのテイスティングルームでは、「紫雫 marinerouge」をグラスワインで楽しめるほか、ワインに合うチーズのセットや野田村や久慈市の食材をふんだんに使った「涼海の丘マリアージュBOXランチ」(※数量限定)をいただくことができます。また、山葡萄ジュースやリンゴジュース、のだ塩アイスなどもあり、お酒が飲めない方でも楽しめますので、ぜひ、涼海の丘ワイナリーテイスティングルームにお越しください!


涼海の丘ワイナリー テイスティングルーム
 営業日:8月末までの土・日・祝日
 営業時間:10:00~17:00
 TEL:0194-75-3980
 住所:野田村大字玉川5-104-117
 HPhttps://www.suzuminookawinery.com/






最終更新日  2018.05.25 18:05:44
コメント(0) | コメントを書く

2018.03.09
テーマ:岩手県南(806)
カテゴリ:お酒
こんにちは、みらっちです!

去る3月3日、ツアータイトルずばりの、お酒好き必見バスツアー酒飲旅に同行させていただきました♪参加者は、もちろんお酒が飲める年齢の20歳以上限定です!(※みらっちは業務中のためお酒は控えました失恋

▲気仙沼ホルモンお福にて

酒飲旅は、一関駅前を出発し、米どころ・一関市花泉町にある大正6年創業、今年101年めを迎える老舗酒蔵・磐乃井酒造さんでの酒蔵見学&試飲からスタート!

蔵に一歩入ると、一気にお酒の香りがただよいます!


(左)代表取締役兼杜氏の阿部徳彦さんみずから蔵を案内して下さいました。磐乃井酒造さんでは岩手県産の酒米のみを使用し、11~3月までの冬の時期に仕込みが行われ、今年の分はすでに終わり、これから行われるのは火入れ(低温殺菌)などその後の工程なのだそうです。
(右)超限定品!純米大吟醸つや姫 袋吊り雫酒 生酒2年熟成!(岩手県産のつや姫を使用。)
通常は油圧式の機械で搾るそうなのですが、顧客の要望によっては、袋で濾した雫を集めて作る方法を取ることもあるそうで、なんとそれが今回試飲タイムで登場!!
磐乃井酒造さんの酒蔵でしか販売しておらず、ツアー当日時点で残り約40本でしたが、試飲して気に入ったみなさんが続々お買い上げしていましたので、ますます残りわずかに!



蔵には、素敵な試飲カウンターが設けられています。他にオーソドックスなお酒「清酒 磐乃井」、宮城県登米総合産業高校の生徒さんたちが栽培した有機米ひとめぼれで仕込んだお酒「特別純米酒 名無し」も試飲。この時点ですでに参加者同士が仲良くなりはじめ、盛り上がっていました。

磐乃井酒造株式会社
〒029-3205 岩手県一関市花泉町涌津字舘72
電話:0191-82-2100 FAX:0191-82-2101
E-mail:shop@iwanoi.co.jp
公式HP

つづいて、一関市のおとなり・宮城県気仙沼市に移動。ご当地グルメ・気仙沼ホルモンを味わえる人気のお店「お福」にて昼食です。

各自炭火で焼いて食べるため、店内はモウモウとしたすごい煙!!
ここでもお酒を飲みたいかたは、ツアー代金とは別に自腹で注文しました。こちらは生ビールやサワーがメニューに並んでいましたよ。

気仙沼ホルモンとは・・・
味噌とにんにくで味付けされた豚の生ホルモンを、炭火で焼いて食べます。一緒に出される千切りキャベツにウスターソースをかけ、焼きたてのホルモンと一緒に食べるのが気仙沼ホルモンの特徴です!!気仙沼市内には他にも多くのホルモン店があり、それぞれ味付けに特徴があるそうです。


ホルモンお福
〒988-0123 宮城県気仙沼市松崎中瀬291-3
電話:0226-24-2862

その後、ツアーちらしに「気仙沼観光(ちら見)」とだけ書いてあって、どこに行くのか楽しみにしていると、向かった先は市街地から車で5分ほどで行ける標高239mの山・安波山あんばさん

気仙沼湾を一望!!階段を登って行くと、展望台も。日程の都合であきらめましたが、さらに10分ほど行くと山頂です。ちょっとお散歩すると、腹ごなしにぴったりでした。

▲展望台からの眺め

ふたたびバスで山を降り、5分ほどで最後の目的地・すがとよ酒店に到着!

すがとよ酒店は創業から100年を越す老舗酒店。東日本大震災の津波で被災し、しばらくはプレハブ店舗で営業していましたが、2016年12月に本設開店されたのがこちらの店舗なんです!

試飲に用意してくださった地元気仙沼のお酒を、息子さんが説明してくださいました。


(左)美山錦・山田錦・蔵の華などいろんなお米でいろんなつくりかたをするお酒「水鳥記」。今回は「山田錦 特別純米酒 水鳥記」(角星)を試飲。全部飲み比べたくなります!
(右)「福宿 春限定 活性にごり酒 特別純米酒」(男山本店)は、みなさん「おいしい!」と大好評!今年できたての今だけしか味わえない発泡が楽しめます。
ほかに「蒼天伝 特別純米酒」(男山本店)、 「福宿 無濾過原酒 あらばしり 吟醸酒」(角星)も。


店舗2階のこのスペースは、お酒を飲みながら楽しい集まりができれば、と新築の際にあえて設けたイベントスペースで、地元以外のかた向けのイベントは今回初めて実現したのだそうです!

テーブルには、港町ならではの今が旬の脂がのったメカジキのお刺身に、地元の人でもなかなか口にすることができない「さら貝」というホタテに似た貝を2種類の味付けで用意されたものが並びます。「舌でとろけるメカジキ」を初めて食べて感動!!「試飲」というには豪華すぎるおもてなしでした!


大盛り上がりの試飲のあとは、宮城の地酒を中心にラインナップされた1階の店舗でお買い物です。さきほど試飲したお酒はもちろん、お店で一番人気の「超濃厚ジャージーヨーグルト酒(新澤醸造店/宮城県大崎市)」は自分用に、奥様へのおみやげに、とみなさんこぞって購入していましたw

すがとよ酒店
〒988-0005 宮城県気仙沼市新浜町2丁目3-6
電話:0226-24-1111
すがとよ酒店Facebook

すっかりお酒を堪能した参加者一行、各解散地点からそのまま帰宅する人だけでなく、一関市内での”二次会”に繰り出すかたもいたようですw

昨年の春にはじめて開催され、今年第2回め開催だった酒飲旅。次回の開催は来年!?楽しみにしていてくださいね。

【主催】いちのせきニューツーリズム協議会
【協力】(一社)気仙沼観光コンベンション協会

【旅行企画・実施・申込】まるく

岩手県一関市赤萩字雲南171-2
電話:0191-34-8421
HP
他にはないような地元密着型ツアーも随時企画されているまるくさんのHP・Facebookは常に要チェックですよ~☆


今回おじゃました一関市や気仙沼市を含む、岩手県南・宮城県北の観光イベント情報はココでチェック!→南いわて・北みやぎ観光サイト案内所






最終更新日  2018.03.09 17:05:15
コメント(0) | コメントを書く

2017.12.27
テーマ:岩手県央(511)
カテゴリ:お酒
こんにちは そらっちですスマイル


年の瀬も近づき、お正月にはどんな料理やお酒をとお考
えの方もいるのではないですか?

そこで今回は、食中酒作りに積極的に取り組む、紫波町
廣田酒造を訪れました
グッド

廣田酒造は南部杜氏発祥の里として知られる紫波町に、
明治36年から続く歴史ある酒蔵です!



​廣く喜ばれる酒​が由来の「廣喜」は、廣田酒造を代表する
銘酒として
文字通り酒好きには広く知れ渡っていますスマイル

そんな廣田酒造の酒の特徴としてあげられるのが、柔らかな飲み口



​​​同じ岩手の水ですが、土地ごとに特徴があり、柔らかくまろやかな
紫波の水は、
お酒の特徴として表れているのだそうです。

​そんな廣田酒造では、主に岩手の米を利用して酒造りをしており、
地元岩手のお米の美味さを、最大限引き出す酒造りをされている
そうです。


そして廣田酒造のお酒を楽しむ方法としてオススメ
なのが、
​食事と一緒に飲む「食中酒」という方法ごはん日本酒

ほとんどのお酒が​熱燗​にも向いているという廣田酒造
のお酒は、
冷たい時と暖かいときの飲み口の違いに合わせて、
様々な料理に合わせて飲んでいただきたいそうですスマイル

そして特にオススメというのが純米吟醸廣喜!


”ぎんおとめ”や”ゆうこの想い”など県産の酒米や酵母を
​使用したオール岩手のお酒なんです!


紫波の柔らかな水と、ゆうこの想いの優しい飲み口で、
冷酒はもちろん、
温めても味の変化を楽しむことがで
きるそうですスマイル


最後に門ノ澤さんは、
「食事と合わせて美味しく飲んでいただける日本酒を目指して、
今後も酒造りを続けていきたいと思います。是非食事と一緒に、
廣田酒造の酒を味わってみてください!」
と話してくださいましたスマイル



今月には川徳での販売会も実施されるそうなので、
お正月に向けて、廣田酒造のお酒を味わってみてくださいグッド



廣田酒造店
住所;〒028-3447
   岩手県紫波郡紫波町宮手字泉屋敷2-4
電話;019-673-7706
FAX;019-673-7570
リンク;​廣田酒造店オンラインショップ







最終更新日  2017.12.27 12:00:09
コメント(0) | コメントを書く

2017.12.11
テーマ:岩手県南(806)
カテゴリ:お酒
こんにちは、みらっちですスマイル

西和賀のおいしい水とお米からつくられたユキノチカラどぶろくが、
今年も12月1日から冬季限定で販売されています。(500ml・税込1,200円)

【過去記事】【県南】〔西和賀町〕"雪融け水の恵み"でお酒ができました!

すっかりユキノチカラどぶろくのファンになってしまったみらっちは、
ついにどぶろくの工場を訪ねてきました!

どぶろくは、自然豊かな西和賀町左草地区で作られています。

工場ではちょうど、製造管理者の米澤さんが瓶詰め作業中。

「寡黙で無愛想な職人」をイメージしていたみらっち、想像とは180°違って気さくな米澤さんにほっとしました笑

材料は米(西和賀産あきたこまち)・麹・水・酵母菌のみで、米澤さんいわく、
「材料自体の質が良いので、シンプルな材料だけで美味しいどぶろくになる」
そう。酵母菌にもこだわっており、どぶろく特有の臭みがないのが特徴です。


「どぶろくは生き物」とおっしゃるとおり、発酵の最中のどぶろくは、
ぷくぷくと元気に泡立っていました!発酵が進みすぎると味が落ちるため、
この後、火入れしているそうです。

3年前にこのどぶろくを作ることが決まってから、県立工業技術センターや
どぶろく特区の先駆け・遠野市(遠野市は、どぶろく特区認定第一号)で
基礎を学び、その後は実践で試行錯誤しながら今の味にたどりついたとのこと。

糖度15~16%の甘口仕上げ、アルコール度数は9~10度と控えめで、
女性でも飲みやすいお酒に仕上げているのだとか。
(ちなみに、米澤さん自身はもっと度数が強いほうが好みなのだそうw)

さて、瓶詰めのあとは、また新たにどぶろくの仕込み作業が始まりました。

蒸かしあがった米を冷ましたのち、麹・水・酵母菌と合わせて数日かけて
発酵させます。

仕込みよりも、そのあとの温度管理が難しいそうで、暖かすぎても寒すぎても
ダメ。寒い日はタンクをまわりから温めて調整しているそうです。
作り始めたころは家に帰ってからもどぶろくが心配で夜に来てみたり、
工場に泊まり込んで様子をうかがったり、ということもあったとかほえー

とにかく手がかかるけれども、その分持って帰って一緒に寝たいくらい
かわいいのだそうですスマイル

さて、取材が終わったあとに購入し、帰って飲んでみました。

お米の粒感があるのもみらっち好みで、飲みすすめるほどにお米の甘みが
広がります!「米が持つ味の深み・甘みを最大限に引き出せていると思う」と
米澤さんが言っていたのを思い出し、ほほう、こういうことか!と納得グッド

今回、手作業でこんなに大事に作られていたことを知って、
ますますファンになったみらっちでした赤ハート

みなさんも、冬しか飲めない手づくりのどぶろく、いかがですか?

【販売店】
道の駅錦秋湖/ほっとゆだ 売店

または、ふるさと納税返礼品でも入手できます!

【お問い合わせ】西和賀産業公社 電話:0197-82-2211






最終更新日  2017.12.11 16:04:32
コメント(0) | コメントを書く

2017.10.18
カテゴリ:お酒
こんにちは えだっちです黄ハート

駅-1グルメ​​パンフレット第11号に掲載されているお店をご紹介するのも今回でラスト!
トリを飾るのは、釜石市にある
居酒屋いなかっぺ
​​
​​26年前にお店をオープンしてから、市内の老若男女に愛されているいなかっぺ、

店内は、どこか懐かしい昭和の居酒屋といった雰囲気で、カウンターとお座敷があります。
​​
​こちらから掲載されたのは​​
焼き鳥(串盛り) 1本80~250円(税別)
こだわりの遠野産の炭で焼いた焼き鳥はどれも最高上向き矢印
じっくりと火が通った柔らかい焼き鳥は、
タレどちらでも味わってほしい逸品です目がハート
好きな部位を頼むのも良いですが、バラエティに富んだ串盛りもオススメグッド​​​
​​​

「いなかっぺに来たらこれを頼まなくちゃヾ(*´∀`*)ノ
(えだっち的)いなかっぺ名物
うどん揚げ 400円(税別)
食べても食べてもなくならない!?
…くらい量が多く、
あっさりと素揚げに似た味付けは、
一度食べたらやみつきにダブルハート
いつ行っても頼みたくなります(*´﹃`*)

​​​
他にも、居酒屋の定番!!
​​刺身盛り(4人前~)焼き魚​​
​をはじめとした海の幸や、サラダ、揚げ物などもあって
子どもを連れて行っても大丈夫( ・ㅂ・)و きらきら
採算度外視のボリュームと満足のいく味に、一回行ったらまた行きたくなるはず!

一度行ったらハマっちゃう!?居酒屋いなかっぺにおでんせ~​(o'v`b)b​
​​・‥...━━━★゚+.・‥...━━━★゚+
居酒屋いなかっぺ
〒026-0034
釜石市中妻町1-16-11
〔時間〕17:00~23:00
〔TEL〕0193-27-2829
〔定休日〕日曜・祝日
・‥...━━━★゚+.・‥...━━━★゚+​​






最終更新日  2017.10.18 16:34:16
コメント(0) | コメントを書く

2017.09.06
カテゴリ:お酒
こんにちは えだっちです黄ハート

駅-1グルメパンフレットで様々なお店のランチ晴れをご紹介しましたが
お酒ワイングラスと一緒にお料理食事を楽しめる“夜-1”の情報もご紹介していきますよ~月
OTTOオット

以前ブログでもご紹介したOTTOが、11号の夜-1に掲載されました。

掲載されたのはこちら
鶏肉のコンフィ 1,200円(税込)
お店イチオシのメニューがピックアップダブルハート
鶏肉に添えられた色とりどりの野菜は見た目から美味しい目がハート
ピリッと辛いハニーマスタードソースはお肉・野菜どちらとも相性が抜群グッド


お店にある数種類のお酒から料理に合うオススメを聞けるのは最高(´ ꒳ ` )
ワインワイングラスカクテルじゃなくて、その土地の地酒日本酒が飲みたい!!
という人にも嬉しい浜千鳥等の地酒も、もちろん置いてありますウィンク

4ヶ月に1回は季節のものを取り入れたメニューを提供するという
来る方を飽きさせない工夫もしているOTTOにおでんせ~(^ω^三^ω^)

ひらめき
曜日ごとに営業時間が変わります。
詳しくはFace bookをcheck (`・v・´)σ
・‥...━━━★゚+.・‥...━━━★゚+
OTTO
〒026-0024
釜石市大町1-7-3
〔時間〕18:00~23:00
〔定休日〕月曜日
〔TEL〕090-7791-1477
Face book
・‥...━━━★゚+.・‥...━━━★゚+






最終更新日  2017.09.12 08:43:57
コメント(0) | コメントを書く

2017.08.17
テーマ:岩手県南(806)
カテゴリ:お酒
こんにちは、みらっちです!

ホップ生産量日本一の岩手県、その中でも遠野市
全国トップクラスの生産量を誇る「ホップの里」です!


今年も収穫を祝う、ビールと食の祭典が開催されますよ~(^^)!

遠野ホップ収穫祭2017
日時:8月26日(土)~27日(日) 雨天決行
11:00~21:00(ラストオーダー20:30)
場所:蔵の道ひろば(遠野駅より徒歩2分) 入場無料


遠野市と54年間契約をしているキリンビールの看板商品「一番搾り」各種に加え、
遠野の地ビール「ズモナビール」からホップ収穫祭のために醸造された
特別なビールが販売
されますビール
しかもキリンビール「一番搾り」はホップ収穫祭開催日の朝に
仙台工場で作りたての新鮮なビール
を提供上向き矢印



女性を中心に昨年大好評だった、一番搾りフローズンカクテル
今年も販売されますひらめき
(遠野トマト、遠野山ぶどうの2種類に加えて、今年は
遠野リンゴ、高室ブルーベリー(仮)、菅田ジンジャー(仮)が新登場NEW

ノンアルコールやソフトドリンクも10種類以上ありますよウィンク

ドリンクの買い方は、まずエコカップ(1個300円)を購入し、
それに注文したドリンクを注いでもらうスタイル。
もちろん、昨年までのエコカップをお持ちの方は持参すれば使用できますビール


フード販売ブースは昨年よりも出店者数が増え、キッチンカーが登場するなど
ますますパワーアップきらきら
特にめずらしいのは遠野産ホップを練りこんだ「ビアフライトソーセージ」
ビールのおつまみにぴったりのししとうに似た野菜「遠野パドロン」!
どちらも遠野ならでは・遠野ホップ収穫祭ならではのメニューなので、
ぜひ食べていただきたい品です食事


そしてステージイベントの目玉は、
サンプラザ中野くん&パッパラー河合のスペシャルライブです!!
昨年までは1日だけでしたが、今年は26・27日の両日開催ちょき
(両日とも15:00~)
今まで見逃してしまっていた方も、今年はぜひお楽しみくださいスマイル

他にもホップと触れ合える「ホップ体感コーナー」
ドイツ民謡「ALPINA」の生演奏
毎年好評の「ホップ畑見学バスツアー」(1日2回、各回先着20名限定、1人500円)
体験型ゲーム「カッパ大脱走」(対象年齢:3歳以上小学生まで、参加無料)などなど、
お子様連れでも楽しめるイベントが盛りだくさんですよ黄ハート


遠野の畑の恵みを存分に味わえる、遠野ホップ収穫祭!
みんなで盛り上がりましょう!



【主催】TKプロジェクト実行委員会
(遠野市・キリン株式会社・キリンビール株式会社・遠野ホップ農業協同組合・
一般社団法人遠野ふるさと公社・株式会社遠野アサヒ農園・株式会社Next Commons・
上閉伊酒造株式会社)

【お問い合わせ】遠野市商工観光課 電話:0198-62-2111






最終更新日  2017.08.17 08:30:06
コメント(4) | コメントを書く

2017.02.27
カテゴリ:お酒
こんにちは えだっちです黄ハート

昨年10月、釜石市にオープンした大人の空間をご紹介します。
OTTOオット
虫眼鏡バルとは…食堂とバーが一緒になったような飲食店のこと。


店内は、赤を基調とした優雅な雰囲気で
樽に天板が乗っている他では見たことのない
一風変わったテーブル席があります゚+.(★´皿`*)bカッコイイ
 
お酒カクテルの種類はビール/日本酒/焼酎/
ウイスキー/ワイン/カクテル
を提供しています。
                                              ■ソフトドリンクもあります。


まずはお通しウィンク

ひと口サラダ、トースト、生ハム…。
(゜д゜)<あらやだ!オッシャレェ上向き矢印

お料理をご紹介食事

お店のイチ推しは、鶏肉のコンフィ[写真左上]1,200円(税込)
虫眼鏡コンフィとは…低い温度の油で加熱後、焼く調理法。
柔らかくジューシーなお肉とハニーマスタードソースが絶妙なバランスで、
お店の雰囲気に合わせて優雅に食べようと思ったのですが、箸が止まりません泣き笑い
他にも、ビーフシチュー[右上] ※コース料理
ごろごろ鶏肉とアボガドのソテー[左下] 800円(税込)
フィッシュ&チップス[右下] 600円(税込)
…と、肉・魚料理のどれも手の込んだ逸品で、気になったメニューを色々注文しちゃいましたあっかんべー


さらに、イタリアンといえば…パスタ・:*:・(*´∀`*)・:*:・
ミートソースカルボナーラといった通常メニューの他、
季節限定のメニューもあります星

たらこのクリームパスタ[冬季限定] 1,000円(税込)
季節によって限定メニューがあるのって何度も足を運びたくなりますよね~(*´ω`)

さらに、女性に嬉しいデザートも目がハートダブルハート

マシュバニラ 500円(税込)

一通り食べたところで、えだっちから皆さんに言えることは一つ!!
『どのメニューを選んでも間違いなく美味しい(`・ω・´)

代表の柏木さんに、今後どのようなお店にしたいかお話を伺うと
「若い年代の人が休みで帰って来たときに
フラッと
来れるようなお店にしたい。」
とのことスマイル

お酒と食事をゆっくり楽しみたい夜に、おでんせ~( ゝω・)ノシ

・‥...━━━★゚+.・‥...━━━★゚+
OTTO
オット

〒026-0024

釜石市大町1-7-3
〔時間〕17:00~24:00
                   23:15(ラストーオーダー)
         
〔定休日〕月曜日
〔TEL〕090-7791-1477
Face book
・‥...━━━★゚+.・‥...━━━★゚+








最終更新日  2017.08.28 09:19:07
コメント(2) | コメントを書く

2016.12.21
テーマ:岩手県央(511)
カテゴリ:お酒
こんにちは。たっちです!
盛岡の街なかを歩いていて、パッと目に入った緑色の杉玉
そして、周囲に漂うふくよかな香り
そうです今の時期は、酒造りの最盛期なんです!!

今回は、酒造創業1772年の岩手県最古の酒蔵「菊の司酒造」を紹介します。
菊の司酒造では、昔から岩手県民に愛される「菊の司」「七福神」などの銘柄を製造しています。

酒造り最盛期の酒蔵では、どのような作業が行われているのでしょうね。
酒造りの様子を見学させていただきました



酒蔵を案内してくれたのは、平井佑樹さん[菊の司酒造16代目蔵元(修行中)]。
ご自身も酒造りに関わるかたわら 「きくつかこらむ」で、「これだけは知っておいてほしい」という日本酒の知識や、作り手(蔵人)の思いを発信しています。
リンク;きくつかこらむ

今回紹介するのは、酒造りの肝となる麹造り・もろみ・分析の工程です。
どうぞ、ご覧ください!!






「麹造り」この工程は、「一麹、二酛、三造り」と言われるほど重要な工程で、蒸したお米に種麹から麹菌を振りかけ麹菌を育てる工程です。酒蔵の聖域と表現される「製麹室」は35℃以上に保たれており、蔵人は諸肌を脱いで作業しています。
数日かけて麹菌に包まれたお米が、真っ白で美しいのが印象的でした。

製麹室に他の雑菌が入り込まぬように殺菌が徹底されており、納豆菌や乳酸菌にも注意が要るのだとか。これは酒蔵見学をする際にも注意してほしいことなのだそうですよ。
きくつかこらむ:酒蔵見学で気をつけてほしい3つのポイント




「もろみ(醗酵)」3週間~30日かけて発酵を進めアルコール度数を高めていく工程
醗酵室に並ぶタンクの中からは、コポコポコポッと醗酵が進む音が聞こえます。

醗酵をコントロールするため、温度の管理や櫂入れをする工程で、平井さんはこの工程を「世話をする」と表現されました。その日の気温やもろみの状態を見て手を入れるので、世話をするという表現がぴったり。
ここでの醗酵の具合が酒質を左右するので、もろみの状態を見る目も大事になってきます。



「分析」実験室のような場所で行っているのは、醗酵がうまく進んでいるかを確認する作業
タンク内のもろみを蒸留させて、糖度・酸度・アルコール度を測っています。
日本酒は、甘口・辛口と表現されるのが一般的ですが、酸度も大事なポイントで「食中酒としてのお酒」をうたう菊の司のお酒は、特にこの酸度が重要になってくるそうです。
きくつかこらむ:極論、日本酒は全て「甘口」なんです。



「和をもって、酒造りの心となす」というのが菊の司の酒造り
味の調和、お酒の席での人の和、平和の和、様々な和があると思いますが、今回酒蔵見学を通して感じたのは職人の和
ベテランの職人から若い職人まで、息を合わせて酒造りに取り組むことで、技術や目・鼻・舌が育てられており、美味しいお酒を造ろうとする共通の思いが窺えました。

岩手県最古の酒蔵「菊の司酒造」酒造りの最盛期です。
新酒も登場していますので、どうぞご賞味ください!!


菊の司酒造
住所;盛岡市紺屋町4-20
お問い合せ;019-624-1311
リンク;菊の司ホームページ

菊の司のホームページ内の「きくつかこらむ」では、最新情報や酒造りのことも紹介しています。
12月12日(月)発売の新酒の情報もありましたよ。こちらも是非ご覧ください
リンク;きくつかこらむ

菊の司酒造のお酒を近くで飲むなら平興商店
きくつかこらむ;平興商店でもっきり体験!角打ち酒屋の醍醐味とは







最終更新日  2016.12.21 16:00:22
コメント(0) | コメントを書く

2016.10.04
テーマ:岩手県央(511)
カテゴリ:お酒

こんにちは。たっちです
秋らしいニュースが聞こえてくるようになりましたね葉
美味しいものが続々と旬を迎える秋。
この時季は、ワインの仕込みの時季でもあるんですよワイングラス

ワインといえば「ぶどう」ですが、
今回は「山ぶどう」を使ったワインを作る、くずまきワインを紹介しますスマイル



くずまきワインのワイナリーでは、ぶどうを搾汁し醸造する施設
ワインを貯蔵・熟成するための木の樽が並ぶワインセラーの他、
ワインを試飲しながら選べる直売所 森の館ウッディ
木工やつる皮細工の体験が楽しめる森のこだま館があります家
こだま館の情報はコチラ→〔葛巻町〕森のこだま館のお楽しみ



ぶどうが旬を迎え、ワインの仕込み作業は今が最盛期
ワイン製造は温度の管理を間違うと、色や風味が変わってしまうため、
製造過程はどの工程も気が抜けないとのこと。
果実の持つ色と風味を守るため、しっかり気が配られていましたきらきら



くずまきワイン山ぶどうは、
葛巻町をはじめ岩手県の北部の市町村で栽培された
山ぶどう
を使ってワインを作っていますカメラ

幸い台風10号の影響を受けず、例年並みに収穫できる見込みのようで、
10月中旬になり畑一面が赤く色づいた頃が収穫時期。
寒さに当たり、旨味栄養価をグッと高めた山ぶどうを収穫しますグッド



山ぶどうを使ったワインの特徴は、酸味渋みバランスの良さ
ワインにする際、山ぶどう特有の酸味がとがらないように作られており、
香りが凝縮したような山ぶどうの渋みが、味に深みを出すのが特徴ですウィンク



品評会での評価も高く、日本ワインコンクール2016では、
『夏』が、銀・部門最高賞・コストパフォーマンス賞受賞王冠
その他『蒼』『フォーレ赤』『星』『ほたる白』が各部門で銅賞を獲得
それぞれ個性的なワインです。是非一度お試しくださいワイングラス


もう少しで山ぶどうの収穫期を迎える くずまきワインでは、
10月8,9日(土)くずまきワイン森林の収穫祭が開催されます!!



収穫祭限定で飲むことができる、にごりワインが今年も登場し、
ワインの飲み放題(1,000円)やジンギスカンなど食べ物の出店がある他、
もちろん毎年恒例のぶどう踏みの披露&体験
ワインの仕込みの様子が見られる、ワイナリーの見学会も行われますマラソン

限定のワイン。収穫祭だけで披露されるぶどう踏みが見られます。
くずまきワイン森林の収穫祭へ、どうぞおいでください!!



くずまきワイン 森林の収穫祭
開催日;10月8~9日()
時間;10:00~15:00
会場;森のこだま館(岩手県岩手郡葛巻町江刈1-95-55)
お問い合せ;0195-66-3111
リンク;くずまきワインホームページ







最終更新日  2016.10.04 16:47:35
コメント(0) | コメントを書く

全76件 (76件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.