10486308 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

イーハトーブログ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

サイド自由欄


イーハトーブログ ライター紹介
岩手県内をくまなく取材し、旬な情報をお届けしているライターの紹介ページです!

ブログ記事は、それぞれ、掲載日時点での情報です。名称、連絡先等、現時点の情報と異なる場合があります。

イーハトーブログ公式Facebook公式Twitterもご覧ください!!
 



岩手県について




県内各市町村についてはこちらから

岩手県内各地の観光をサポートするPRキャラクター
わんこきょうだいのご紹介♪


岩手県では「あなわん運動」を展開中です!!

その他リンク先








東日本大震災に伴う情報提供について
東日本大震災で被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。
岩手県内の災害対応状況については、テレビ・ラジオ等の他、岩手県公式ホームページ岩手県広聴広報課Twitter広聴広報課Facebook等を参考にされますよう、お願いいたします。

コメントも大歓迎です♪感想や情報などありましたらお気軽にどうぞ!(内容によっては、こちらの判断で削除する場合もあります。御了承ください。)

ネットワーク環境でアクセス制限がかかっており、自分のブログへのコメント返信は可能ですが、他の方へのコメントは出来ません。
皆さんのブログも楽しませていただいております。

コメント新着

ちゃげき@ Re:【沿岸南部】〔釜石市〕甲子柿アイスはいかが?(06/25) New! 今度釜石に行った時に試してみたいです。
こうちゃん3390@ Re:【沿岸南部】〔釜石市〕甲子柿アイスはいかが?(06/25) New! あの有名な甲子柿が、こんなスイーツにな…
こうちゃん3390@ Re:【沿岸北部・南部】〔各市町村〕「三陸防災復興プロジェクト2019」7月の予定(06/20) 目白押しのイベント、ついつい美味しい食…

カレンダー

全1176件 (1176件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

イベント

2019.06.26
XML
テーマ:岩手県南(866)
カテゴリ:イベント
​​​​​​​​​​​​​​​​こんにちは
わっちです歩く人

6月5日に、北上市の「ラ・タヴェルナ」
県南と首都圏のコラボディナーが開催されました。

このコラボディナーでは、東京スカイツリータウン・ソラマチの31階にある「ラ・ソラシド」鈴木シェフと北上市にある「ラ・タヴェルナ」渡邉シェフがコラボし、南いわての厳選食材を使用した料理が提供されました。
 
鈴木シェフと渡邉シェフの他に調理補助として、北上市の「ときよじせつ ONODERA」の小野寺シェフも参加しました。(写真左・手前から順に鈴木シェフ、渡邉シェフ、小野寺シェフ)

野菜や山菜など、シェフがその日に現地視察し収穫したものも使用されました。
 
南部かしわ銀雪白子とえごま(写真左)
花ズッキーニの詰め物(写真右)


  
岩中豚バラ肉のイタリアン煮込みと紫アスパラ(写真左)
西和賀の岩魚と凍み大根・みょうがのスパゲッティー(写真右)


 
デザートには、スポンジケーキの上にバラのクリームとカシスが載ったケーキが提供されました目

他に野菜や山菜がたっぷり使われたビュッフェでは、30種類以上のたくさんの料理が並びました。次々に料理が並ぶので、ビュッフェには常に列ができていました。


サラダのほかにも野菜をたっぷり使ったケークサレ、パスタ、ピラフなど幅広い料理が並びました。種類がとても多く、写真はほんの一部。料理名が書かれたカードでは農家直送ならでは、農家さんの名前も紹介されていましたよ。




ディナー全体で、普段食べている岩手の食材が、こんなアレンジもできるのかと驚く料理もたくさんありました。特に、普段は煮物で食べることが多い「凍み大根」が洋風のパスタにアレンジされていたことに驚きました。
南いわての食材のおいしさを改めて実感できるイベントとなりました星

―  ―  ―  ―  ―  ―  ―
コラボディナー お問い合わせ
県南広域振興局 経営企画部 観光商業・食産業課 食産業グループ
電話:0197-22-2843

スピーカ「南いわての食材はとてもおいしそうだけど、首都圏に住んでいてなかなか食べる機会がない」という方に朗報です!

7月12日(金)に、今回コラボした「ラ・ソラシド」で
奥田政行×岩手 岩手の特選食材とワインのマリアージュ・ナイト
が開催されます。

そして、7月1日(月)~7月31日(水)の期間には
​いわて黄金食材旬彩ごほうびフェア
​​​​​​​​が行われます。
 

​​7月12日のイベントでは、​​​岩手の生産者の方と奥田政行シェフと語らいながら、逸品の料理をフルコースで堪能することができるほか、エーデルワインのワインのラインナップの中から、料理に合ったワインを楽しむことができますよ。
7月1日からのフェアでは、コースやサラダビュッフェで南いわての食材を堪能することができます。

ぜひこの機会に首都圏で南いわての食材を味わってみてください食事

旗奥田政行×岩手 岩手の特選食材とワインのマリアージュ・ナイト​
〔日時〕7月12日(金) 18時 開場 18時30分 開始
〔会場〕ラ・ソラシド フードリレーションレストラン
(東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ31階)
〔料金〕15,000円
〔予約先〕ラ・ソラシド フードリレーションレストラン
電話:03-5809-7284​​​​​​

―  ―  ―  ―  ―  ―
お問い合わせ
県南広域振興局 経営企画部 観光商業・食産業課 食産業グループ
電話:0197-22-2843​

​​






最終更新日  2019.06.26 10:00:13
コメント(0) | コメントを書く

2019.06.20
カテゴリ:イベント

こんにちは、むらっちです。

6​​月1日()から始まった「三陸防災復興プロジェクト2019​只今絶賛開催中​星です。​​  

7
は音楽のイベントがスタートしますし、美食のイベントも毎週開催されます。三陸鉄道には夜行列車が走りますよ。むらっちが学生の時はまだ新幹線が走っていなかったので、帰省する時は夜行列車をよく利用してました。懐かしい!
他にも​​​多彩なイベントが目白押しですので、ぜひお近くの会場を訪れてみてくださいね。​!!

 

7

 

 6​日() 三陸ジオパーク フォトロゲイニング フェスティバル in 普代村&野田村​

               オリンピックデーフェスタ​​(洋野町)​​

   “復興の今”学習列車​(宮古~鵜住居)​

 7​日(​日​) オリンピックデーフェスタ(岩泉町)

 9() 三陸美食サロン フュージョンディナー(洋野町)

10() 三陸美食サロン フュージョンディナー(住田町)

13​日() オペラ「四次元の賢治-完結編-」(釜石市)​​

  オールいわて・祭りイベント(宮古市)

  三陸美食サロン フュージョンディナー(野田村)

14​日() 三陸プレミアムランチ列車(久慈~宮古)​​

  オールいわて・祭りイベント(宮古市)

  Soft Bank 東北絆CUP 2019(​陸前高田市)

  三陸美食サロン フュージョンディナー(普代村)

15​日() 三陸美食サロン フュージョンディナー(久慈市)​​

   三陸美食サロン フュージョンディナー(宮古市)

19() 三陸防災復興シンポジウム(大船渡市)

  三陸美食サロン フュージョンディナー(大船渡市)

20​日() 三陸防災復興シンポジウム(大船渡市)​​

  三陸縦断夜行列車(盛~久慈)

  三陸美食サロン フュージョンディナー(岩泉町)

26() 三陸防災復興シンポジウム(宮古市)

  三陸美食サロン フュージョンディナー(陸前高田市)

  三陸防災復興展示会(宮古市)

27​日(​土​) 三陸防災復興シンポジウム(宮古市)​​

   ラグビーワールドカップ2019釜石開催関連イベント(釜石市)

  三陸縦断夜行列車(盛~久慈)

  三陸防災復興展示会(宮古市)

28​日() 著名人とのスポーツ交流イベント(陸前高田市)​​

  三陸美食サロン フュージョンディナー(田野畑村)

29() 三陸美食サロン フュージョンディナー(釜石市)

31() 佐渡裕氏とスーパーキッズ・オーケストラによるコンサート及び音楽クリニック(大船渡市)

 

 

以下の事業はプロジェクトの開催期間を通して実施されています。

 

LINK SANRIKU情報ステーション​(三陸鉄道の駅舎、道の駅、沿岸市町村の観光・防災施設)​

いわてHAMA-MESHIプロジェクト​(沿岸市町村の飲食店・宿泊施設等の登録店舗)​

三陸ステーションガーデンプロジェクト​(三陸鉄道の主要駅舎)​

ホタテモザイクアート「ありがとう貝画(かいが)」​(​釜石復興スタジアム)​

三陸防災復興展示会(パネル展示)​(​LINK SANRIKU情報ステーションに常設)​​

地域の創作団体等による作品展示​(情報発信拠点)

三陸応援団 元気お届けキャラバン​(沿岸市町村の地域コミュニティ集会所)​

いわて三陸ドライブツーリズム​(沿岸市町村を中心とした岩手県全域)​

岩手の海とジオの魅力展​(博物館・資料館など)​

 

6月の予定を書いているむらっちのページはこちらです。

 

詳細は各団体のホームページで確認してくださいね!

三陸防災復興プロジェクト2019

三陸国際ガストロノミー会議2019

三陸ジオパーク

三陸鉄道







最終更新日  2019.06.21 16:46:49
コメント(2) | コメントを書く

2019.06.13
カテゴリ:イベント

こんにちは、むらっちです。

6月9日(日)、三陸防災復興プロジェクト2019実行委員会は、震災復興支援への感謝を伝えるために制作され、釜石鵜住居復興スタジアムに設置された、三陸産のホタテとアカザラガイの貝殻による​モザイクアート「ありがとう貝画」​の完成除幕式を行いました。
どんなアートなのか、見に行ってきましたよ。

 

完成したモザイクアートは釜石市内の小中学校が参加する「かまいし絆会議」を中心に約2000人の市民が6000びっくりの貝殻に着色し一枚一枚並べたもので、「ありがとう」の文字や「ラグビーボール」「虎舞」「SL」など釜石を象徴するものが大漁旗風のデザインにまとめられています。大きさは縦2.5m、横12m。​おっきいです!​

 

除幕式の開会に先立ち、地元の「鵜住居虎舞」が完成を祝って踊ってくれました。貝画のデザインにも取り入れられていますが、釜石といえばやっぱり虎舞ですよね!

 

​除幕式はまず釜石市の野田市長(写真左上)が挨拶され、続いて岩手県沿岸広域振興局の石川局長の挨拶が宮副局長(写真左下)により代読されました。そしていよいよ除幕。


鮮やかなオレンジ色と北斎を思わせる水色の波を背景にした迫力あるモザイク貝画がが現れました。
バイバイパチパチパチバイバイ

 

 
「かまいし絆会議」からデザインについて説明があり、そして中学生のみなさんによって「「ありがとうの手紙#Thank You From KAMAISHIが歌われました。この歌も「かまいし絆会議」が市内の小中学生から歌詞を募り専門家の助言を得て曲にまとめたものなんだそうですよ。

 

​みなさんも釜石鵜住居復興スタジアムを訪れる機会がありましたら、ぜひ貝画も見てくださいね!
観客席の東駐車場側の壁面にありますよ!

 

釜石鵜住居復興スタジアム

岩手県釜石市鵜住居町第18地割5-1

「三陸防災復興プロジェクト2019」のWEBサイトはこちら







最終更新日  2019.06.18 10:53:39
コメント(0) | コメントを書く

2019.06.10
テーマ:岩手県北(1026)
カテゴリ:イベント
こんにちは なまっちです。
6月10日(月)~11日(火)、国内外の著名なシェフたちが一堂に会する国際会議「三陸国際ガストロノミー会議2019」が行われます。開催に先駆け著名なシェフを三陸に招き、三陸の食の豊かさを再発見し、県内外へ情報発信を行うことを目的とした「三陸と世界をつなぐ食のキャラバン」が行われました。同行した県北地域のキャラバンの様子をご紹介します。


今回行われたキャラバンには、フランスやスペイン、台湾で活躍するシェフのほか、岩手県産食材を使った料理を提供する「黄金の國、いわて。」応援の店のシェフなどが参加。食材の魅力だけではなく、生産にかかわる技術や歴史などにも触れました。


洋野町のウニ増殖溝では、質の高いウニを育てるための仕組みや
キタムラサキウニとバフンウニの味や、習性の違いなどをお聞きしました。
台湾のシェフからは、
「台湾でもウニは獲れるが、洋野町のウニと比べると味が薄く、
また、生で食べることはほとんどなく、
オイルやバターなどと合わせたソースとして使うことが多い」

といった、食べ方の違いなどもお話しいただきました。


原木しいたけの生産現場では、菌床しいたけとの違いや
冷涼な気候でゆっくり育つため、身が厚く旨みが強いといった特徴などを説明。
干しシイタケの試食も行われ、溢れる旨みに皆さん驚いていましたよ。


初夏に旬を迎えるホヤ。
「ホヤ初体験」という海外のシェフは試食だけではなく、ホヤの殻剥きにもチャレンジ。
漁師さんの話では「来月ぐらいになると身も厚くなり、甘みも乗ってくるよ!」とのこと。


国内でも珍しいという「稚ウニ」を育てる岩手県栽培漁業協会では、
ウニのほか、稚アワビや稚ナマコの栽培についてもお話を聞きました。


野田村ののだ塩工房では、松を使った薪窯直煮製法で作る塩について説明。
シェフから「燃料にガスではなく薪を使う理由は?」といった質問がされていました。
昔ながらの製法を守りたかったこと、
また、短時間で温度が上がるガスと、ゆっくり火入れ出来る薪では、塩の質に違いがあるといった理由から薪を使っているそうですよ~。


野田村漁業協同組合での荒海ホタテの視察では、
ホタテを試食したスペインのシェフから、「スペインに送ってほしい」との声が!
もしかしたら、荒海ホタテがスペインデビューする日が来るかも?


山ぶどうを使ったワインを醸造する涼海の丘ワイナリーでは、醸造所の視察だけではなく
山ぶどうや南部福来豚の生産者を交えた昼食会も行われました。
美味しいワインと地域食材を使ったお食事を皆さん楽しまれていましたよ~。



普代村のカネシメ水産では、「神経締め」という
鮮度を保つ活魚の処理方法を見せていただきました。
以前、神経締めの作業を見せていただいたのですが、
活締めした魚と神経締めした魚を比べたことがなかったので違いに驚きました。
海外のシェフも神経締めの技術に驚いていましたが、
魚を生食で扱うことが多い日本のシェフの方が特に感心している様子でしたよ~。


きれいな目してるだろ。ウソみたいだろ。〆てるんだぜ。5日前に。
(しかも、熟成で旨みが増して凄い美味しい)

「三陸と世界をつなぐ食のキャラバン」「三陸国際ガストロノミー会議2019」で三陸の食の情報を発信するだけではなく、国内外のシェフと岩手のシェフがコラボレーションし、岩手の食材を使った創作メニューを岩手県沿岸部13市町村のレストランで提供するイベント「美食サロン」も行われますよ!創作メニューを楽しめるお店や、期間など詳細は美食サロンのサイトをご確認ください!

三陸国際ガストロノミー会議2019
 HPhttps://gastronomy-sanriku.com/

美食サロン
 HPhttps://gastronomy-sanriku.com/salon/
<フュージョンディナー>
 7月9日(火)洋野町「グリーンヒルおおの」× 東京「アンティカ・オステリア・デル・ポンテ」
 7月15日(月・祝)久慈市「平庭山荘」×東京「レストラン ラフィナージュ」
 7月13日(土)野田村「Osteria Vai-getsu」×山形「アル・ケッチァーノ」
 7月14日(日)普代村「国民宿舎くろさき荘」×新潟「里山十帖」
 7月28日(日)田野畑村「ロレオール田野畑」×長野「ラ・カーサ・ディ・テツオオタ」
 7月20日(土)岩泉町「レストラン岩泉」×東京「レストランアニス」
 6月15日(土)宮古市「浄土ヶ浜パークホテル」×山形「アル・ケッチァーノ」
 7月13日(土)山田町「和海味処いっぷく」×フランス「ボタニック・レストラン」
 6月25日(火)大槌町「割烹 岩戸」×長野「TOEDA」
 7月29日(月)釜石市「和の膳みや川」×東京「レストラン・ロー」
 7月10日(水)住田町「すみたのだいどころkerasse」×長野「職人館」
 7月19日(金)大船渡市「トラットリア ポルコ・ロッソ」×東京「北島亭」
 7月26日(金)陸前高田市「和食 味彩」×東京「エッセンス」


首都圏などで岩手県産食材を使った料理を提供するお店はこちらをご確認ください。
「黄金の國、いわて。」応援の店
 HPhttps://www.iwate-syokuzaiclub.com/ouen/

先日ご紹介した東京都ラ・ロシェル山王での「北いわて食材フェア」もぜひ足を運んでみてくださいね。







最終更新日  2019.06.13 09:35:10
コメント(0) | コメントを書く

2019.06.04
カテゴリ:イベント
こんにちは、むらっちです。

6​月1日(土)「三陸防災復興プロジェクト2019が始まりました! ​

開催期間は8月7日(水)までの​​68日間​​沿岸の13市町村で、シンポジウム音楽祭芸術祭など多彩な事業が行われます。​楽しみですね!スマイル

 

プロジェクトの目的は、「復興に取り組んでいる姿を発信し、震災の風化を防ぎ、支援に対する感謝を示し、震災津波の記憶と教訓を伝えて世界の防災力向上に貢献し、併せて、三陸の魅力の発信と交流を活性化することによって、三陸への関心や認知度を高めながら​「新しい三陸の創造」​につなげていきましょう」というものです。

 

プロジェクトの初日には釜石市民ホールでオープニングセレモニーが開催されました。

 
セレモニーは陸前高田市出身の俳優で「いわて☆はまらいん特使」の村上弘明さんと久慈市出身のフリーアナウンサー小田加代子さんの司会で進められました。村上さんの開会宣言に続き、震災犠牲者への黙とうが行われ、次に主催者代表として達増知事が復興の支援に対する感謝とプロジェクトの目的を述べました。


そして内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官の挨拶がいわて復興局長により代読されました。
兵庫県知事他からの祝電が披露された後、復興の歩みを振り返る短いビデオが上映され、続いて岩手県政策地域部長から震災の被害状況などが報告されました。


引き続きアメリカからの支援について米国大使館主席公使のジョセフ・M・ヤングさんから報告があり(流ちょうな日本語でしたよ)、続いてTOMODACHIイニチアチブという支援プログラムでアメリカに留学した吉浜知輝さんから帰国後の自身の活動の報告がありました。最後に国連防災機関(UNDRR)駐日事務所代表の松岡由季さんから東日本大震災津波が国際的な防災議論に与えた影響が報告されました。

 

その後、震災直後から復興を支援してくださっている「希望郷いわて文化大使」の一人である八神純子さんのトークとライブが開催されました。むらっちは震災後、大槌町でお会いしたことがあるんですよ。40年位前からずっと変わらない八神さんの伸びやかな歌声にあらためて感激いたしました。


セレモニーと並行して
「三陸復興防災展示会」と「三陸の食を楽しめるブース」が設置されていましたので、そちらも訪れました。


ご当地グルメや災害時に活躍する様々な車両、震災時に医師会や海上保安庁などの団体がどんな活動を行ったかのパネル展示などありました。むらっちは震災時は東京にいて2週間後に帰省しました。その後も頻繁に帰省しましたが、主に両親のいる避難所を訪問していたので、様々な団体の活動をあまり知ってはいませんでした。今回の展示であらためて知ることができました。

「三陸防災復興プロジェクト2019」は、今月以下の事業が実際されます。(事業によっては申し込み受付が終了しているものがあります。) 7月に実施される事業はあらためて紹介しますね。

 
6月

1​​​日(土) オープニングセレモニー​​​(釜石市)​
​​​
              三陸防災復興シンポジウム​(釜石市)​​

2​​​日(日) 三陸防災復興シンポジウム(釜石市)​​​

7日(金) 三陸ジオパーク エクスカーションツアー​​(岩泉町)​​

8​日(土) 三陸ジオパーク エクスカーションツアー​​(岩泉町)
              三陸ジオパーク フォーラム​(岩泉町)​
                  ​
“復興の今”学習列車​​(宮古~鵜住居)​​

9​​日(日) ホタテモザイクアート「ありがとう貝画(かいが)」除幕式(釜石市)​

10日(月) 三陸国際ガストロノミー会議2019 国際会議​(宮古市)​​

11日(火) 三陸国際ガストロノミー会議2019 国際会議​​(宮古市)​
             三陸国際ガストロノミー会議2019 交流会​(宮古市)​​

13日(木) 三陸美食サロン フュージョンディナー(山田町)​​

15​日(土) 三陸ジオパーク フォトロゲイニング フェスティバル in 釜石市&大槌町
             ​
三陸プレミアムランチ列車​(盛~宮古)
             オリンピックデータフェスタ​(山田町)​​

22​日(土) めざましライブ~日本お元気キャラバン in 大船渡 ​

25日(火) 三陸美食サロン フュージョンディナー​(大槌町)​​

28日(金) 三陸防災復興シンポジウム​(久慈市)​​

29​日(土) 三陸防災復興シンポジウム​​(久慈市)
             オリンピックデーフェスタ​(大槌町)​​

30​​日(日) 三陸プレミアムランチ列車(久慈~宮古)​


以下の事業はプロジェクトの開催期間を通して実施されています。

  ​LINK SANRIKU情報ステーション​(三陸鉄道の駅舎、道の駅、沿岸市町村の観光・防災施設)​​​

  ​いわてHAMA-MESHIプロジェクト​(沿岸市町村の飲食店・宿泊施設等の登録店舗)​​​

  ​三陸ステーションガーデンプロジェクト​(三陸鉄道の主要駅舎)​​​

  ホタテモザイクアート「ありがとう貝画(かいが)」​(​釜石復興スタジアム)​​​

  三陸防災復興展示会​​LINK SANRIKU情報ステーションに常設)​​​

  三陸応援団 元気お届けキャラバン​(​沿岸市町村の地域コミュニティ集会所)​​​

  いわて三陸ドライブツーリズム​(​沿岸市町村を中心とした岩手県全域)​​​

  岩手の海とジオの魅力展​(​博物館・資料館など)​​​

みなさんの近くでも何か開催されていますよ!。ぜひ探して訪れてみてください。
詳細は各団体のホームページで確認してくださいね!
 ​三陸ジオパーク
 ​三陸防災復興プロジェクト2019
 ​三陸国際ガストロノミー会議2019
 ​三陸鉄道​​

 






最終更新日  2019.06.04 09:00:11
コメント(2) | コメントを書く

2019.06.02
テーマ:岩手県央(576)
カテゴリ:イベント
こんにちは、あべっちです!ウィンク
​​​みなさん!6月8日(土)に、「チャグチャグ馬コ」が開催されます。
色鮮やかな装束をまとった馬コ(うま)が、滝沢市の
鬼越蒼前神社を出発、
装束を着けられて鈴の音を「チャグチャグ」と鳴らしながら、
盛岡市の盛岡八幡宮まで、約14km道のりを4時間ほどかけて行進します。

​​​​​​​詳しくはこちら⇒​​​​​滝沢市チャグチャグ馬コ情報

●「チャグチャグ馬コ」の開催に先駆けまして、今年も前日6月7日(金)
「第43回チャグチャグ馬コ写真撮影会」が行われます。
詳しくはこちら⇒チャグチャグ馬コ写真撮影会

上の写真は、一昨年(2017年)の開催前日の6月9日(金)の
​チャグチャグ馬コ写真撮影会​の様子です。

会場の「鬼越蒼前神社」は、「チャグチャグ馬コ」当日の出発地でもあります。
沢山の地元の子どもたちが参加していました。


●6月8日(土)「チャグチャグ馬コ」の撮影ポイントを紹介します。
1ヶ所目は、出発地の「鬼越蒼前神社」です。

上の写真も、一昨年(2017年)の​チャグチャグ馬コ写真撮影会の写真です。
雄大な岩手山を背景にこんな写真撮って、お友達に自慢してみたいですね!​

​​
6月8日(土)「チャグチャグ馬コ」当日は、
鬼越蒼前神社​周辺は、大変混みあいますので、自家用車の利用を避けて、
無料シャトルバスをご利用ください。​詳しくはこちら⇒無料シャトルバス

2ヶ所目は、青山町中央通商店会で1回目の休憩後出発して
間もなくの盛岡病院付近がおすすめです。
上の写真は昨年撮影した写真です。

▲青山町から天昌寺交差点に向かう途中です。
ご家族で参加している方々もいます。

3ヶ所目は、北上川にかかる夕顔瀬橋から、
背景に岩手山を入れて撮影するのがおすすめです。
上の写真は昨年撮影した写真です、
曇り空で岩手山が雲に隠れていたのが残念でした。

夕顔瀬橋を渡ると右に曲がり、材木町に入ります。
こちらで、2回目の休憩をします。

ここ材木町では、毎週土曜日に「材木町よ市」を開催しています。
6月8日(土)「チャグチャグ馬コ」当日も、午後3時10分より開催され、
大人気のベアレンビールの販売や、沢山の屋台が立ち並び
盛岡のお酒好きの集い場所になっています。
詳しくはこちら⇒​材木町よ市
材木町の休憩の後、夕顔瀬橋より一つ下流の旭橋を通過、
こちらも、岩手山を背景に撮影できるポイントになっています。

4ヶ所目は、盛岡駅前通りです。
遠くからお越しの皆さんには、こちらがおすすめです。
盛岡駅を下車してすぐ見ることができますね!通過予定時間は12:55分頃です。

もりおか歴史文化館では、9時30分~13時45分まで、記念撮影ができます。
このように、「チャグチャグ馬コ」のパレードとは別に、
馬コと触れ合える場所が準備されています。
詳しくはこちら⇒​盛岡市 チャグチャグ馬コ行進行事

5ヶ所目は、盛岡駅前通り岩手銀行赤レンガ館前の交差点です。
こちらも、大変人気の観覧場所です。

6ヶ所目で最後、目的地の盛岡八幡宮です。
参道の八幡通り
を通過し、大鳥居の前の交差点を左折し境内に入ります。

境内に入り、馬コ人もお疲れ様でした。

昨年のこの日は後半気温が上がり、馬コも乗る人も大変そうでした。
今年は、少し涼しいとよいですね。
こちらもご覧ください、昨年のイーハトーブログ⇒​
【県央】〔滝沢市・盛岡市〕馬コと人が暮らす場所~チャグチャグ馬コ~
「南部曲り家と馬コの藤倉邸」さんですが
残念な事に今年は、馬コがいないそうです。
但し、それ以外は昨年までと同様に催しを行う予定だそうです。​
「チャグチャグ馬コ」行進案内マップ
クリックすると拡大されます。
盛岡市の​案内はこちら⇒​​​​盛岡市チャグチャグ馬コ情報

イーハトーブログをご覧のみなさん、「チャグチャグ馬コ」
「チャグチャグ」鳴る鈴の音も良いのです。ぜひ聞きに来てくださいね。






最終更新日  2019.06.02 18:07:36
コメント(0) | コメントを書く

2019.05.31
テーマ:岩手県南(866)
カテゴリ:イベント
​​​​​​こんにちは
わっちです歩く人

今週末のお出かけにオススメの、西和賀町で開催されるイベントをご紹介します。

まずは6月2日(日)に開催される​山菜フェスタ​​のご紹介。

ワラビはもちろん、ぜんまいやきくらげ、ふきなど様々な山菜が販売されるほか、山菜を使った料理やスイーツが販売されます。また、山菜プロによるゼンマイもみの実演、わらびアク抜き方法の実演なども行われるので山菜についての役立つ情報も学ぶことができますよ。
 
過去の山菜市場の様子

以前みらっちが当日の様子を紹介してくれているのですが​【過去記事】​、山菜好きにはたまらないほど山菜尽くしきらきらそして山菜レストランで提供された山菜料理はどれもおいしそう食事
山菜を買って食べて、さらには学んで西和賀町ならではの恵みを満喫しにぜひお越しくださいマラソン

山菜フェスタ
〔日時〕6月2日(日)
〔会場〕湯川温泉 湯川体育館特設会場
〔お問い合わせ〕湯川温泉山菜フェスタ実行委員会
TEL:0197-81-1135

2つ目にご紹介するのは、今月11日から開催されている
錦秋湖満喫キャンペーン



今週末で終わってしまいますが、新緑の中でのSUP体験、さらには西和賀町のおいしいものから温泉まで、西和賀町の魅力がぎゅっと詰まったキャンペーンです。(事前お申込が必要です)

​​​​​​​​​​​​ノートSUP(サップ)とは…ハワイで生まれたパドルスポーツ。基本動作を覚えて水上を移動します。座っても立っても楽しむことができます。

​今時期の錦秋湖では、林が湖に沈んでいる水没林の光景が広がります。その中をSUP体験すると幻想的な風景が広がるのだそうですよ​目「インスタ映えポイント」もあるのだとか…。
 
水没林の様子。遠目から見ても幻想的な雰囲気が伝わります星

水没林SUP
【期間】5月11日~6月2日
【対象年齢】5歳以上の健康な方
【料金】1人乗り 中学生以上 6,000円/小学生4~6年生 4,500円
大人と2人乗り 5歳~小学校3年生 1,500円 

SUP体験のあとは、西和賀町ならではのおいしい恵みと温泉。SUP体験の後のランチと温泉メニューがセットで1,000円のお得なプランがありますよ晴れ
 
西和賀町といえば道の駅錦秋湖の湯田ダムカレーや、結ハウスのスイーツなどおいしいものばかり…食事

ぜひ山菜フェスタとセットで西和賀町の魅力をぎゅっと体感しにお越しくださいマラソン

錦秋湖満喫プラン
〔期間〕6月2日(日)まで
〔お申込み・お問い合わせ〕錦秋湖満喫プラン実行委員/佐藤克行
TEL:080-6002-5431
MAIL:getosup55@gmail.com

※お申込みの際は、まず最初に錦秋湖満喫プランというキーワードを必ずお申し出ください。
​​​​






最終更新日  2019.05.31 17:10:11
コメント(2) | コメントを書く

2019.05.28
テーマ:岩手県北(1026)
カテゴリ:イベント
こんにちは なまっちです。
5月24日(金)、久慈市で開催されたべっぴん夜市に行ってきました歩く人


夏の夜のイベントとして、2017年にやませ土風館周辺を会場に始まった「べっぴん夜市」。回を重ねるごとに規模を拡大し、今年度から久慈駅前いつくし広場が会場に加わりました!


久慈駅前いつくし広場会場は、エアートランポリンなどの遊び道具を設置。
今年リニューアルした噴水で遊ぶお子さんたちもいましたよ。


山車創作体験館前会場には食べ物だけではなく
洋服やアクセサリーを販売しているお店もありました。


歴通路広場会場も多くの方が、屋台めしを楽しんでいました。

販売されていた「屋台めし」は、荒海ホタテやイカなどの海鮮焼きや、焼き鳥・タコ焼きなどの定番メニューのほか、ラーメン、インドカレーやタコス、パスタ、インドネシア料理、韓国料理と多国籍!会場中に美味しい香りが漂い、何を食べるか悩みます。悩みながら歩くのも楽しいんですよね~。


悩みすぎて肉ばっかり買ってしまいました。
次回はもっとバランスよく買いたいうっしっし

次回のべっぴん夜市は、6月28日(金)開催です。美味しい屋台めしと楽しいお店がお待ちしておりますよ。ぜひお越しくださいね。


べっぴん夜市
 開催日時:5月~10月の第4金曜日 17:00~21:00
 場所:やませ土風館周辺、久慈駅前いつくし広場

お問い合わせ
 久慈市商工会議所
  TEL:0194-52-1000
  HPhttp://www.kujicci-iwate.jp/
  facebookhttps://www.facebook.com/kujicci/






最終更新日  2019.05.29 08:21:46
コメント(0) | コメントを書く

2019.05.22
カテゴリ:イベント
​​​​​​​こんにちは
わっちです歩く人

5月も後半になり、どんどん気温も上がってきましたね晴れ
今回はそんなぽかぽかのお出かけ陽気にオススメの、今週末の金ケ崎町のイベントをご紹介します。

まず1つ目は千貫石の森を歩こう会


毎年初夏、秋、冬の終わり頃の年に3回開催されているこのイベントでは、約1千ヘクタールにも及ぶ広大な千貫石森林公園内を歩き、四季折々の自然を楽しむことができます。

過去記事でみらっちが参加した様子を紹介してくれているので、こちらもご覧ください。
【県南】〔金ケ崎町〕「千貫石の森を歩こう会」に参加してきました~​

ガイド付きで散策するので、様々な植物の名前や特長についても知る事ができますよ。休憩を挟みながら散策するので体力に自信がないという方でも大丈夫。今回は新緑の時期ということで、美しい新緑の中でリフレッシュ効果が期待できるかもしれませんね四つ葉
参加費には千貫石東館様温泉入浴券も含まれているので、散策とセットでよりリフレッシュできますよ。

スピーカ参加申込みは​明日(23日)の17時まで​​なので、気になった方はお早めにお申し込みください。
〔お申し込み・お問い合わせ〕
有限会社 小沢興業(担当:山崎・小澤)
TEL:0197-44-3682(代表)
    090-3123-3682(時間外・休日)
e-mail:mori@ozawakougyou.co.jp。

■日  時:令和元年5月25日(土)午前9時集合~正午
      (小雨決行・大雨等の場合は6月1日(土)に延期)
■集合場所:千貫石森林公園内 もりの学び舎(駐車場有)
■参 加 費 :1,000円(保険・お昼軽食等・千貫石東館様温泉入浴券)当日お支払いください。

ー  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―
千貫石森林公園

​岩手県胆沢郡金ケ崎町西根千貫石地内
TEL:0197-44-3682
岩手県千貫石森林公園HP


​​​​​
2つ目にご紹介するのは、
金ケ崎町農業まつり・第10回アスパラ収穫祭

アスパラガスの作付面積・生産量県内一を目指して取り組んでいる金ケ崎町では、このブログ内でも何度かご紹介しているアスパラガス麺や、アスパラのジェラートなど、アスパラを利用した様々な商品が開発されているほか、アスパラのPRキャラクターとして「​アースくん​」「​パーラちゃん​」「​ガースくん​」が活躍しています。
【アスパラガス麺紹介記事①】​ ​【アスパラガス麺紹介記事②】​ ​【アスパラジェラート紹介記事】

​そんな金ケ崎町で開催される、金ケ崎町農業まつり・第10回アスパラ収穫祭は、アスパラの販売、炭火焼アスパラガスの試食、アスパラパラパラパラダイスダンス披露など、アスパラ尽くしのおまつりきらきら
子供から大人まで楽しめるイベントがたくさん開催されますよ。
ぜひご家族で足を運んでみてください​​​マラソン
ー  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―
金ケ崎町農業まつり・第10回アスパラ収穫祭
〔日時〕
5月25日(土) 午前10時~午後2時
〔会場〕
金ケ崎町役場前特設会場
〔お問い合わせ〕
金ケ崎町アスパラ収穫祭実行委員会
TEL:0197-42-2111







最終更新日  2019.05.22 17:07:33
コメント(0) | コメントを書く

2019.05.10
テーマ:岩手県北(1026)
カテゴリ:イベント
こんにちは なまっちです。
今年も野田村でベアレンのスプリングフェストが行われますよ!

ビール \最大5時間飲み放題!!/ ビール

日時:2019年5月26日(日) 11:00~16:00(開場10:30)
場所:村民広場特設会場(野田村役場前)
チケット:前売り 2,000円 ※500枚限定
     当日  3,000円               
※小雨決行、荒天の場合のみ中止。
※チケット代に含まれるのは、イベントでのビール飲み放題のみ。
 ジョッキはついていないのでご持参ください。(会場での販売もあり)

ベアレンのおいしい樽生ビールを満喫できる「ベアレン×野田村スプリングフェスト2019」!岩手県野田村産の山葡萄果汁「紫雫」を使った「山葡萄ラードラー」も、このイベントだけ「樽生」でたのしめますよ。また、野田村内の飲食店などによるフードコーナーも充実!


荒海ホタテやのだ塩やきそば、もつ煮など、おつまみにぴったり。

芝生が広がる会場で、ピクニックのように楽しめるので家族連れで楽しむこともできます!盛岡市⇔野田村の会場往復バスチケットもあるそうなので、ぜひお越しくださーい!

お問い合わせ先
ベアレン醸造所
 TEL:019-606-0766
 HPhttps://www.baerenbier.co.jp/
 ブログhttp://baeren.seesaa.net/

前売りチケット販売所 ※前売りチケットの販売は、5/25(Webショップは、5/19)まで。
【 野田村 】
観光物産館ぱあぷる、国民宿舎えぼし荘、洋食・旬彩料理みなみ、まるきん大沢菓子店、
野田村商工会、野田村漁協、のだ窯ギャラリーIZUMITA、Osteria Vai-getsu
【 久慈市 】
三陸鉄道久慈駅、ほたて家あんどう、タムラ酒店
【 盛岡市 】
ベアレン醸造所、ビアパブベアレン材木町、ビアバーベアレン中ノ橋、
菜園マイクロブルワリー
【 その他 】
Webショップ本店 https://baeren.jp/noda-ticket
※Webショップで購入の際は、5%の販売手数料が別途かかります。







最終更新日  2019.05.10 17:00:09
コメント(0) | コメントを書く

全1176件 (1176件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.