10446795 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

イーハトーブログ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

サイド自由欄


イーハトーブログ ライター紹介
岩手県内をくまなく取材し、旬な情報をお届けしているライターの紹介ページです!

ブログ記事は、それぞれ、掲載日時点での情報です。名称、連絡先等、現時点の情報と異なる場合があります。

イーハトーブログ公式Facebook公式Twitterもご覧ください!!
 



岩手県について




県内各市町村についてはこちらから

岩手県内各地の観光をサポートするPRキャラクター
わんこきょうだいのご紹介♪


岩手県では「あなわん運動」を展開中です!!

その他リンク先








東日本大震災に伴う情報提供について
東日本大震災で被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。
岩手県内の災害対応状況については、テレビ・ラジオ等の他、岩手県公式ホームページ岩手県広聴広報課Twitter広聴広報課Facebook等を参考にされますよう、お願いいたします。

コメントも大歓迎です♪感想や情報などありましたらお気軽にどうぞ!(内容によっては、こちらの判断で削除する場合もあります。御了承ください。)

ネットワーク環境でアクセス制限がかかっており、自分のブログへのコメント返信は可能ですが、他の方へのコメントは出来ません。
皆さんのブログも楽しませていただいております。

コメント新着

こうちゃん3390@ Re:【沿岸北部・南部】三陸鉄道から新しいスイーツが登場(06/14) そんなに繊細なお菓子、食べてみたいです…
モラ夫の暴力をなくしたいと考えるネコ@ Re:アノ「ちゃぶ台がえし」の仕掛け人…産直やはば百笑倶楽部(06/18) これは男尊女卑を地でゆく、夫の家庭内暴…

カレンダー

全551件 (551件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 56 >

観光スポット

2019.06.11
XML
テーマ:岩手県南(865)
カテゴリ:観光スポット
​​​​​​​​​こんにちは
わっちです歩く人

貞和4年(1348年)に開創され、かつては奥羽二州の本山として発展し確固たる格式があった正法寺。現在でもその歴史と格式にふさわしい寺宝や伽藍(がらん)が数多く保存されています。
今回はその歴史ある正法寺で頂くことができる、精進料理をご紹介します。

ノート精進料理とは
一般的に、動物性の食材や五葷(ごくん)と呼ばれるネギなどの香りの強い野菜を使用せず調理した料理が精進料理と言われます。

典座(てんぞ)と言われる料理を担当する役職の方が料理内容の考案や調理、また料理をお出しした後の食事の作法や料理の説明についても行います。正法寺では、「精進料理」と「拝観のご案内」がセットになっていて、當山僧侶の方が境内を案内してくれます。
※精進料理のみは受け付けていません。​


2、3日かけて丁寧に作られるという精進料理は、雑穀ご飯、煮物、タラの芽の天ぷら、蛇腹昆布、ごま豆腐、梅干しとたくあん、白みその味噌汁、たけのこの山椒和え、かぶのあんかけ煮、メロン、さくらんぼが入った寒天ゼリーと品数がたくさん。
写真では切れてしまいましたが、西和賀町の「ユキノチカラプロジェクト」の商品「寒ざらしそば」もありました。
えんぴつユキノチカラプロジェクト」については、過去にみらっちが紹介してくれているのでこちらもご覧ください。
 
寒ざらしそば(写真左)には境内で採れたワラビが載せられていました。観光で訪れた方に、正法寺だけでなくぜひ県内の様々な場所を巡ってほしいという思いも含めて、精進料理には「ユキノチカラ」商品を一品取り入れるようにしているのだそうです。
​​​料理はどれも味付けも見た目もとても丁寧に作られていたのですが、その中でも一番驚きだったのが、2枚の昆布を編んで揚げる、蛇腹昆布(写真右奥)。見た目が蛇のお腹のように見えるため、この名前がついているのだそうです。初めは飾りだと思ったので昆布と聞いてびっくり。揚げているので、スナック菓子のようなパリパリとした食感でした。

 
野菜やシイタケはとても丁寧に飾り切りされていました。煮物(写真右)は食材ごとに別に煮ているのだそうです。

魚や肉など動物性の食材を使わない精進料理ですが、丁寧に作られた料理を、食べる側も1つ1つ丁寧に味わうことで、食物のありがたみを改めて感じ、お腹も心も満たすことができましたスマイル

精進料理とセットになっている拝観のご案内では、国指定重要文化財に指定されている法堂(はっとう)、惣門、庫裡(くり)・鐘楼堂などを巡って正法寺の歴史を感じることができます。特に日本最大級の茅葺の大屋根を備える法堂の迫力は必見ですよ目
茶處・売店もあり、茶處ではお茶や珈琲、お茶菓子がサービスとなっているので休憩しながら巡ることができます。
 
法堂(外観)、法堂(内観)

また、6月30日(日)までは僧堂(坐禪堂)を一般公開しています。
修行僧が集団生活を行いながら佛道修行に励む場所で、普段は一般非公開となっている僧堂ですが、この期間限定で公開されます。「單(たん)」と呼ばれる一人一畳のスペースが与えられ、修行僧はここで坐禪修行の他に食事と睡眠を行うなど、生活の中心となっている場です。貴重なこの機会にぜひ拝観にお越しください。


歴史ある伽藍や寺宝の数々が保存され、歴史を感じることができる正法寺。ぜひ県南の観光スポットを巡りながら足を運んでみてください星

―  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―
大梅拈崋山 圓通 正法寺(だいばいねんげざん えんづう しょうぼうじ)

岩手県奥州市水沢黒石町字正法寺129
〔拝観時間〕9:00~17:00
〔拝観休日〕無休
​​〔拝観料〕大人500円、中学生300円、小人200円
     精進料理+拝観料 3,000円
〔お問い合わせ〕TEL:0197-26-4041  HP
​​​​​​​​






最終更新日  2019.06.13 09:18:54
コメント(0) | コメントを書く

2019.05.21
テーマ:岩手県央(576)
カテゴリ:観光スポット
こんにちは、あべっちです!ウィンク
みなさんは、八幡平の頂上にある「ドラゴンアイ」
知っていますか?

(一社)​八幡平観光協会パンフレット
頂上付近に鏡沼と呼ばれる噴火口跡の沼に冬の間、
雪が積もり、春になり雪が溶けだし、
上のパンフレットの写真のように「龍の目玉」に見える事から
「ドラゴンアイ」と呼ばれるようになったそうです。
▼下の写真、毎年雪の溶け方により様子がかわります。

上の写真一昨年2017年5月19日の記事写真(ドラゴンアイになる途中)
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​【県央】雪解け時期しか見られない八幡平の絶景をご紹介!!
八幡平ドラゴンアイ(鏡沼)・八幡沼。


上の写真昨年2018年5月17日頃の記事写真(ドラゴンアイになる途中)
【県央】〔八幡平市〕八幡平ドラゴンアイと雪の回廊!

上の写真今年2019年5月16日の写真(ドラゴンアイになる途中)
完成に近づくと中心に瞳が現れます。もう少しかな?
定期的に八幡平市観光協会のホームページ
お知らせしていますのでチェックしてみてくださいね!
(一社)​八幡平観光協会

「ドラゴンアイ」を見るには
車でお越しの場合は、東北自動車道「松尾八幡平」ICから県道45号
八幡平市さくら公園・松尾八幡平物産館アスピーテの交差点を目指し向かいます。

八幡平市さくら公園では、色々な花が時期を変えて咲いています。
こちらものぞいて見てください。
交差点から右へ八幡平アスピーテライン(県道23号)に入ります。
車で頂上を目指し「アスピーテライン」を上ります。

御在所ゲート付近、右手に蒸気がモクモクと見えてきます。
新しく出来た地熱発電所から吐き出される蒸気です。
左側には駐車スペースとトイレがあります。

もう少し上ると、左手に「十和田・八幡平国立公園」の看板があります。

雪の回廊がまだ残っていました。

頂上付近の交差点、このまま真っすぐ進むと秋田県(鹿角)方面に行きます。
左に曲がると樹海ライン藤七温泉やさらにその先松川温泉に出ます。

頂上の「山頂レストハウス」の有料駐車場に到着しました。
ここより200m位手前に、無料駐車場もあります。
松尾八幡平ICより約40分(約26km)

残雪が残る八幡平はこの時期にしか見られない光景です。

さて、ここからは徒歩で「ドラゴンアイ(鏡沼)」を目指します。

雪がなければ普通の遊歩道なのですが・・・!長靴に履き替え向かいます。

海外から見に来た方々も居ました。

同行した、スタッフとポールを目安に進みます。

駐車場から約15分、その姿が現れました。
まだ、完成形になっていませんが、昨年よりはきれいに
出来てきているように見えます。
今月(5月)の下旬にもう一度見に来ます。

山頂レストハウスの駐車場に戻り
樹海ライン(県道318号)を下り「松川温泉」まで行きます。

途中の「藤七温泉」を通過します。
硫黄の匂いが車の中までしてきます。
山頂レストハウスより、約30分(約17km)
松川温泉の「松川地熱発電所」に到着。

発電所の敷地にある「松川地熱館」は地熱発電の仕組みが勉強できます。
今話題の自然エネルギーですね。

更に、県道212号を松尾方面に向けて進みます。
途中水芭蕉の群生地がありました。山頂の景色とは季節が違います。

後半に急いだ理由はここにありました。お腹が減って来てたのです。
八幡平市柏台2丁目にある、「レストラン LAMP らんぷ」さんです。
以前より、一度おじゃまして見たいと思っていたお店です。
詳しくはこちら⇒​「レストラン LAMP らんぷ」

左上の写真は「あべっち」が食べた、
アンガス牛ステーキ200gのセット
右上の写真は「スタッフ」が食べた、
アンガス牛ステーキ(和風おろし仕立て)200gのセット

さて、みなさんこの時期の八幡平は、自然を満喫できる
メニューが沢山ありますよ!一部ご紹介します。

詳しくはこちら⇒​2019八幡平エリアトレッキング

詳しくはこちら⇒​​八幡平自然散策バス
自然ゆたかな八幡平、この時期だけの景色を楽しみ来てくださいね!






最終更新日  2019.05.21 17:28:06
コメント(2) | コメントを書く

2019.05.11
カテゴリ:観光スポット

こんにちは! むらっちです。スマイル

むらっちは日帰り入浴によく出かけるのですが、連休中にまだ行ったことのなかった大船渡市の五葉温泉に行ってきました。五葉温泉は三陸ではめずらしい美肌の湯と言われるアルカリ性単純泉の温泉なんですよ。でも、今日紹介するのは温泉ではなくてダム。五葉温泉の近くにある​鷹生(たこう)ダムです。

​​
釜石市内の自宅を出てナビを頼りに大船渡市日頃市を通って五葉山(標高1,351m​)の麓にある五葉温泉を目指して車を走らせていたら、もうじき到着というところで右前方に巨大なコンクリートの壁が出現しました。ここにダムがあることをむらっちは全く知らなかったので思わず「おお!びっくり」って言ってしまいました。このコンクリートの壁は鷹生ダムの堤。ダム湖の名前は「五葉湖」だそうです。
このダムは​
1985年に着工して2006年に完成。完成まで21年! 着工の年に生まれた赤ちゃんが完成したときは成人! すごいです。


​むらっちが撮影した写真では大きさが伝えられません。ぜひ現地で実感してほしいです。​

堤の高さは77m、堤の長さは322m。ダム湖を周回する道路にかかるアーチ型の橋も力強さを感じます。ダムの脇にはトレイや駐車場が整備されていて、むらっちが訪れた時も内陸ナンバーの車が駐車していたり、犬を連れて堤の上を散歩している人がいたり、ダムを訪れる人はいるようです。むらっちも車を止めて堤の上を歩き、谷底を眺めたり水面を眺めたりしました。沿岸は冬の降水量が少ないせいかダムの水面はずっと下にありましので、次は雨の多い季節にまた来たいと思います。その後もともとの目的だった温泉に入り、温泉を出た後は涼みがてらにまた五葉湖の駐車場でダムを眺めて帰ってきました。
山の中のダムはちょっとした秘境感を味わうことができます。


鷹生ダムへは釜石道「滝観洞IC」から30分位、三陸道「大船渡IC」から20分位で到着します。むらっちは釜石中央ICの近くに住んでいるので、釜石道経由で行って三陸道経由で帰ってきました。「滝観洞ICから行かれる方は、途中にくねくね曲がった狭い峠道がありますので気を付けてくださいね。

鷹生ダムは事前に申し込めばダム内部の見学ができるそうですよ。

申し込み方法はなど詳しくは⇒​​​岩手県沿岸広域振興局大船渡土木センターのWEBサイト​をご参照くださいね。







最終更新日  2019.05.11 09:00:15
コメント(0) | コメントを書く

2019.05.07
テーマ:岩手県央(576)
カテゴリ:観光スポット
あべっちです!ウィンク
​​​​​​​​​​​​​​​​4月26日(金)八幡平の樹海ラインが開通しました。
当日は、残念ながら雨模様でしたが、
なんとか、通行可能となりました。
ゴールデンウィーク中に通った方もいるかと思いますが、
これから、訪れる人のためにご紹介します。
樹海ラインとアスピーテラインの道路状況はこちら⇒​八幡平エリア道路情報

開通式は八幡平市松尾寄木の「松川温泉」
峡雲荘(きょううんそう)近くのゲート前で行われました。
「松川温泉」について以前ご紹介していますので、
こちらをご覧ください。⇒ボンネットバスで行く松川温泉その-4「峡雲荘」
樹海ラインは全長17.1kmあり、雪の壁の高さは最大約6.8m、
昨年よりは低いそうですが、全体的には平年並みの高さがあるそうです。
先に開通した八幡平アスピーテラインの27kmありますので、
合計約44kmに至るこの時期だけの景色が、5月中旬まで楽しめそうです。

今季の安全や多くの観光客の来訪を願い、
八幡平市の田村正彦市長をはじめ、来賓の方々がご挨拶しました。

5月の下旬頃までは、午後5時から翌日午前8時半までの夜間は
通行止めとなります。

霧に煙る樹海ラインをゆっくり走り山頂レストランを目指します。

山頂レストランに到着、入り口ゲートより更に視界が悪くなり、
気温も低く路面は凍結寸前でした。

中に入ると「十和田・八幡平エリア」の観光案内を中心に、
岩手・秋田の観光地を紹介しているパネルがあります。

是非、こちらで八幡平の見所をチェックしてから、
次の目的地に向かってくださいね!

もちろん、美味しい物もあります。

この日は、「カレー稲庭うどん」を、美味しく食べました。

お土産コーナーもありますので、こちらも利用してくださいね!
ゴールデンウィークも終わりましたが、
八幡平はこれから「ドラゴンアイ」が姿を現すなど、
更に良い季節になって来ますので、
みなさまのお越しを、楽しみお待ちしております。

こちらもご覧くださ
【県央】〔八幡平市〕アスピーテライン「雪の回廊」開通!

八幡平市の観光情報はこちら⇒​八幡平市観光協会

公共交通機関をご利用の場合はこちら
⇒​八幡平自然散策バスで行く!桜と雪の回廊と春の温泉を楽しむおすすめプラン


岩手・秋田 十和田八幡平
桜と雪の回廊を同時に楽しもう!「桜と雪の回廊」
観光キャンペーン2019について、

 詳しくはこちら⇒「桜と雪の回廊」







最終更新日  2019.05.08 08:43:47
コメント(0) | コメントを書く

2019.05.01
テーマ:岩手県央(576)
カテゴリ:観光スポット
あべっちです!ウィンク
みんさん!10連休のゴールデンウィーク、いかがお過ごしですか。

この時期に、毎年行われる「盛岡手づくり村春まつり」が、
​​​5月3日(金祝)~5月6日(月休)まで、開催されますよ!

詳しくはこちら⇒​盛岡手づくり村


今回は特別に、
「たぐさん」の似顔絵コーナー
「5月5日(日)こどもの日」と
「5月6日(月)振替休日」に開催!

また、「5月5日(日)こどもの日」には、
左のチラシで告知している、
「おもちゃの病院がやってくる」
開催されます。



他にも、盛岡手づくり村と言えばこちら⇒製作体験教室

雫石民芸社さんの「わら細工教室」​の忍び駒(わらの馬・縁結び)
「古くは縁結びや子孫繁栄の願をかけ神前に供え願いが叶えられると持ち帰って色とりどりの布で美しく飾り再びお礼参りして供えたという郷土玩具です。」

しばた工芸さんの​「竹細工教室」の(小物入れ)

​​「南部すずたけを使い小物入れを作ります。
月日とともに色合いが変化していきます。」

他にも、修学旅行生に人気の
五葉社さんの「こけしの絵付け」「こまの絵付け」
他にも沢山の体験メニューがあります。

こども会行事等の団体の方々にはこちら⇒​手づくり教室メニュー


みなさん!ゴールデンウィークは、
「遊べて学べる」盛岡手づくり村に是非来て下さいね!
盛岡手づくり村

岩手県盛岡市繋字尾入野64-102 営業時間/8:40 - 17:00

TEL : 019-689-2201 FAX : 019-689-2212
ホームページ⇒​盛岡手づくり村

​​小岩井農場でも楽しいイベント盛り沢山行っています。
こちらもご覧ください⇒〔雫石町〕GWの10連休は小岩井農場へ行こう!







最終更新日  2019.05.01 08:00:08
コメント(0) | コメントを書く

2019.04.23
テーマ:岩手県央(576)
カテゴリ:観光スポット
あべっちです!ウィンク
みんさん!もうすぐゴールデンウィークが始まりますね。
この時期に、毎年人気の「小岩井農場」では、
家族で楽しめる、イベントや体験メニューが盛り沢山です。
​​4月19日(金)に、メニューの一部を体験して来ましたので、ご紹介します。
詳しくはこちら⇒​小岩井農場

小岩井農場にもやっと春が来て、日々緑豊かになっていきます。
毎年恒例の、バスツアー「小岩井農場めぐり」がスタートし、
出発式が行われました。

小岩井農場を代表して、「小岩井農牧株式会社 小岩井農場」
戸田観光部長様が出発式の挨拶をしました。

次に、地元「雫石町」の猿子雫石町様が、国内外から
大勢の方々の来園を願い、ご挨拶しました。

次に、このバスツアーのガイドを務めるみなさんが、
ひとり一人ご紹介され、小岩井農場の歴史文化や、
自分自身のキャラクターについて、お話ししていました。
それぞれのガイドさんの個性により、
何度乗っても楽しめるバスツアーになっているそうですよ。

バスツアー「小岩井農場めぐり」のコースには、3コースあります。
1つ目は、「酪農コース9:30~と14:30~
2つ目は、「重要文化財コース10:30~と13:30~と15:30~
3つ目は、今年新設された​「宮沢賢治コース11:30~とあります。
今回は、「酪農コースを案内してもらいました。

最初に案内されたのは、干し草をロール状にし保管している施設と、
ブルーシートや古タイヤで覆われた
「バンカーサイロ」と呼ばれる施設です。 
飼料用のトウモロコシを茎や葉ごと粉砕し貯蔵発酵させた
「サイレージ」と言う、牛の飼料を作っているそうです。
よく牧場などで見かける「サイロ」と同じ役割をしているのですが、
より発酵が進むように、平面的に貯蔵し発酵させているのだそうです。

次に、乳牛が飼育されている「鶴ヶ台牛舎」に来ました、
ここではバスを降りて見学、大きな牛舎の中では多くの牛が自由に歩き回り、
のびのびと暮らしている所を見学しました。

次に向かったのは、「バイオマスパワーしずくいし」
小岩井農場の家畜の排泄物や学校給食の残さ(残り物)などを、
微生物の力でメタン発酵+堆肥化させ、そこで得られたメタンガスを
発電に使用しているそうです。発電された電気は、施設の電力をまかない、
残った電力は売電しているそうです。
最終的な堆肥や消火液は小岩井農場の土に、
肥料として還元されているそうです。

次に案内されたのは、「天然の冷蔵庫」です。
明治38年(1905年)に建設され、電気を使わず10度を保っているそうです。

建設当時、小岩井農場には電気が通っていなかったため、
この「天然の冷蔵庫」の中で、氷やチーズの保管や
夏場のバターの瓶詰め作業なに使われ、昭和27年(1952年)頃まで、
本格的に使われていたそうです。
中に入ると「ひんやり」とした空気に包まれました。
バスは「小岩井農場まきば園」に戻り「バスツアー酪農コース」は終了です。

次は、「トラクタートレインで行く自然満喫ツアー」です。
トラクターがけん引する手作りの客車に乗り、非公開の森林エリアを巡ります。
詳しくはこちら⇒「トラクタートレインで行く自然満喫ツアー」

この日は、香港から7名の旅行客のみなさんが一緒に乗車しました。
ガイドさんのお話を聞きながら、少し走ると高い杉の木の林道に差掛りました。
この杉は樹齢約100年になるそうです。
順次伐採して、木材として使われていくそうです。

上の写真のように、「小岩井農場」では、伐採した場所には、
新たに植林をし、持続可能な森林管理を目指しているそうです。
最近では、針葉樹林だけではなく、紅葉樹林の植林も行っているそうです。

通過途中の、杉林とカラマツ林の間から見える美しい岩手山に、
香港からきた旅行客の方々から歓声が上がりました。
春が来たばかりの小岩井農場ですが、これから日に日に緑がまし、
トラクタートレインも、乗るたびに表情が違う、
森や林に出会える楽しさがありますね!

午前中いっぱい!小岩井農場を満喫しました。
お腹が減ったので「山麓館農場レストラン」でランチです。
【農場内21棟 重要文化財指定決定記念メニュー】
「小岩井低温殺菌牛乳、本日のスープ、小岩井農場たまごのミニオムライス、
農場産牛肉のシチュー、農場産牛肉のグリル、ミルク館のハロウミチーズなど
農場の美味しさが、すべてこの一皿に!」
を頂きました。
写真には写っていませんが、他にサラダとコーヒーまたは紅茶が付きます。
詳しくはこちら⇒​「山麓館農場レストラン」のメニュー

ランチも済ませ、デザートは別腹という事で、軽食コーナーの
生乳の味わいを活かした名物「ソフトクリーム」を頂きました。
詳しくはこちら⇒​軽食コーナー


ゴールデンウィークの小岩井農場は、前半は桜も見ごろです。
上の写真は、昨年2018年4月27日に前任の
ブログライター「そらっち」が撮影した写真です。
みなさん!春爛漫の小岩井農場に来て下さいね!

また、「盛岡手づくり村」では、5/3(金祝)~5/6(月休)の4日間
​「盛岡手づくり村春まつり」​を開催します。
小岩井農場の行帰りにお立ち寄りください。
詳しくはこちら⇒​「盛岡手づくり村」






最終更新日  2019.04.23 17:28:39
コメント(2) | コメントを書く

2019.04.16
テーマ:岩手県央(576)
カテゴリ:観光スポット
あべっちです!ウィンク
​​​​​​​​​​​​​​​4月15日(月)八幡平のアスピーテラインが開通しました。
しかし!残念ながら、開通式当日の昨日(4/15月)と今日(4/16火)は
悪天候と積雪により、現在通行止めとなっています。
詳しくはこちら⇒​八幡平エリア道路情報

天候が良ければ、開通式を
「アスピーテラインの御在所ゲート(緑ヶ丘ゲート)」で
パレードを「山頂レストハウス」まで、
行う予定だったのですが、悪天候のため
「松尾八幡平ビジターセンター」に場所を移し、行われました。
最初に、「岩手土木センターの沖野所長」より
ご挨拶とアスピーテラインの天候と道路状況についてお話がありました。

次に、「八幡平市 田村市長」と「盛岡広域振興局 石田局長」の
ご挨拶が有りました。一緒に開通式を盛り上げてくれたのは、
「ありんちゃん」「とふっち」です。
「ありんちゃん」は、八幡平市の特産品リンドウの妖精なんだそですよ。
当日はラグビーのラガーシャツを着ての出演でした。

次に、来賓の方々によりテープカットが行われました。

次に、パレードの2番目を走る予定だった、
「岩手県北バス」の運転手さんへ
「八幡平観光キャンペーンレディー」さんから
安全運転をお願いして、花束が贈られました。

八幡平を自然散策したい方には、
「岩手県北バス」さんのご利用がおすすめです。
詳しくはこちら⇒​2019年度【八幡平自然散策バス】運行予定時刻のご案内

岩手山や八幡平の自然や観光の情報は「松尾八幡平ビジターセンター」を
ご利用下さい。⇒「松尾八幡平ビジターセンター」

アスピーテラインについて、4月8日(月)に除雪作業が公開されました。
その様子を前回、イーハトーブログに公開していますのでご覧ください。
【県央】〔八幡平市〕長さ日本一!アスピーテライン 雪の回廊
4月26日(金)には、「八幡平樹海ライン」が開通予定となっています。
その頃には、天気も落ち着き良い季節になっていると思います。
ゴールデンウイークの旅行には是非八幡平の大自然を楽しみに来て下さいね!


岩手・秋田 十和田八幡平
桜と雪の回廊を同時に楽しもう!「桜と雪の回廊」
観光キャンペーン2019について、

 詳しくはこちら⇒「桜と雪の回廊」
八幡平市の観光につい
てはこちら⇒​八幡平市観光協会







最終更新日  2019.04.16 17:10:03
コメント(0) | コメントを書く

2019.04.15
テーマ:岩手県央(576)
カテゴリ:観光スポット
あべっちです!ウィンク
​​​​​​​​​​​​​​4月に入り東北では雪が積もったりで、不安定なお天気が続きましたが
そろそろ盛岡も桜が咲く頃になってきました。

上の写真は、昨年4/24に「そらっち」が撮った桜の写真です。

上の写真は、みなさん知っていると思いますが、盛岡市の裁判所にある
「石割桜」です。昨年の4/20に「そらっち」が撮った写真です。

上の写真は、今年4月11日(木)に撮った「石割桜」のつぼみです。
このまま、暖かい日が続けば開花はもうすぐですね。


上の写真、こちらは昨年4/20に「そらっち」が撮った、「盛岡城跡公園」の桜です。紅葉の時もきれいでしたが、桜も石垣に映えますね。

こちらは「盛岡城跡公園」と隣接する、「桜山神社」です。
左下の写真、境内の後ろには「烏帽子岩(えぼしいわ)」
言われる、大きな岩があり盛岡城を築城する時に
姿を現したものだと伝えられています。
この「烏帽子岩」のあたりは、ご利益があると言われているようで、
お花見をする人にも大変人気の有る場所なのです。


こちらは、県庁のある北側から、桜山神社に続く参道です。
盛岡じゃじゃ麺の老舗「白龍​(パイロン)​」​​を始めとして、

参道沿いに多くの飲食店があります。
 
写真右手にある「芳本酒店」さんは、岩手の地酒を中心に、
全国各地から、店主の芳本さんがこだわりのお酒を集めているそうです。

お花見の時期は、買いに来るお客さんで忙しくなるそうです。

​(有)芳本酒店 本店​

所在地 岩手県盛岡市内丸5-13 電話 019-653-8899​

​​​次にご紹介するのは、参道より1本西の通路にある
「​〼mass」(マス)さんです。​
ランチメニューの一部をご紹介します。
左上の写真は「日替りお魚定食(さば味噌)」

​左下の写真が「雲白肉定食(ウンパイロ)」右下の写真が「豚・鶏唐揚げ定食」​
大変人気のあるお店で、お昼の12時~深夜0時まで営業しています。

お店は、1階はカウンターとテーブルと小上がりがあります、
2階にも席があり、想像して以上に席数が多いのです。

向かい側の建物の2階にも離れがあり、団体予約のお客様用にお薦めだそうです。
窓からは桜の木が見えたので、代表の「阿部」さんに
「もしかして桜を見ながら食事が出来るのですか?」と聞いた所、
「明るい時間はよく見えますよ。」との事でした。
この季節にピッタリのお店ですね!​​

お店の詳しい情報はこちらから⇒mass(マス)酒をよぶ食卓

次にご紹介するのは、「つながる台所Hana」さんです。
上の写真の釣鐘堂​「時鐘(じしょう)」​のそばにあるお店です。


営業時間は、月曜日~金曜日の11:30~14:30のランチと
金曜日の夜だけ「夜Hana」として17:00~21:00まで営業しているそうです。


ランチメニューは、「お魚」か「お肉」から選べます。
両方食べたい方には「ぜいたく膳」も用意されています。
どちらにも「旬の野菜の小鉢」と「セルフランチコーヒー」付きです。。

提供は不定期ですが、デミハンバーグ膳もあります。

食後のデザートに、限定の「季節のパフェ」や
「シフォンケーキ」「プリン」もあります。


こちらでは「ミニライブ」やプロのインストラクターの「和みのヨーガ」
「古典ヨガ」なども開催しています。上の写真はミニライブの模様です。
詳しくはこちら⇒​つながる台所 Hana
お花見の後に、ちょっと覗いて見てくださいね。
ゴールデンウィーク中の営業は、
●4月27日(土)~30日(火)までお休み
●5月1日(月)ランチ11:30~14:30 夜Hana17:00~21:00まで営業
●5月2日(火)ランチ11:30~14:30 夜Hana17:00~21:00まで営業
●5月3日(金)お休み
●5月4日(土)~5日(日)ランチ11:30~14:30のみ営業
●5月6日(月)お休み



本日4/15(月)アスピーテラインの「雪の回廊」の開通式が行われました。
残念ながら今日は悪天候のため通行止めとなってしまいましたが、
明日以降、天候次第ですが通行が出来ます。
岩手・秋田 十和田八幡平
桜と雪の回廊を同時に楽しもう!「桜と雪の回廊」
観光キャンペーン2019について、

 詳しくはこちら⇒「桜と雪の回廊」
八幡平市の観光につい
てはこちら⇒​八幡平市観光協会

みなさん!岩手の桜を、楽しみに来て下さいね!







最終更新日  2019.04.16 11:53:47
コメント(0) | コメントを書く

2019.04.11
テーマ:岩手県央(576)
カテゴリ:観光スポット
あべっちです!ウィンク
​​​​​​​​​​​​4/15(月)に「八幡平のアスピーテライン」が開通予定となりました。
開通に先駆けまして、4月8日(月)に報道機関の方々を中心に
「除雪作業」が、公開されました。
あべっちも見学して来ましたので、
その様子をお伝えします。

上の写真は、これから除雪を行う現場の写真です。
この日は天気にも恵まれ、空の青と雪の白、
手が届きそうな雲が、最高の光景でした。

この日は、「アスピーテラインの御在所ゲート(緑ヶ丘ゲート)」の
手前にある、「御在所歩道駐車場」が集合場所になっていて。
ふもとの「八幡平市さくら公園」や「松尾八幡平物産館アスピーテ」付近から
約8.5km、東北自動車道「松尾八幡平インターチェンジ」から約15kmの所。
上の写真は道路の反対側にある、松尾八幡平地熱発電所の
蒸気が噴き出している様子です。

除雪作業の現場に向かうま前に「御在所歩道駐車場」の施設の中で、
除雪作業や見学の注意事項について説明がありました。
3月6日(水)から合計7台の重機を使い作業をして来たそうです。
公開日(4/8月)の当日中にゴールを目指し、
作業を進める予定だそうです。

アスピーテライン頂上を目指しキャラバン隊で、
「御在所ゲート(緑ヶ丘ゲート)」を出発、
雪壁の高さ最大の8mの場所に差掛りました。

ここは、除雪時に6mだったそうですが、3月末から4月始めの風雪で、
8mの高さになったそうです。例年より1mも高くなったそうです。

青い空と白い雪の回廊は更に続きます。

八幡平山頂駐車場展望所(見返峠)より、
約200m手前の除雪作業の現場に到着しました。
写真はその現場から見えた岩手山です。
盛岡市側(南側)から見える、岩手山とは姿や表情が違います。

除雪作業をする重機の先頭は、「除雪バックホウ」
アスピーテラインに積もった雪をかき分けています。

次に「除雪ブルドーザー」が雪を押し下げていきます。

ブルドーザーが押し下げた雪を「ロータリー除雪車」が
遠くに吹き飛ばして行きます。

やっと車一台分が通れる道が出来ました。

更に、その後ろから2台目の「除雪バックホウ」が
道幅を広げながら進みます。

2台目の「ロータリー除雪車」が雪を飛ばしていき、
雪の回廊が出来て行くのでした。

他にも、写真左の「除雪ブルドーザ」と写真右の
「3台目のロータリー除雪車」が活躍し除雪を進めて来たそうです。

またこの日に、4月15日(月)の開通と同時にスタートする、
岩手・秋田 十和田八幡平
桜と雪の回廊を同時に楽しもう!桜と雪の回廊」
観光キャンペーン2019について、
「一般社団法人 八幡平市観光協会」さんの説明がありました。
詳しくはこちら⇒「桜と雪の回廊」
八幡平市の観光についてはこちら⇒​八幡平市観光協会

みなさん!そろそろ岩手にも桜の便りが届き始める頃です。
十和田・八幡平の「桜と雪の回廊」を、楽しみに来て下さいね!







最終更新日  2019.04.11 17:18:50
コメント(0) | コメントを書く

2019.03.07
テーマ:岩手県北(1024)
カテゴリ:観光スポット
こんにちは なまっちです。
ウニを獲る海女さんの水中の様子を見ることができるもぐらんぴあの「海女の素潜り実演」。海女の衣装といえば「かすりの着物」ですが、3月3日だけ特別な衣装で素潜り実演を行うと聞き、行ってきましたよ~。


北限の海女 ひなまつりバージョン

夏に小袖海岸で行われる「海女の素潜り漁」とは違った魅力があるもぐらんぴあの「海女の素潜り実演」。水中で使える特殊なボードを使ってお客さんと交流したり、海女さんが魚と戯れる様子を見ることができるのですが、クリスマスなどには「特別な衣装」でお客さんを楽しませてくれるんです。


こちらは、昨年の節分の時の写真。
インパクトのある鬼の姿で素潜りを行っていました。


絣の衣装とは違い、袖のたもとが長いので泳ぐのが大変なんだそう。


この日潜っていた海女さんが好きな魚だという「ギンポ」を
わかりやすく見せてくれるサービス。
お客さんも歓声を上げていましたよ~。


また、温かくして楽しんでもらえるように水槽前には「こたつ」が置かれていました。
こたつは3/10まであるそうですので、
こたつでまったりしながら魚を楽しみたい方はぜひ。

今回ご紹介した久慈地下水族科学館もぐらんぴあでは、3月21日から開催される観光キャンペーン「いわて幸せ大作戦」に合わせ、特別企画「ナイトツアー」を開催!水族館スタッフによるガイドのほか、普段見ることができないバックヤードまで見学できるそうですよ。ぜひ、遊びに来てくださいね。

月久慈地下水族科学館もぐらんぴあナイトツアー熱帯魚
実施期間:4月12日(金)、13日(土)、26日(金)、27日(土)
     5月10日(金)、11日(土)、24日(金)、25日(土)
     6月14日(金)、15日(土)、28日(金)、29日(土)
時間:18:30~19:30
定員:各回20名(事前予約制)


久慈地下水族科学館もぐらんぴあ
 TEL:0194-75-3551
 営業時間:4月~10月 9:00~18:00 
      11月~3月 10:00~16:00
 ※入館は閉館30分まで
 ※南部もぐりの潜水実演と、北限の海女の素潜り実演は、土・日・祝日に行われます。
  南部もぐり実演  11:30~
  北限の海女素潜り 13:30~
 休館日:月曜日(祝日の場合は、その翌日)、1/1及び12/31
     ※臨時開館等あり、要問合せ
 利用料金:一般     700円
      高校生・学生 500円
      小・中学生  300円
     ※年間パスポートや、20名以上団体割引あり
 住所:久慈市侍浜町麦生1-43-7
 HPhttp://www.moguranpia.com/
 Twitterhttps://twitter.com/moguranpiaqua
 Facebookhttps://www.facebook.com/moguranpia9600/




観光キャンペーン
音符​​ いわて幸せ大作戦!! 音符
~美食・絶景・イベント「黄金の國、いわて。」~


期間:平成31年3月21日~11月10日

もぐらんぴあのナイトツアーだけではなく,様々な「特別企画」がありますよ!
春の観光キャンペーンパンフレットは、
下記のサイトでも見ることができますので
ぜひ、岩手に遊びに来てくださいね~!

右矢印https://iwatetabi.jp/cp/







最終更新日  2019.03.07 08:30:06
コメント(0) | コメントを書く

全551件 (551件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 56 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.