2016.02.02

【沿岸北部】〔宮古市〕運動不足の人にはハード!みちのく潮風トレイル★田老の巻

カテゴリ:自然

こんにちは、あかっちです。
このブログで度々紹介してきたみちのく潮風トレイル!!
これまで若きブログライタータレントのなすびさんなど、
体力&運動神経に自信あり!?の面々が挑戦してきましたが…スニーカー


ついに先日、運動能力も根性も持ち合わせていないあかっちにも、体験する機会が!泣き笑い
(観光関係の方々の体験勉強会に、お邪魔させてもらいました)


歩いたのは宮古市北部、三陸鉄道 田老駅からグリーンピア三陸みやこまで。

当日は日陰に雪は残っているものの、
快晴晴れのハイキング日和。

でも「ゴール付近はまだ雪が深いよ」ととっても親切な参加者の方が、長靴を貸してくださいました。ありがたい…きらきら

環境省宮古自然保護官の櫻庭さん(写真右)の案内で、田老駅からさあ出発!

見慣れた田老の町を過ぎ、国道45号から1歩踏み込んで山道へ。
ここは昔の“通学路”。結構急な坂道です雫

右上/坂を上りきったところには、江戸時代の道しるべが残っていました。
右下/近くの集落には古そうな共同井戸を発見!


このように、昔の道を辿ったり、地域の暮らしを垣間見たりしながら歩きます歩く人
車の旅とは違う楽しさが味わえるトレイルは、近年注目されているんですよ」
と、櫻庭さんが話してくださいました。

 もちろん、自然の美しさを全身
 で感じることもできます!!

 波の音が聞こえてきたと
 思ったら、木々の間から
 青い海が輝いていましたきらきら

 かつてキャンプ場があった
 沼の浜に到着です。

 ここまで2時間弱、まだ何とか
 ついていけていますが…雫


潮風トレイルでは、地元の人達がトレイルを整備することも。
ここからは、田老の方々が作った道へ。

いきなり激しく上り坂失敗ダッシュそして下りは、つるっつるの氷の斜面ほえー…怖っ!!
※さらに怖かった場面では、シャッターを切る余裕などありませんでしたショック

そんななか見た松林の向こうに広がる海は、心洗われる美しさきらきら

左上/参加者の方にを作っていただき、とっても重宝!
左下/さらに上って下って青野滝に到着。ここで昼食タイムでしたおにぎり
出発から約3時間、すでにぐったり~しょんぼり

気を取り直して午後も歩きました!復興工事のダンプの往来に注意しながら…

「落ちても死なないよ音符」の励まし声を背に、恐怖の一本橋ショックを渡り…
ゴールのグリーンピア三陸みやこに到着した時は、感慨深いものがありました泣き笑い

トータルで約13.7km高低差175mほどを、6時間近くかけて歩きました!
(地図をクリックすると大きくなります右矢印)

長靴に杖をはじめ、参加者の皆さまに助けられ励まされ…トレイルってなかなか素晴らしいじゃないかっスマイル

2日間、階段の昇り降りが困難になるほど足に
きました
が、踏破した時の爽快感と達成感は、何物にも代え難かったですきらきら

下記の公式サイトではマップを取り寄せられるので、山歩きのお好きな方ぜひチャレンジをグッド
!復興工事のため、ルート変更箇所があります。

パソコンみちのく潮風トレイル公式サイト






TWITTER

最終更新日  2016.02.02 10:32:26
コメント(0) | コメントを書く