1342698 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ハッスル黄門の諸国漫遊記

全8件 (8件中 1-8件目)

1

分身の旅(プチ黄門さま)

2010年08月04日
XML
今日は、久しぶりにプチ黄門さまの出番デス音符

今年の3月にBIGLOBEが行った「一番"ゆる~い"と思うご当地キャラは?」の投票の結果、No.1に選ばれた「いしおさん」。

その「いしおさん」に会おうと、茨城空港に行って来ました飛行機

0804-2.jpg 0804-1.jpg
上矢印茨城空港のターミナルビルの入口付近にいます。

いしおさん」は、茨城県内の石匠の見世蔵組合と筑波大学のコラボで生れたキャラクターで、まかべ夜祭の展示のために制作された灯篭の一つです。


ってことで。

今年も、21日(22日()の2日間、まかべ夜祭が開催されマスきらきら星きらきら

会場となる茨城県桜川市真壁町は、重要伝統的建造物群保存地区にも指定され、今年の夜祭はいつになく賑わうことでしょう月


みなさ~ん、今年の夏は、桜川市真壁町で、いしおさんに会いましょう!!






最終更新日  2010年08月05日 09時00分55秒
コメント(6) | コメントを書く

2009年12月27日
今年1年、いろんなところに行きましたぁハート
47都道府県庁舎を制覇するという夢は・・・来年に持ち越しデス!
頑張るゾ~ぐー

ツインタワー1112-1.JPG1112-3.JPG1112-4.JPG1205-3.JPG1206-3.JPG1122-3.JPG1112-2.JPG1016-2.jpg佐賀県庁佐賀県庁21001-4.JPG三重県庁三重県庁21206-1.JPG1016-4.jpg札幌ドーム和歌山城2

1001-1.jpg1001-2.jpg1122-2.JPG1016-3.jpg
1016-1.jpg佐賀城跡和歌山県2






最終更新日  2009年12月28日 00時21分04秒
コメント(0) | コメントを書く

2009年10月15日

県庁好きなプチ黄門さま。今回は神奈川県庁に参上です!!

1016-1.jpg 1016-3.jpg


県庁の入り口には、来年開催予定の全国植樹祭2010のマスコット「かなりん」ちゃんが鎮座してました。せっかくなので、ツーショット写真を撮らせていただきましたウィンク
1016-2.jpg


最後におまけ。
赤レンガ倉庫に向かうと、オクトーバーフェストが開催されていましたビール
1016-4.jpg

Ein Prosit, ein Prosit, der gemutlichkeit! (乾杯しよう!)
アイン プロージット アイン プロージット デア ゲミュートリッヒカイト!


こう見えて、プチ黄門さまはドイツ語も話せますグッド






最終更新日  2009年10月16日 13時12分03秒
コメント(0) | コメントを書く

2009年10月08日

昨日に引き続き、北陸の話題ですスマイル

プチ黄門さまが、福井県を訪れ、興味深い話を持ち帰ってくれました。

1009-1.JPG 1009-2.JPG
福井県庁です。 プチ黄門さまが確認できますか??


皆さん、コシヒカリは福井県で誕生した品種だったって知っていましたか?
ちょっと意外な感じがしますよね。

Wikipediaによると、

1944年から新潟県で交配・栽培などが繰り返し行われ、段階を経て、1946年には種子が福井農事改良実験所(現:福井県農業試験場)に送られ、福井県で育成が行なわれることとなった

ようです。

今では生産量全国第2位を誇る、いばらきのコシヒカリ
でも、福井県での育種事業のおかげで、今があるのですね。

ということで。

米どころ・茨城にも新米の季節到来!!

茨城県には、「お米日本一コンテスト」で、見事、最優秀賞を獲得した奥久慈米をはじめ、食通たちをもうならせる、おいしいお米ばかりです。

いばらきの、ごはんごはんごはん地域ブランド米です
koshihikai.JPG
(左から)
奥久慈の恵 うまかっぺ
筑波北条米
うまさ駆け抜ける 美浦そだち
潮来産コシヒカリ
おかずのいらない かわちのお米
めぐみちゃん

みなさんは、どのお米が好き?

ちなみに、京都太秦で、ハッスル黄門さまが里見浩太朗さんにお渡ししたのは一番左の、
「奥久慈の恵 うまかっぺ」。

里見さんは笑顔で、「お~!」って、おっしゃってましたよウィンク
ちゃんとご本人にお持ち帰り頂いたので、茨城産のお米、食べていただけたと信じてますダブルハート






最終更新日  2009年10月09日 00時05分44秒
コメント(0) | コメントを書く

2009年10月01日
顔今日は、プチ黄門さまの出番です。

漫遊にあわせて、プチ黄門さまには、街中で聞き込み調査をしてもらいました。
その結果、意外な事実が判明ですきらきら

あの有名な「桃花堂」のスイートポテトは、茨城産紅あずまを丸ごと一本使って、作られているらしい。

「桃花堂」のスイートポテトと言えば・・・
「王様のブランチ」「はなまるマーケット」「タカトシの空飛ぶチェリーパイ」「ズームインSUPER」など、各局で絶賛を浴びている北海道・札幌の人気スイーツです。

(ちなみに、帯広にある「クランベリー」のスイートポテトは、茨城産ではないようです)


冷静に考えれば・・・・
北海道産のさつまいもって、スーパーでは、見かけないですよね。

さつまいもは、本来、温暖な気候のもとで、太陽の恵みをいっぱいに浴びて育つもの。
今では品種改良や技術が進んで、北海道でも栽培されているようではありますが、まだまだ市場規模は小さいのです。

一方・・・
茨城県のさつまいもは、生産量全国第3位ちょき
北海道内市場でのシェアは、なんと、90%以上です!!

つまり・・・
茨城産のおいしいさつまいもを使って、特製スイートポテトが作られているわけなんですねウィンク



聞き込み調査の途中、さっぽろテレビ塔にお住まいの「テレビ父さん」に呼び止められました。
せっかくなので、ツーショット写真を撮らせていただきました大笑い

1001-5.JPG






最終更新日  2009年10月02日 00時46分06秒
コメント(0) | コメントを書く

2009年09月11日

三重県の津市は、うなぎの消費量日本一!
うなぎ屋さんの多い町として有名だということを、訪問して、初めて知ったプチ黄門様。

「ほー。津のうなぎは、関東風のものとは違って、蒸さないんじゃなっ!!

と、驚きを隠しきれないご様子でした。
蒸さずに焼いて、フワッ、カリッという食感を出す関西風の焼き方で、グルメな黄門様も大満足してましたスマイル


ちなみに・・・茨城県は三重県以上に、「うなぎ」とは縁もゆかりもある土地なんです。
実は茨城県は、うなぎの漁獲量、日本一の県ですちょき

そして、『うな丼発祥の地』でもあるんですうっしっし

今では、発祥の地である牛久沼周辺は「うなぎ街道」と呼ばれ、うなぎ専門店がひしめいています。
皆さんも、茨城へお越しの際は、うなぎを食べて、夏の疲れを吹き飛ばしてくださいパンチ


龍ヶ崎市役所の公式ホームページで詳しく解説されていますので、以下、ご紹介です。

『江戸時代後期に江戸日本橋堺町に芝居の金方(資金を出す人)で、鰻の大好きな大久保今助という人物がいた。その今助が故郷である現在の茨城県常陸太田市に帰る途中、水戸街道を牛久沼まで来て、茶店で渡し船を待っているときに鰻が食べたくなり、蒲焼きとドンブリ飯を頼んだ。ところが、注文した品が出てきたとき「船が出るよー」の声。今助はドンブリと皿を借り、ドンブリ飯の上に蒲焼きののった皿をポンと逆さにかぶせて船に乗り込み、対岸に着いてから土手に腰をおろして食べたところ、蒲焼きが飯の温度で蒸されていて、より柔らかくなり、飯にはタレがほどよくしみこんで、これまでに食べたどこの鰻よりもうまかった。

 その後、どのように「うな丼」が広まったのかは、いくつかの説があります。

 一つは、今助が帰りに茶屋に食器を返しながら、その話をし、茶屋が出すようになったところ、水戸街道の名物になったというもの。

 もう一つは、今助が自分の芝居小屋でうな丼を売り出して江戸から広まったという説。

 さらに、うな丼が牛久沼の茶屋で出されるようになった一方、今助は、自分の芝居小屋で芝居に付きものの重詰めの代わりにご飯に蒲焼を載せさせて重箱を取り寄せ、それが江戸でうな重としてとして広まっていき、庶民にも、うな丼の形で提供するようになったという説もあります。』


最後に。
(恒例の?)県庁めぐり@三重県庁目

三重県庁 三重県庁2







最終更新日  2009年09月13日 22時11分22秒
コメント(0) | コメントを書く

2009年09月09日

徳川御三家のひとつ、紀州藩・紀州徳川家の居城である、和歌山城を訪れました。

徳川御三家というのは、尾張徳川家、紀州徳川家、そして、水戸徳川家の三家のこと。このうち、紀州徳川家は、第8代将軍吉宗と第14代将軍家茂、二人もの将軍を輩出しているところ。

ちなみに、水戸徳川家からは、徳川慶喜が十五代将軍になっていますよね。(ただし、一橋徳川家の養子となってから将軍に就いているのですが)。

和歌山城2

なんだか、黄門様は、遠くを見つめていますねぇ。昔を思い出したのでしょうか・・・。



そして・・・
ふと我に返ったプチ黄門様は、和歌山県庁にも足を伸ばしました。(実は、黄門様は、県庁めぐりにハマっているらしいですよ。)

和歌山県2 和歌山県


和歌山県と茨城県・・・
紀州徳川家・水戸徳川家、紀州の梅・水戸の梅、和歌山ラーメン・水戸藩ラーメンと、なんだかつながりを感じる旅でしたね。






最終更新日  2009年09月11日 01時30分53秒
コメント(2) | コメントを書く

2009年09月04日
ツインタワー



正解は、マレーシアの首都・クアラルンプール。
プチ黄門様、マレーシアに初上陸です!

ついでに・・・ちょっとISETANに立ち寄ってみたら。

みず菜
なんと、茨城産の「みず菜」を発見です!
生産量日本一の茨城産の「みず菜」、海外にまで進出とはっ!


こちらは納豆コーナー。かなり充実してますね!!
水戸納豆



そうそう。
ちょっと調子に乗って、現地の友達にプチ黄門様の印象を聞いてみたら・・・・意外にも反応が良くてビックリ!

What do you think of him?(彼のこと、どう思う?)

Sooooo CUTE! What is his name?(超カワイイ! 名前は?)

He is Mito Komon, a vice shogun in the Edo period.(水戸黄門。江戸時代の副将軍なんだ。)

Can I take his picture?(写真、撮ってもいい?)

Sure!(もちろん!)

ってな具合で、だいぶ盛り上がってしまいました。
NARUTO(ナルト)にハマっているという友達からは、帰国後すぐに、「黄門様の漫遊は順調?」ってメールが届いていました。黄門様のファン、1名獲得です。






最終更新日  2009年09月05日 01時30分00秒
コメント(0) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1


© Rakuten Group, Inc.