2457285 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

身延Life

サイド自由欄

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2011.06.03
XML
身延町専属ライターの梅津です。こんばんは。

今日は「パワースポットの日」です。
今回ご紹介するのは、「丸滝不動尊」という神さまです。

「丸滝山のふもとに、龍神さまがいる洞窟がある。お供えには甘酒を持っていくように」

そう聞いて、甘酒片手にやってきました。ショッピングセンターCOMAの裏。
「丸滝不動尊」の看板を頼りに民家の脇を進むと、かすかに水音がしてきます。

丸滝不動尊1.jpg

通りからもほど近く、途中には小学校の校舎も見えていたのに、
この辺りは人影もなく、竹林のざわめきばかり。

さらに小道を進むと・・

丸滝不動尊3.jpg

滝は20メートルほどの高さから、さらさらと流れ落ちていました。
木漏れ日が水滴に反射して、光の輪を作っています。
龍神さまもこの清らかな滝を愛でられ、ここをすみかとされたのでしょうか。

丸滝不動尊4.jpg

そして、こちらが滝壺脇の洞窟。かなりの大きさです。
おそるおそる中をのぞいてみましたが・・何も見えません。
かなり深い様子です。

壁は岩石のよう。

丸滝不動尊5.jpg

龍神さまを鎮めるため、滝と洞窟との間に二体の神さまが祀られたのは、
今から450年以上も前のこと。右側が不動明王、左は愛染明王。
ともに法華経の守護神で、24段の階段の上に並んで鎮座されています。

丸滝不動尊2.jpg

毎年1月28日には信者さんが集まって祭典が開かれており、
このような不動尊は町内でも珍しいのだとか。

丸滝不動尊6.jpg

洞窟の隣には、聞き慣れない言葉が並んでいました。
「8回唱えるように」とのこと。

たくさんの甘酒に混ざって、私の甘酒も並びました。
その時です。木々のざわめきの中に、低い鳴き声のような音を聞いたのは!

龍神さま・・?

辺りを見回しても、誰もいません。

丸滝不動尊8.jpg

日を決めてお参りすると、願い事を叶えてくださるというこの丸滝不動尊。

8回唱える言葉の意味は?

そして、龍神さまはなぜ甘酒がお好きなのか・・。



謎を解く鍵を見つけ次第、またご報告します。


■丸滝不動尊
南巨摩郡身延町丸滝






最終更新日  2011.06.04 00:24:02
[★特派員(身延町専属ライター)さんの日記] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.